2019年06月11日

『ANAハワイ進撃!「激烈!航空戦争」後編』〜今日の「ガイアの夜明け」感想〜

※この記事はガイアの夜明けを見ながら自分のメモ書き的な感じで書いている記事です。

今日のガイアを3行で

  • A380を投入したANAのハワイ攻略
  • 特別な機体には色々な仕掛けがありました
  • 新たなツアーを開発し新たな魅力を発信してました


A380フライングホヌ

フランスからエアバスA380が到着。
全長73m 全幅80m
ボーイングの747より一回り大きく総2階建て520人乗り。
デザインは一般から公募し東京都在住50代男性の案を採用

ウミガメ…ハワイ語で「ホヌ」

フライングホヌ

2号機も到着(エメラルドグリーン)
ANAは3機をハワイ路線に投入
1500億円の投資です。

とにかく大きな機体です。

「よくこれが飛ぶなと思う。スケールの大きさが違う」

ANA最大規模の機体。

機内に2階への階段があります。
しかし狭く感じないという大きさです。

「2階建てと言うこともあり1階部分の壁が外側に
 広がってる。だから広く感じられる。」

照明にも拘りがありました。

「レインボーに出来ます」

ハワイへのワクワク感を演出しているそうです。

エコノミーのシートのヘッドレストは上下の移動、
横の姿勢はこれまでもあるが下から上にも上がるように

「ネックピローを当ててる感じ」という感じ。

埋め込まれた13.3cmの大型モニター。
エコノミー最大クラス。

映画館くらいの広さのシート。
1階はエコノミーです。
客が自由に利用出来るセルフドリンクカウンターも。

エコノミーではじめて導入したそうです。
ドリンクをとったり出来ます。

カウチシートと呼ばれるシートも

横並びの3席または4席をフラットにするとベッドになる
専用の寝具もあるのでゆっくり足を伸ばして寝れます。

エコノミー料金に追加料金で利用可能

3人席2人利用 19,000円
4人席2人利用 52,000円追加が必要

航空料金+追加料金…安くは無いですね。

2階へ

プレミアムエコノミー 73席
ビジネス 56席
ファースト 8席
ファーストは個室みたいになってました


520名だとサービス食事とかを運ぶ方が大変では?

「客の期待値が非常に高いと認識」
「国際線では初めてだし、正直不安はある。
 気持ちに寄り添ったサービスを!」

客室乗務員の人も燃えていました。

社運をかけるA380…ハワイの旅がどう変わるのか


CAの研修

ANAの選抜されたCAたちが集まります。

皆落ち着かない様子。
初めて乗り込むフライングホヌ。
興奮を隠しきれません。

指揮を執るのは佐藤氏45歳。
機内サービス統括です。

「心配でドキドキしている」
「初めてCAが実機でサービスする姿を見られるので楽しみ」

佐藤さんは、1997年入社。
国際線ファーストクラスなどを担当のエース級。
手腕を買われて抜擢されました。

その佐藤さん。ある提案をしていました。

A380のエコノミーは383席あります。
前方から後方まで42列。
普通はCAは前方後方4名ずつ配置しますが。

ANAではもう一人ずつ増やして5人体制に

そしてずらずらと人が入ってきます。
520席が埋まりました。。
皆映画などを見てリラックス

…ただ機体は動きません。

「ただいまよりA380ホヌサービス検証をスタート」

サービスシミュレーション

乗客役はANAグループの社員でした。

ハワイ路線の時間

往路7時間30分:復路8時間半

食事サービスは2時間で終えるのが鉄則。

ドリンクサービスではスナックも配布。

機内を動き回る佐藤さん。しっかり監視します。

バタバタと動き回るCA。

「アイスクリームの配布が完了したら前のヘルプに…」

座席数が多い前方で遅れが出始めてました。

「全部終わってますので最後までいられます使って下さい」

そして備品がどの場所にあるのか分からないCAが続出。
目標より1時間オーバーしました。


「どういうところで時間を要して、バタバタ感が出たのか
 実フライトの前までに工夫点を洗い出したい」


力を入れまくるANA

就航前から人気女優をCMに起用して勝負をかけた。

綾瀬はるかさんですね。

新たなハワイ便をアピールしてました。

ハワイはJALが半世紀以上開拓してきた観光地。
街の至る所でJALマークが。

そこにANAがどこまで食い込めるのか
常識破りの挑戦が始まりました。


就航日

5/24 成田国際空港

フライングホヌ初就航。

客も。
「興奮してる」
「4年前に結婚式をハワイでやって以来。
 乗り心地とか楽しみ」

19時過ぎ搭乗開始。
普通の旅客機の2倍の乗客。

新婚旅行以来の小西さん夫妻に密着しました。

従来のエコノミーとは違います
青い照明でムーディーにお出迎え。

小西さんは最後尾から3列前の席でした。

「座席の感じがソファーみたい」

体験したことの無いエコノミーです。
ハワイへ向けて離陸

520席ほぼ満席(初便)

エコノミーをCA統括の佐藤さんが担当します。

「客室乗務員も期待に答えようと必死。
 訓練もしてきました。」

ホノルル便は食事サービス2時間。
上手く出来るのか?

機内食はポークシュニッツェル(カツレツ)
パンケーキで有名な「bills」とのコラボ

Billsとは

1993年
シドニーでオープンしたレストラン。
日本でも鎌倉・横浜・銀座などに8店舗展開

若い女性に人気です。
料理にも定評があります。

ジャスミンティーの風味が特徴のスモークサーモンが人気


そして機内食は1年かけて開発しました。

カツレツは柔らかくて美味しいそうですし。
スモークサーモンもあります。

「しっかりスモークされたサーモンを感じます」
「美味しい」
「面白い味する」などなど。

食べ終わると消灯となります。

カウチシート初体験の小西夫妻。

2人で寝ても大丈夫な広さがありました。
足を伸ばせて寝れるエコノミー席です。

食事サービスの時間は?

予定の30分オーバーしていた

「ニーズが非常に多い中で待たせてしまった
 課題はあるかなと思う」

最初のテストから30分は短縮できたようです。

7時間半のフライト終えてホノルルへ。
ライバルJALも到着してました。

シェア見込み

2018年のシェアは JAL33% ANA15%
これを2020年には JAL29% ANA25%

これにしようと目論んでいました。


打倒JALの仁義なき戦い

JALの独壇場といわれたハワイへ進撃

ずっと2位でしたが、2015年JALを抜きました。
とはいえビジネス路線中心。
1997年までハワイ便は名古屋だけでした。

大型機の投入でどんなメリットが?

専門家
「首都圏からハワイへ向かう提供座席数が大幅に増える
 航空券の価格の下落に繋がる」
「2階建ての大型機を維持していけるかの決着が
 どこかでついてくる」

マイルで交換できる特典航空券にも波及

都内在住の鈴木さん。
出張も多くANA,JALのマイルをためています。

マイルで特典航空券と交換して、家族4人で海外旅行。

しかし
「ANAのマイルは取りづらい」
「同じ行先の座席を取るときにJALの方が今までは
 取りやすかった」

特にハワイは取りにくかったそうですが…

ANAの新しい機体でハワイ路線をマイルで取れる
座席を大幅アップしたそうです。

「最新の飛行機導入して
 座席も増やしてくれればすごく嬉しい」

人気の観光地ハワイにいかに客を呼び込むか

ツアー作りを託されたのはANAセールスの五十嵐さん。

ANAセールス

全日空の旅行部門です。
社員数1600人
五十嵐さんは1年前にハワイ支店へ赴任

JALが羨ましい?

「羨ましいというか太刀打ちできない存在」
「これからどのような形で私どものツアーをどうしたら
 良いかを考えたい」

半世紀以上からハワイ観光を作ってきたのはJAL。
特に差をつけられているのはホテル。

ハワイの場合、部屋を仕入れればいいわけじゃ無く
リゾートなので景色、海が見えるのが必須。

海も真ん前のオーシャンフロントか高層階。
限られた部屋数なのでそこを十分に仕入れることも必要

眺めの良いオーシャンビューは人気ですがその数は少ない

眺望の良い部屋はJALが押さえてます。
前回やってましたね。

五十嵐さんどんな秘策が?


ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ
ワイキキに8つのタワーがあり膨大な部屋数があります
巨大リゾートは日本人にも人気・
レストラン専門店など100店舗あります。
カップルから家族連れまで色々楽しめます。

大型リゾートホテルならではの魅力

そこである提案を

「ルームクレジット…A380にちなんで380ドルに」
「大盤振る舞いですね!」
「つけていただくことができたら大変ありがたい」

ANAツアー客に限りホテルで使える380ドルの特典を提案

「結構価値がある
 4万円ぐらい4泊の中で使うと1日1万円使える。
 非常に面白い」

就航記念して協力してくれる事になりました。

ヒルトンだけでは無くシェラトン
ハイアットにも交渉・

JALのツアー客が多い5つのリゾートホテルで
特典をつける事に成功しました。

ハワイに赴任してきた五十嵐さんですが。
ワイキキでひとりぐらし。

人知れずプレッシャーを感じていました。

「毎日500席が3便飛んでくる
 ありとあらゆることを本気でやっていかないと
 持続するのは非常に難しい」
「重責は感じている」

明治学院大出身でヨット部でした。
1996年全日空ワールドに入社。
2年目にハワイツアー作りを任されましたが。

ANAのハワイ便は名古屋のみでした

「名古屋からしか飛んでないし新しい事を作るのが難しかった」
「ホテルからANAは路線がなくなるかもしれないから
 信用できないと言われた」
「その頃は20台前半だったので確かにその通りだなと」

あのときのリベンジがしたいと考えてました。
フライングホヌにかける思いは強いです。

ツアーの目玉

ヨットでした

ワイキキビーチには観光客のせるヨットがいくつかある
海の上を疾走する楽しさを知っている五十嵐さん。
今回のツアーにヨットを組み込もうと考えました。

「学生の時にヨットをやっていた」
「海の上に出て、空、海、虹もみれる」
「今まで見たことのない景色は見て貰いたい」

船内を見ると外国人ばかり。
日本人は利用している人が少ないようでした。

おなじみのワイキキでもヨットの楽しさは知られていない

値段は1回90分。安くても40ドルします。

これを無料でツアーに組み込もうとしてました。

もう一つの目玉が

シーライフ・パーク・ハワイ

車で40分ぐらいの場所にあるテーマパーク。

イルカとも泳げます。

しかしウミガメに目をつけてました。
本物のウミガメがお出迎え。

野菜をあげたりできます。
ウミガメ餌やり体験

そしてウミガメの子供がいました。
五十嵐さんは生まれたときから知ってるそうです。

これも目玉に?


初便到着

JALに負けないプランを練り上げました。

ツアー代金は139,000円から

チャーターヨット40ドルが無料
ウミガメとの交流42ドルが無料

「価値、そしてインパクトがある物を
 無料にすることで商品の注目度が高まる」

さらに「bills・ワイキキ」
機内食コラボした店でドリンク無料クーポン。
滞在中なんどもOK。

ここの朝食は世界1とも言われている

オアフ島カカアコ地区

新名所でお洒落な記念写真も撮れます
そんなツアーのようでした。

観光客はついたその日からハワイを楽しみます。

シーライフ・パーク・ハワイ

ANAのツアーバスがやってきました。
五十嵐さんが出迎えます

小西さん夫妻もいました
手渡されたのはレタス・ブロッコリー。
ウミガメ餌やりは初体験だったようです。

そして、仕込んでいたサプライズ

「名前はさくらといいます」

ウミガメのさくらちゃん
一般公開していない小さなウミガメとふれあえました。

ANAだけ

掛け合って実現させました。

「良い思い出が出来ました」と喜ぶ客。

順調な滑り出しです。

ワイキキ目の前のハイアット・リージェンシー

380ドル特典を利用する客がホテルのバーに
トロピカルカクテルを飲む男性

「かなり動いて汗掻いたので疲れた身体に響く」
「頼んで良かった」

380ドル特典でカクテル注文
お得サービスに満足そう

「ハワイはJALと言う人が多いが
 またハワイに来るときはANAできたい」

ウミガメを楽しんだ後は、ヨット

早速ダイヤモンドヘッドをバッグに記念撮影

「気持ち良いです」

今まで見たことのない景色…海から見るワイキキです
ドリンクサービスも

「海の上で飲むシャンパンもおいしい
 眩しい太陽と青い海とダイヤモンドヘッド最高です」

ハワイの新たな魅力を感じて貰えたようです

「JALに負けないくらいのプランを提案しないと
 客には選択して貰えない。
 私どもにしか出来ないプランを1つ1つ得意分野に
 していくように頑張りたい」

ANA vs JALの決戦の行方は


posted by Fuchs at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイアの夜明け 感想

Cities: Skylines プレイ記[246] CAMPUSを攻略してみる? / アセット紹介:建物・プロップ・車【CAMPUS】

※画像はクリックでオリジナルサイズ
※このページでは、Paradox,Colossal Orderが権利を所有する画像を利用(引用)しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

Cities Skylines プレイ記 (CAMPUS) プレイ画像

5/21に新しいDLCが発売されました。
早速導入して遊んでいますが難しいです。
難しい…というか、私が1箇所やらかしていたことに
気づきました。それで一気に進みました。
それは後ほど…

全然学生が増えない時期

Cities_Skylines-1380

いくら待っても学生が増えませんでした。
何故かが分からず首をひねっていました。
小学校や高校が足りないのかともりもり建設したり。
アメリカンフットボールのスタジアム作ったり。
勿論、交通関係も充実させて鉄道駅まで作りました。
地下鉄駅も3つほど。
バスダイヤもかなり激しく。

とんでもない赤字

Cities_Skylines-1380

それらが影響してかCAMPUSになってから赤字が酷くなりました。
どうやら交通関係がおかしくなってる気がします。
収入がガンガン落ち込みます。
すごく謎なんですよねぇ。
人が乗ってるのに収入が0になるという状況が続き。
何のバグだろうという感じで。

学生が増えない原因

そして学生が増えない原因やっと判明しました。
都市条例「学校定員縮小」

Cities_Skylines-1380

「教育より仕事を選ぶようになる」
これで大学よりも仕事に行く人が増えて。
工業が潤う!とやったわけですけども。
これが大学生を強力に抑制します。

この条例を撤廃したらあっという間に増えました。
どれだけ強いんだこの条例…

ガンガン成長する

人が来るようになりましたので一気に学生数が増加。
次々にレベルアップされて建物もアンロック。

Cities_Skylines-1380

出来る事も増え建てれる物も増えて大学は拡大。
とはいえ、普通の大学アセットの方が効率いいんですけど
馬鹿みたいな敷地使っても6000まで行かないですし。

学生数が増えれば収支も改善してきまして。
大学運営はトントンぐらいになってきました。

レベルアップで、大学スポーツを運営出来るように。
ブロンコスを設立しました。
とても弱いです!応援とか増やすと良いようです

Cities_Skylines-1380

学生数は5000人を突破。
更に収支は改善。
そして、研究結果もどんどん増えていきます。
謎研究だらけですが。

という感じで一気に軌道に乗りました。

分かったこと

「学校定員縮小」はヤバイ

大学との相性が最悪なので気をつけましょう

そして…

Cities_Skylines-1381

消防署は作りましょう…
野球場大炎上しました。


アセット紹介:建物

今回は1種類紹介いたします

(Mixed-Use) Leaf Mart Convenience Store with Apartments

サブアイテム4つ利用します。

色々組み合わせて作られた日本風のコンビニがある
アパート的な建物。

Cities_Skylines-1382

良い雰囲気が出てると思いますし。
結構クオリティ高いなぁと。
組み合わせでやり方は無限大ですかねぇ


アセット紹介:プロップ

今回は1種類紹介いたします

Japanese coffee shop 喫茶店看板

街中に置いておくとかなり良い雰囲気が出ます。

Cities_Skylines-1383

ちょっと歩道の真ん中に置きすぎましたが。


アセット紹介:乗物

今回は1種類紹介いたします

ISUZU FORWARD F-CARGO

いすゞのトラックです。
ガバッと開くタイプのトラックですね。

Cities_Skylines-1384

いつもながらの高クオリティです!



と、いうことで。
素晴らしいアセットありがとうございました。

ちょっとアセットの勢いも落ちてきたのもありまして
紹介は少なくなったり古い物も紹介させて頂きます

その辺ご了承の程よろしくお願いします。


そして閲覧ありがとうございました。

posted by Fuchs at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Cities: Skylines