2017年02月13日

ダイの大冒険コラボ(中編) - 星のドラゴンクエストプレイ記(3)

※このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

SIMフリースマホと格安回線で星のドラゴンクエストをプレイ

SIMフリースマホと格安回線を使用して「星のドラゴンクエスト」をプレイする記録となります。

今の状態がこちらとなります。

戦士⇒武闘家になりました。バトルマスター目指してます。

星のドラゴンクエストプレイ記-0012
アバン先生装備をつけていますが見た目だけです。
僧侶はクロコダイン装備。魔法使いはマァム(武闘家ver)です。

ダイの大冒険コラボ(中編)が始まりました。
何度も読み返した漫画を思い返しながらプレイしてました。


ダイの大冒険コラボ(中編)

前回は前編ということで、ハドラー(初代)を倒すところまででした。
その後、ダイに破れたハドラーは超魔生物となります。
この頃になるとライバルとして立派な存在になっていたりするので不思議な話です。

超魔爆炎覇!!
星のドラゴンクエストプレイ記-0011

漫画のあのシーンを思い出すと感慨深い物があります。
というか、省かれてしまったストーリーが良いんですよ。あのストーリーがあってハドラーの良さが出るというのに。
キルバーンとの戦いの時のポップとのやりとりとか。あれ最高なのに。

それは最終編で語られる可能性はあるかなと思ったんですが。

あのハドラーとアバンとの最後のシーン。
キルバーンがアバンを殺そうとして、甘い甘いぞ!と言いつつヘルズクロー(だっけ)でアバンに襲いかかる振りでキルバーンを刺すというあのシーン。

あれが良いのに。あれが良いのに(。´Д⊂)゚。

と、熱く語れるほどオッサンには凄く刺激が強いストーリーです。

取りあえず上級もサクサクと終わらせてしまいました。
星のドラゴンクエストプレイ記-0010

懐かしいですねぇ。ヒム、ブロック、フェンブレン、シグマ、アルビナス…それぞれの死にっぷり思い出します。

ヒムはあれですよね…次に出てくるかな。ヒムが一番ハドラーのコアの部分を持っている子。
フェンブレンは嫌な奴でしたねぇ。確かハドラーの悪い部分が出ているという設定でしたっけ。
星のドラゴンクエストプレイ記-0013

ブロックはよく分からない。
シグマは騎士道精神に溢れていましたが…あれ?ポップの名台詞は!?
「臆病で弱っちいただの人間さ」
星のドラゴンクエストプレイ記-0014

クイーンアルビナス。
悪ぶっているけど実は良い奴的な何かを持っているけど…という不思議なキャラクター。
変身したら格好良かった覚えがあるんですが。

クロコダインのブロックとの戦い良かったんですけどねぇ。
後は、ヒュンケルとフェンブレンでしたっけ。

そういえばブロックの中身とか、キングとか…そこらはどうなるんだろう。

次回もまた楽しみですねぇ。ジジイバーンが出て来てませんし、真バーンも出てませんし。
ジジイバーンの「これはメラゾーマでは無いメラだ」の名台詞っていつだっけ。

ポップの名シーンの記事があって読み返して涙したりとか。
いや。ホントダイの大冒険って名作過ぎるんですよ。たまらんです。

ということで、今回はこの辺で失礼いたします。


人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178751048
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ