2017年02月14日

『暮らしに潜む【危機】を救う』〜今日の「ガイアの夜明け」感想〜

※この記事はガイアの夜明けを見ながら自分のメモ書き的な感じで書いている記事です。

今日のガイアを3行で

  • 今日のガイアはインフラを守る技術について
  • 特殊高所技術は忍者のように高所へ上がり点検をするスペシャリストを育成していました
  • 積水化学工業は下水道を長持ちさせる画期的技術を開発していました

高速道路を守る

2016年12月大阪。
大きな工事が始まろうとしていました。
作られて50年経った橋脚の上半分を取り替える工事です。まずは橋脚の腕の部分が切り離されます。
切り離されたコンクリートの塊は30トン。

そこにあったのはひび割れ。0.3mmあると通常補修対象だがそれを超えているのが多数。
阪神高速道路技術部の人が調べてました。

高速道路ではある深刻な課題を抱えています。

「老朽化がどこまで進んでいるのか、外面だけでは無く中身の老朽化を知る必要がある。」
と、コンクリの内部劣化が簡単に解る方法を探していました。

1ヶ月後

高速道路の真下の足場で、その中に技術部の人の姿がありました。
足場の真上のコンクリは高速道路。
そこである実験が始まりました。

銀色センサーを取り付け、全てのセンサーを下の機械に繋げていました。

上を車が通過する度に機械のグラフに反応がありました。

「車が通ることにより力がかかる。力がかかったときに中にひび割れがあると音がする」

振動がコンクリへ。中のひび割れが擦れて音がするのでそれをキャッチしていました。
感知することによりひび割れ欠陥がどこにあるか推測するそうです。

コンクリのどの部分に損傷があるか解る

数日後、高速道路の路面を切り出した物が置かれていました。
取り出したのはセンサーで得た結果を3Dにしたもの。
ひび割れの多い場所が推測されていました。

解析通りの場所に損傷があるかを調べる事になりました。
その結果センサーでの推測と同じ情報の所にひび割れが見つかりました

実用化されれば老朽化対策の武器となる技術のテストが成功しました。

作った物を長く守っていく。インフラの時代がいよいよ変わろうとしていました。


インフラの老朽化問題

2012年中央道の笹子トンネルで天上版が崩落し9人が死亡した事故は記憶に新しいところですが。
高度経済成長から半世紀、インフラには重大なほころびが出ています。

特に橋は日本に70万箇所あります。
2割が造ってから50年以上を越えていて、10年経つと半数以上が50年を越えるそうです。

それらを点検する会社あります。

特殊高所技術

高い橋の橋脚をロープ一本で登り、コンクリに浮きが無いかをハンマーで叩き音を聞き分けたり。
写真を撮ったりして点検していました。

上るときは尺取り虫のように。10mぐらいだったら走れると言うぐらいさくっと上ります。

特殊高所技術の社員は60名いるそうですが全く人が足りない状況だそうです。
課題は人材の確保と育成。
今後最も必要とされる仕事となります。維持管理が凄く大切な時期だからです。


特殊高所技術の作業

大阪にある千歳橋。港に架かるアーチ橋です。
全長1kmで14年前に開通しました。

そこにやってきたのは、特殊高所技術の面々。海を跨ぐ橋の裏側を点検するそうです。
海面から30メートル。作業車も入れないので、ぶら下がることになります。
橋の裏は鉄骨が交差しているだけ。歩ける足場はありません。
クランプと呼ばれる道具に全体重を預ける事になります。

忍者さながらの動き。気になる場所はカメラで記録。近づくからこそ見落としが無いそうです。

特殊高所技術が点検するのは全国で650箇所に及ぶそうで3年前の5倍となりました。

きっかけは、国交省の点検基準の変更

笹子トンネル事故後、5年に1度近接点検を義務化しました。

それにより点検箇所が増えたそうです。


特殊高所技術の海外進出

話は変わりアフリカのモロッコ。
そこに特殊高所技術の社長がいました。

立派に整備された高速道路は25年前から本格的整備が進められてきたそうです。

「高速道路ネットワークは完成されていて、維持管理の時代になっている」
と語る、阪神高速の人。

首都ラバトにあるモロッコ高速道路会社。
「モロッコの中でも特に高い橋には特殊高所技術が無いと近寄れない」と語るモロッコの人。

橋などの点検のために、阪神高速、特殊高所技術、JICAに支援依頼してきたのでした。
そして特殊高所技術も技術移転の話題を引き受けることにしました。

「海外で技術を広げれば海外の人材で国内の人手不足を補えると思った。外国の人を受け入れるのは難しいかもしれないが、育てた何代も先の人たちが日本の維持管理を助けてくれるのは理想」

かなり長期のスパンで日本のことを考えているとか凄い人だなと思います。

そして去年8月モロッコから研修生3人がやってきました。
100人以上から選ばれた精鋭だそうです。

京都にある特殊高所技術の本社で2ヶ月の研修が始まりました。

教えるのは、山口さんという技術部長40歳。

基本の動作ロープの登り方を教えてました。

素早い動きに見入る研究生。
5時間の講習のあと用意されたのは、天上に吊された滑車と100メートルのロープ。

新人が必ずやる100メートルのロープ登りだそうです。

一番若いヤシーニさん30歳がハイペースで上ります。
二番手はエルムクニさん31歳。
三番手エディーニさん50歳はきつそうで…途中で辞めました。「むーりー」と。

「今日できないと明日も出来ないし1ヶ月経っても出来ない」と山口さんは教えますが…
「疲れたから明日やるよ」

まぁそんなもんですよね。

結局100メートルを登り切ったのはヤシーニさんだけでした。二番手も駄目だったようです。

次の日高さ12メートル訓練塔での訓練で、既に差が出ていました。

ヤシーニさんはロープを的確に操り動けますが
途中で諦めた2人はロープを上ろうとしても、なかなか上に進めない状態でした。
5メートル上れないうちにバランスを崩し動けなくなっています。

そこで全員を集めます。

「6割7割で出来るのは駄目。100%できないと安全が確保出来ない」
「これくらいでいいだろうという気持ちが安全性を損なう」

今まで特殊高所技術は落下事故が0件。安全であることが技術の要です。

初めての日本で肉体的にも厳しい訓練です。前途多難となりました。

モロッコ3人組の訓練は進みます。

そんな3人を激励しようとキッチンに山口部長。
イスラム教徒用に鶏肉を置く店が近くにあるらしく、前の晩から仕込んだ洋風肉じゃがを振る舞いました。

イスラム教の戒律があるため食べられる物が限られるので心遣いです。

喜ぶ3人。すっかり打ち解けてました。

「日本人にやらせてもヒイヒイやるトレーニングを、外国から来て、自炊、洗濯、掃除もやりながらは驚嘆する」
と、山口さん。

そんな日本訓練も大詰めとなりました。
25メートルの実際の高速道路を舞台とした訓練。

そこにはロープを自由自在に扱う研修生達がいました。1ヶ月前とは表情も変わっています。

「みな最初は軽く見ていた。全力を出すと言うことを学んだ」と50歳の一番出来なかった人。
いつの間にか立派になりました


モロッコでの実践

訓練の舞台がモロッコに移りました。
向かったのは北部の巨大な橋。

「日本で使えるのは解っているのでモロッコが維持管理している構造物に適用できるか。成果が得られるか確認したい」

安全に上り下りするだけでは無く点検もするという訓練でした。
早速研修生達は0.35mmのひび割れを見つけます。日本だと補修対象です。

更にひび割れの多い場所を叩くとコンクリが剥がれて、さびた鉄筋が出て来ます。
コンクリの厚みが不十分だったのです。

同じ問題が至るところで発見されました。
明らかな不具合…工事手抜きだったか。

深刻な事態になる前に発見できたようです。

しかし訓練7日目思わぬ事が起きます。

前日訓練が終わった後吊しておいたロープが何者かに切られたようです。

「建設当時から反対派と賛成派があり、住民の一部が非協力的でもめてるらしい。それも含めて全部受け入れていくしか無い」

お国が違えば色々ありますね…。
それでも2週間で4箇所を周り点検作業が出来たようで特殊高所技術のモロッコでの大きな一歩が刻まれました。

「スタートは成功しました。これからもっと一緒に技術を磨きたい」と研修生。

「自分の技術が世界中に浸透してそれが受け入れられて当然のように特殊高所技術が日本に入ってくる。最終的な目標はそこになる」と山口さん

日本の技術が世界に広まっていく一歩になったようです。


下水管を交換せよ

下水管は50年使うとボロボロになります。
現在東京23区で50年を超えた下水管は1800km。
稚内から鹿児島まで直線距離で結んだ距離となるそうで、途方も無い費用がかかります。

そこで長持ちさせる画期的技術に注目が集まっているそうです。

江東区にある東京都下水道事務所。
昭和26年に敷設し65年経過した下水管の内部映像が会議で発表されていました。

それを撮影した特殊カメラは、モグラみたい感じで、走りながら撮影するだけで内部の映像を詳細に伝えてくれます。

やはり老朽化は著しいのが解りました。
東京では老朽化による道路陥没が年間500件以上。対策が緊急課題です。

老朽化が深刻な地域は優先整備されているが、4割程度しか出来ていないそうです。

そこである技術が注目されていました。

SPR工法

帯状の材料がマンホールへ送り込み、最前線では1人が機械を操作します。
マンホールからプラスチックの帯を送り込み、らせん状に管を作るS技術です。
古い下水管の内側に新しい管を作るという形で、最後にモルタルを注入し一体化することで更に50年使えるようになるそうです。

従来の工事は掘り返し取り出して交換する作業でしたが、SPR後方は掘り返さなくて済みコスト半分、工期1/3という良いことだらけです。

東京都渋谷区では、交通量の多い道路を跨いだ170mの工事区間。
もし掘り起こすとしたら厄介でした。

マンホールから中に入ると縦横3mの大きな下水道でした。

そこでもプラスチックが送られるSPR工法が行われていました。
広い下水管でも大丈夫のようです。

「SPRで一気にやるので住民や車で通る人への影響はかなり少ない」と下水道事務所の人。

地下では大型機械で新しい下水道が作られていました。
先端につけられた小型ロボットが古い下水管の内側に帯状に材料を自動で巻いていきます。
特殊樹脂材料と補強材のスチールも埋め込まれていて丈夫です。

こうして老朽化した下水道が驚くほど速く再生されていました。

この技術を開発したのは積水化学工業でした。

しかしまだ面倒な部分があるそうで、酷いひび割れは先に手で補修してからSPRをする必要があるそうです。
それが無くなれば…という要望がありました


新しい材料を開発せよ

大きな下水道の再生にはより強度を求められていました。

「今後開発する物はそれだけで長い期間下水道を支える工法が必要となる」と積水化学工業の担当者。津田さん。

積水化学工業京都研究所に、津田さんはより強い材料の開発を依頼していました。

「必要な剛性を確保するにはこの形状が最適」と強度を上げるために補強材のスチールを大きくした
震度7にも耐えられる設計が提示されます。

しかし

高さは?

45mm

幅は?

58mm

補強材の大きさが気になります。

滋賀県栗東市の積水化学工業栗東工場で試作品を造ってみました。
新たに開発された材料は、従来より補強材のスチールの大きさが際立っています。

いつものように引っ張り出そうとするがびくともしません。

材料は2mのドラムに巻き付けられていてそれを直径1m30cmの下水管に小さく巻こうとしているがスチールが硬すぎて小さくならないのです。
あまりの堅さにお手上げ。

スチールに切れ目を入れる曲がりやすくすることで小さな縁に誘導して見ると割れました。ぶっ壊れました。
巻出しが出来ないという大きな問題に直面しました。

津田さんはロボット工学を専攻していましたが、積水化学工業で配属されたのは下水道再生部署でした。

「下水の部署は最初は抵抗あった。しかし自分が造った機械で古くなった下水管が綺麗に直るのは面白い」
と、今や下水道再生のプロとなりまいた。

そんな津田さん不思議な機械を造りました

ドラムに撒かれている材料を引き出して後ろのローラーで曲げるという機械でした。
以前は3人がかりだった材料がスムーズに引き出され、同時に一回り小さな巻き癖もついていました。

更に小さな直系1m30cmの下水管にれるので機械に巻き付ける作業が必要だが…それもすんなり出来ました。
前回はぶっ壊れましたが。

「このやり方であれば現場でも通用する」と完成となりました。

普段は目立たない下水道というライフラインを支える陰の立て役者達の姿がそこにありました。

「日常何事もなく使っている物がなくなると不便。それが使い続けられるように直していけるというのは大きい。そこに仕事のやりがいを感じている」と津田さん。

インフラを守る男は格好いいですね


まとめ

私たちの生活に欠かせない道路、水道管などのインフラ。当たり前のように使っている裏には支え守っている人たちがいます。
インフラの多くは高度経済成長に造られた物。老朽化は同じタイミングで始まり全国で身近な課題。
次の50年100年使い続けるため点検補修の技術の進化に注目したいと締めくくられていました。

これはネットワークインフラにも言えるわけで…ネットワーク技術者って凄く重要なんですよと。


人気ブログランキングへ
posted by Fuchs at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイアの夜明け 感想

アセット紹介:建物 / Cities Skylines - プレイ記(101)


※画像はクリックでオリジナルサイズ
※このページでは、Paradox,Colossal Orderが権利を所有する画像を利用(引用)しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

Cities Skylines プレイ記 (Natural Disasters) お気に入り画像

やはり飛行機見てると面白いのです。

Cities_Skylines-0580

吹雪の貨物港と工場地帯。夜もフル稼働です。
この港は一切船が来ないので置物になってしまってるんですけどね…。
水深が浅すぎて…。


Diagonal parking lot 4x8

サブアセットが非常に多い公園のアセットです。
少し奥まで伸びているので少し道路の間が広い場所とかに置くと良い感じ。
使い勝手はかなり良いです。

Cities_Skylines-0581


ブックオフ(低密度商業レベル1)

ちょっと遠目になってしまいましたが、ブックオフのアセットです。
本を売るなら〜です。近くに吉野家が出来てより郊外感がでました。
Cities_Skylines-0582
自然発生だのみなのでなかなか思った通りには出てくれませんが。
もう一個同じ方が作った物も入れているんですけどなかなか発生してくれなくて


University Hospital

大学病院のアセットです。
珍しいタイプで、2車線道路を跨ぐように配置します。
かなり格好いいので街に1つは欲しいですね。

Cities_Skylines-0583

救急車が頻繁に出入りします。コストはそれ相応にかかりますが見た目は素晴らしいです。


Garages Industrial RICO

最後はこちらです。工業系のアセットになります。
アメリカとかによくありそうなガレージが集まった感じの工場です。

Cities_Skylines-0584

長屋みたいな…何となく良い雰囲気だったので導入してみました。



と、いうことで今回はこれにて終了です。

素晴らしいアセットありがとうございます。そして閲覧ありがとうございました。

人気ブログランキングへ
posted by Fuchs at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Cities:Skylines

人気ブログランキングへ