2018年10月12日

2014年 フクスノリリナにまさかの事態! - ウイニングポスト8 2018 プレイ記(44)

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト8 2018をプレイ

この記事はウイポ8 2018 のプレイ記録です。
2014年前半。
フクスノスズカとフクスノパナソニが揃って引退。

その後釜として、フクスノリリナが大躍進して活躍。
そして遅咲きの伏兵フクスウィナーが春古馬三冠を達成。

またまた盤石となりました。


順調に勝利を重ねるフクスノリリナ

4歳になっても元気なフクスノリリナ。
海外の牝馬GIを大差で勝利していきます。

強すぎないですか…?
牝馬に敵無しというかこれ牡馬相手でも余裕で戦えるんじゃ

WP8プレイ記-0220

そんなことを考えまして。
それなら、凱旋門賞出してみようかと思い立ちました。

いきなり、最高峰のレースに出してしまおうという。
そこで実力を見て見たかったのです。

ちょっとドキドキしながら見てましたが…

WP8プレイ記-0220

えぇ…。凱旋門賞勝っちゃった。
それも2着に差をつけてるし。余裕の勝利だよ。
2着も牝馬かよ…。牡馬何してるんだよ。


ということで、まさかの牝馬で凱旋門賞制覇を達成しました。
まだ実在馬がいる時代に勝てるとは。

WP8プレイ記-0220

記事にもあるように。先行していて押し切るという展開。
どんな強さだよという。牝馬の癖に。

ステータスはご覧の通り…ほぼS+という展開。
勝負根性だけがネックという。

牡馬相手に堂々の戦を見せてくれます。

さて…記事にもありますが。
次はBCターフとなります。

いや。富樫さんにそそのかされたんでいいよーと。

WP8プレイ記-0220

なんと凱旋門賞に続きBCターフも制覇!

えぇぇぇ…
流石に最後追い上げられたんですが勝ちました。

芝の世界王者となりました。

牝馬なのに…牝馬なのに…。
もっと早く能力に気づいてたら大レース結構出せたのに。

そしてその後、有馬記念も見事に勝利します。
日本馬相手に負ける訳がないのです。
2着もうちの馬でしたけど。

WP8プレイ記-0220

そしてドリームマッチング

2400メートルでは、キタサンブラックやミホノブルボンを
抑えての勝利。

2500メートルは。スペシャルウィークやシンボリルドルフを
抑えて勝利。

牡馬になんて負けるかよと言う勢いでした。

強すぎる…この娘。

/* フクスノリリナ 牝4 */

ラバヘトクマ ヅタホザミガ ヒムリノゾヅ ヨノヤグブハ
47ヂキ20 ケ6セガ7ル ヘ88ナリヤ ノタビヨノブ

フクスノリリナの裏では

さて、フクスノリリナが爆発してる裏で。

WP8プレイ記-0221

フクスネーションや、フクスダッシュが前半に引き続き勝利。
この子たちも地味に頑張ります。
フクスウィナーは力を使い果たしたのか天皇賞秋で負けます

しかしフクスノスフリーという。
こちらもフクスシンフォニー産駒が意地の勝利をしました。
7歳でよく頑張ってくれました。

WP8プレイ記-0222

エリザベス女王杯では、安田記念を勝ったフクスノストライド
差をつけて勝利しました。

そして2歳馬ではフクスタイザンがホープフルS勝利。

武さんがディープインパクトの子供だとキャッキャ喜んでます
うちのディープの主戦は武さんだったので。
そのご縁もあり主戦騎手です。


孫が生まれる

小太郎とDrの間に2人目が誕生
女の子でした。

WP8プレイ記-0223

Drからたまにお父さんとか呼ばれるのは変な感じです。


2014年振り返り

ということで激しい2014年が終了
WP8プレイ記-0224

いやぁ…結構勝ちまくった年となりました。
ウィナー、ダッシュ、リリナ、ストライド、タイザン
種類多く勝利があると嬉しいですね。

勿論年度代表馬はフクスノリリナ。
凱旋門賞、BCターフ、有馬記念と勝って代表馬になれないとか
ありえませんからねぇ。
牝馬では珍しいと思います。

米国部門の表彰馬、欧州部門の表彰馬にもなり。

3つの地域で賞を取るという強さを見せました。

殿堂馬

WP8プレイ記-0224

さて、フクスノスズカとフクスノパナソニは殿堂馬へ。

フクスノスズカ「世界へ飛翔する怪物」

初期に1敗した後は順調に勝ち進んで勝利を重ねた馬。
怪物という程強くは無かったけどなーとは思いましたが。

大好きなサイレンススズカみたいな走りをしてくれて。
個人的に大ヒットした馬でした。
しっかりと思い通りの馬ができると嬉しいですねぇ…

今度はこの馬の子がサイレンススズカになってくれることを
願うばかりです。

フクスノパナソニ「不動の軸馬」

調整はしましたけど、軸を外さない負け方。
絶対連に絡んだと言うことで不動の軸馬となりました。

GI9勝という牝馬ということもありあまり勝たせてあげられ
なかったんですけど。決して弱い子ではありませんでした

さて、今後はフクスノスズカ×フクスノパナソニの初産駒。

これがどんな子になるのか。
それが楽しみでしょうがないのです。

多分…危険な配合にはならないはず。

フクスノスズカとフクスノパナソニがどんな子を生み出すか
これが今から楽しみで仕方ない2014年でした。

フクスノリリナがどこまで持つかというのも気になります。





人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ