2019年05月22日

Winning Post 9 プレイ記[014] シャコーグレイドの弱体化と新たな重賞馬

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

前回までのあらすじ

1993年。シャコーグレイド5歳。

WP9プレイ記-0069

ついに限界が訪れてしましました。
明けで6歳。これ以上の強さは見込めません。
しかしその次の馬がまだ出て来ていないのも事実。

ここからどのような展開になるのか…
かなりの不安を抱えることとなります。


新たな出会いはあれど…

年数が進むと共に会える人も増えていきます。

謎の高松さんが現れて…獣医施設が作れるようにとか。
謎の爺さんが現れて…何だこいつとか。
須田さんにサードが若干褒められましたが貶されてます

…今年のクラシック戦線も駄目そうです。

WP9プレイ記-0070

絶望しか見えない中ジリジリと勝ってくれる馬が。
あまり期待はしていなかった馬ですが…


フクスセカンドの挑戦

フクスセカンド

父:シービークロス×母:ミホクイーン

シービークロスはハマれば良い子を生み出しそうです
タマモクロスと買いますしね。

ハマれば期待の出来る感じでしたが。
結構負け続きでここまで来てました。

しかしジリジリと条件を上がってきました。

WP9プレイ記-0071


あえぐシャコーグレイド

そしてシャコーグレイドは完全に弱体化しました。

WP9プレイ記-0072

ドバイターフで3着惨敗。
すっかり伸びが悪くなり差し切れない展開が増えました
結構話されての負けですしねぇ…
ちょっと悲しいです。
パワーのある洋芝ですしその辺の影響も…。

ともあれ、ホント勝てなくなってしまいました


フクスセカンドが!?函館SS(GIII)

さて、フクスセカンドは短い距離なら走るのでは無いか
そんな事を考えました。

函館スプリントステークス(GIII)

そういうことで函館SSに出してみます。
能力的にスピードはあるのですがパワーが無い感じ

WP9プレイ記-0073

そうなると地方のスプリント戦ならいけるのでは
と読みを入れます。

そしてそれが見事にマッチしました。
函館スプリントステークスレコード勝利しました。
相手もそこまで強い馬がいなかったのもありますが

まさかの9番人気の1着となりました。

クラシック戦線では戦えませんが。
スプリント戦なら戦える可能性がある馬が生まれました

パワーが無いと厳しいですけどね…


資金繰りも考えつつ

資金繰りも考えなければなりません。

WP9プレイ記-0074

生産した馬から1頭なりを販売することにしました。
ミホクイーンの子が重賞勝利してくれていますので。
ミホクイーンの子ならそれなりに価値がつきます。

そう言うためにも重賞の勝利は重要ですよね…

ミホクイーンの子はどこかへと旅立ちました。
他の馬が頑張ってくれるかどうか。

ある意味運勝負となります。
そして1994年の後半へと進みます。



posted by Fuchs at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9