2017年12月05日

『結果を出す【達人】』〜今日の「ガイアの夜明け」感想〜

※この記事はガイアの夜明けを見ながら自分のメモ書き的な感じで書いている記事です。

今日のガイアを3行で

  • 結果を出す達人を紹介していました
  • ライザップがジーンズメイトを再生させてました
  • 野菜ソムリエが農家の収入を増やすプロジェクトをしていました


ライザップの企業革命

RIZAP。
東京渋谷区にあります。

トレーニングは完全個室
マンツーマンの指導が売り週2回1回50分。
2ヶ月で298000という馬鹿高さ。
でも会員数は9万4000人という恐ろしさ。

最初に数値目標を決めます。
そしてトレーニングが無い日も食事指導をします。
徹底的に客に寄り添い目標を達成させます。

3ヶ月で10kg減量を目標にした男性。
見事達成。

「結果が出てしまった。短期のうちに
そこで証明されてしまうと逆らえない」

なるほどなぁと。

そのライザップはいま色々な業種に進出しています。

新宿にあるライザップの子会社が運営する「ブルーノ」
という家電メーカー。

お洒落なキッチン家電を作っています・

「意欲がわく 料理の」
「料理をしないけどやってみようかな」

なんて女性心もくすぐります。

4年前は赤字だったがRIZAPグループの傘下になり
2年で黒字化。
ホットプレートは累計85万台売れるというヒット商品。

そんなヒット商品連発の会社になりました。

業績不振を知る社員は

「結果を出す部分について一番変わった意識が変わった」

ライザップは今や家電から雑貨出版まで手がけます。
ライザップの社長は瀬戸さん39歳。

色々なサービスをスタートしていました。

ライザップゴルフ
自社開発の商品が沢山。

ライザップ英会話、料理教室なんかもあります。

全部本気でやっている

所謂三日坊主市場

やり方の問題では無く一番の失敗は三日坊主。
やりきるのは一人じゃ無理。
自分の弱いところも含めてサポート徹底します。
というのがライザップブランドです。

商品サービスを提供する関連企業は60社を超えているそうな

殆どの企業が結果を出しているようでして。

パスポート(雑貨)
5.5億の赤字⇒今期黒字化の見込み

ぱど(出版)
3億円の赤字⇒今期黒字化の見込み

どういった所をチェンジ?

一番は人

ライザップも同じく人の可能性に本当にすごい物があると
信じている
社員も含めて変わろうと思えば変われるし実際に変わる
人も変われば会社も変わる
それを実績を持って証明している


ジーンズメイトの再生

ライザップの経営会議

「ジーンズメイトはライザップ的に結果にコミットできて
いない」

身につけて良かったと思えるような商品に。
店舗も含めて生まれ変わらせることが出来るかが全て。

次に手がけるのは「ジーンズメイト」
9年連続赤字の企業で買収したばかりです。

瀬戸さんからトレーナーを任されたのは岡田氏 52歳

「初めてのトライが非常に多いので失敗しないように
サポートして行けたら」

ジーンズメイト下赤塚店がリニューアルのモデル店に。

ジーンズメイトの最高顧問の岡田さんがやってきます。

そして店舗改革の指導をしていきます。

・少し屈んで女性目線で考えて見る
 ⇒奥が見えないでしょ?

・どれを買って良いか分からない種類が多すぎる
 場所もバラバラ

など。
店長も
「店にいると気づかなくなってくる部分があったが
 改めて客目線で売り場を作らないと行けないと感じた」

まずは91店舗中23店舗を閉店。
残りも一新します。

ジーンズメイトは1978年1号店オープン。
最高で250億円の売り上げがありましたがファストファッ
ショなどに押され2016年は92億円に。

まずは社長の冨沢さんを呼び出します。
おととしジーンズメイトの社長になったばかり。
アルバイト出身のたたき上げです。

半年間で必ず成果をだして黒字化を達成します
前年比115%

かならず今期の数字は作る事をやっていきましょう

数値目標を定めるのがライザップ流。
月15%増を目指します
10年以上達成していない高い目標です。

「ビジネスモデル。そういうものに引きずられて我々自身
 が変われていない。これwきっかけに全てを変えていく」
と、ジーンズメイトの社長が語っていました。

岡田さん
「この会社が9年赤字を続けてきた問題を掘り起こして解決
する。将来に向かい成長出来るような構造を作る。」

会社は変われるを証明する取り組みが始まります。

岡田さんは元ファーストリテイリング執行役員。
去年RIZAPグループ最高戦略責任者に。

まずは中国の生産工場へ。
元ユニクロの技術者の宇山氏を投入します。

やってきたのはジーンズ工場(中国有数)
新たな商品を作り始めていました。

「メイト」という新たなブランドです。
社名から取った新ブランド

商品を見直し、メイトという新ブランドを確立しようと
していました。

いままで生産は工場任せでしたが会社主導にするなど
早速改革が行われていました。

8月上旬

下赤塚では大規模改装
店内レイアウトも全て変えます。

店舗改革を任されたのは、営業本部長三好さん。
メガネのJINZの元店舗運営責任者でした。

細かい所まで確認して指示をしています。

看板も一心して8/11モデル店がリニューアルオープン。

見通しの良くなった店内。
目立つところにmateブランドがありまいた。

シャツ3990や日本人の合わせた股下短めジーンズ。
4990円〜

ナショナルブランドとファストファッションの中間を狙う
値段設定です。

モデル店は客足が途切れないほど盛況に。

リニューアルの結果が発表されましたが。
予算比199.6%。ほぼ2倍に。
大成功です。

しかし岡田さんに笑顔がありません。

「今少し上がってきているポイント。一番大切。
 今が勝負のタイミング。ここ1日2日の結果が良くても
 ニコニコしてられない。ほっとはしてるけど次」

8月30日渋谷の公民館

ジーンズメイト店長会

次の一手を打とうとしていました。

今までは壇上の人が一方的に情報を伝えていたが
皆が変えていく形に変えていく

ライザップ流再生

人を変えること

今回から取り入れたのは地域別に分かれたグループ
ディスカッション。

売上利益を伸ばすアイデアを話し合い
グループ代表が意見をまとめて発表します。

・インバウンド、爆買いを誘発するような
 囲い込めるような取り組みをやる

・当エリアでは年配客が多い
 映画とかでもあるようなシニアデーをやる

店長意識を変えて現場活性化させます。
やる気が無ければ結果が出ません。

そしてシニアデーが採用されました。

50歳以上10%OFFです。

初のシニアデーはジーンズメイト津田沼店でした。

ポップもディスプレイも変えて。
水曜日50歳以上10%引きに。

グランデイ(一部店舗)

マネキンもシニア世代コーディネートにして。
館内放送で呼びかけます。
すると店の彼方此方に客の姿が。

次々に売れます。
平日にしては感触は良かったようです。

「平日に来て頂けると良い。リピーターになって貰えそう」
ライザップ流に会社体質を変える取り組み。
9月19%増、10月15%増と、何とか2ヶ月連続で達成。

「本部スタッフも店舗のスタッフも劣等感の塊だった
 現場で考えた物は、スタッフのみんなも店長も生き生き
 している。其れが一番良い
 どんどん出来る会社は活性化するし働いて楽しい」

ジーンズメイトは生まれ変わるかも知れません


野菜ソムリエ

東京・豊島区に野菜を使った取り組みをするカフェが。

Cafe T

日本野菜ソムリエ協会の理事長の福井氏がいました。
カフェは野菜ソムリエ上級プロ田邊さんがいました。
主婦など自信の食生活を豊かにしたい人が集まるそうです

野菜ソムリエは。
食品業界のプロがどんどん受講して野菜の魅力を伝えてます
野菜ソムリエの受講は全国50箇所で展開していて。
初級中級上級があるそうです。

上級ソムリエは3年ぐらいかかって取得したそうです。

色とりどりの野菜でインスタ栄えしそうな野菜料理も。
それにより女性の客から支持率も上がったそうです。

売上的にも野菜ソムリエの力でアップする部分が

野菜ソムリエを作った理由

世界に冠たる日本の農業を次の世代へ継承させるため
野菜ソムリエが農業の現場や流通の現場に出て
農家がどうすれば農業を続けられるか。
経済的な意味で農業を続ける事が出来るような役割を
担っていきたい

そういう思いから作られたそうです。


岡山県赤磐市のもも

岡山県赤磐市役所。
福井氏がプロジェクト提案にやってきてました。

スター農家育成プロジェクト

農家の手取りを2割増やす
もしくは年収1000万を目指すプロジェクトです。

「頑張った農家にはそれなりの収入が実現できるように」
「今はそういう体勢に無い」と市長。

「収入を得られるような流れが出来たら面白い」

売り上げ2割アップを目指す
桃農家岩川さん


拘りの栽培方法があります。

草生栽培

木と草を共生させて育てる栽培方法です。
除草剤を使わなくて良いので自然のまま。
本来のモモが持つべき力を使い桃を作るという物。

岩川さんは70本の木を持っています。
桃の売り上げは年間630万円です。

岩川さんは元客室乗務員
9年前父が他界して農家を継ぎました。

しかしならではの苦労が。

最大の収穫時期が7月の頭から8月頭の1ヶ月だけ。
そこで1年分の収穫と金を稼がないと行けません。

いかにそこで効率的に稼ぐことが出来るかを考えなければ
なりません。

桃の収穫時期の7月に福井さんがやってきます。
作業場に入るなら目を惹いたのが…

「miki's orchard」という手作りシール

「こういうところから、女性らしい繊細さが分かる
 10分説明するよりこれが全て表している。
 貴方の売りは貴方!」

と福井さんが熱く語っていました。
自分の価値を知りどうアピールするか。
様々な売り出し方があるのを伝えます。

さて白桃発祥の地である岡山。
1年の苦労が報われる大事な時期がやってきました。

しかし今年は心配なことが…。

例年ならトラックいっぱいだが収穫が少ないのです。
雨の日が少なくて収穫量が激減してました。

そんな中赤磐市産業会館で赤磐市の桃農家を集めて品評会
が開かれレ真下。

岩川さんも出品しNo1の称号を狙います。
岩川さんは大きな白桃で勝負しました。

野菜ソムリエ36名が集まり審査をします。
16軒の農家が参加。

AKAIWA美味いMOMOコンテスト!

野菜ソムリエがあつまり、これすごいよねということを
全国に発信します。
全国に発信することで桃農家を盛り上げようという物です

色、香り、味を確かめていきます。

「1つ1つモモの特徴というか甘さだったり瑞々しさだったり
口の中に広がる後味がどれも違っている」

と、審査員。

ひときわ大きな白桃は岩川さんのです。

審査員は食べるとすぐ評価するも

「甘いが、少し若い。ガリガリ食感」

微妙な評価が…

そして品評会の結果は全然ダメでした。

「賞を取ってくれると思っていた。3ヶ月間はなんだった?」

岩川さんにつきっきりだった福井さんが駄目出しを。

そしてふと作業場にあった赤いももに目をつけます。

嶺鳳(れいほう)

ももらしいモモです。赤い桃。
めっちゃ甘いそうです。糖度はこちらの方が高いそうな

岩川さんは、赤い桃を出すか悩んだが…
白桃で勝負したのは訳がありました。

「岡山では白桃が人気で赤い桃は受け入れられないと思った」

「岡山以外では赤い桃の方が桃だと思っている人が6〜7割だ」
と、福井さん。

岡山の桃は白桃という思い込みが品評会の負けの結果でした

「「私として」はいらない
 客が何を感じて貰えるかが一番重要。
 生産者の矜持、プライドも必要だが一番に考えるべき事
 は客がどういう桃で、サービスや情報提供をしたら喜ん
 でくれるか」

説教されて気づいていました。

「客が何を望んでいるかしらなかった」
「関西と関東で客が求める物を知らなかった」
「採れた桃をただ出荷しているだけだった勉強不足」

次の展開として横浜の大正4年創業横浜水信
という厳選された果物が並ぶ老舗へ。

スター農家を育てる為協力依頼をしていました。

「おいしくて美しいのは当たり前
 商品の拘りを客に一緒にストーリーと共に伝えることが
 役目」と語る水信の社長。

数日後福井さんから紹介されたバイヤーが岩川さんの畑を
視察していました。

関東なら赤い桃でも売れるかも知れないと託しました。
持ち帰って検討して貰える事に。

桃のアピールポイントを前面に打ち出します。
そこには元CAの文字も。

この積極性が大きなチャンスを呼びました。

横浜水信に嶺鳳が並んだのです。
1個2000円。

高い! 岡山より高いそうです。
主力商品の白桃も一緒に並べて貰えました。

「感激ですね並んでいるのを見るのは」

何事も経験と、福井さんが岩川さんに販売を進めます。
元CAの岩川さん試食販売もお手の物。

早速桃が売れていました

「喜んで買ってくれる人がいる」

大きな自信となります

実際に売ってみてどうだった?

「おいしいと言ってくれるのが嬉しい。
 頑張ってきた甲斐があったという喜びにもなるし
 勉強にもなる」

生の声が聞こえたのは大きな経験でした。

桃の収穫時期が終わり売り上げ2割アップは達成出来たのか?

しかし今年は大きな気がかり。
干ばつにより収穫量が去年より2割減でした。

しかし売り上げは、前年比99%。
収穫量2割減で、去年と変わらない。

ということは収入が2割増してました。
販路拡大、アピールすることで単価を上げれたのが
良かった陽です。
来年も横浜水信が扱ってくれること決定。

「農業の面白さ、そういう物を発見できた」
「来年はこれを元に挑戦してきたことをもっと自分の中で
 分析しまだまだ新しいことにも挑戦していきたい」

福井さんもこのプロジェクトを成功させることができました

「今年は雨が少ない自然環境の中だったが
 最低限2割の前年度超える目標がクリア出来たので
 ほっとした。スター農家を育成して地域全体を活性化
 させて地域に伝播していくプロセスが結果的に農業を
 次世代に継承することに繋がる」

今後もこの取り組みに力を入れるようです


まとめ

今回企業の再生や売り上げアップに
挑む人を見てきた。大切なのは現場の意識改革
ノウハウを与えられ実行するだけではダメ。
培ってきたノウハウに頼りすぎずチャレンジし続ける事が
結果を出すことに必要

と締めくくられていました。

結果にコミットするには人間力



人気ブログランキングへ
posted by Fuchs at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイアの夜明け 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181767418
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ