2018年06月05日

『発掘!【新たな資源】』〜今日の「ガイアの夜明け」感想〜

※この記事はガイアの夜明けを見ながら自分のメモ書き的な感じで書いている記事です。

今日のガイアを3行で

  • 身近にある新たな資源のお話
  • キャベツウニが爆誕!
  • 石灰石を紙に加工する技術が爆誕!


磯焼け被害

神奈川県三浦半島。
海で厄介な問題が起きていました。
潜ってみると海藻が見当たりません。
磯焼けが起きてました。

原因のひとつがムラサキウニ。
海藻を食い尽くしていた。

「焼け野原というか本当に砂漠みたいな感じ。
 海の中の砂漠」とダイバー。

海藻がなくて魚が住めません。
漁獲量も落ちます。

磯焼け対策

神奈川県は年間480万円書けて6万個のウニを回収。

しかし温暖化の影響で大量発生。
駆除が追いつきません。

1時間で800個が取れましたが。
取り切れないムラサキウニ。

そしてこれらは処分されます。

食べる事なく処分される理由

ムラサキウニは食用にしてない
更に、海の中が枯れてウニが食べる物が無いから栄養不足。
身の入りが悪くて商品価値が無いのです。

漁師も取らないからいっそう増える悪循環となってます。

ウニによる磯焼けは全国的な問題

次なる一手として神奈川県の水産技術センターの研究員
主任研究員 臼井さんに白羽の矢を立てました。

「身は入っていないが大きくするのに数年かかる
 身さえ入れば売り物になると思った」

ウニの身を増やすためにある実験を繰り返してました。
養殖場に浮いていたのはキャベツです。

このウニの名前はキャベツウニ


厄介者も生かせば生きる

海の生き物の中には大量発生すると厄介な存在も
生かし方によっては貴重な資源になる可能性が。

オニヒトデ

沖縄、九州四国紀伊半島で大量発生
珊瑚を食べる為、珊瑚礁が食べ尽くされてしまう

駆除したオニヒトデの有効活用は出来ないかと
名古屋大学でアルツハイマーの特効薬が出来るかもと
調査しています。

エチゼンクラゲ

日本海沿岸に大量発生したのが話題に。
定置網に入ると漁業者に大きな被害が。

駆除したエチゼンクラゲを畑の肥料にしてみたり。
食品に活用する研究も。

そして三浦半島ではウニでした。


神奈川県の水産技術センターでの開発

軽トラックが向かう先は、神奈川県の水産技術センター。

研究員が待ち構えていた。
駆除されたムラサキウニを待ってました。

リーダーの臼井氏を中心に養殖実験をしていました。

臼井氏とは

食品加工の専門家。
世界中から水産品の加工品を集めて研究してます。
ツナ缶ばかり集めたり。
鰯のドリンクと。

小田原PAでは、臼井さんが開発した商品が人気になっていた

小田原の新名物かます棒

かますの骨を抜いてまるごと揚げた食べ物。

流通に乗らなかった小ぶりの物を有効活用
まぐろコンフィも水産会社と共同開発
地元の人気商品に。

そんな感じで加工品を2000近く世に送り出してきました。

水産大学出てから水産物加工一筋25年。

利用価値が無い水産品を売り物にするのが得意。

「魚が好きだった取りに行くとか。飼うとか。
 それ以上に好きだったのが食べる事」

と天職でした。

さて養殖場でウニに与えていたのはキャベツ。

今回は加工品ではなくウニの身を増やす実験。
体重の10%身があれば売り物になります。

キャベツウニは身の入りが悪いウニも2ヶ月半で6倍に。
実証実験でも、容量2%から養殖77日で12%なりました。

「どーんと出た物甘み成分。
 そして苦みは1/4。
 後味でエグさなくサッパリする果物みたいといわれた」

キャベツに目をつけた訳

三浦半島のキャベツ生産量年間5万5000トン。
地元で有名な野菜でした。

春キャベツの収穫期。
三浦の柔らかい春キャベツはブランド品に。
その分出荷基準も厳しいのです。
規格外品が約1割

出荷しても箱代などえ赤字になるので畑で潰します。
それを活用出来るのでした。

畑の勿体ないをウニにやります。

ウニの身

卵巣や精巣の部分で生殖器官です。
夏の産卵期に向けて一気に大きくなります。
その時期が春キャベツの最盛期と一致していたのです。

横須賀市

温暖化の影響で生態系が変わり魚種が減り漁獲量が落ちて
いました。農家と同じ悩みです。
漁獲が減っているから苦戦してます。

そこで新たな事業に取り組んでいた

キャベツウニの養殖

商品化に向けて実験中でした。
獲るのは出来ても育てるのは慣れていません。
そこで強い味方は地元の水産高校の生徒たち。

週に一度やってきて水槽のチェック掃除、
餌やりまでやってくれます。

高校生
「身近で磯焼けが起きていることを知らなかった」
「聴いて見て、思っている以上にとんでもないことだなと」

結構真剣に考えてる風でした。

「いらないものの組み合わせで、それが商品になり地域に
 貢献できれば」
「若い子たちが将来漁業に関心を持ってくれれば」

と、漁協の人も期待してました。

キャベツウニの養殖事業は希望の星に

しかし現実は甘くありません。
水産技術センターでは慌ただしい動き
ウニの水槽をシートで覆ってました。

低気圧が近づいていたのです。

ウニは雨水に触れると死んじゃうそうです
真水に触れると細胞が死んでしまい2,3日で死ぬそうです。

天候や水温の変化に弱くデリケートなウニ。
手間暇がかかります。

5月中旬 漁協の養殖小屋へ
夏のような気温で心配だったのです。

「実入りだけ魅せて下さい」

生育が気になります明けてみますが入ってませんでした。
とげとげしててもデリケートなのです。

どうやら水槽の大きさに対して、ウニが多くてキャベツがくっついてないウニは食べれてない

水槽の大きさに対してウニが多くてキャベツにありつけないのが多い

商売にするには大量に育てるのが必要
研究所とは違い一筋縄には行きません。

キャベツウニの評判は

「キャベツにウニを合わせようとしてる?
 青臭そう!」

「ウニ養殖の話は若い人だろう言うのは。
 年寄りは何年も働けないから」

夜明け前の事業は反応も冷ややか
しかし大きな動きも

漁協にやってきたのは、大手百貨店「高島屋」バイヤー

横浜の店舗で売れる地元の食材を探していたら
キャベツウニを聞きつけたそうです。

「三浦の柔らかい生食用のキャベツで育てるのが面白い
 駆除している物とマイナスの端材がプラスになる」

バイヤーの評価は上々です。

しかし生産者側は浮かない顔

「ゼロからのチャレンジなので自分たちも正直不安
 割らないと実入りの状況が分からない」

固体でばらつきがあるから自信が持ていないのでした。

ちょうど最盛期前なので見入り微妙でしたが。
最盛期は7月身が入ってないとのこと。

小さくても
・味は味はしっかりしてる
・えぐみがない
・甘みが優先される

などの意見が。

去年の実験結果
14−15%の実入り

期待が膨らんでました。

規格外品のキャベツ将来的に買い取る事にも繋がります。

厄介者の組み合わせが資源に!

京急湯壺マリンパークでもキャベツでウニを養殖。
そのうち回転寿司屋スーパーにお目見えするかも。

更にその先も考えてました。

・湘南ゴールドを与えてみた
 柑橘系の素材で勝負します。

みかんウニが出来るかも?

「レモン・ライムとか爽やかなウニが出来たら面白い」

キャベツウニの研究
アメリカ、カナダ、チリから引き合いが来てるそうな。

「突拍子もないアイデアから始まったが
 やる人はいなかった。やってみたら面白い良い結果が出た
 ウニも僕らにマッチしないから利用されてない
 マッチする方法さえ見つければ利用出来る」

と締めくくられていました


紙の代替:ライメックス

今年の東京マラソン。
3万6000人が参加し。
男子は日本記録も生み出した

その沿道では大きなビジネスが動いていた

東京マラソン応援マップ

ただの紙ではないマップを配る男性。
「普通の紙と違い、分厚さもあるし、しっとりしてる」
と受け取った人。

破れない紙

石灰石から作られた新素材でした。

LIMEX(ライメックス)

販売元は株式会社TBM

執行役員の方が配ってました。

「2020では日本人だけでなく海外からも客が来る。
 大きな普及の起爆剤にしたい」

スポーツ大会の横断幕や東京五輪での採用も目指してます。

90%以上がリサイクル可能な素材。
プラスチックの代替品となります。
環境へ優しい新素材として注目を集めてるそうです。

LIMEXは知ってました。
前に見たなと思ったら、がっちりマンデー!!でした。

「せまい業界のトップニュース2017」【がっちりマンデー感想】(2017/11/26):http://r-ryuga.sblo.jp/article/181680702.html


「月刊総務」で紹介されていた紙を超えるすごい紙…か。
ありました。ついにガイアにでましたか。


LIMEXとは。

東京銀座にある株式会社TBMの本社

社長 山崎氏がお出迎え。
名刺もLIMEXでつくられてます。

破ってみて下さい
⇒敗れない

通常の紙、ライメックスを水につけている状態。
水を弾くライメックス。
水の中で文字を書くこともできます。

通常の紙のように使えて耐久性と耐水性がある。
紙ではない素材。石灰石が原料です。

石灰石は安価で無尽蔵にある
日本ですら100%自給できる鉱物資源です。
通常の紙だと1トン作るに木材20本ぐらいと大量の水を
使います。
世界中で水資源の枯渇も叫ばれてます。
水を使わず製造出来るLIMEXは大きい。

石灰石6〜8割
樹脂4割〜2割という感じで混ぜるそうです。

原料に木や水を一切使用しません。

ポスターとか、衣料品のタグ。
商品のポップにもLIMEXを使ってます。

力を入れているのが外食のメニュー表。
スシローでは493店舗で採用。

耐水性があるので水に濡れても問題ありません。

しかしあるクライアントからクレームが入ります。

「メニューがよれよれ」


ヨレヨレメニューを改善せよ

2018/3/19 クレームが入ります。

フライングガーデン

ハンバーグメインの飲食チェーン。
北関東中心に60店舗展開してます。

クレームの対応に当たったのは、応援マップを配布して
いた執行役員。

去年12月に納品したメニュー表がヨレヨレに。


メニューホルダーに入れると、へにゃっとなります。
先に入れるとその上からのし掛かるメニューでヨレヨレに

「強度が必要!」となってました。

ライメックスは堅さがないからメニューホルダー内でずれ
落ちて圧迫されてました。
2ヶ月以上繰り返されて紙に痛みが…。

フライングガーデンは、LIMEXは環境に優しいから採用した
経緯がありました。

フライングガーデンの社長は。
「当社の商品の顔になるカタログだから客に失礼」

LIMEXの執行役員は。
「寄りよ多くの客に満足頂けるように頑張りたい」

フライングガーデンからの訪問からまもなく
開発担当責任者と緊急ミーティング。
想定外の事態でした。

「期待を込めてやって貰ったのに応えられないと言うこと
 も良くない。メーカーなので品質を上げていくことは
 絶対やる必要がある」

新素材のため課題が多いのも事実でした。

「クレーム解決すれば品質を上げることに繋がる。
 しっかり対応しなければならない」

東京都立産業技術研究センター

研究室を建設中なので公的機関の一角を借りて対策。
既に開発されているもう一つのライメックスがありました

クリアファイルなどに使う半透明タイプ

強度が強いのでした。
半透明なので印刷に向いてませんが…

新たに添加剤を加えて半透明のシートを白色にする作業開始
新しいライメックスのラインアップを作るためです。

分量などを確かます
最初は「難しい課題ではない」といってました。

1回目の実験終了
透けて文字が見えてしまう

細かい調整をしながら実験を繰り返します。
予定より手こずっている様子でした。

課題がびっしりです。

開発現場責任者の松田さんに全てがのし掛かります。
添加剤の選定から始まり2週間。

「透けてない!十分」

半透明だったシートを印刷に適した白色に変えました。
次は工場へ持って行きます。

白石蔵王にある生産工場。
しかし工場から電話が入り東京から駆けつけました。

「致命的完全に…」

不適合品の山でした。


LIMEXを作る

白石市。

TBM白石工場があります

2011年設立従業医95名
ライメックスを生産してます。

不良品の原因

シートにソリが出ていました。
ソリの許容範囲は2mm以内だが…

「これだとちょっと波が酷くて不良品と言うしかない」

一度は印刷所に持って行ったが、ソリが原因で印刷機に
送り込まれず使い物にならなかったのでした。

「紙は印刷することを前提とした製品。かなり致命的」

開発責任者は東京の本社と白石を往復する日々に…

夕飯はコンビニ弁当。
子供の笑顔だけが一息の時間となりました。

思うように開発が進まない日々。
ある焦りを抱えていました。

2017年3月中東のサウジアラビアのサルマン国王が来た
サウジアラビアでは原油価格下落と資源枯渇に危機を
抱いていて産業多角化を考えていました。

そして日本企業と経済協力の覚え書きを交わしてまして。
その中の1社がTBMでした。

サウジアラビアは木や水は乏しいですが石灰石は豊富。
ライメックスに期待が寄せられていたのでした。

40ヶ国以上で特許登録申請中で。
世界進出を目指しています。

「日本の印刷基準とか品質に対して挑戦するのは
 世界で通用するライメックスを作るには絶対達成しないと」

世界進出の戦略でも重要でした。
海外事業の早期実現には品質の確立が大事。
TBMの将来は開発責任者に託されていました。

外部の知識を

都内の喫茶店で待ち合わせていた男性
大手化学メーカーの技術者100以上の特許を取得したプロ

シートのソリの状態を見て貰った

「どうしたらいいか」

「結局温度だよ!」
「口で言うのは優しいけどそうはいかない難しい
 無理だけどやる無理を承知でやるのが松田君の仕事
 健闘をお祈りします」

温度がキーポイント教えて貰えました。
そこに着目してテストします。

白石工場へ

機械の操作のタッチパネル前で異変に気づきます。

「両脇の温度を上げて」

シートの両脇の温度を上げるように指示します。

「シートのソリの原因はおそらく押し出し時の温度ムラ」

夏と冬の温度差も関係ありそう。
雪の降る東北。
東北の厳しい寒さはソリの原因ではとなりました。

両端部は外気に触れやすく温度が下がります。
それが原因だと考えました。

その部分の温度を上げておくことで温度差を無くそうと。
材料配合は変えないでやりましたがそり1mmになりました。
課題クリアです。

そしてそれでメニューが作られました。

フライングガーデン
店ではLIMEXの新しいメニュー表が。
強度は十分メニューホルダーの中でずり落ちない。
綺麗に印刷強度も上がったLIMEX。
可能性が更に広がりました。

「将来的には世界中の人に当たり前の素材として使って
 貰いたい。まだまだ出来たばかりの素材
 新しいことにチャレンジしていきたい」
開発責任者が語っていました。


まとめ

目の前に大量にある物。
大量にあり邪魔になっている物。
一見使い道のないそれらも考え方を変えれば価値ある資源に
私たちの周りにある新しい資源を生み出す力…
それは発想力
貴方の周りにも資源が眠っているかも知れないと
締めくくられてました。




人気ブログランキングへ
posted by Fuchs at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイアの夜明け 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183436108
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ