2018年07月12日

2002年 各国GI制覇! - ウイニングポスト8 2018 プレイ記(20)

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト8 2018をプレイ

この記事はウイポ8 2018 のプレイ記録です。

2002年。テイエムオペラオーが引退。
二枚看板の一角が崩れ活躍する馬も出ず。
ちょっと落ち込む1年となります。


一人頑張るフクスキャスト

この状況下でも一人頑張ってるのはフクスキャスト。
海外GIをしっかり勝ってくれまして。

ついにフクスキャストの勝利により各国GI制覇の偉業達成。

WP8プレイ記-0100

日本、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス
アイルランド、ドイツ、オーストラリア、ドバイ、香港…

随分と勝ちましたねぇ。
一応自家生産馬で達成したという所でも良かったなぁと。

他の最強馬たちの力も借りましたけど…。
自家生産馬でも出来ました。

WP8プレイ記-0100

この頃のフクスキャストは、全てが育ちきりました。
大部隊、海外遠征、連勝街道、高速逃げ…

いいですね。サイレンススズカ的で大好きです。
牝馬じゃなければ…。

しかしフクスキャストもここが限界でした。


期待の馬は…

2002年はなかなかこれと言った馬が出ません。

京王杯2歳Sとか重賞を勝つ馬は出るんですけど。
GIとなると勝ちきれない状態が続いていました。

WP8プレイ記-0102

看板馬に頼りすぎると良くないという見本というか…。
後は性別が偏ってしまったり特性が偏ったり。
これだから難しいです。

活躍するかも知れないと思った馬が。
マイナス特性を持っていたり。
治療できるタイプなら良いんですけどねぇ

WP8プレイ記-0103

治療したところで勝てるという保証はありません。
フクスホウトクもそこまで活躍できませんでした。


フクスキャストの引退

その後もGIを勝ってくれたフクスキャスト。
流石に衰えが見えてきたので引退することとなりました。

WP8プレイ記-0104

牝馬は繁殖入りが重要ですし。
これだけ勝ってくれた名牝ですのできっと良い馬を産みだし
てくれるはずです。

お疲れ様でした…。

二つ名は、ワールドホース。
日米欧で勝ったという考えて見るとすごい逃げ馬でした。

こうして2002年は何も得られる物が無いまま…。
ディープインパクトに夢を託して。
地味に終了しました。





人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183841803
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ