2018年01月23日

『冬のリゾート 集客作戦!』〜今日の「ガイアの夜明け」感想〜

※この記事はガイアの夜明けを見ながら自分のメモ書き的な感じで書いている記事です。

今日のガイアを3行で

  • 冬のリゾートの集客について
  • 星野リゾートの十和田では冬季営業が開始
  • 雪国観光圏という新たな組織が冬の魅力をアピールしてました


北海道占冠 星野リゾートトマム

北海道占冠村。
注目のリゾートがあります。

星野リゾートトマム
ザ・タワーは8800円〜
リゾナーレトマムは18200円〜
という価格帯ですが、春まで予約がいっぱいです。

人気の秘密

「ワクワクする場所」
「毎年何かしら新しい物がある」

常連客を飽きさせない仕掛けとは?

コースの途中に大きな建物があります。
「ホタルストリート」
2017年12月オープンです。

ゲレンデの中腹に有りすべってる途中にいけます。
レストラン・ショップなど9店舗。

こうしてトマムには違う驚きがあります。

2005年破綻したトマムを星野リゾートが運営を引き継ぎ。
様々な仕掛けで客を呼んできました。

霧氷テラス(雲海テラス)

広がる景色が綺麗なテラス。

アイスヴィレッジ

ソファーベッドも氷。宿泊も出来るとか。

外国人に大人気です。

星野リゾートは全国36箇所のリゾートを運営。
不振に陥ったリゾートを再建することで評判に。

スノーリゾートの可能性を語る星野良治代表

「雪は観光資源であることは間違いない」
「中東の国には石油は出るが日本には出ない
 ただ日本には雪が降る。そのくらい価値ある自然現象」

青森十和田市
13年前から星野リゾートが運営してるホテルがあります

奥入瀬渓流ホテル

十和田湖から流れる奥入瀬渓流。
全長14km…滝が連なり新緑紅葉シーズンには大勢訪れます

しかし11月26日でシーズンの営業が終わります。
毎年紅葉シーズンを終えると春まで休館します。
冬は観光客が来ないため営業をしていません。

長年諦めていた冬に仕掛ける星野リゾートがありました。

シーズン終了と友に各部署のリーダーが招集。

「今年はここで終わりでは無く冬の運営が始まる」

念願だった冬の営業です。
雪国で始まる熱き闘いに密着してました


冬の奥入瀬

冬景色の青森県十和田市。
奥入瀬渓流ホテルの総支配人宮越さん。
冬の営業に向けて周辺チェックしてました。

JRバスは11月13日で終了。冬季休業です。
十和田湖奥入瀬渓流側には人影がありません。
どんよりした感じが寂しい状態に。
周辺の食堂や店も閉まります。
雪が入らないように完全閉鎖で冬眠状態。

それでも営業している店がありました。

「冬は人が来ない。夏と秋の忙しさは何だったのって感じ」

奥入瀬渓流ホテルが冬の営業を始めることを伝えると

「助かります。お客さんが流れてくれると思うので」

十和田八幡平国立公園の観光客は年201万人。
ただし12月〜3月は26万人だそうです。

そんな冬季に人を呼び込めるのか。

観光スポットを探します。

馬門岩

迫力ある岩肌で人気。
冬になるとつららがいっぱいでカーテンのように氷が
ざっと出来るそうです。
もっと寒くなると美しく成長するそうな。

「地元の人は良さを知ってるが、遠方から来る人にどう
 やって伝えるか」

雲井の滝

奥入瀬渓流には10本以上の滝がありますが。
氷瀑が出来る事があります。

氷瀑とは滝が氷結すること。

「氷の中に滝が流れる。 氷瀑が近くで見られるのは魅力」
「冬に奥入瀬渓流を見に行く旅行は誰も思ってない。
 まずは知ってもらって旅行のチョイスに上がること」

冬にしか見れない絶景がそこにあります。
客寄せの目玉にしようとしていました。

冬の営業開始まで2週間の12月初旬。

宮越さんが何年もかけて直談判して実現にこぎ着けた
冬季営業。

しかし冬に営業することは知られていないので予約は
芳しくなく。

「代表からも気をつけろよと何度も注意されている」
「これは結構プレッシャー」

集客の手段としてとっておきのプランを実行します。

氷瀑の湯

印象に残る風呂として口コミで広がれば理想

奥入瀬の冬の絶景である氷瀑を露天風呂に作るものです
この構想を2年前から暖めていて既に準備がされてました

網目状の壁にノズルから水を噴射。
人工氷瀑を作ろうと言う物でした。

担当として、メンテナンス担当の人が付いて製造開始。
青森で生まれ育った松林さんです。

しかし天候との闘い。
気温が下がらず着手できませんでした。
スタートで躓きます。

「どういう風に出来るかが心配事」

気温によって凍り方が変わるので微妙な調整が必要です
厄介なのは風と湯気。
露天風呂の近くなので溶けます。

冬の営業開始まで11日…薄氷しかありませんでした。

青森りんごキッチンやりんごセラーが作られます

料理は他のシーズン同様ビュッフェ形式。
しかし初めての冬メニュー。
盛り付けを華やかにしていました。

りんごの森というデザートゾーンには美味しそうなのが
沢山。
デザートの畑が広がるイメージです。

従業員にとっても全て初。
本部から指導官もやってきます。
星野リゾートを知る野秋さん

かなり厳しく指導していました。

本番を想定した訓練…
リーダー格の従業員にも厳しく指導します。

他のシーズンに比べ火を通す料理が多く手際の良さも必要
補充にも手間もかかる

訓練が終わるとすぐ反省会

「スピードが圧倒的に襲い」
手際の悪さに強烈な駄目出し。

「貝焼きのクオリティが低い!」
「このクオリティだったら名物にならない」

徹底した指導が続いてました。
毎年冬の間はバラバラになっていたスタッフ。
チームワークをみせられるかポイントに。

氷瀑の湯は気温が一気に下がり育っていました。
しかしピンチが…寒さが緩んで氷瀑が溶け出しました。

「結構焦りますねこれは」

日中は水量を減らし夜間に増やすなど必死の調整。
徹底した水量の管理で氷瀑の完成を目指します。

冬の営業オープン

ギリギリまで迎え入れる準備が進められていました。
15時青森駅から2時間かけてバスが到着。
記念すべき最初のお客です。

初日は6割の客が入りました。

1室18500円〜

ウェルカムドリンクはりんごサイダーです。

お目当ては?

「氷瀑が見られる温泉がある」
「お風呂の氷が楽しみ」

ただやはりまだ未完成でした。
今年暖かいですしね。
せり出すにはもう少し時間がかかりそうです。

ただ夜になるとライトアップされて幻想的な世界に。

「凄かった」
「雪のお風呂に入ってるみたいだった」
「氷はまだ2/3だったけど出来上がったら凄いだろうなと」

また出来た後に来る楽しみが出来ましたね。

夕食の時間でダイニングは賑わい出します。
スタッフも新しいオペレーションで動きます。

訓練を重ねた貝焼きも大丈夫になってました。

夕食後のラウンジでは「森の学校」
奥入瀬渓流の説明などが行われていました。
翌日朝一番でその風景を見に行きます。

冬の奥入瀬渓流ガイドツアー
(宿泊者無料)

馬門岩も見事な氷のカーテンが出来ていました。
全員がカメラマンに

凍ったつららの上に雪が降り積もりクラゲみたい。

インスタ栄え間違いなし

「いいですね普段見ることがないので」

参加した客は冬の奥入瀬を楽しんでいました。
もう一つの目当て氷瀑。

こちらはまだ未完成。周辺から凍り始めていましたが。
2月の声を聴く頃には見事な氷瀑が見られるかもです。

そして周辺も動き出します。
JRバスが冬季の土日祝日限定でバスを運行する事に。

東京飯田橋の青森県のアンテナショップには新たなポス
ターが。
青森観光のねぶたの横に冬の奥入瀬が並びます。

更に十和田市も。
氷瀑などを巡る夜のライトアップツアーを企画。

氷の透明感が表現出来ている

冬の奥入瀬ナイトツアーバス
料金1000円〜

「まずはホッとした。グリーンシーズンと紅葉は人気
 ただ冬も負けてない。
 冬の自然の美しさを見に行く旅行をひとつのカテゴリ
 ーとして作れれば」


湯沢町の復活へ

新潟県湯沢町。
雪深い街にも冬の集客に欠ける男がいました。

雪国観光圏代表の井口さん

隣の南魚沼市の酒井織物へ。
南魚沼は絹織物の産地です。

江戸時代から厳しい冬に農家の女性が織子となり産業を
ささえてきました。

「本塩沢」という織物。
忍耐の織物と言われています。

南魚沼は絹だけではなく、麻織物の産地でもあります。
降り積もった雪の上で麻を並べて漂白する光景も。

井口さんこの織物の産地をツアーに組み込めないかと
考えていました。

大型バスを入れるのではなく雪国の暮らしと文化を
体験して貰える

ただ酒井織物には決して覗いてはいけない部屋が。

ベテラン織り姫がいる部屋

「母が織っているは用事があっても呼びに行けない。」
「気が散るので」

という、閉ざされた部屋が。

「鶴の恩返し」の世界でした。

見ちゃ行けない部分です。

そんな観光コースを作ろうとしていました。


市町村の枠を超えた観光

市町村の枠を超えた観光戦略そこに立ちはだかる壁がありました。

1985年苗場スキー場は混みまくってました。
スキーの出来る温泉地として人気を博した湯沢町。
上越新幹線、関越自動車道が出来て発展。
バブル期にはリゾートマンションも出来た
豪華物件が建ち並びます。

1992年にはピークで820万人のスキー客
2016年は250万人。
全盛期の1/3になりました。

一世風靡した湯沢で観光客を集めようと奮闘していました。

新潟県湯沢町人口は8200人12月初旬は駅前通りも閑散。

HATAGO井仙

雪国の食材をふんだんに使った創作料理が沢山。
予約が取りづらい宿として有名です。
4代目が井口さん
アメリカの大学でマーケティングを学び家業を継ぎました

しかし子供の頃に賑わったいた光景はない

店もなくなっていきます。

「時代の流れだな」

街の長老たちも嘆いてました。

「昭和の頃には戻らない。
 雪国の湯沢になることは無い。
 あたらしい湯沢をどうつくるか
 周辺市町村とどう共存するか」

湯沢町はスキー場12箇所ありスキー客には聖地。
バブルの頃にはリゾートマンションの建設ラッシュ
52棟 1万5000戸ができましたが。
30年経ったら、利用されなくなったマンションは格安で
売りにでてました。

越後湯沢駅の駅前に雪国観光圏があります。
旅館業の傍らスキーだけの観光を見直そうとたちあげました

目指すは雪国同士の連携による観光客の誘致です
越後湯沢は東京から新幹線で540分。

拠点に滞在して貰いローカル線に乗り継いで周辺へ
というツアーのようです。

湯沢とは違った魅力があるので複合させ・
雪国の知恵や文化を体験して貰うのが雪国観光圏の構想

近くの3県7市町村が賛同しました。
それぞれの魅力を合わせて売り込もうと考えてました


新潟県津南町では

1万人の街です。
夏の観光客は美しい風景が沢山伊見たいそうです。

冬は魅力をアピール出来ていないので観光客が激減

12月10日津南町に井口さんがツアーの目玉を探していた
一件の立派な家に立ち寄ります。

案内されたのは屋根裏部屋。
宮沢さんの先祖は江戸時代の前から住んでます。

太い梁のある屋根裏には雪国の知恵が沢山。
かんじきがあったり。
きのこを採ったり野菜を取ったり


「見たこと無いものが見ると、かっこいいなと思うよ」

別のスタッフは、田舎のお茶のみに招待されてました。

田舎のごちそうが並びます。

毎日近所のお母さんがおかずを持ち寄り集まります。

「冬支度も終わり、雪が降ったら諦めざるを得ない」
「畑とか外の仕事から解放されて心にゆとりが出来る」

そうやって雪はそこで暮らす人に大切な時間を与えてます

そして料理のレシピは皆に共有されます。

お茶の時間は雪国の食を受け継ぐ大切な場でした。

それぞれの土地には地元の食材を生かした料理が息づく
雪国観光圏ではこうした食事を永久に残したいと
雪国A級グルメとして保存してました。

湯沢町役場

戦略会議が行われていました
7市町村代表が顔を揃える最高会議です。

「雪国の魅力を目玉に」

スキーと酒にしがみついていたら途絶えてしまう
雪国の知恵等者が世界的に価値があるそこが違う

熱弁しますが…

過去の者引き出しすぎて、実際の今の生活に合ってない
そこを強要されると賛同できない。

と反論されました。

それぞれの思惑があり、一枚岩ではありません

私をスキーに連れてってのポスターが沢山の東京。
何か期待してるようです。

そこから遠く離れた湯沢の苗場はスキー不況の煽りを
受けた地域です。

この冬にオープンする店がありました。
酒造メーカーの八海醸造のお店。

ゆったりとしたスペースの居酒屋にウェイテイング
スペースが。

越後もちぶたのステーキなど。

社長の思いとしては。
「スキーをして酒を飲んで美味しいとなり拡販した。」
「恩返しという思い」

湯沢にもスキー客が目立つようになった1月。
井口さんはある試みを実行に移します。

「雪国の知恵を体感するツアー」

こういう商品を流通させるのは難しい。
観光商品になるのかモニターツアーを組んでみます。

井仙に宿泊し、旅の足はローカル線を利用する。
奈良や神奈川から着た客を雪国に誘います。

南魚沼の漬物店「今成漬物店」
80年変わらぬ製法が売り。
仕込み蔵で色々な漬物を見せて貰います。

見学の後は試食
作り方を知ればひと味違います。

ここに来なければ食べられません。

ツアー2日目は津南町の旅館からスタート。

雪国には欠かせない天然保存庫の雪室から出て来たのは
大根
料理は大根づくしが用意されていました。
雪の中に保存することで採れたて食感が続きます。

「冬の大根は大活躍」

手作り体験ではかんじきをつくりました。
そしてそれを使い絶景ポイントを目指します。

かつてスキー場だった場所です。
30分ほど歩くと…雪国の里を一望できるとっておきの場所

絶景でした。

「雪って大変だろうなと思い来づらかったが
 人に会いに来る旅というかまた帰ってきたくなるよう
 な旅だった」

雪国の新たな試みは始まったばかり

小さな雪玉が転がり出しました

一人が動いたことで色々な人の応援で玉が大きくなり
人や地域を巻き込んで大きくなる。
雪玉転がしのように地域が元気になったり
住む僕たちが誇りに思えることが
この地域が発展する唯一の方法


まとめ

これまで雪国の冬の楽しみと言えば温泉とウィンタースポーツ。
雪国には、雪国ならではの自然や文化がある。
観光に人と違う者を求める時代になっているので
それは貴重な武器になる可能性を秘めている。
今年の冬は雪国に出かけるのも良いかも。と締めくくられ
ていました。

どうなんですかね。別にそこまで良い物でも…

posted by Fuchs at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイアの夜明け 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182221924
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック