2019年09月25日

VOCALOIDランキングを自分なりに再ランキングしてみた#624



採点方法などの詳しいことはこちらへ。
説明長かったのでまとめページにしています。
http://r-ryuga.sakura.ne.jp/vocaloid/

オリジナルランキングはあくまで個人的な観点(主観だけ)のランキングです。
(その日の気分・体調でポイント変わるのもご愛敬ということで)


DECO*27 - シンセカイ案内所 feat. 初音ミク

DECO*27さんの新曲ですよ!
新しい動画ですよ!
綺麗ですよ…凄く綺麗ですよ。カッコイイですよ。
ハイセンスすぎてヤバイですよ。
映像の凄さは凄さもあるんですけど。
サビの破壊力がまた溜まらないのですよ。
何回目何回目…案外ね…。やぁ。凄いですねぇ。
前に進もうという力強さと何だろう踏み出したくなる感じが。
思わず頷きたくなり最後の最後まで目を離せませんでした。
ラストのラストまで聴いて下さい。最後の叫びが!

約束 / はるまきごはん feat.初音ミク

こういう初音ミクの音好きです!
ちょっとケロッとした感じの音が特徴な動画です!
世界観も凄いですしぶわっと広がる感じがいいですねぇ
冒険? ファンタジーという感じ?
紡がれる物語…ストーリーがまた良いんですよねぇ。
サビへの盛り上がり方。美しく広がる世界…
いろいろと見入りますし。聴き入りますよ。
映像に曲に…凄まじいパワーを感じました

LAZULI*/初音ミク

初音ミクの音が心地良い一曲です。
心地良いメロディと、ちょっと電子音強めの初音ミクの音。
青春の…若さ溢れる感じの歌詞と。
その頃特有のという感じがありますねぇ。
とても気持ち良いのです。そしてその世界観に浸れます。
最後にかけての展開もとても良い感じでした!
動画の雰囲気もまた良いのでとても見入ることが出来ました

sasakure. UK - レプリカ MV feat.初音ミク

ささくれPの世界観がぎゅっと詰め込まれている動画です。
とても幻想的というか…ちょっと悲しさを含みつつ。
儚さと可憐さと…ぱっと止まってからの一言。
あのグサッとくる感じが凄まじかったですし。
ささくれさんにしか出せない雰囲気でした。
何度も聞いて聞きこんで理解が深まる。そんな動画でした



↓ オリジナルランキングは(続きを読む)から


続きを読む
posted by Fuchs at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | VOCALOIDランキング

『コンビニ大変革時代』〜今日の「ガイアの夜明け」感想〜 ガイアの夜明け

※この記事はガイアの夜明けを見ながら自分のメモ書き的な感じで書いている記事です。

今日のガイアを3行で

  • コンビニのお話…
  • 大手3社の戦略をやってました
  • 長すぎてだるかったです。もっと手短に…


福井の山奥のファミマ

福井県の山奥…
和泉地区人口450人の集落
住民の4割以上が高齢者。
日々の買い物が悩みでした。

「人口が少ないから農協も食料品を置いてない」
「雑貨店も辞めた」

8月に住民待望の施設が誕生します。

この地区初のコンビニ

ファミリーマート

朝から続々と人がやってきます。
8月13日オープン。道の駅の奥に出来た施設です。

6時から10時まで

集落の人が毎日通います。

久々に楽しむ近所での買い物。

「食パンとおやつのパンを買った。便利です。」
「しょっちゅう来ている」

出来る前は?

「市街地へ30分かけて車で行くか…」

ファミマには大きなイートインスペースもあります。。
地元の農協で働く男性がランチしてました。

「買い溜めしてたカップ麺を持ってきて食べてた」
「コンビニが出来て毎日来られて便利」

ファミマの人
「たばこや食料品がなくなり地区の人は買い物が出来ない
 買い物弱者対策という意味も込めてオープン」

人口450人を超える1日500人来店

大盛況が続いています。


全国No1コンビニ

福井県恐竜が出迎える福井市に全国No1のコンビニがありました

オレボステーション

福井市を中心に7店舗展開。
店内に入ると普通のコンビニのようですが。

店の奥にありました。
オレボならではのスペース

「野菜炒め如何でしょうか」

量り売りの総菜
70種類の弁当・総菜が売りです。

鯖の味噌煮248円
えびのピリマヨ和え100g359円など。

できたて提供のため広い厨房があります。
5人のスタッフが調理してました。

昼時

客に大人気なのがランチバイキング
価格は1g1円
一人平均500円使います。

お客の声
「おいしい」
「どこのスーパーもコンビニもよらずここ」
「何も作りたくない日に助かる」

総菜からコンビニコーナーへ向かいお茶を…お菓子も…
会計は2811円となりました。

「あれもこれもつい買っちゃいます」

総菜を武器に売上を伸ばすオレボステーション。

客単価ランキング

1位:オレボ:848円
2位:ローソン:687円
3位:セブン:639円円

客単価で1位でした。
オレボステーションを運営する大津屋小川社長63歳。

「目の前で作ってると客は食べたいという。五感に訴える」
「大手のコンビニだとこれだけの商品を作る厨房がないし
 あってもスタッフを揃えることが難しいのでできない」
「中小企業らしくフットワークでやってます」

小川社長は更に仕掛けます。

向かったのは系列店舗オレンジBOX。
次なる切り札は機械でした。

総菜をおくだけで商品と値段がすぐ分かる

総菜の画像をAIで解析、品名と金額をレジに反映します。
AIレジですね。

開発中の機械ですが店頭で実際に使われていました。
スムーズに進むレジ作業

使い勝手は?

「楽です。パッと載せただけで。」

読みにくい物は?

「新しい総菜は違う物と誤解する」

インゲンのごま和え
⇒小松菜の煮浸し

発売された物や見た目がよく煮た商品が2割の確率で間違った
判断されます。
その際はスタッフが手動で修正します。

小川社長は10月以降全店舗に順次導入するそうです。

「大手だと完璧でないとなかなか導入できない
 まずやってみようダメならやり直せという事が
 我々共通の哲学」


右肩上がりのコンビニ業界だが?

右肩上がりのコンビニ業界だったが。
全国で6万店に迫りますが、生き残りをかけた新たな闘いが。

下剋上を狙う3位ローソン。

「新しいコンビニのあり方。必ず夜が明ける」

首位猛追のファミマ

「色々な事が変わるときはチャンス」

業界No1セブンイレブン

「変化していかなければいけない
 我々自身が変わっていかなければならない」

今コンビニが大きく変わろうとしていました。


コンビニオーナー座談会

スタジオに集まったのは
大手3社の加盟店オーナー。

お互いのイメージは?

セブンは商品開発が断トツ
うちの家内もセブンのパンが好きで利用させて貰ってる

ファミマはファミチキ。
ファミチキ下さいと言われる(ローソン)

ローソンの悪魔のおにぎり。
ファミマのスイーツとか。
商品開発が追いつかれた感がある。

店の現状に及ぶと…

オーナーもシフトに入っているかを聞くと半分くらいが挙手。

「今年に入り人手不足の波が来て
 ワンオペで夕方の忙しい時間も入るようになったり
 バイト募集しても1〜3ヶ月も音沙汰無し。」

「私と妻とでシフトに入ったりして私だけで月240−250時間
 家内も入る。しんどいですね」

「オープンしてから6年経つが、完全に1日休んだことはない」

どこの加盟店でも同じ状況。


あるオーナーの1日

藤田オーナー62歳(セブン)
妻 63歳

夫退職後の2000年セブンの加盟店オーナーに。
二人は足りない人手を補うため毎日店で働きます。

9時
オーナーは商品発注
翌日天候を考慮して仕入れ量を決めます。
妻は検品と品だし

10時半揚げ物類の調理
10種類ある揚げ物
季節によってはおでんなど何度も補充。

正午前後:接客レジ対応

1時過ぎ:店内清掃
妻の担当はトイレでした。

2時30分:昼休憩

食べるのは自腹で買った弁当。

「私たちも客。売上の貢献してる」

自宅で食事取る事は?

「殆ど無い」

食事もそこそこに店頭へ
15時宅配便の取り次ぎ。

「宅配便、公共料金の取り扱いは凄い量です」
「銀行も社会インフラだけど土日は休んでる
 なんで僕らだけがそれをやってるのか」


「しんどいときはしょうが無い。
 泣かないで大丈夫だから」

体調を崩したバイトを帰らせて…シフト調整
すっかり夜になってました。

こうした生活が毎日続きます


コンビニの仕組み

意外と知らないコンビニの仕組み

オーナーになるとしたら?

本部に対して加盟料を100万から300万を払う
そして契約。
本部の方は加盟店に、土地、建物を用意をする。
コンビのノウハウ(経営マニュアル)をくれる。
売れ筋商品を中心に商品を用意

店の利益は?

本部に経営指導料6割払う
4割からアルバイト代、人件費水道光熱費を出す。
残りがオーナーの取り分。

6割は多いような気が?

1人でお店をする場合、3500の商品を一人で仕入れることが
出来るかと言えば出来ない。
本部からいろいろな売れ筋商品を提供して貰うという事で
経営リスクが抑えられる。

さらに6割から商品開発、新しい店舗を開発する費用
本部丸儲けではない。

現実ではオーナーは厳しいと聞くが

コンビニは客のためにいろいろな商品やサービスを開発した。
公共料金(銀行の役目だった)
宅配サービス
コーヒー
おでん・ホットスナック

客のためにサービスを増やしたがアルバイトもオペレート
しづらい状況に。

24時間で問題:人手不足

ここ数年で急速に広がったわけではない
10年前から指摘されていたがコンビニ業界が後手に回った

同じコンビニが近くにあるのはなぜ?

港区神谷町駅周辺…

ビルの1Fにセブン。
その隣のビルにセブン。
目と鼻の先の交差点にセブン。
通りを進んだ先にセブン。
その先にもセブン。
500メートル圏内に7店舗密集してました。

同じチェーン出店が近いと良い部分が
配送トラックの距離数が少なくなる

効率的に商品を届けられます。

地域に同じ看板があると安心感

ストア・ロイヤリティ

客が特定の店舗を選んで買うことが発生するそうです。

客のとりあいが生じないの?

エリアが被さる部分ではある。
売上高1だったのが0.8になる…

チェーン店全体では1.6になるので本部はプラス。
個店では売上利益が減ってしまう。
なのでオーナーで不満が出る。

多くできすぎていて、システム複雑になりすぎて店員が少ない
二進も三進も行かない状態。

そこで今年噴出したコンビニオーナーの不満

「24時間の見直しを検討して下さいとお願いしてる」
「苦しんでるオーナーがたくさんいることを知って欲しい」

人手不足のオーナーと絶対24時間の本部が対立

これをきっかけに他のオーナーも声を上げ業界巻き込んだ論争に

24時間をやめたいと思うオーナー

座談会に参加していた中セブンは全員挙手してました。

「とにかく売上が払う人件費大して付いていかない」
「うちの店は首都圏にあるので法的には人件費が1.25倍
 実際1.3から1.4倍かけても昼間に対して人が集まらない」


セブンの永松社長(62)にオーナーの声をぶつけてみた

オーナー自らシフトに入ったり負担が増えているが?

「加盟店の不安を取り除けるような成長戦略を
 本部が常に提示できるかがこの後のコンビニにおいて
 非常に重要になってくる」

ビジネスモデルも一部変えていく?

「時代が変化すればビジネスのあり方も変化しないと行けない」


4月セブンは加盟店の負担軽減策をまとめた行動計画発表

柱の一つは営業時間の短縮

全国一律24時間に拘ったが時短を容認する考えを示します。

社長
「時代に求められ売るものが24時間だった」
「その中で、こういう人手不足という問題が起きてるなかでは
 そういった方法(時短)を取りたい店には答えていきましょうと」
「春から時短営業の実証実験をしている200店舗で実施中」
「もし時短をやりたいと希望する店があったら
 半年のテストをやった上でオーナーと結果を見て判断していく」

これまでの方針を転換したことも

「今年は新店を増やすと言うことでは無く
 既存店加盟店オーナーの売上を以下に挙げるかに力を注いでる」


9月18日ビッグサイト
セブンイレブン商品展示会

オーナー向けにやってる展示会。
社長自らオーナーに声をかけて回ります。

「省人化技術も良い物が出ている是非ご覧になって」

働きやすい環境作りへ
社長肝いりのコーナー

自動釣り銭レジとか最新セルフレジなどの最新の機械。

シフトも作成できるシフト作成支援システム

「これを使えば誰がどの仕事を担当するかまで正確に管理」

参加オーナーに話を聞くと

セブンも変わったなと言う印象?

「これからもっとスピードを上げて変わって行って貰えれば
 ありがたい」


ローソン

5月下旬北海道網走市
先を急ぐ一台の車
ローソンの竹増社長50歳がいました。

「直接いって店を見てオーナーの顔を見て話を聞いて
 全体としてどんな方向に向かうべきかつかんでいかないと
 いけない」

社長自ら店舗を回って500店を視察。

クルーはどうですかシフトは?

「非常に厳しい。集まりは悪い」
「田舎だと客が減るから必ずしも24時間じゃ無くても良い」

現場で聞こえてくるのは人手不足や24時間に対する声。

ローソンはどう対応する?

「24時間を基本としてやってたが
 やれるかどうか、やりたいけどやれる環境か
 1店舗1店舗違う。しっかり本部が向き合えるかどうか」


横浜磯子区氷取沢町店

昼間訪れると混み合う店内。地元住民+車で来る人たち。

夜になると交通量激減。人通りもなくなる。
がらんとする店内

作業をしている人が

店長の、飯森さん36歳。
深夜営業に頭を悩ませていた

客数グラフ

「0時から5時には30人。」

1日の客数グラフ一段と少ないのが0時から5時でした。

深夜帯の売上は5時間で22000円

「夜中だけの売上と人件費で言うと負けてる
 利益としては赤字になっている」

どんなに客が少なくても深夜はスタッフは2人体勢。

24時間を辞められない事情が…

「もしかしたら他に店に行かれるというのは考えられる」

飯森さんの店の250メートル先にはセブンが。
24時間営業辞めれば客を奪われます。

8月中旬改装工事開始
今までに無い24時間営業の店舗を作ります。

飯森さんが見守る中最新機器がつけられていきます。
本部が負担

0時から5時には無人にする実験

意外な展開が待っていました。


無人コンビニ

ぱっと見は普通のコンビニ

夜間専用入店ドアがあります。

店に入る3つの方法

1つめ:ローソンのアプリで取得したQRコード

2つめ:常連客用カード

3つめ:顔の撮影という方法(何もない場合)

簡単に入れます。
通常のコンビニと違い、モニターがありました。

防犯カメラを大幅に増設。29台。
通常店は7,8台です。

防犯カメラで写すことで抑止します。
カウンターの有人サービスを制限。
たばこホットスナックなどコーヒーなど。
従業員の手を介してサービス提供する物は制限。

ストログお酒はシートを貼って制限。

トイレは? 深夜トイレの利用も高いので解放
ATMもOK

セルフレジで払います。
支払い方法もワンタッチです。

現金を入れるとおつりが自動で出てきます。

深夜を無人化することでどれだけの成果が上がるのか?


8月下旬夜間無人化実験が始まる
準備を進める飯森店長
商品の補充が出来ないので棚を1段増やして100点増やしました

自動ドアを夜間モードに切り替ええてスタート。


夜間無人化実験

半年間で効果を検証。結果次第で全国展開も。

「客の反応は不安」

午前0時無人に。

飯森店長はバックヤードへ。
完全無人化を目指します。

しかし実験開始後はしばらくは従業員1人が待機。
防犯カメラで見守ります。

客がやってきた
実験のことを知らずに来た人でした。

恐る恐る店内へ…飲料コーナーへ向かいます。
お茶を手に取りセルフレジで戸惑いながら会計。

「初めてなのでよく分からなかった」
「慣れれば良いのでは?」

緊急事態が発生

防犯カメラで見守ってると…

「金どこで払うんだ!」と怒る顔なじみ常連客。

「なんだこれは一体!面倒くさくて駄目だな!」

怒って帰ってしまいました。

実験を担当するシステム部の村上さん

この様子を見て

「セルフレジと入店機器の入り方。
 これは地道な取り組みになるけど1つ1つやっていかないと
 安心して客が継続的に来店できない」

その後も…

「駄目だ。酒買えない」

深夜は売っていないので結局何も買わず出て行く人。

「必ずビール買うけど…これはちょっと…」

いつも仕事帰りにビールを買いに来ていた常連客も帰ります。
これまでに無い店舗は前途多難

数日後。
バックヤードで見守る飯森さん

3回目 初日に来て怒り狂ってた常連客
3日連続で来店していました。
すっかり使いこなしてました。

「凄く満足そう」

迷惑をかけるけど1つ1つこうやって店を選んでくれてるのは
ありがたい
日が進むにつれ、慣れっこになったようです。
殆どの人が使いこなしてます。

「使いやすさだけで言うと店員がいないと出来ないサービス
 もあるがちょっと買うだけだったら全然問題無い」

想定外の反応も

「しゃべるのが得意ではないので人がいない方が良い:

実験開始から3週間中間報告

飯森店長と店のオーナーの前田さんが結果を聞きます

「深夜の時間帯だけ見ると1万252円落ちてる

20599円だった売上が10347円に。
酒やたばこが売れないから1万円減るようです。

この結果にオーナー前田さんは…

「私は成功だと思ってる。1日1万円減
 人件費の削減を考えると当然プラスになる」

0時過ぎ。竹増社長が無人店舗へ。
社長も顔パスは出来ないようです。
無人店舗での買い物体験。
新しい形の24時間営業に手応えを感じていた

「まずは第1歩
 24時間クルーがいて営業するも良し。
 深夜帯を無人にして買い物して貰うも良し
 時短で深夜営業しない選択肢もある
 その場所事に合わせた選択
 一番良い営業の仕方で客も困らない
 そういったことが見つけられるようチャレンジしたい」

新しい時代に合わせたコンビニ。
その姿を探る試みが続きます。


食品ロス対策

コンビニが抱える大きな問題がもう1つ

18時前ファミマのオーナー岸本氏が店頭へ。
消費期限をチェックして籠の中へ

ファミマは消費期限2時間前に売り場から撤去が決まり

バックヤードに戻ると…籠に山盛りの廃棄物。

食品ロス

「もったいない。廃棄商品は店の損失に」

8月の帳簿を見ると50万円分も廃棄。

「20年ずっとこれくらい」
「私の所は10数店舗。年間すると8000万廃棄
 自社の経費になるので何とか抑えたい」
「毎日客の見えないところで捨てに行く
 ゴミ置き場に行くのは心苦しかった」

9月17日ファミマの社長澤田社長。
クリスマスケーキの発表イベントを実施。

「予約して下さい。食品ロス対策も含めて」

ファミマはクリスマスケーキを完全予約制に。
店頭で売れ残って捨てられるケーキをゼロにします。

うなぎ予約販売も廃棄金額は8割減。店の利益は7割増の結果
完全予約は功を奏しているようです。

「フードロスが大変な問題
 ファミマとしてもチェーンを上げて取り組みを進めて
 いかないと行けない」

ファミマが食品ロス対策に力を入れる理由は?

社長
「加盟店の収益が本部の座標軸。そこをどうやって上げるか
 売上を上げるのは簡単ではない
 コストを削減することが大事」

定期的に店舗施設をする澤田店長
店内で気になる売り場がありました。

総菜コーナー

お母さん食堂といって120種類の総菜。食べ切りが中心。

食品ロスは減りました?

「ロスの量も減ったし売れてきている」


食品ロスが減った理由は最新鋭の機械を使ったパッケージング

機械の中で行われているのはパッケージをする瞬間に
空気を抜いて真空状態にしてガスを充填し酸化を防ぐ用に。
賞味期限を3日延ばす事が可能。

店頭に置いて売る時間が長くなりました。

ロングライフかは良かった?

「ロスは全然出ない」

まだまだそれで満足はしてません。
ファミマが力を入れるのは冷凍食品
賞味期限半年以上と長く打って付けの商品。

「冷凍食品は極めて重要。
 その拡充を一生懸命に入っている最中」

ファミマ本社で冷食担当栗原さん。

「客のライフスタイルが変わってきて簡便性だとか
 手軽に日常の食事を済ませることが出来る事が重要」

栗原さんが秋冬に新商品として企画していたのが
ワンプレートタイプの冷凍食品。

メニューは麻婆豆腐などが一緒になった3品。

「今回は元々トレーに入った状態なので
 レンジで温めれば皿なしで食べられる」

横浜市港北区トオカツフーズ

お母さん食堂の四川風麻婆豆腐を作ってる会社。
そこに新商品の開発を依頼しました。

冷凍の麻婆豆腐丼を試作してもらいkます。
冷凍用の豆腐を使います。
一般的な絹豆腐は崩れるが
冷凍用豆腐は解凍後も形や味が変わらない。

冷凍でも本格的な味を目指します。

数日後ファミマ本社新商品検討会

「秋冬の冷食の目玉として考えている四川風麻婆豆腐丼」

総菜を麻婆豆腐と冷凍の麻婆豆腐丼。
2つを上司に食べ比べて貰います。

試食した上司は…?

「香りのところで総菜は最初食べたら鼻に抜ける香りがある
 花椒の。冷凍は香りが立たない」

花椒とは中華料理で使われる香辛料

「食べて香りがしてもう一回食べると美味しくなる。
 最初の香りが弱いから先の味も弱い」

練り直しとなります。
トオカツフーズのテストキッチンへ
レシピの見直しです。

「花椒パウダーを入れていると思うが増やす?」
「パウダーを増やしても冷凍させてレンジで温めると
 辛みだけが残り風味が残らない」

冷凍食品は調理とレンジで2度加熱するので香りが飛びやすい

そこで花椒を漬け込んだオイルを使う事に。
見た目とは裏腹にパンチがあるそうです。
その花椒をラー油と混ぜ合わせました。
それを全ての調理が終わった後に後がけして冷凍。
火が入るのはレンジの1回だけに。

「香り立ちは後掛けの方が鮮烈に感じる」

香り豊かなのが完成しました。

9月3日幕張メッセ
ファミマの新商品セミナー

関東エリ尚オーナーやスタッフが来場。

そこで試食して貰ったら好評だったようです。
そして発売にこぎ着けました。
賞味期限は1年となりました。

ファミマは冷食で食品ロスを減らすために頑張るようです。


オーナーをねぎらうローソン

6月アメリカハワイ

到着した観光バスに駆け寄る男性。
ローソンの竹増社長
ローソンの加盟店オーナーや家族150組がいました。
10年契約してFC更新したオーナーを招待

社長自らテーブルを回りオーナーをねぎらいます。

「加盟店オーナーと本部で…(中略)
 未来を一緒に歩んでいけるよう頑張って…」

まぁ…はい。よくあるなんとやらでした。

私の一番嫌いなタイプです。


ファミマとオーナーの関係

オーナーと本部の関係の模索

ファミマの社長は店舗との関係を深めるための現地視察。

訪問先では…

「LINE交換していると聞いたが宜しいか?」

オーナーと直接連絡先を交換してました。

スマホにはひっきりなしに生の声が。

拾い切れてなかった声が出て来ている?

「拾い切れてなかったといえばそう
 拾っていたつもりだった
 もっといろいろな声を貰い、改善改革をする」


セブンとオーナーの関係

セブンの永松社長

不満が出たのはコミュニケーションが足りなかった?

「はい。すぐに5月から役員の店回りをスタートした。
 問題点の共有化する場を設けて欲しいという声があったので
 オーナー会議を設けて10月からスタートする
 これだけで全て解決するとは思って無いが
 コミュニケーションをよくしていこうというやり方」


オーナーに聴いて見る

コンビニ業界に夜明けはあるか?

微妙な反応でした。

「何も手を打つことが出来ない状況なら夜明けはないが
 改善すべきことやるべきこと、やめた方がいい事
 打つ手があるので手を上げた」

「どこでも(各コンビニ)そんな事関係無く
 業界全体で何か社会を変えるような取り組みが出来た方が
 この先面白いかなと」

「夢の職業とかのランキングが出るかコンビニオーナーが
 ベストテンには入れるようなことを目指して欲しい」

これは百パーセント無理でしょうねぇ…


まとめ

全国津々浦々にあり生活になくてはならないコンビニ
誕生から半世紀以上たち店の数は飽和状態。
人手不足もありこれまで通りが通用しないのも事実。
大変革の時期を迎えるコンビニ

客も店も幸せになる夜明けはやってくるのか

と、締めくくられてました

拡大版だから長かった…が。
余談が多すぎていまいちだったような。

最初のくだりいらなかったかと…



posted by Fuchs at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイアの夜明け 感想