2015年12月15日

Windows10Proレビュー(1)〜Windows8のプロダクトキーからのクリーンインストール〜

Windows10Proにしてみた

メインのOSをWindows7→Windows10に変更することにしました。
業務でそろそろWindows10対応もねーなんて話が出ていて。
そういえば「無料」で変えられる期間ってのもそんなに長くないというのと。
「何かあっても年末年始で何とか出来る」というのがありまして下調べをしまして実行したのが2015/12/05でした。

クリーンインストール

現在、Windows7やWindows8,8.1のシリアルでそのままインストール可能なISOが公開されています。
引用元(PC Watch):http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20151016_725949.html
7/8/8.1のキーでアクティベーションできるWindows 10 Build 10565のISOが公開

このISOを使うことでアップデートではなくクリーンインストールが可能となります。

USBとDVDで使うことができ今回はUSBブートによるインストールを実施しました。
これまた何一つ問題なくインストール可能でした。

余っていたSSDを利用しましてこのメディアでインストールを実行しました。
インストール自体は何事も無く終了しました。
持っているのは、Windows8,Windows7のプロダクトキーだったのでほったらかしにしていたWindows8のプロダクトキーを使いました。
無事にインストール可能でライセンス認証も問題ありませんでした。

ということで、クリーンインストールは問題は何一つありません。

気をつけるのは、デフォルトでインストールしないこと。

やたら情報を送ろうとするのでその機能を全てOFFにしておきましょう。
情報収集云々は邪魔くさいです。

Nortonの挙動がおかしい

クリーンインストールをして、一通りソフトを入れます。
Nortonが一番最初に入り、その後各種アプリ系などを導入していきます・・・が。
何故かNortonの挙動が不自然です。
コンソール画面が起動しなかったりそもそも起動に失敗したり。
やたら不安定な動作を繰り返しています。

・・・これは何だ。

色々調べてみたところ「WindowsDefender」との競合が疑わしいというのが分かりました。

Windows Defender側でNortonがいるから起動しませんよという状態にしているはずなんですがどうやらNortonがいないと判定することがあるらしくサービスが起ち上がり。
それに邪魔されてNortonが起動しないというデッドロック状態になっている可能性が出て来ました。

そこでWindowsDefenderに「Nortonがいるよ」と教えてあげる作業をします。

「PC起動直後にWindowsDefenderを無理矢理起動する」

なんだいこれ?

なんですが、起動直後のちょっとしたタイミング(Nortonが起動しきる前)に起動できるようでして。
そこで無理矢理起動すると、後から起ち上がるNortonを認識して「あ、俺要らないんだねー」と判断するらしいのです

この作業をしてから不思議とNortonが安定してDefenderが大人しくなりました。

・・・と、言うことでまずはひとつ問題を解決しました。

初回の纏め

一言言えるのはですね・・・まだWindows10は使うなです。
バグだらけですから酷い目にあいます・・・
毎日イベントログとの睨めっこ。最初は真っ赤だったんですが1個ずつ潰して行ってます。
と、いう感じで時間が許せば作業の記録を書いていこうと思います。
タグ:Windows 10
posted by Fuchs at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ハードウェア関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/169906552
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック