2018年03月13日

『追跡!「食品ロス」との闘い』ニッポン転換の時第八弾〜今日の「ガイアの夜明け」感想〜

※この記事はガイアの夜明けを見ながら自分のメモ書き的な感じで書いている記事です。

今日のガイアを3行で

  • 食品ロスをどう解決するかという話について
  • TABETEというロスを無くす仕組みがあります
  • 食べ物を棄てない日本計画がスタートしていました


宴会シーズンの居酒屋

宴会シーズンの居酒屋。
宴の後はテーブルに大量の食べ残し。
火にかけていない鍋すらあります。
全て捨てられます。勿体ない…ホント勿体ない。

その日は厨房で団体客の準備が進められてました。
人数が多いため来てからでは間に合わないので早めに用意

ところが、30名の団体客と連絡取れません。

「予約が来なかったら痛い」

代表者の電話は留守電のまま。
店長は気が気ではありません。

やっと通じましたが…
予約の日程を変えたいと言い出しました。

キャンセルです。
用意した料理は他の注文に回しますが…
全ては売り切れず大半が残ります、。
一度盛り付けた生ものは捨てるしかありません。

美味そうな刺身も全て捨てられます。

無断キャンセルなどによる廃棄は店にとって損失です。

もったいねぇなぁ……

休憩時間削って準備するので極力こういうのはなくしたい

食品のロスは年間621万トン
(平成26年度 環境省調べ)

東京都民1300万人が1年間食べる量になります。

「もったいない」
「どうにかできなかったのかという悔しさがある。心が痛む」

食品ロス大国日本

いつまでこんなことを続けるのか!

売れ残った食べ物を何とかしたい
新たな仕組みを始めた人たち。
そこに立ちはだかる壁

様々な事情で残る料理や食材。捨てられる食材。
これまでに無いサービスで解決に動き出した人々を追う


TABETE(WEBサービス)

1/22 東京六本木。
有機野菜を使った料理を作る店。
イベント用に40人分のケータリングを作ってましたが。
昼過ぎから雪が降りはじめます。

店では発注先に確認に行きますが…

「雪の関係で中止することに…」とキャンセル。

急な天候不良のためやむを得ないです。
そこであまった食材で弁当を作り販売することになりました。
オードブル用の食材が弁当になります。

出来上がった料理を撮影して、アップします。

アップ先は。
TABETE フードシェアサービス

飲食店などで作りすぎた食品をネットで売るサイトです。
悪天候キャンセルなどで料理が余ったらTABETEに載せます。
それを見た利用者がWEB上で買います。
店へ引き取りに行くという条件付き。
店の登録料、利用者の使用料は不要です。


港区にTABETEを運営する会社があります。
コークッキング 社員4人のベンチャー企業。
全員20代で飲食関係の仕事してました。

社長の川越さんは26歳。

バイト時代から疑問に思っていたことがあります。
大学から飲食業界に係わっていたそうですが。

「いくらでも食べ物を捨てていた。もったいないなと
 ずっと思っていたけど捨てる以外の方法がない」

2014年大手外食チェーンに就職しましたがそこでも大量に
捨てられる食品。解決したいと考えるように。
1年ぐらいでやめてコークッキングを創業しました。
それが2015年です。

取材当時TABETE利用者1000人ぐらいで登録店舗20軒でした
試験運用中です。

喫緊の課題は登録店舗を増やす

営業担当が営業をかけます。
まずは「パン屋さん」

パン屋さんは店頭に商品がないと売れません。
その為食品ロスが出ます
その店でも売れ行きが読めず作りすぎがありました。

パンの廃棄を減らせればとシェフが話を聞いてくれます。

「TABETEいうWEBサービスで解決していこうと考えている」

売れたら手数料35%頂く

表情が曇りました

1000円で売るとしたら35%を手数料として取ります。
350円がTABETEの取り分です。

「パン屋はギリギリでやっている。35%はキツイ」

「利益は出ないにしても、どのくらい人件費と釣り合うと
 か考えないと」

登録して貰えませんでした。
東京八王子市でも営業。
9件のカフェ、洋菓子店運営する社長と面談。

ここでも手数料問題が
「マージン35%? まぁないな」
「僕らの経営上の資金もそこ以外取ってないのでギリギリ」
と食い下がりますが。

「直感的に良いところ10%」
「僕らは数パーセント利益が出せるか日々頑張っている
 ロスのために35%の手数料払うのは「なにそれ?」となる」

店舗数が伸びませんでした。
私も最初聞いたとき「え? 高過ぎね?」と思いました

全員でミーティングをします。

「手数料35%のインパクトが強くて上回るメリット出しづらい」
「プラスの数字をだしたい」

社長としては。
「0円の物がいくらになりますという話じゃすまないの?」

そんな意識があるようですが。
店側は商品として捉えているので。
「人件費やオペのコスト考えたら捨てた方がいい」
「この仕組み自体が店だけでも出来るんじゃないか」
「だったら35%払う意味が無い」

そんな感じで店は登録してくれません。

店舗にとっては
「どれくらいのロスが売り上げになるのか」
だけが気になるので、35%はただ高いだけです。

「迷いしかない。何が正しいのか分からない」と社長。

レストラン「LITTLE ROBOT」

山梨県富士吉田市
レストランLITTLEROBOT
川越さんは厨房に立ち腕を振るいます。
会社を起業し最初に手がけた店です。

知り合いの農家がいつも持ってきてくれるのが、規格外野菜
「商品にならないので使って貰おうと持ってきた」

見た目以外は何も問題ありません。

「通常は捨てられる、食べられるので味は良いですよ」
「使って頂ければ野菜もありがたい」

お店の月に一度のイベント
子ども食堂
生産者たちから貰った野菜で格安料理を提供します。
子供100円大人300円で食べ放題です。

「金額手金も4人で外食すると値段がかかるのでありがたい」
「種類が多くて美味しい」

あまった食材を無駄なく使い、美味しく食べる
店の宣伝にもなります。

「誰にも損が無い
 みんな得になるようなことをやらないといけない
 きれい事を並べてと言われるかも知れないけど
 まずはキレイ事ですよ」

こういう理念があるからこそTABETEを軌道に乗せたいと
考えていました。


TABETEを使って貰うには

35%の手数料を巡り話し合いです。

なぜ35%か

これはロスではない商品が大量に出品される可能性がある
からだそうです。

手数料を低くするとあまった食べ物ではなく。
販売用の出品が増えて格安サイトになるのが困ります。

ただそれが伝わらずTABETEが儲けようとしていると
思われているのが欠点です。

「ビジネスと社会貢献の良い狭間を見つけないと行けない」

「店側にもうちにも均等にメリットがある数字が35%」

ただのECサイトにしないが目標です。

35%の理由

食品原価3割
人件費3割
固定費3割
利益1割

大体これくらいの割合と見込み食材原価の所捨てたら0円
なのでその分を貰いましょう。
5%はNPOなど社会貢献しているところに寄付をするため。

捨てていた3割分を手数料に。
5%は寄付です。

そういうストーリーを作りました。
とうか、それすらなく営業かけてたのが驚きです。

理由も告げられず35%なんて言われたら引きますよ…

これを元に営業開始。
川崎市の開店したばかりのカフェ
開店して3ヶ月ですが
「厳しい部分もある。先が見えてない」

色々と難しいようです。

そんな店主にTABETEのサービスを説明するちらしを見せます

0円で利用可能!
35%いただいている理由
食品ロスが出てしまったときの、解決策として考えて頂ければ

「ロスを利益に」

「35%TABETEに払うとしても、宣伝料と考えれば。
 その部分を兼ねれば35%でもよい」

これにより登録店舗が増えました。

TABETEを上手く使うダイニングバーの事例

看板メニューはハンバーガー。
オニオンリングサルサバーガー1500円です。

ハンバーガーの挽肉はあまりがでます。
今までは捨てるしかなかったとのこと。
業者から買ってるオニオンリングも悩みの種。
形の悪い物は店で出せません。

「1回納品すると2割3割割れてる
 1kg納品されてると200〜300gは廃棄」

これらを使ったハンバーガーをTABETEに登録。
700円と半値に。

クレジットカードで決済して店に取りに来て貰います
これがきっかけで店を知ってもらうことにもなります。

「1人で食べるにも良いものを食べたい」
「凄く安くなっていて廃棄されると聞いたのでお買い得」

ようやく軌道に乗り出したタベテのサービス。
川越が作成に追われていたのが契約書作り。
急速に店舗数が伸びていました。
2ヶ月で25軒から60軒に増加。
本格スタートを4月に決定しました。

「新しいことをやっているつもりはない
 日本人が本来持っているマインド
 もったいない
 そこをもう一度呼び起こす
 現代版にどうアレンジできるかが重要」


日本フードエコロジーセンターに集まる食材

相模原市にある日本フードエコロジーセンター

食料廃棄物が運ばれてきます。
食べられそうなおにぎり、袋いっぱいのパン。
これらはスーパーやデパートから回収した食べ物です。
食品廃棄物を豚の飼料として再利用する会社です。

明日が消費期限のパンはまだまだふわふわ。
柔らかくモッチリした感じです。

期限前に捨てられる商品の背景には日本の不可解ルール

賞味期限を巡る日本の慣習がありました。

1/3ルール

賞味期限6ヶ月の場合。

製造日から2ヶ月:納品期限
この間に小売店に納品します。
納品期限が過ぎると返品または廃棄します。

納品期限から2ヶ月:販売期限

売らなければいけない期限。
期限を過ぎると廃棄します。

販売期限から2ヶ月:賞味期限

1/3ルールがあるので1200億円の食品が廃棄。

これが食品流通業界のしきたりです。

これでは食品ロスがなくならないと独自の取り組みを
始めたメーカーがありました。


ブラウンシュガーファーストの挑戦

ビオセボンという食品スーパー
棚の一角にブラウンシュガーファーストの商品があります
中でも売れているのが、ココナツオイル 1780円

お子様がいる母とか家族に人気があります。
天然の植物油で、美容や健康に良いそうです。

これを販売する会社の社長荻野さん。
その品質に惚れ込んでいました。

生産地へ出向き素材を厳選。現地の人と商品化。
「使い勝手が良いし、おいしいし、日本中に届けないと
 いけないと思った」

元々はアパレルで働いていたそうです。
2年前に離婚しシングルマザー。
会社を作ったのは出産後でした。
子供を持ったことと深く関わっていました。

「私が食べた物の影響が母乳を通して子供にいった。
 ケーキを食べると娘に湿疹
 ジャンクなクリームとか甘いジュースを飲むと
 便秘になったり。はっとして大変だと」

そうなのか…知らなかった。

そして2011年ブラウンシュガーファーストを創業。
ココナツオイルブームの火付け役となりました。

ただ賞味期限が残っているのに店頭から撤去されるのに疑問
を感じていました。

「食品メーカーは食べ物を廃棄する選択肢が近くにあるこ
 とに衝撃を受けた」

福岡市の倉庫。

「どこがダメなのか本当に分からない」

自社のココナツオイルでした。
ココナッツオイルなどの食品が山のように置かれてました。
これらは全て1/3ルールで売れなかった物です。

賞味期限12ヶ月で、4ヶ月が納品期限、
小売店から発注を受けたブームが去り買い取って貰え
なかったそうです。

ブームって本当に恐ろしいですね。
ブームにはならない方が良いと思います。

納品期限を突破しても次の4ヶ月で売れなかったら店頭
から外されます。
廃棄されるココナツオイル。

賞味期限4ヶ月残っていても捨てなければいけないのです。

「捨てたくて始めた訳じゃない」
「食卓にいって美味しく食べて貰うためにやってるけど」
涙する社長

1/3ルールによって販売できる機会が少なくなるため
在庫を抱えるリスクが高くなります。

何故こんなルールが作られたか

食品ロス問題専門家の井出さん

「新しい物を提供するために皆で均等にリスクを分け合う
 考え方」
「1990年代に大手小売店がルールとして設定。
 他の小売店も追随した」

東京の商品倉庫には小売店から依頼されて作った商品。
ココナッツオイルを小分けにして売りたいという声を元に
小分けパックを作りました。
そして提案に言ったら注文がつかないという。
作ったのに買って貰えなかったのでした。
出荷止めとなり新商品が水の泡に。

それでも小売店からの要求に応えざるを得ません。
苦労して商品化してもメーカーの負担で捨てられます。

「悔しいし、このままじゃいかんと本当に思う」

こうした実態の裏側に何があるのか

「小売店は色々ななメーカーを選べる立場。
 取捨選択できる。お宅はけっこうでおちる」
「食品業界にある上下関係が食品ロスを生み出す一因」

小売店のご意向に沿わないと選ばれず捨てられる
ご意向に沿ってもやっぱいらないと捨てられる。

恐ろしいですねぇ…

それに抗おうと動き出したブラウンシュガーファースト

「動き始めてみるとこういうのが欲しかった
 誰かが手を上げてくれればよかった。
 それを使って良かった」という声が出たそうです。

食べ物を棄てない日本計画

1/3ルールで流通に乗らなくなった食品を販売します。
活動スタートしました。

大手コンビニにも食品を卸す会社
主に天然素材の化粧品を作ってますが、フルーツシロップ
や甘酒など食品も販売。
無添加のため賞味期限が短いのです。

その企業の引き下げられた食品を買い取ります

「他に食べられる場所があれば開拓していく」
「ぎりぎりまで食べて頂ける仕組みが出来たらありがたい」

捨てられる食材を引き取りどんな作戦に?

「1ヶ月賞味期限があるなら、商売をするべきだとう
 葛藤がうまれた
 1ヶ月切った者を会社の社食とか、買ってくれる場所を
 探して売っていく」

賛否両論は想定内。
真っ先に向かったのは、シェアオフィスを運営する会社

リアルゲイト
31棟の物件に1050社の企業が入居しています。

社長にどんな計画を持ち込むのか?

「利用者が働く中でおやつの提案を出来ないかと思いました」

賞味期限が近いヘルシーな菓子をオフィスで買って貰おう
という物でした。

「忙しいときの間食が健康的だったらいいのかな」
「食品ロスに貢献できれば一石二鳥」

いい話だなとすぐに導入してくれることに

1セット17000円。定価24000円相当です。

オフィススナッキング

価格は利用会社が自由に設定します。
捨てられる食品が人々の元へ届きました

「賞味期限近いって言っても来週とかじゃないですよね
 ありですね」

何より消費者にも喜ばれます。
ルールをくぐり抜けて廃棄を減らすプロジェクトです。

更なる一手は野菜カップケーキ。
スーパーで売り込みます。

自社のカフェは手作りカップケーキが人気です。

ここで作る菓子の材料に
賞味期限が近いココナツオイルや売れ残り有機野菜を
使います

これを表参道にあるオーガニックスーパーへ。
大量に売れる可能性があります。

カップケーキを勧めて説明もします。

「生産から時間が経っている物を廃棄する物を
 美味しく生き返らせる」

「捨てる食材は勿体ないのでお菓子になって食べてくれる
 ならよい」と消費者も肯定してました。

不可解なルールに声を上げた荻野さん。
食品ロスを無くす取り組みはどんな広がりを見せるのか。

「皆が黙っているというかアンタッチャブルに触れない
 場所になっている。成功事例を重ねながら、同業他社
 のみんなにも売れるよと情報集めながら声を上げやすい
 ように状況を皆さんに知って貰えるように先陣を切って
 いきたい」と語っていました。


まとめ

勿体ないという日本語が知られる中で
日本は食品ロス大国の不名誉事態。
大きな影響力を持つ食品流通業界。
消費者が買い物の現場でも意識を変えることが必要
もったいないという言葉の意味を見つめ直したい
と締めくくられていました。



posted by Fuchs at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイアの夜明け 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182672660
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック