2014年11月04日

『ニッポンの宝の山を活かす!』〜今日の「ガイアの夜明け」感想〜

※この記事はガイアの夜明けを見ながら自分のメモ書き的な感じで書いている記事です。
 誤字脱字、支離滅裂となってますがお気になさらず


日本の国土の66%が森林です。
60%が天然林で人工林は40%です。

人工林ってのは、一定期間経てば伐採していった方が良いわけで。
伐採したら植樹します。その繰り返しが林業です。
ちょうど50年前くらいが需要が高かった時期らしくその頃に植えた木がいま収穫期らしいです。

しかし木材の価格はヒノキやスギなど1980年のピークから比べると1/4の価格になってしまいました。
収穫期になった木が売っても金にならない・・・その性で林業は衰退をしているようです。

そんな感じで今日のガイアが始まりました

今日のガイアを3行で


・意外にも東アジアに向けて日本木材が輸出されていた
・岡山県西粟倉村では「百年の森林構想」というのが立ち上げられ林業を復活させる取り組みが行われている
・東京ではTOKYO WOODという木材ブランドが立ち上げられ林業を盛り上げようとしていました

SDプラン - 日本の木材の輸出

鹿児島県志布志港に木材が大量に集まってました。
何事かと思えば中国、韓国に輸出しているそうです。
東アジアに近いし有名な木材の産地がある志布志港は輸出にうってつけだそうです。
そして品質が高い日本の木材は、中国では富裕層向け棺桶などに利用され。
韓国では高級家具や風呂など用に売れているそうです。

特に飫肥杉というブランド杉が人気だそうな。

木材の需要が急増した理由として、ロシア産丸太が輸出量を減らしているというのがあるそうでして。
日本の木材に目がつけられたそうです。

「日本のスギやヒノキは世界No1のブランドになるかもしれない」
と社長が語ってました。

まさか日本から木材を輸出しているとは思いませんでした。
日本は木材大国ですからねぇ・・・そういう可能性も秘めているのか。
これは新たなビジネスチャンスだなぁ。

株式会社「西粟倉 森の学校」


林業で活気を取り戻す過疎の村がありました。岡山県西粟倉村です。

託児所は4人にまで減った子供・・・今では27人にまで増えたそうです。
全国各地から視察団がやってくるほどになりました。

どうやってもり立てたのか。

廃校の小学校に「株式会社西粟倉森の学校」があります。
社長は牧さんという40歳ぐらいの若い方。村を変えた中心人物です。

この会社は「間伐材を商品にして売る」会社です。
「百年の森林構想」と、言うのを掲げていましす。
その仕組みは。

山林所有者が村役場に管理を委託します。
管理を委託された村役場と連携する森林組合が間伐を行います。
そして間伐材を森の学校が買い取り加工して販売するというサイクルを作ります。

伐採から商品化まで全て村内で行うという仕組みです。

製品化されたものはどれも「シンプルで合理的に本物の檜を使って貰う」という考えで作られていて。
なかなかスタイリッシュでした。

手入れが行き届いた人工林はそれは美しく。百年前に植えた木がまっすぐに伸びていました。
人工林というのは間伐をしなければ、土が疲弊して木が育たないばかりか土砂崩れまで起こしかねないという。
なので「間伐」という手入れがすごく重要らしいです。

ただ間伐材の価格は値崩れをしていて間伐してもかろうじて利益が出るか、赤字になってしまいます。
そのため放置されて・・・という悪循環が起こっているようです。

そのため西粟倉村の取り組みというのは非常に重要な取り組みだといえます。

この様子を見た視察団も「ストーリーがあってここにしかない物は客の心に届く。勉強になった」と語っていました。

「西粟倉・森の学校」の一番のヒット商品は「ユカハリ・タイル」です。
無垢の一枚板をつなげた50cm四方のタイルで、裏にはゴムが張ってあり置くだけで安定するそうです。
取り外しができるので工事の必要もなく、1枚1902円です。

東京などへ営業をしているようで。
乃村工藝社や良品計画なんかでも採用されているようです。

そしてここにもポリシーが。
「根引きせず商談をまとめるようにしている」

→安く売り自分たちの利益優先にすると、丸太を買いたたかなければ行けなくなる。そうではなくて買い支えていくつもりで価格を設定している

あくまで「森林を守る」というのがコンセプトですので納得です。

ただ順調に進めてきたが事業も、思わぬ自体が発生していました。

「西粟倉の木だけでは足りない」
そのため兵庫県の方から勝った丸太を使ったりと本末転倒に。
よそから間伐材を買うから輸送コストも掛かり年間200万円の損失が出てしまう結果に。
本来であれば1000万という金が村の中で回ったはずなのに無駄になったのです。

こうなったのには理由がありました。
「間伐の進捗が悪い」

・・・山林所有者の人が間伐させてくれないのです。
自分たちで手入れをしたいという何かプライドみたいなのがあるそうなんですよね。
へぇ・・・。
それでも役場の人が必死に説得して間伐が行われるようになりました。

この「百年の森林構想」は家具のベンチャー企業などを呼び込む効果も生み出したようで。

村への移住者は5年で50人だそうです。
森の学校が出来て以来、劇的に変わり始めた西粟倉村は未来に可能性を感じているそうです。

「山村があっての林業であり森である」

なるほどなぁと。
この取り組みはかなり大きな役割を果たしそうですね。

TOKYO WOOD


TOKYO WOODというブランド木材が出来たようです。

意外にも東京の総面積の4割は森林だそうで、その半分が人工林だそうです。
特に奥多摩では檜が取れるみたいです。

TOKYO WOODは、普通なら人工乾燥機でがーっと乾かしてしまうところあえて天然乾燥を行いじっくりと乾燥。
自然乾燥は条件の良いときは2ヶ月ぐらいですが条件が悪いと半年以上も時間が掛かるというそうです。
ただ自然に乾燥させることで、「良い油分が残り、いろ、つや、香りが違う木材」になり強度も増すそうです。

そして1本1本丁寧に強度検査を行います。
それらの検査に義務はないのですがブランド木材ですからね。しっかりと検査を行うようです。

そんな厳密な検査と手間をかけて出来たのがTOKYO WOODです。

東京の家と森を育てると、6年掛かって作り上げられたブランド木材です。

それを扱っているのが小嶋工務店という会社。
価格競争に負けて経営危機になったそうですが、「自分たちしかできない家を作ろうと」考えここに至ったようです。

TOKYO WOODが生まれる場所を見学するツアーなんてのも企画してアピールしています。

伐採現場→製材所→品質検査の風景なんてのをじっくり見て貰ってました。

そして早速小金井にTOKYOWOODの家第一号が。
お客さんはアメリカ人・・・日本人の女性と結婚した大学教師の人でして。
TOKYOWOODの拘りに惚れたらしいです。
「取ってきた人、加工した人顔が見える。皆で家を建てるという気持ちを与えてくれる」と語っていました。

ただ現状は構造材にTOKYOWOODを使っているだけで、内装材は外来材や地方の木を活用した床材や階段材が殆ど。

「柱や土台じゃなく内装も!」というのが目標だそうです。

ただ外国産材に比べたら割高になるのがTOKYO WOOD。
内装材を作る会社の人とも協力して何とか「サイズばらばらの木材を集めつなぎ合わせることで作れば」採算の取れるラインで行けるなんて計画も出来ていました。

そして更にTOKYOWOODの家の見積もりをする方が現れまして。
ドキドキしながら見積もりを提示したら
「検査して選りすぐりの木を使ってこれだったら安いんじゃないかな」
なんて回答が。

最後に工務店の社長さんが語ってました。

「これを普及させないといけないが、大量に採れる物ではないので希少価値をも高めて金額を上げて林業に還元するのが役目」

そんな風に語っていました。

こうやって付加価値をつけていくことで、海外にも通用する輸出品が作れる可能性もある訳で。
林業が復活することで山村も盛り上がったりするのではとまとめが行われていました。
posted by Fuchs at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイアの夜明け 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105246755
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック