2020年02月06日

Winning Post 9 プレイ記[049] フクスリボー国内三冠・欧州三冠 2012年

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。


前回までのあらすじ

2012年。フクスリボーが覚醒しました。

フクスリボー
(父:ディープインパクト×母:シーキングザパール)

WP9プレイ記-0251

皐月賞、日本ダービーを勝利。
イギリスダービーを勝利しました。
かなりの強行軍で欧州三冠は獲れるのか。


引退へのカウント:フクスマーチ

フクスマーチも衰えを見せ始めていました。
流石に状況は悪いです。

WP9プレイ記-0255

ジュライカップ(イギリス)

7馬身差の勝利。まだまだ元気でした。
相手もそんなに強くないですしねぇ。

スプリントカップ(イギリス)

こちらも8馬身差の勝利。
まだまだ元気かなとか思っていました。

ブリーダーズカップターフスプリント(アメリカ)

7馬身差の勝利はしてますが相手が弱すぎます。

スプリンターズステークス

そして日本に帰ってきて一線級と闘うと…4馬身差。
一気に衰えを見せてくれました。
ということでさくっと引退となりました。

不世出のベストマイラー

称号はかなり格好いいですねぇ。
こんな素敵な名前になるとは思いませんでした。

何はともあれ34戦お疲れ様でした。


フクスリボーの欧州三冠

メインディッシュはこちら…
フクスリボー。

強行軍で突き進みます。


WP9プレイ記-0256

キングジョージVI&クイーンエリザベスS

ギリギリでしたが勝利してくれました。
これで欧州三冠に王手となります。

凱旋門賞

こちらもギリギリの勝利となります。
危なかった…それでも勝利してくれたことに感謝。
一番大変だったのは調子を維持することでした。
色々と手を尽くしましたよ…。

スピードS+、勝負根性S+です。
次は菊花賞となります。

WP9プレイ記-0257

菊花賞

国内勢に負ける訳がありませんでした。
そしてうちの馬で独占します。

ジャパンカップ

更に強行軍は続きます。ジャパンカップにも出走。
見事に勝利をもぎ取りました。

有馬記念

こちらもレコード勝利となりました。
国内敵無しという恐ろしい状況です。

オンライン対戦でも勝利してくれました。
でもやはり難しいんですけどね…オンライン。
これよりも良い馬がゴロゴロいます。

ということで、1年でGI8勝というバケモノになりました。


その他のGI勝利

WP9プレイ記-0258

天皇賞秋:フクスシュア

期待はしてなかったのですが勝利してくれました。
ギリギリだったので「おぉ。勝ったんだ」ぐらいです。

マイルCS:アドマイヤセプター


アドマイヤグルーヴとキングカメハメハという血統。
史実馬です。うちの産駒が負けてしまいましたが。
賞金はゲットです。

エリザベス女王杯:フクスレコード

ここで勝つならクラシックで…と思ってしまいましたが。
1つでも勝利してくれたことに価値があります。

朝日杯FS

2歳馬フクススピン
(父:シーキングザダイヤ×母:アドマイヤグルーヴ)

良血ですがしっかりと勝利してくれました。
クラシック戦線頑張ってくれたら良いのですが


年末処理

年末処理です。
最優秀ライバル対決にはフクスリボーが選ばれました。

WP9プレイ記-0259

ライバルって程でもないような気がしたんですけど。
ぶっちぎってましたからねぇ。
これはいつも謎です。

GI戦線はある程度うちの馬が荒らしましたという感じでした

WP9プレイ記-0259

年度代表馬には、フクスリボーです。
当然ですね。欧州年度代表馬にも選ばれました。


2012後半まとめ

フクスリボーの1年でした。
ただフクスリボーも引退は4歳か5歳。
次に来る子が出てくるかが問題となりそうです。

いつも後継者問題ばかりが頭が痛いですねぇ。

posted by Fuchs at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9