2017年08月29日

ニッポン転換の時第五弾『さらば、モーレツ社員』〜今日の「ガイアの夜明け」感想〜

※この記事はガイアの夜明けを見ながら自分のメモ書き的な感じで書いている記事です。

今日のガイアを3行で

  • 新しい上司と部下のコミュニケーション方法について
  • リクルートではイクボスブートキャンプなる物が開催されてました
  • 万協製薬では、プチコミファミリー制度なるものが作られていました


日本KFCホールディングスの研修

管理職向け研修が行われていました。
6,7人のグループで始まる研修は、何か褒め合っていました。
「すごい」「さすが」「素晴らしい」
躊躇いながらも周りの人を褒め続けます。

とにかく褒めるらしいです。

ほめる達人! リーダー育成

NTT、JR東海、鳥取県庁など70以上の団体が受講している人気の研修。

「お金地位による報酬では無く、心の報酬」

昔は上から「これをやって」といえば通ったが、今の若い子は自分が納得しないと行動しない
ほめて理解させるのが重要とのことです。


HRインスティテュートの新しい本

東京原宿の人材コンサルの打ち合わせ。

HRインスティテュートの新しい本のテーマを決める会議。

「上司になりたがらない人がなりたくなるような本が重要」

出版不況なのに人気なのはビジネス本です。
中でも注目を集めているのが、上司と部下の付き合い方の本です。

「相談される上司って部下と上手くやれている」

「会社勤めする人にとって昔に比べると選択肢が増えている。出世だけが成功じゃ無い」

様変わりとした部下との向き合い方。
本のテーマが決まりました。

「"デキる"上司の定義が変わった」


イクボスブートキャンプ

東京中央区。
ゼクシィの出版しているリクルートマーケティングパートナーズ
女性社員800人でワーキングマザーは130人います。

職場が見渡せる場所に子供が…子供を職場に招待するイベントが時々行われているそうです。

そこで管理職を対象に新たな取り組みが行われていました。

イクボスブートキャンプ

イクボスはどういう意味?

育児をするボス?

そうでは無くて、育児に理解があるボス+ボスは部下の育成が上手という感じらしいです。

管理職がワーキングマザーへの理解を深めるための研修が行われています。
16時に帰るワーキングマザーの生活を体験するそうです。
参加社員は16時に仕事を終わらせ研修先へ。

ワーキングマザーの家で家事や育児を体験させて貰います。

「管理職は結婚していない社員が多い。自分が親の立場で育児をしながら働く。どうやって他人の気持ちを理解するかを感じさせることが、マネジメントの向上に繋がる」

それに参加した須山さん32歳独身男性。
去年管理職になったばかりです

「迷ったが、意を決して参加した」

同じ部署の独身女性とペアを組んで研修に参加しました。

「思った以上に大丈夫かなと不安になっている」と女性の桑島さん。

3人の娘を持つワーキングマザーが受け入れてくれるそうです。
育児サービスの企画の岩佐さん。

「子供が3人いる社員の生活を想像しろと行っても無理。わかって貰う事を諦めていた」

と、今回の研修で少しでも苦しみをわかって欲しいと考えたようです。
6月19日研修1回目(4回の研修があります)

最初は岩佐さん夫妻が心配なのでサポート

「ここから21時までが闘い」と岩佐さん。

まずは保育園へのお迎えですが、須山さんは子供と距離感が掴めません。
女性の桑島さんはあっという間に手を繋いだりと仲良くなってました。

18:15帰宅

「距離感が難しいよねぇ」と須山さん。

やっと仲良くなるきっかけを見つけます。「玩具遊び」

桑島さんは夕食の支度をして働くママの大変さを知ろうとしていましたが
須山さんは子供達と遊ぶことで精一杯の須山さんは家事に気が回りません

「保育園の先生感覚なのかも知れない」と厳しい意見が研修先の夫婦から。

桑島さんはちゃんと子供の面倒を見ますが須山さんはお客様気分が抜けないようです。

男性には厳しいでしょう。育児経験が無いなら尚更。
私も甥っ子と距離感取るの難しくてなかなかどうして…でしたし。

2回目は役割分担を決めました

桑山さんはお迎え担当。夕食作り担当は須山さん…。

料理経験の無い須山さんが夕食を作ります。
レトルトの麻婆豆腐。

須山さんはぎこちない手つきで頑張ります。
ブロッコリーに悪戦苦闘したりしているとお迎えから返ってきてしまいます。
夕食は完成しているはずでしたが、出遅れました

見かねて助け船を出す桑島さん

その頃本当の母親は子供に小児ぜんそくのクスリの吸引をさせていました。
これは任せられません。

19:20。夕食作りに終わりが見えましたが、子供達は腹ぺこ
1時間遅れの夕食になります。

「今日はいつもより遅い。いつもなら20時にはお風呂に入れる」

手際の悪さが、生活リズムを見出す結果になりました。
子供達にも負担が…

研修2回目が終了

そして研修先からメールが届きます

「育児や家事の大変さを実感出来ていない。次回は更に何もしない状況にしたい」

働くママの大変さがわかっていないとクレーム。

研修最終日は岩佐さんの助けは無い状態となりました。

バレエ教室に通う長女と合流して岩佐家へ

17:45。夕食は須山担当。桑島さんはお迎えで18:30に返ってきます

夕食は間に合わせる計画です。
オムライスを作るらしい悪戦苦闘していました。

そこに長女が、学童ノートにはんこを押してくれと催促。
料理に集中しちゃってると印鑑押すのが遅いと文句を言われます。

結局、子供達の帰宅には夕食間に合わず。

18:50お腹すかせて姉妹げんかが始まる事態に。
仲裁に入る桑島さん。

30分遅れで夕食となりました。

始めて作ったオムライスの味は…微妙だったようですが。
腹を空かせた子供達は完食してくれました。

20:20。夕食終了を受けてママが帰宅します。
不安だった1歳の三女が思いきり泣き出してました。

そしてイクボスブートキャンプが終了しました。

ぐったりする須山さん。

岩佐さん
「1日の終わりにはそうなる。毎日繰り返される感じ」

辛さが少しは伝わったようです。
自宅を研修の場に提供してくれた岩佐さん
「子供達を愛してくれたのは伝わった。子育てを含めて追体験して貰えれば。少しでも伝えられたら」

と涙していました。

須山さん
「すごいなと。簡単な事じゃ無いと思った。今ようやく仕事があったんだと思い出すくらい」

毎日それに追われているのは理解出来たようです。

1月後。須山さんが仕事の合間にに働くママと話していました

「弱みとか辛い部分こそ出して欲しいと思う。コミュニケーションが取れるかが重要だから」
「小さいことだけど、元気?とか調子どう?とかでも。」

目指すべき管理職の形が見えたようでした。

「働きにくいことは無いかとか、この組織でどうやったら理想に近づけるのか、そこへ思いを馳せるきっかけは管理職が作らなければいけない。そういうことを意見し会う機会を定期的に作りたい」

と語っていました


上司と部下の新たなコミュニケーション:万協製薬

上司と部下のコミュニケーション不足が離職に繋がっていると、今までにない策を講じる企業が現れました。

三重県多気町の山間の町にある万協製薬。従業員130人。
薬局に売られている薬や化粧品を作っています。

4/3に入社式。新入社員は17名で殆どが、ゆとり世代です。

どう意思疎通を図るかが課題と頭を悩ませていました。

品質管理部には5名が配属。部長は41歳濱口さんでした。

「昔と比べると「ばかやろうと」言われていたのがそういう時代では無くなった。傾向的にはゆとり世代と言われているが気をつけないといけない」
と、上司も気を引き締めます。

そんな中、接し方を悩んでいる社員がいました。
「大屋さん」徳島大学医科栄養学科を卒業した女性。

商品の品質チェックが仕事だが、仕事への情熱はあるが表には出ないタイプ。
大人しいタイプですね。

「自分からどう話しかけたらいいのかよく分からない」

コミュニケーションを取りたいけどどう取れば良いかわからないという感じです。
わかります。
勤務を終えて帰宅。会社近くのマンションで独り暮らししています。

職場への不安を感じていました

「「ちょっと辛いな」ってなったら次からどんどん辛くなる」

辛いことがあっても頼れる相談相手がいない状態でした。

入社式から4日後。仕事を終えて向かうのは、居酒屋でした。
部署が違う7人の先輩社員が集まっています。

そこで配られる社員証。

プチコミ3班次女とかプチコミ3班長男とか変な肩書きがあります。

職場の人が兄弟に?

上司と部下の新たな関係が生まれようとしていました。

この会社では、配属される部署以外に人間関係を作ろうとしていました。
全社員130人を世代所属に関係無くバラバラにして、新入社員を1人ずついれて17グループに再編
1グループ8名ぐらいが出来上がります。

メンバーの1人1人長男や次女に見立てて、家族グループを作ります

プチコミファミリー制度

何故作ったのか

若手社員を引き留めるため

社長
「辞める人に理由を聞いたら、社内で相談出来る人がいない。会社の上司は自分を評価する人で、悩みを打ち明けることは難しい。とうことは、自分の職場以外の上司を作れば良い」

そして始まるプチコミ班の飲み会
部署が違う社員同士なのでしがらみが無い集まりです。

仕事とは関係無い事ばかりでしたが…大屋さんはぐったり。

「飲み会の雰囲気に慣れるのが…」

長男(部長)も色々と模索していました

「まだかたい。手探りの部分はある。それを変えたい」

5月中旬、仕事を終えた3班が会議室に集まっていました。

社員旅行ならぬ家族旅行の打ち合わせでした。
ファミリーの絆を深めるため旅行が出来ます。
年間700万円の経費が会社負担で行っていいそうです。

海外に行く人もいるそうですが、大屋さんのプチコミ班は若手の希望で、東京旅行となりました。

2泊3日でお台場浅草、スカイツリーなどを巡ります。

長男が積極的に大屋さんへ希望を訪ねますが…微妙。

旅行の話題ならと少しずつ新人と打ち明けようと頑張っていました。

そして旅行当日。

長男は大屋さんに先導を切ってもらうことにしました。
大屋さんも助けて貰いながらも先導を切ります。

1日目の夕食は、希望で決まったもんじゃ焼き

もんじゃ作りを買って出たのは、大屋さんでした。
積極性が!

少しずつ慣れてきたのかな。料理は苦手だそうですが頑張ってました。

大屋さんも少しほぐれてきましたが、あるサプライズが。

就職祝いとしてファミリー全員から「ボールペン」がプレゼントされました。

それを受けて大屋さんも挨拶。
自分からしっかり意見を言えました。

次の日はスカイツリーや浅草などの下町ツアー
そこにはファミリーに溶け込む大屋さんがいました。

こういうのはきっかけなんだろうなぁ。

「すごく楽しめました。最初と比べたら輪に入れて頂いている」とにこやかな表情をしていました。

ファミリー旅行は、大屋さんに化学変化をもたらします。

4ヶ月後簡単な仕事は任せて貰えるようになっていました。

手元には貰ったボールペンが。
そしてファミリーを見つけると自然と話しかける用になってました。

「順調に進んでる頼まれることも増えてきた。やりがいじゃないけど役に立ててる感覚がある」

と、長男に報告していました。

万協製薬では入社3年以内の離職率が20%を超えていたが5%に激減したそうです。

「ゆとり世代言うけれど時代の流れがある。モーレツに仕事をしたから格好いいとか怒られながら育ったらいいじゃなくて、入った人が辞めない会社も必要。周りから入りたいと思われる会社を目指さないといけない」

まさに全くその通りだと思います


纏め

上司と上手くコミュニケーションが出来ない社員。若手社員のやる気を引き出せない上司。
お互いどうやればいい関係が出来るか模索が続いている。
企業が今まで以上に強みを発揮するには上司部下が一歩踏み出す必要がある。
そんな意識が必要かも知れないと締めくくられていました。

良いんだか悪いんだかですけどねぇ。
私は言われたことだけするタイプなので、あまり良く分かりませんでした。

給料に見合わない仕事はしませんという今時若者タイプ

だって、管理職手当なんて無くて1000円くらい増えるだけで重責+激務という中小企業の管理職なんて魅力あります?

そういうことです


人気ブログランキングへ
posted by Fuchs at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイアの夜明け 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180823779
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ