2019年06月19日

Winning Post 9 プレイ記[018] フクスセカンドは頑張ったが…

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

前回までのあらすじ

1995年。覚醒したのはフクスセカンドでした。

WP9プレイ記-0089

春秋スプリント制覇。

輝かしい実績を残しました。
しかし成長型は「早め」…ということはそろそろ落ちる。

いつ終わってしまうかという状況との闘いに。
そして1996年へ突入しました。


新しい騎手として

福永騎手が登場。
何とかお近づきになりたいところです。

WP9プレイ記-0090

和田騎手もいますねー。


緑のお守りが溜まる

ほとんど使わないのが、緑のお守り

WP9プレイ記-0090

大した馬は手に入らないお守りですので。
溜まる一方。
それを銅のお守りにしてくれるというのだから助かります


1996年に生まれた馬

今年も3頭。

WP9プレイ記-0091

…微妙です。
走りそうには…?
ワキアの子がなぁ…。


フクスセカンドの活躍

うちの稼ぎ頭となってくれたフクスセカンド。

T.J.スミスステークス

オーストラリアの短距離GI。
ここぐらいの芝だったらギリギリ走れました

WP9プレイ記-0092

パワーが無いのでヒヤヒヤしましたけど。

チェアマンズスプリントプライズ

香港の短距離GIです。

WP9プレイ記-0092

こちらも何とか勝ちましたけど。
やはり微妙な感じもしてきてました。
全盛期の力が感じられないというか。
安心して見てられなくなってきます。


他の馬たち

フクスセカンドに続く馬はいるのか…

WP9プレイ記-0093

フクスフィフス

…惨敗。なかなかオープンでは勝てません。
騎手も悪いですしねぇ。

WP9プレイ記-0093

フクスフォース

父:ニッポーテイオー×母:ミホクイーン

やっと条件戦2勝目という悲しさ。

WP9プレイ記-0093

フクスシックス

父:アサティス×母:ミホクイーン

こちらもやっと未勝利脱出という。

鳴かず飛ばずの戦績だらけで。
セカンドが引退したらおしまいであることに気づきます


久々の重賞勝利:フクスファースト

晩成馬であるフクスファースト。

WP9プレイ記-0094

この子がGIII相当を勝利してくれます。
ダート馬の牝馬と言うことでレースが難しいですが。
条件に合えば勝利が出来る。

そんな感じでジリジリと勝てるレースも見つかってきました

ただダートの重賞はあまり儲からないのが…


と、言うことで、フクスセカンドにべったりだった牧場
他に勝てる馬は折らず。
ファーストもそろそろ年齢的に厳しい。

その状況を救ってくれる馬はいるのか。

…そう。あの馬がいました。







posted by Fuchs at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9