2019年03月28日

二泊三日の関西弾丸旅行記【大阪・京都・姫路・神戸】(3)

※このページでは、私が撮影した画像を使用してます。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

二泊三日で関西を旅してきました

3/21-3/23という日程で、大阪、京都、姫路、神戸を旅しました。
その為艦これやってなかったのでお休みという事で。
弾丸ツアーという感じの一人旅旅行記となります。

3日間の総歩行距離、7万歩近く。
52kmオーバー

去年より歩く歩数が減ってますね。
ちょっと楽したようです。

※ここからは写真が多いので注意して下さい。(13枚)

前回は、清水寺まで行きました。

Fuchs旅行記-070

ピンク色がちらほらとあちこちに。


2日目:京都の旅(2)

今回の旅のメインは…
去年買ったお守りを返す+御朱印

ルートは去年と同じで回ります。
今回はお守りは買いません。

清水寺⇒八坂神社

ここは徒歩で行きます。
徒歩で行く方が面白いですから!

途中しだれ桜が綺麗で。
女性陣が「映えるー」なんてやってました。
こういう景色が多いので清水からは歩くことをおすすめします

Fuchs旅行記-071

八坂の塔(法観寺)

これまたランドマークとして有名な場所。
人の多いこと多い事。寒さにも負けず和服の人も多いです。

Fuchs旅行記-072

八坂神社

Fuchs旅行記-073

こちらも桜が綺麗でした。
良い風景を拝むことが出来ましたねぇ。
季節がまずまず良かったという事でしょう。

Fuchs旅行記-074

しっかりと参拝をしてから御朱印を貰いに行きます。

御朱印コレクション:八坂神社

Fuchs旅行記-074

祇園社…へぇ。ちょっとシンプルな感じです。

平安神宮

八坂神社から更に歩いて平安神宮へ。
こちらはバスで行く方が良いのかもですが。
途中のコンビニで飯を食べるので歩きます。

通りすがらにあるローソンで昼飯。
パンを2個食べてました。鳩がよってきました(あげません)
京都に来ても京都らしい物を何一つ食べないのが私です。
ローソンのパンです。あんパンとカレーパン。

Fuchs旅行記-075

さて、平安神宮は相変わらず広かったです。
この広さは圧倒されますよねぇ…。
とてもスケール感が気持ちいい
しっかり参拝をして。
今回は庭園は見ないで御朱印をもらいに行きます。

Fuchs旅行記-075

平安神宮もとてもシンプルな御朱印。
可愛らしい巫女さんが書いてくれました。
風強い中ありがとうございます。

平安神宮から銀閣寺へはバスに乗ります。
結構遠いところにあります。


銀閣寺から金閣寺

さて、銀閣寺。
あのお庭が好きです枯山水。

Fuchs旅行記-076

この渋さはいつ見ても神々しいなぁと。
建物を見るのではなくて庭全体を見る者なんですけどね。
苔綺麗ですし。

高台から眺めると銀色っぽくなります。

Fuchs旅行記-077

御朱印コレクション:銀閣寺

まずは拝観する前に御朱印帳を預けておきます。
30分くらいかかりますと言われるのでその間ぶらっと拝観。

Fuchs旅行記-076

すると貰えます。25分くらいでしたが大丈夫でした。
力強さが溢れてます。お寺は力強さがありますね。

銀閣寺から金閣寺へ行きますが、バスが大幅に遅れて大変。
すごく寒い中待ち続けました。急行に乗って出発。

金閣寺

みんな大好き金閣寺です。
行った日も見事に金色でした。

Fuchs旅行記-078

水面に映る姿も美しいのです。
もう少し天気が良ければ良かったのですが。

というか、海外の人しかいない勢いの境内。
中国人の目一杯なボリュームの喋りや。
どこの国の言葉か分からない言葉とか…色々飛び交い。
カオス状態です。

御朱印は出口を出てからの場所でした。
途中で古いお守りなどを返す場所はありました。

御朱印コレクション:金閣寺

Fuchs旅行記-079

こちらも力強い字でかなりの達筆。
格好いいなぁと思いながらいただいて参りました。

ということで、写真が多いので分けていきます。
次回は2日目後半戦です。


タグ:京都 旅行記
posted by Fuchs at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185775757
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック