2017年12月27日

『追跡! マネーの【魔力】』〜今日の「ガイアの夜明け」感想〜

※この記事はガイアの夜明けを見ながら自分のメモ書き的な感じで書いている記事です。

今日のガイアを3行で

  • マネーの魔力を知るもの達に密着してました
  • 許永中が語るイトマン事件
  • 折口雅博の復活劇…どちらも怖かった


平成時代の株価推移

平成時代の平均株価は文字通り乱高下を繰り返した。

1989年バブル時代。
株価は4万円目前に迫り絶頂となります。
翌年下げに転じ一気に2万円を割り込みます。
2008年リーマンショックで7568円。
2011年東日本大震災もありました。
しかし安倍政権のアベノミクスで2万円台を回復。

膨らんだマネーは日本人をどこへ導くのか


許永中が語るイトマン事件

日本経済の裏側を知る「許永中」

裏経済の帝王です。11月下旬韓国ソウル。
長い交渉を経てやっと接触が出来たそうです。

許永中(70)

マスコミとの接触を避けてきた日本経済の表と裏を知る人物

日本の政界、財界、裏社会と強いパイプを持つフィクサー
バブル時代は1日数十億円動かしていたそうです。

テレビに放映されることは始めて?

テレビに出たくないし、マスコミに出たくない
ただ言える事は言いますから、率直に聞いて下さい

イトマン事件

1990年バブル経済が絶頂から転げ落ちだした頃
事件が起きました。

3000億円近い金が地下経済に消え去ったという戦後最大級
の経済事件です。

中堅商社イトマン

そこから絵画取引、ゴルフ場開発などで3000億円が引き出
されました。
その行方は分かっていないそうです。

事件の鍵を握るのが、許永中。

当時大阪で数十社を束ねる実業家でした。
しかしその実態は謎めいています。

事件の構図

イトマン社長の河村。住友銀行から送り込まれてました。

住銀の会長から絵画を買えと言われてイトマン常務伊藤氏
に相談。許永中と取引を始めます。

取引で使われた絵画は一応全て本物だったようですが。
絵画を仕入れ市場価格の数倍でイトマンと取引。
200点以上の絵画取引で500億円引き出します。

1991年許永中などが特別背任で逮捕。

6億の保釈金を積んで出て来た許永中。
渡航先の韓国で失踪。裁判も停止します。
しかし2年後 1999年11月都内ホテルで確保。
その裁判再開で懲役7年6ヶ月 罰金5億円となりました。

事件から27年テレビの前で口を開く

バブルの時代とは何だったのか


何億何百億を動かしたどんな実感?

慢心したんでしょうね。
傲岸とは思ってませんけど。
お金はこういうふうなこととすれば金がついてくる。
金を儲けるために考え儲かれば良いとか
これだけ金を儲けようと目標を立てたことをしたことが無い
「これはやらないかん」
いくら大きくても難しくても。
この仕事、テーマはやらないかんと思ってやれば金は
勝手に付いてきた


金が集まるところには勝手に集まると…。

「私=イトマンはセットになる」

新聞には戦後最大の経済事件。
3000億、4000億闇に消えた
おどろおどろしいタイトルだらけ。

イトマンいう会社を何千億という金をすきに乗じて私が
食い物にしたとか。

私はイトマンから410億円借りた。
金を借りて担保に入れている絵画は偽物は一つも無かった

金を借りて何が悪い。
借りてくれと言うから借りた。

許永中の主張は
売買ではなく絵画を担保にした融資

しかし裁判では絵画取引は実質売買だとして巨額利益を
得たと認定されました。


もう一方の当事者住友銀行

イトマンは住銀の商社部門として機能していました。
住銀の別同部隊だったのです。

しかし不動産開発でも失敗。1兆円の負債を抱えていました。
その多くを住銀が融資で支えていました。

住銀の極秘調査メモ

イトマンを巡る金と人の動きが出ていました。

「許永中に気をつけろ。情報が筒抜けだ」
などと何度も出て来ます。

書いたのは、住銀の取締役國茂氏。
銀行内部で不正融資が繰り返されていると内部告発した人物


許とはどういう人物だった?

分からない
河村さん(イトマン社長)はこうだと決める人だった。

彼は良い奴だ、だから貸すように
いくらでも貸しても良いんだとなった。
結果的には300,500 600億と金が膨らんだ
許だけが悪いのではなくて、イトマン、住銀があっての事件

バブル時代に乱脈融資にのめり込んだ住銀。
それが戦後最大の経済事件を作りました。

あの時代に戻りたい?

43歳でイトマン事件が起きた。
43で私は今でも止まってる。
あの時代は私に取ってはつい1週間1ヶ月前の時代。
ボケというのかもしれないけど。
43年の事件で。平成3年で体内時計が止まってる。

バブルの時代の熱狂?

そう言われてみればそうかも分かりませんね。

許永中の生い立ち

大阪市北区
長屋が並ぶ中津地区が許氏の生まれ故郷。

1947年在日韓国人8人兄弟の三男として生まれます。
家は貧しく。
母がどぶろく密造で金を稼いで学校に通わせました。
ただ許氏は街に出ては喧嘩する毎日。

19で家を出て21歳の時、恐喝しました。

知人のトラブルで暴力団組長から解決金5000万円を引き出す

「そこで快感を覚えたテクニックを覚えた」
「ストレートで本人にぶつかる。どやと」
「相手が大きい人や年寄りでも。
 その場面では対等で一対一。
 あんたにしか的かけないよと。
 こんな悪い事して良いんですか?と」

あの時の5000万は今は5億10億。
私のバブルはそこが開始だった。

「とんでもないことをとんでもない相手にやってきたと
 名前が売れてそれが信用になる」

そうやって許永中は金銭トラブルが起きれば次々解決した
そうです。

すると裏社会だけでなく様々な業種の企業も頼るように
なったようです。

1989年在日韓国人商工会の案内文。
顧問が、42歳の許氏でした。
式典には大物政治家が祝辞を寄せるほど。
政界とも強いパイプがありました。

政財界のフィクサーとなったのです。

バブル絶頂期は扱う金の額も膨らみます。

毎日私の運転手に金庫預かっている人間が200万円持たす
全くみんな消えるが毎日財布に200万円入れる。
自分で財布持たない。金に困ってるとか全く無かった。
何でも出来ると思っていたし、何でも出来た。

それもバブルと行ったらバブルかもしれない
自覚できてなかっただけで

「これバブルやんか」と今頭にポッと沸いた。

金にまみれた生活だったんだなぁと。

日本を離れ韓国で暮らす許氏。今は何を?

ソウル高麗大学。
許氏は出資する医療ベンチャーの会長でした。

高齢者向け排泄補助器

それを作ってるベンチャーの会長。
独自技術で寝返り打っても排泄物を吸い上げてくれるそうな

吸い取り機能の付いたおむつみたいな…

「世話する人も大変だけど介護を受けるとにも自尊心がある
 泌尿器科のドクターが切実に考えて開発した」

その医療ベンチャーに出資し事業を支えていました。
意外な面がありました。

「自分が高齢者だから他人事じゃない」

マネーの魔力とは

金に負けている人が多い

金さえあれば極端な話この世で出来ないことはないくらい
金の力は大きい

出来ない事もあるが、大部分の人が目の前にボンと金を
積めば返事を変えたりできないことをしようとする。

99%そう 今までの体験上ね

私も目の前に金を積まれたら…言われたらそうですよね


都内の一軒家のお宝

都内某所の一軒家。
家の中に入ります。

10年以上放置された空き家。
かつて高齢女性が暮らしていました。

入ったのは遺品整理業者でした。

まだ使える物はリサイクル。
写真や思い出の品を細かく仕分けます。
長い間鼠の住処になっていたので鼠が出て来て驚いたり。

すると…大量にお金が出始めます。
札束がごっそり。
次から次に出てくる金。
総額3000万円以上のタンス預金。

震えますね…

隣の部屋からは1700万円相当の純金まで。

こうしたケースは珍しくないそうです。
業者が請け負った仕事では2億の厳禁が見つかったことも。

「手元に現金を置いておくと安心する高齢者が多い」

最終的に受取手がいなければ国庫帰属する「遺産」
毎年400億円ほどだそうです。


不動産投資バブル

お金を動かして儲けようとする人たちも。

不動産投資セミナー

会場は700人以上集まる

「東京の単身者向け、好立地のマンションはしっかり
 建築して売却する事で何十億」

銀行から金を借りて不動産投資が流行ってます。
歴史的な低金利なのでできるそうです。

「会社もリタイアしたので今後のことも考えて情報収集」
「土地は逃げない」
「予算のイメージは都内だと1億円前後」
「初めての投資なので慎重に」

景気の良い話が飛び出してます。
セミナー会場の出口では、高級物件を扱う不動産業者。
バブル時代が蘇ったようでした。

「競争が激しい状況になっている。
 物件の取り合いで不動産の値段も上がっている。」

「低金利が続いている以上不動産投資は集中する」
「バブルの頃では持てなかった人でも低金利を使えば持てる」

銀行の融資貸出金を見ると不動産に集中していました。
12兆円(2016年度)で過去最高。

都心一等地を回る観光バス。

「10物件完成物件を含めて見ていきます。」

不動産投資バスツアー

3億、5億は当たり前。

東京世田谷区の4階建ての新築マンション。
今年の6月に竣工した
駅から8分 全19戸 約5億円の物件です。
参加者の多くは会社員や公務員。
不動産収入を得ることが目的です。
バスツアーで見て回るのは半日10件。
契約は早い者勝ちです。

「そのまま金を持ってるより不動産を持って副収入を得たい」
ということだそうです。

「土地があれば土地の分だけ価値が出る完全にバブル」

東京渋谷区 フェイスネットワーク

ここが、バスツアーを運営しています。
マンションの一棟売りがメインで年々業績を伸ばしてます。

「超富裕層だったマーケットに金融機関からサラリーマン大
家を目指す高所得者層向けアパートマンションローンが
出て来た。今まで不動産投資を出来なかった人にニーズが」

契約者が来ていたシーンが…

金融機関融資担当者が見る前で慎重に数字を書き込みます

5億4000万円…

「金額が金額なので、ホッとしました」

怖い話です。

自由が丘の一棟買いマンション。
全18戸 家賃収入年3600万円だそうですが…

都心の不動産バブルはまだまだ続きそうです


レオパレスに騙された! 地方トラブル

地方ではトラブルが発生していました。

「30年安定的に経営出来るラッキーな事はないと思った」

うたい文句は「アパート経営で30年の安心収入」

しかし「突然話が来て「減額しろ」と言われた」
「信用して建てたのに裏切られた」

そんなトラブルが多発してました。

三重県津市。
ここに70年くらす酒井さん。
異様な風景になったと言います。

田んぼの中にタケノコみたいに立ってるアパート。
「レオパレス銀座と言われている」

至る所に現れた縞模様の建物約40棟。
レオパレス21のアパートだらけでした。

酒井さんも1棟を所有。
11年前2億円を借金しアパートを建設しました。
母親の畑に建てたそうです。

決め手は、営業マンが持ってきた資料。

「30年間夢を持って生活して下さい」

一括借り上げシステム

30年間の安定収入が売りです。
レオパレスはオーナーの資金で建設して。
全ての部屋を一括借りて、又貸しするとう

サブリース業者です。

レオパレスが管理や家賃とかを回収。
手数料をオーナーに渡します。
空室があっても家賃保証が決められた金額が支払われます

提案するときは。
「アパート建てたら相続税対策になるよ」
「毎月小遣いを頂きながら30年安定的に経営できる」
「こんなラッキーなことはないと思った」

賃貸アパートの建設は土地の価値が借金分差し引かれ
相続税対策になります。

すると周りの畑や田んぼがレオパレスだらけに。
自分たちで増やしすぎて入居率が下がったことを理由に
家賃収入の3割減額を提案してきました。

「乱立させて入居率のことを言うのはお門違い」

まさに外道。

「これを条件にアパートの家賃を下げられたら困る。」

・相続税対策
・家賃収入の保証

それが思わぬトラブルを引き出したのでした。


レオパレスとは

1986年 サブリース事業を開始。

家具家電備え付けの独り暮らし部屋が特徴。
一括借り上げ、家賃保証で物件を増やしました。
60万戸近くを扱います。

しかし近年レオパレスに減額取消訴訟が相次ぎます。
原告は277人請求額12億1600万。

「一流企業として許せない行為が多々見受けられる」
「我慢が出来ない」

名古屋市にあるLPオーナー会

2014年1月発足
レオパレスオーナーの会です。

「たくさんの人が家賃収入を減額されている」
「1000人に聞き取り調査したら半分以上でした」

2003年の契約書には
「10年間は家賃不変とする」と書かれてます。

しかし300人の会員が10年未満で減額されたそうです。

「10年を経過したら、甲乙協議の上で契約を決める」

それも嘘。一方的に迫られた人もいます。

録音テープも
「ベースとして23000円の減額は会社は譲れない」
「これが限界ですごめんなさい」

先々のことも考えないといけないのに。
突然話を持ってきて「減額しろ」
「今日契約しないと倍額の減額になるぞ」とか

色々な事言われてかなり厳しいことを言われ。
判を押すのを待ってすぐ帰った5時間近い居座ったそうな

「怖かった」
「何でも良いから早く帰って欲しいだった」

LPオーナー会でも一方的な交渉で減額と主張する人が多々

岐阜県可児市では減額どころか契約解除されて。
家賃保証がなくなった人もいました。

アパート経営は赤字の状態が続いているそうです。

「レオパレスを信用して建てたのに裏切られた」

金子さんの父が1997年に2億3000万で2棟のアパートを
作りました。

契約書では一括借り上げ10年。

金子の父は、そのことを認識していたが。
レオパレスの営業はある資料を見せて説明した。

収支計画書

「アパート作ったあと30年安定して収入を得られる」

解約の話はありませんでした。

「安心して下さいとしか話してくれない」

30年はお付き合いするというそれが前提の契約でした。

しかし14年後に解約され月165万円の家賃保証が消滅。

入居が1部屋だけなり家賃収入が2万円に。

レオパレスとの解約から4ヶ月後父は心筋梗塞で死亡

「父は心身ともに疲れて無気力状態になり死んだ」
「自分の身を削ってしまった」

レオパレスに殺されましたね。

ガイアはレオパレスに取材を申し込んだようです。
応じたのは深山社長。

何故こんな事に?

リーマンショックがあった

大きく部屋を使う需要が企業を中心に喪失されていく中
入居率がかなり低下した地域があった。
それに基づいてオーナーと協議をして同意のもと改定
手続きをした」

強く迫る、脅迫めいた署名を求める対応はなかったと?

私は無いと思っている。

深山社長は契約の範囲内で合意の上だったと主張します

レオパレスは製造業の派遣社員頼みの運営で板。
リーマンショックで派遣切りなどもあり倒産の危機に。
解約と減額に踏み切ったようです。

しかし入手した内部資料には驚きの記述

社内で交わされたメール2011年8月10日
解約減額が相次いだ頃です。

【終了プロジェクト】

10年超の案件は基本的に解約を前提とした交渉をする
10年未満は家賃収入大幅減額を目指す
解約を辞さない強気の交渉を!

このメールが全国の社員に一斉送信されていました。

社長もレオパレスの社員のメールと認識してました。

「終了プロジェクトと書いてある。
 解約を前提とした交渉を行う事と読める」

「会社としてはそれは前提としていない」

「これはどう読めば良いのでしょうか?」

「私のコメントは差し控えさせて頂きたい」

逃げました。メールの存在は認めつつ一方的な交渉は否定

証拠もあるんですけどね。

一応現状の営業に密着してました。
レオパレスの業績が回復した今現場はどうなっているか。

営業マンを取材してましたがさらっと流し。
話を聞きます

「指摘や要望が出て来ている。そういった所が出て来た」
「意見を貰うことで会社として良い方向に舵を切れる」
「いいきっかけになった」

いや…きっかけにされても。
苦しんでる人きっかけですか。

強引な値下げ交渉はしていない?

今はしてない
今は聴いてない

「今は」

大金が動く不動産投資。

専門家は

仲介業者はプロなので情報量もあり交渉が上手
平等な土俵に立っていない。
素人は正確な判断が出来ない。
危険性がある。将来が不確定。
なのに思い切って億単位の投資をして良いのか?

要するに馬鹿みたいな投資はするなということです。
目先の金に目がくらんだら苦しみます。


折口雅博氏の復活劇

株価が頂点から転落して翌年。
ジュリアナ東京が出来たそうです。

そのころ折口雅博氏。
六本木ヒルズに居を構えて手広く事業をしてました。
しかしグッドウィルグループは転落。
2009年破産しました。

10年の沈黙を破る独占取材

10月NYで日本食の店が出来た。
レストランWOKUNI。
新鮮な魚がお出迎え
職人が客の前で料理する珍しいスタイル。
箸を上手に使う舌の肥えたニューヨーカーは
「美味しい。新鮮で見た目も豪華」と喜びます。

この店をプロデュースしたのが折口雅博氏56歳
アメリカに来る前は企業界で大企業のトップでした。

日本から姿を消してNYで何を?

再びマネーを引き寄せていました。

元祖ヒルズ族。
評価は様々です。
派遣業グッドウィルを創業したのが1995年。
その後介護事業の「コムスン」を子会社化

24時間介護サービス開始します。

グッドウィルを従業員10万人売上高7700億円まで育成
それが2006年でした。

2007年コムスンで介護報酬の不正請求発覚。
処分逃れも批判の的になります。

涙を浮かべながらの会見も印象的でしたね。

グッドウィルは介護から撤退。
人材派遣では二重派遣も発覚して廃業。

折口雅博氏は2008年破産しました。

それについて折口雅博氏は

「手広く力強くやっていたがクローズアップされて批判を
 受けて非常に残念だった」

要するに一部がやった事によって駄目になったとの認識かな

涙ながらの会見だったが

それは違うと言いたかった。
主張もしたかった。
色々なこと考えてしない方が良いかなと。

言い訳したくても出来なかったのが辛かった涙でした。

今の折口雅博氏

グランドセントラル駅の斜め前にオフィスがある。
NYの超一等地です。

ブロードキャピタルパートナーズUSA

企業の上場前の投資し、事業を成長させ売却益を得る
投資会社です。

NY来て10年。
もう一回エキサイティングなことは何だろうと
NYという世界の金が集まる場所で。
アメリカという金融大国で金融をバックとして事業を作り
出す。価値を作り上げる手伝いをしていけば面白いなと。

投資家として復活した折口雅博氏。

きっかけとなった場所がありました。

MEGU

NYセレブの間で知らない物はいない和食レストラン
折口雅博氏がNYで資金調達して買い取りました。
復活の足がかりはレストラン事業だったのでうs。

着物を内装に使っていたりと日本文化を取り入れた
モダンな作りでセレブを虜に。

2012年格付け会社から最高位を獲得しました。
モスクワやドーハなど海外進出。
投資家としての手腕を印象づけました。

大変価値が上がった。
世界中からMEGUに投資したいと話が合った。
日本の会社が100%買いたいときて。
良い値段だったので売ろうとなりました。

それ以降自分は投資家になろうと思ったそうです。

2006年NY。
MEGU2号店オープン時。
きっかけはあるビルのオーナーが自らのビルに出店を
求めたことでした。

ビルのオーナーとはトランプ氏59歳

トランプタワーにMEGU2号店ができました。

どんな印象だった?

切れ者のビジネスマン
落としどころを分かっていはじめにはガツンとくる。
まずいなと思っているときに落としどころを探していく

折口雅博氏の住まいは…地上90階のトランプワールドタワー
夫婦でトランプタワーに暮らします。

地上40階のマンハッタンの絶景。
国連ビル、イーストリバーが見えたり。
NYのシンボルクライスラービル
エンパイアステートビルも並んでます。

トランプ氏が周りの空中権を買ったので周りには高い物は
建たないそうです。
景色が遮断されることがないとのおkと。

部屋はいくら?

数億円 200平米

地下には入居者専用ジムがある。
トレーニングが日課だそうな。

どん底から這い上がった折口雅博氏。
生い立ちも壮絶。

1961年東京生まれ。
200坪の敷地に暮らす裕福な家庭。

父は、人工甘味料を作る会社の経営者でしたが。
10歳の時に会社が倒産。
生活保護を受けるまでに落ちぶれます。

高校の卒業アルバムは陸上自衛隊少年工科学校
15歳からは入れる自衛隊でした

学費が払えないので学びながら給料が貰える自衛隊の
学校に進んだそうです。

給料7万円 2−3万を仕送りしてました。

「生活保護を受ける生活になった
 進学校に受かったが行くお金がない
 家に仕送りが必要だった」

1980年防衛大学に進学します。
国や世界に思いを馳せて世界を股にかける大きな仕事が
したいと思ったそうで卒業後日商岩井(現双日)に入社

ビジネスの世界へいきました。

マンハッタンのオフィスでは大型投資案件を扱う金融
関係者が。

「今日は何社の案件を?」
「今日は5社」

とペラペラ英語で。
NYに来てから独学で英語を学んで対等に渡り歩くように
なったそうです。

カリブ海にあった小さな通信会社
新しい技術はあるが資金が必要だったそうで。
提示された投資額は3億円(300万ドル)。

それを一発サインしてました。

決め手は勝ちそうだと

金融ビジネスは負けたら終わり
最新のテクノロジーで値段が安い
プロモーションすればひっくり返せる。

週末は二人で夕食の買い物
お気に入りのスーパー

日本食品とかありました。
納豆とか野菜とかお菓子とか。

NY来て始めてこのスーパーで買い物したとき。

家内が「課内が凄く嬉しそうな顔してるね」といった

「日本じゃスーパー行けなかったもんね」

日本で金を持っていたときに失っていた物はそれ

10月26日成田空港

折口雅博氏が日本へ。
10年越しの逆襲です。

「血がたぎってくる」

東京銀座に折口雅博氏を待っている人たちがいた。

若手経営者との会合です。
ベンチャーの若手経営者達。

色々質問してました。

日本の経済が上向いているから
学びたいという若手起業家が増えているそうです。

折口雅博氏は将来性のある企業には投資をする予定とのこと

事業的に手伝いながら、金融的な価値をつけて加速する
事を手伝えればエキサイティング。


折口雅博氏のまとめ

およそ30年前
マネーに狂乱した時代があった

金を追い求めたことで見た、天国と地獄

激動の時代の中で得た教訓とは

強制的に事業家から違う立場になった結構面白い

人生一回の中で色々な経験するのは価値がある
どちらが良いかは言えない
ひとつの価値簡易拘り捕らわれないで欲しい
金は社会に影響力を与えた結果
社会貢献の結果戻ってくる
必ず付いてくる。追い求める必要は無い


まとめ

上昇し続ける株価、不動産高騰
2017年はバブル時代を思い起こされた。
膨らみ続けるマネーは日本人の何を変えるか。
表と裏を知る人物の話は印象的だった。
平成30年の経済
新しい年は新しい時代を求める号砲となるのか
見続けていきたいと締めくくられていました



人気ブログランキングへ
posted by Fuchs at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイアの夜明け 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181951881
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ