2017年12月19日

『誰が支える? 食卓の【真実】』〜今日の「ガイアの夜明け」感想〜

※この記事はガイアの夜明けを見ながら自分のメモ書き的な感じで書いている記事です。

今日のガイアを3行で

  • ITと農業の融合について
  • U-motionで牛の出産をサポートしてました。
  • ドローンでピンポイント農薬散布をしてました


和牛価格の高騰

東京練馬区「牛蔵」
人気の焼き肉店です。

程よい脂でヘルシーなお肉が人気。
予約は一ヶ月待ちが当たり前です。
一度は来たいというファンでいっぱいです。

「脂もしつこくなくて何枚も行ける」

安さが人気でした。

黒毛和牛ロース1人前590円
黒毛和牛カルビ1人前590円

黒毛和牛が激安価格?

しかし創業以来初めての出来事が。
黒毛和牛を1割値上げしたのでした。
仕入れ値が高騰してました。

卸売価格がここ数年で6割以上値上がりしていた。

東京のスーパーでもその影響が

「国産牛は高い。高いから敬遠気味」

和牛は高嶺の花になってました。

10月鹿児島の中央家畜市場。
和牛の産地でも異変がでてました。

子牛の平均価格は2014年では57万円でしたが。
今年は114万1000円になりました。
100万円を超える高値で競り落とされます。

良い牛は「130万7000円」とか。

「買えない。75〜80万円で採算ベースだし」
「しんどい」

和牛の急激な値上がりの理由

その背景にあるのは後継者不足の畜産業者の高齢化でした。
「動けるうちは牛を養おうと思ってるけどもう動けない」

畜産農家の廃業が相次ぎ農家が減少。
子牛の出荷量が減って品薄状態なのでした。


小北農場

鹿児島県伊佐市。
畜産農家の小北農場

小北さん(37)が父親から後を継ぎました。

親牛に種漬けし子牛を出荷する繁殖農家

両親も手伝うことがあるが基本的に45頭の牛の世話は
1人でこなします

中でも苦労するのが、子牛の出産時期
気をかけてなければいけません。

牛の出産は人と同じ十月十日。
種付けをした日から出産予定日を決めます。
早まったり遅くなるのもしばしば。
気を抜けません。

夜仕事を一段落して自宅へ。

小北さんの仕事は家族も気にかけていた

「スムーズに生まれたら良いけど大変なときはみんなで
引っ張ったり時間がかかるときもある」

そして食事を終えると牛舎に戻るという生活。

お腹が苦しくなると足を伸ばして寝出すそうです。

「まだ生まれない…」

出産予定日を迎えた牛を心配してました。
出産は夜が多い為夜中も付き添うことにしました。

牛舎の隣の見張り小屋。
朝まで待機します。
いざというときのために仮眠を取りつつ。
しかしこの日子牛は生まれませんでした

畜産農家の重労働がこれです。
1時間おきに巡回が必要です。

そんな過酷な現場に立ち向かう男がいました。

武器は牛をデータで丸裸にする技術を開発してます。

「大変さを少し手助けできる」


繁殖農家:1日のスケジュール

朝6時起床
7時牛の餌やり、排泄物処理。
餌用の畑作業10〜12時。
夕方4時から作業餌やり排泄物処理。
19時牛舎の見回りをして22時終了。

牛の出産は24時間で1時間おきに見ます。
いつ生まれるか分からないので夜通しの時も。

こんな過酷な状況もあり畜産農家は減少。

1976年 30万8000戸
2017年 4万3000戸

ここまで減りました。
繁殖農家が減ったので和牛高騰となりました。


デザミスの「U-motion」

鹿児島の畜産農家の小北さん。
出産予定日を迎えた牛のために見張り小屋で待機していた

出産予定日から4日後…やっと出産の兆候が。
そして無事出産してました。

牛の出産は危険と隣り合わせです。
人間が立ち会えず死産になることもあります。

そうなると1年間が損失になります。
十月十日分の経費。
親牛の餌をあげるなどそういった物が全て無駄になります

リスクと重労働

東京江東区に解決に動き出した会社があります。

デザミス

創業2016年 従業員28人

社長は清家さん49歳。

パナソニックのグループ会社に勤務。
農業用扇風機の営業担当でした。

畜産農家の過酷な現場を目の当たりにして解決したいと
会社を起ち上げました。

「過酷な環境の中で仕事をしてる人がいっぱい
 牛一頭、一頭に手が届かない。
 そういった人の代わりをしたい」

そういう気持ちで開発されたのが。

U-motion

牛の動きをリアルタイムに捉える事が出来ます。

牛が移動する向きや速さを感知し、どんな動きをしている
か判別
首の高さから立っているのか寝てるのかも分かります。
それらのデータを受信機からPCに送ります。
牛が餌場に行くとセンサーが感知します。
餌を食べたかどうかも知ることが出来ます。
発情のタイミングを示す波形もありました。

発情してる牛特有の動きを知らせてくれるそうです。

「牛から気持ち良い、この建物が最高だよと聞ければ
 良いがそれが叶わない
 牛にセンサーをつけて答えを導き出すのが最善策」

10月上旬。宮崎県の大規模畜産農家。
森ファーム
ここでは既にU-motionを導入していました。

パソコン画面に牛の異変を示すデータが表示されます。
活動量が低下していて、餌を食べたり水も飲んでません。

「43101が歩いてない。多分朝から」

急いで見に行くと立てなくなった牛がいました。
獣医師も駆けつけて診察…原因は分かりませんでしたが
どこかへ連れて行かれました。

U-motionだけが異変を察知してました。

U-motionには、牛の異変の察知以外にも期待が。

「若者の就農を目指すには見える形にしないといけない」

牛の生態をデータ化することで経験不足をカバー。
若手の新規就農を助ける効果も期待していました。

画期的な装置は畜産現場を大きく変えようとしてます。

更に畜産の仕事を一変させる新たなシステム開発が。

「新しい機能を実装する」
「繁殖の一連の流れの中で分娩という事象がある。
 それをお知らせできるアラートがあれば」

そこで小北農場へやってきました。
牛の出産で苦労していた小北さん。
分娩時期を教えるアラーム開発に協力することに。

分娩アラートの開発に向けて牛の様子を実際に見て
身体の変化を知ろうとしていました。
目で見て手で触ることで理解を深めます。

清家社長と一緒にいたのはNTTテクノクロスの赤野間氏
データ分析の技術者でした。

清家さんと二人三脚で取り組んでいました。
牛のデータの分析が進んでいた
U-motionのデータと牛の行動を照らし合わせます。

データが何でこういう動きになるのか全てメモしていない
と分からない作業。

「物凄くアナログで労力がかかる」

気の遠くなるような地道な作業でした。

分娩兆候の牛の動きを果たして見つける事は出来るのか

12月16日未明。
小北農場で動きが。

「おはよッス」
小北さんが起きてきました。

「分娩アラートが鳴ったので牛舎を見に行く」

出産を控えた牛を見に行くと尻尾を上げてました。
出産間近の印だそうです。
それから数時間後無事子牛が生まれました。

「まだ1頭目だから。今からどんどん活用していきたい」

1頭目では役に立ちました。
今回は通知8時間後出産でした。
精度はイマイチかな。

分娩アラートが捕らえたのはいつもと違う行動
寝ている時間のはずなのに落ち着かない動き

大きな一歩を踏みだした
実用化すれば畜産農家の負担を減らせる

更に清家さんは小型化にも取り組んでいました。
分娩アラートも搭載予定です。
更なる普及を目指します
「世界の牛全てをネットで繋げるのが目標」
「国内だけでは無く海外に向けて展開していきたい」

と、清家さんが語っていました。


スマートえだまめ

佐賀県佐賀市。
農業尾を営む池田さん
東京ドーム2つ分の大豆畑を管理していました。

大豆は害虫に弱く畑が全滅することもあります。
その対策に追われていました。

そこにある人物が訪ねてきました。

アグリドローン
解析用のカメラが付いていて4K撮影できます。

そう説明するのは「菅谷さん41歳」
遠隔で操作できる無人航空機ドローンを持ってきてました

ドローンで日本の農業を変えようとしていました。

「今まで歩いて中に入っていたが代わりにやってくれる」

大豆畑の上を飛行して上空10mから撮影。
画像からある画期的な事が可能になっていました。

大豆に害虫に弱いです。
しかし広い畑の全ては確認出来ません。

その為大豆畑全面に農薬散布して害虫駆除が主流です。

菅谷さんは上空からの画像を解析して、害虫を見つける事
が出来るという常識破りの提案をしてきました。

「ドローンと人工知能を使いピンポイント農薬散布が出来る」

害虫が出た場所にだけ農薬を使いそれで栽培したい。

そんな提案を池田さんにしてきたのです。

しかし大豆は害虫に弱いです。
失敗したら全滅します。

説明を聞いても渋い顔。

菅谷さんの提案を受け入れるのか?

次の日。
ドローンが撮影した畑の画像を見せに来てました。

「このポイントAIが判断して害虫がいて虫食いされている
 農薬を撒いた方が良いと判断した場所」

撮影画像2000枚以上。
その中から虫食いにより変色変形した葉っぱを選びます。
それを人工知能が探し出してました。
その結果畑のどこに害虫がいるのかが分かりどこに農薬を
撒けば良いのかが分かります。
この方法をもちいれば使用量も減らせます。

その画像を見てやってみることにしてました。


OPTiMのアグリドローン

東京港区のOPTiM。
従業員150人
医療からセキュリティまでソフトウエア開発を手がけるIT企業。
菅谷さんが2000年に起業した会社です。
菅谷さん自身独自の発想から発明する人で。
特許取得数100以上。

今目をつけているのが、農業分野でした。

「農業という物が、一番人に取っても重要な産業のひとつ
 ところがあまり儲かっていない
 結構仕事もキツイ
 技術を使い農家を助ける仕事が出来るのでは無いか」

既に実用化に向けて動き出している製品もあります。

カメラが付いていて映像を遠隔から見ることが出来る
メガネ型端末「スマートグラス」

離れた相手と同じ映像を見ながら会話が可能です。
ベテラン農家が指導できるため、若手の育成にも役立ちます
さらにトマトの熟度、個数を解析するカメラ

アグリクローラー
自動で動き360度カメラで畑を撮影します。
収穫のタイミングを通知してくれます。

完成すれば無人で畑を見守ることが出来ます。
農家の人手不足野切り札になる可能性がありました。

9月下旬

大豆畑。農薬散布の日
畑を280箇所に区分けして39箇所に農薬散布する事に。
農薬の使用量は1/10となります。

少ない量で害虫駆除可能なのか?

噴射口から農薬散布していきますが…
勢いが弱く横向きなためしっかり散布できませんでした。

「もう少し噴霧量があれば。
 もっと短時間で出来るとか範囲とか
 それが出来たらもっと意味が出てくるかな」

農家の池田さんのお眼鏡には適いませんでした。

噴射口が横向きで噴射力が弱く。
風に煽られて思ったように散布できませんでした。

早急な改良が必要です。

福岡県飯塚市。
オプティムの開発拠点
九工大前オフィスがありました。

ドローンエキスパートが集結し悩んでました。
しかし収穫時期は待ってくれません。

必死に改良が行われました。

そして大きく改善されました。

噴射口も下に向けていますし、大型化も図られました
勢いよく農薬散布が出来るように。
無事狙ったポイントに散布されていました。

「改善してますね」
「ピンポイントの方がありがたい。
 農業のやりがいが出てくる」

ドローンの最終目標は自動操縦です。

そう。私も思ったのですが。
人が操縦すると全然省力化出来てないので自動操縦だろうと
遠隔地から自動で農薬散布できればパーフェクト。

とはいえ農薬のピンポイント散布は成功。
農薬が1/10の量で大豆は丸丸育ちました。

見事な枝豆になります。
品質も収穫量も以前と変わりません。

更に嬉しい知らせが
残留農薬の検査で不検出だらけ。

その結果に専門家は

「農薬の経済的な部分も農家の健康とか
 環境という部分を考えてもこれから楽しみな結果」

数日後
福岡市の福岡三越。

菅谷さんと池田さんの姿がありました。
ドローンで作った大豆を販売することに

スマート枝豆

佐賀県産黒大豆をドローンで作ったことをアピール。
値段は1袋648円と高いですが100袋完売してました。

「ちょっと安心した」

反応上々でした。

「まだまだ行く。人に一番役に立てる分野である
 こういったものに今の最新のテクノロジーが応用される
 ことこそが大きく世界を変えうるチャンスになる」


まとめ

農業に導入された最先端技術。
それは農家の作業負担を減らし農業の経験が少ない人の
サポートにも貢献していた。

そして安心安全に拘った農作物は消費者にとって嬉しい
付加価値をつけて販売できるから収入アップにも繋がる
生まれ変わった日本農業の広がりに期待したいと締めくく
られていました




人気ブログランキングへ
posted by Fuchs at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイアの夜明け 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181888364
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ