2019年10月10日

Winning Post 9 プレイ記[035] ディープインパクトのデビューと世代交代

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

前回までのあらすじ

2004年は自家生産馬も頑張ってくれます。

特にフクスエンゼルはよく走ってくれてました。

WP9プレイ記-0173

そして2004年後半はあの馬がデビューするのでした。


フクスエンゼル最後の雄姿

フクスエンゼルはとてもよく走ってくれました。

WP9プレイ記-0175

この年で終わりということは分かっていたので。
出来る限りだしてやりました。

サセックスステークス
大差勝ちの圧勝。

ウッドバインマイルステークス

こちらも大差勝ちの圧勝。

ブリーダーズカップマイル

こちらは3馬身差でしたがしっかりと勝利となりました。
徐々に衰えてきているのが分かります。

マイルCS

日本のレースなんて糞みたいなもんですね。
8馬身差の圧勝です。

香港マイル

流石に限界が近かったわけですが。
3馬身差以上離して圧勝しました。

そして殿堂入り…「近代スピード競馬の申し子」

27戦27勝…負け無し。
スプリント・マイル戦という短距離レースだけで頑張りました
牝馬なのによく走ってくれました。


タップダンスシチー最後の雄姿

タップダンスシチーも有終の美となりました。

WP9プレイ記-0176


KGVI&QES

5馬身差の圧勝となりました。

バーデン大賞

こちらは9馬身差の圧勝。

凱旋門賞

こちらは負けてしまったので記録無し

天皇賞・秋

間違えて出してしまいまして。
フクスプレイを負かせてしまいました…
ただ衰えてきていましたのでここで引退。

殿堂入り「世界を股にかける名馬」

7歳までしっかり働いてくれました。
41戦29勝という華々しい戦績となりました。
結構負けましたねー
でも長らくお疲れ様でした。20億以上稼ぎました。


アドマイヤグルーヴも連勝

連勝街道をひた走るアドマイヤグルーヴ

WP9プレイ記-0177


古馬になってもまだまだ元気なので海外のレース中心に出走。

ナッソーS

5馬身差勝利

ヨークシャーオークス
こちらも勝利。結構ちぎってました。

フラワーポール招待S

9馬身差の圧勝。
牝馬相手なら負け無しです。

ブリーダーズカップフィリー&メアターフ

こちらも大差勝利となりました。

メートリアークS

こちらも大差勝利。

圧倒的な強さを見せつけてくれています。
ここからどこまで勝っていけるかがポイントとなります


自家生産馬:フクスプレイ

こちらは地味に勝利を重ねました。

WP9プレイ記-0178

関屋記念

レコード勝利という華々しい勝利となりました。
やっと重賞勝ったかなという感じ。

オールカマー

ここでもしっかり勝ちきってくれました。
とても助かります。

香港ヴァーズ

ここでやっとGI勝利となりました。
駄目かなーと思ったんですが意外と勝ってくれたので良かった

天皇賞秋は、タップダンスシチーにやられちゃいました


ディープインパクトのデビュー

といういことでやっとデビュー。

あのディープインパクトです。

WP9プレイ記-0179

新馬戦はそりゃ圧勝でしょうよ…という感じ。
次は500万条件。こちらも7馬身差の勝利。思ったより…でした

朝日杯FS

これが本番です。
相手は誰かなぁと思いましたが大差勝利。
相手も糞もなかったです。
流石ディープインパクト!!


五冠牝馬フクスフリー

さて2冠馬となっていたフクスフリー

WP9プレイ記-0179

残すは秋華賞のみでした。

相手はダンスインザムード
これがまた強い馬でして…最初は負けました。
ロードし直して騎手と作戦変えたら勝利となりました。

これで牝馬三冠
何とかギリギリ取る事が出来ました。
ダンスインザムードが強すぎてやばかったです。

エリザベス女王杯

こちらもしっかりと勝利。
並み居る名馬を倒してくれました。

そして、エリザベス女王杯でオンライン対戦を…
しかし4着で終わりました。結構惜しかった。

アメリカンオークス

こちらもしっかり8馬身差の圧勝を決めてくれて今年はおしまい
オンライン対戦では勝てませんが。
牝馬相手ならそこそこ頑張れます


シーキングザダイヤのダート勝利

シーキングザダイヤがダートで輝きを見せ始めます

WP9プレイ記-0179

武蔵野S

7馬身差の勝利。
圧勝でした。

チャンピオンズC

ダートのGIを抑えてやっとGI馬となれました。
このまま国内ダートを食い尽くせればなと。

東京大賞典

しっかりと9馬身差の圧勝してました。
地方交流GIは総なめにしないとなぁと。


その他の馬たち。

自家生産馬は結構頑張りました。

WP9プレイ記-0179

スプリンターズS:フクスピサ

スプリンターズステークスを勝利したのはフクスピサ。
サイレンススズカ配合です。

阪神JF:フクスキャンドル

父:オグリキャップ×母:フクスインディ
(母父:サンデーサイレンス 母母:ワキア)

サイレンススズカ配合の馬を母です。
フクス勢が3頭並ぶという微妙な結果になってましたが…


新潟2歳S:フクスピール

父:コバーン×母:フクスワイン

母は条件戦ぐらいしか勝てなかった馬です。
それでもなんかそれなりに走ってくれる子にはなりました。
GIには足りないですけど…


年末処理

年末処理です。

WP9プレイ記-0179

今年も我が牧場の馬がかなりの勝利となりました。
日本部門の表彰馬がうちの馬だらけでしたが。
年度代表馬はとれませんでした。

そして大量5頭いんたいとなりました。

タップダンスシチーと、フクスエンゼルも引退です。
まだ若いフクスピサも超早熟だったので引退となりました。


まとめ

ディープインパクトがデビューしました
どこまで勝ち続けてくれるでしょうか。

そして主力2頭が引退となり若干赤字になりそうな雰囲気。
ディープインパクトがどこまで穴を埋めてくれるかが問題。

3歳は国内のクラシックに専念させたいですしねぇ…


posted by Fuchs at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9