2017年11月21日

『進撃!スーパー戦国時代』(シリーズ激変!ニッポンの消費第三弾)〜今日の「ガイアの夜明け」感想〜

※この記事はガイアの夜明けを見ながら自分のメモ書き的な感じで書いている記事です。

今日のガイアを3行で

  • スーパーの戦国時代を生き残る知恵について
  • ホクノーでは健康ステーションをオープンしてました
  • サンシは地域密着のなんでもサポートサービスをしてました

スーパーマーケット戦国時代

スーパーマーケット

高度成長期に拡大したスーパー。
日本を代表するスーパーはダイエーが1957年に生まれ。
1961年 ヨーカ堂がチェーン展開開始。
衣食住、生活に係わる商品が大量に並び大型化しました

欲しい物が何でも手に入る。
日々の生活ではかかせ無い場所になりました。

コンビニの登場、ドラッグストア、ショッピングモール
の登場により競争相手が激増。戦国時代に入っています。

しかし訪れた超高齢化社会。
どうやって生き残るか?


旬八青果店

スーパーの話の前に八百屋の話。

五反田
駅周辺にはスーパーが多くしのぎを削っています。

駅から離れた場所にスーパーとは違うやり方で人気の店
旬八青果店
昔の八百屋の雰囲気があります。

接客も昔ながらの対面販売。
客の心を捉えていました。

要望があれば、袋入りの商品をばら売りにしてくれます

客の殆どが常連さんです。

高齢者の方は店員さんとのコミュニケーションを楽しんで
いました。

そして店先には聞き慣れない野菜も沢山並びます。
近所のスーパーで手に入らない物ばかり。

売り場は6坪ながら。
1日平均15万円売り上げます。多いときは30万。

旬八青果店は赤坂目黒など都心部に10店舗
八百屋スタイルを5店舗展開。
近所の人たちをガッチリ捕まえてました。

旬八青果店を運営するアグリゲート社長左今さん。
スーパーと真逆の店舗戦略です。

「店の中に目が行き届くので、商品も客もケアをしやすい
より行き届いたサービスが出来る」

その左今さんは自ら仕入れを行います。

長崎県雲仙市の農村地域
温暖な気候普賢岳の火山灰でミネラル豊富な土壌。
そこで名産品にしようと力を入れているのは、ブロッコリー
しかし左今さんが目をつけたのは葉っぱでした。

ブロッコリーの葉っぱを買おうと考えてました。
ブロッコリーの葉っぱは鮮度を保てないから捨てられます

しかしビタミンCやカルシウムを含み栄養満点。
安く仕入れられ客との会話のきっかけになると考えました

1週間後東京の店舗に届きます。

店員が見ていたのは、送られてきたメール
「炒め物、シチューみそしるが美味しい」
料理法が書かれていた

そして早速買われていました

「ニーズと時代の変化をどう読むか。
どういう業態売り方であれば届けられるか
変化させ続ける事がやらなければいけない事」

と社長が語っていました。


ホクノーの挑戦

地盤沈下に喘ぐスーパーの逆襲
ホクノー中央店(札幌市厚別区)

ホクノーは1971年創業。
札幌市内に6店舗を展開する中堅です。

オープンした店内を覗くと客の姿はまばら。
多くが高齢者。

買った物を見せて貰うと

「ちょっとした物油とか1000円くらい。1人だから」
「2人しかいないからそんなに沢山買っても…」

と、売り上げは芳しくありません。

ホクノーの店舗は札幌でも最大規模の市営団地に囲まれて
います。もみじ台団地です。

札幌で働くサラリーマンのベッドタウンとして1968年から
造成。ファミリー世帯に人気でした。

しかしピーク時25000人⇒15000人になりました。

今屋は住人の半数以上が65歳以上
高齢化率 45.2%です。

父親から引き継いだ三代目社長野地さん。
頭を悩ませていました。

「1万人。地方都市ひとつが無くなったような感じ」

よく考えたらそうですよね。恐ろしい話です。

地元で生まれ育った野地さんは。
東京理科大へ行き、拓殖銀行に入行。
為替取引担当でしたが1997年拓銀破綻。
それを機に家業を継ぐためにホクノー入社しました。

入社当時はチラシを撒けば客が取れる時代でした。

食品メーカーと共同の特売フェア
日曜日朝一は多くの客が訪れるイベントでした。

しかし高齢化が急速に進んだ20年で売り上げ4割減
約36億円になりました。

銀行員時代とは違い、経営者として迎えた危機
決断を迫られていまいた。

「食を提供するビジネスは無くならない。
 手の打ち方によっては生き残る道はある
 それを追求できれば良い」

9月下旬

ホクノー本社にもみじ台団地の住民代表が集まります。
地域住民を巻き込んだ大勝負にでました。

「市営住宅にいても、サ高住にいるような感覚で生活でき
るのが理想の姿」

サ高住

サービス付き高齢者向け住宅

集合住宅に医療などの専門家が常駐
食事や介護サービスを提供するものです。

一般的には入居時の契約金や家賃利用料が必要です。

野地さんはサ高住をヒントに、団地を集合住宅とみなし。
ホクノーの店舗で健康にまつわるサービスを展開しようと
考えました。

ホクノー健康ステーション

「健康寿命を延ばそうと思っている」
「配達サービスをやれという話もあるが
 歩いてきて貰い運動もかねて貰う」

そんな風に語っていました。

住民代表も・
「キーステーションにして住民が買い物のついでに情報が
得られる。そういう機能を持ったステーションにして欲し
い」と応じていました。

かつて無いサービスを提供することで来店回数を増やして貰う。
スーパーの枠を超えた作戦でした。

2階の売り場にあるゲームコーナー。
かつては家族連れで賑わってましたが今は利用者がいません

「ここを健康ステーションにする」


先代社長も気にかけていました。

「地域の高齢者に元気で長生きして欲しい」
「もみじ台も難しい地域だからうまく行けば良いなと
 思ってみている」

10月中旬店舗の大改装が始まりました。

日本初の健康スーパー

ゲームコーナーから撤去し綺麗さっぱり無くなった200坪
客を呼び込むスペースに改造します。

更に1階の食堂、健やか食堂

新たな高齢者向けメニューを開発してました。

血液サラサラになるタマネギを使ったり。
と健康食のレシピの会社と組んで作った

減塩低カロリーメニューを提供。

健やか定食と名付けてました。

600kcal未満で。
メインの魚料理は塩を使わずあんかけだけ。

値段は500円です。

毎日食べても飽きないようにメインの魚料理は日替わり。
なかなか美味しそうでした。

改装は業者だけじゃ無くてスタッフも手伝いつつ。
手作りの健康ステーションが生み出されてました。

将棋や麻雀は無料貸し出しもあるようですし。
集まって歓談できる場所でもあるようです。

11/6健康ステーションオープン。

かつてのゲームコーナーが高齢者のコミュニティスペース

9時半にお客が次々とはいり30分も立たずに人だかり
全国でも珍しい取り組みに地元メディアも取材してました

10時オープン

プロが教える体操講座などもありまして。
皆さん楽しそう。

医療の専門家が常駐する健康相談室

女性2人は店内ウォーキングをしてました。

雪が降る冬に向けて通路をウォーキングコースにしました

スマホアプリと連動して歩けばポイントがたまります。
1ヶ月最大500円分の買い物が出来るそうです。

昼時食堂を除くと「健やか定食」が沢山出てました。

「血糖値高いから健康のため」などなど。

夕方になると休憩スペースで子供達が遊んでました

孫といっしょに過ごせる空間を目指します。

スーパーの売り場では食生活を改善しようと特設コーナー
減塩食材などを取りそろえてました。

健康ステーションから流れてくる客がスーパーで買い物を
する姿もありました。

野地さん手応えを感じていました。

「一気に人口の崖を迎える。迎えたときに生き残っているか
長期スパンで考える。変化が激しいからこそ生き残れる
勝ち残れる道もある」と社長が語っていました。


スーパーサンシの挑戦

三重県四日市市。
30万人が暮らす工業都市です。

そこにあるスーパーサンシ

店内には新鮮な魚、旬の果物が手頃価格で並ぶ。
開店直後から賑わっています

サンシが地元で支持される理由

午前8時スーパーサンシ本社に明るい部屋があります。

宅配受付センター

サービスを観察すると

「柿は柔らかいのと堅いのを半分ずつ」
「豚肩ロースは、脂身の多いのと少ないのを半分」

とてつもなく細かい注文も受けてました。

注文表はすぐさま店舗へ。
受け取った担当者が猛ダッシュして用意。

急いでブロック肉カットして脂身が多いのと少ない部分を
組み合わせた特注パックを作ったり。

柔らかい柿、堅い柿を用意したり。

こうして1日の注文数3000件
多い日には5000件

客ごとに箱詰め詰めして夕方までに届けます。

サンシは軽トラック140台を持っています。
積み込みが終わると出発します。

顧客の多くは高齢者です。
宅配エリア三重県北部です。

1台で1回25軒2往復で50軒くらい回るそうです。

中には玄関先のロッカーの鍵を開けて荷物を入れる姿も。

無料で設置している宅配ロッカー

これを無料貸し出ししてるそうです。
そして、資源ゴミを回収するサービスもしているそうです

これで月額516円。会員1万7000人だそうです。

「運去免許を返納してから買い物難民」
「どこへもいけないので無くてはならない」
「毎日電話する。サンシが無ければ生きていけない」

ここまで住民に支持されています。

サンシは三重県13店舗展開

宅配地域密着で売り上げ286億円です。

宅配サービスに乗り出したのは40年前。
高倉会長のある危機感からでした。

「40年前はコンビニが成功してきたとき
 コンビニの次に来る商売は何かで、高齢化社会が来ると
 買いにこいという殿様商売ではダメだ
 家まで届けるという親切商売に変えないと!」

そんなサンシが仕掛ける地域密着サービスがありました

その責任者が店舗の補修を担当する木下さん。

10/23 幹部会議
木下さんの姿もありました。

会長は愛犬連れて参加。サンシが進むべき道を説きます

「高齢者の皆はサンシを育てて頂いた父母と一緒
 本当に親切に思いやりを持って高齢者に対応せな
 親孝行みたいなもん」

その中から生まれたサービス

なんでもサポート

宅配会員限定の困りごとを解決するサービス。

お墓参り代行、包丁研ぎ、耐震家具固定
8割が高齢者からの依頼です。

様々な要望に応える機械も揃ってます。
チェーンソーから小型パワーショベルも。

10/27
長年宅配サービスの会員の女性からの依頼。

89歳の夫は足腰が弱り杖が無いと歩けない状態です。

生活しやすくなるようリフォームして欲しい

リフォームの依頼まで来ました。

駐車場へスロープを作るというリフォーム。
更に玄関から駐車場までの飛び石の撤去も。

これまでに経験したことの無い大規模工事でした。

緊急会議が開かれますがそこに集まったのがじいちゃん軍団
元左官屋
元造船技師…

一人一人がスペシャリストの職人精鋭部隊でした。

まずは飛び石の撤去。
元トラック運転手は重たい物を軽々運びます。
次々に運び出し1時間足らずで撤去。

2日目駐車場スロープに取りかかります。
敷地ギリギリに伸ばして少しでも歩きやすくと考えますが
駐車場の屋根を支える金具が気になります。
スロープを上りきったらあるので頭をぶつけそう。

そこで鉄の棒を切断して加工して溶接。
補強部分を小さくして頭をぶつけなくしました。

これは元造船技師がやりました。

作業3日目。ミキサー車がやってきます。

コンクリを流し込みスロープ作成
元左官職人がコンクリートを慣らしていました。

こうやってそれぞれのスペシャリストが作業をこなします

6日間の作業で無事に完成。
スロープ道幅は広めに。車椅子を使っても通れるように

なだらか傾斜で歩きやすく。転倒防止に手すりも。
これで費用は16万円 相場の半額でした。

早速スロープを使って貰います。

「いいですよ。これで楽だと思う」
「長いことお世話になりました」

様子を見ていた奥さん

「本当にお世話になりました。一生感謝します」

客の要望に応えながら進化するサービス。
地域密着にとことん拘りスーパー戦国時代を生き抜きます。
会長は
「お客さんは高齢者が多い。まず親切に。もっと役に立って
サンシがあって良かったと思って貰いたい。それだけ」

あくまで顧客へのサービス第一で突き進むようです


まとめ

これまでは生活に必要な商品を提供してきたスーパー
商品だけでは無く生活に必要なサービスも提供し始めた。

従来のスーパーの枠では生き残れない時代
様々なライバルとの闘いの中どんな進化を続けていくの
でしょうか。
と締めくくられていました。



人気ブログランキングへ
posted by Fuchs at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイアの夜明け 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181639289
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ