2019年06月18日

Cities: Skylines プレイ記[248] CAMPUSを攻略 / アセット紹介:建物・乗物【CAMPUS】

※画像はクリックでオリジナルサイズ
※このページでは、Paradox,Colossal Orderが権利を所有する画像を利用(引用)しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

Cities Skylines プレイ記 (CAMPUS) プレイ画像

やっと大学のレベルが最高になりました。

さっぽろっぽい大学の状況

こんな感じでしょっぱい大学が出来上がってました。

Cities_Skylines-1390

あまり大規模になるとは考えていなかったのです。
狭い土地に押し込む感じになっていました。

それでもジリジリとレベルはアップします。

Cities_Skylines-1390

Lv3⇒Lv4…このときが一番学生がいました。
人気大学になってきましたねぇ。

大学の講堂や書店、研究棟などが作れるように。
学生数も増えたので黒字になっていました。

大学…儲かるんだ。
どうやら評判が上がれば上がるほど高い学費を取れる模様
大学リビルド

流石に見た目がしょっぱい感じだったので作り直します

Cities_Skylines-1390

駅の位置を変えたり。
大学の入口から放射上に伸ばしてみたり。
デッドスペースは多くなるのですがそれなりに見た目は

難点は火災が多いことです。
消防署は作っても道路に接してないので…

そしてついにLv5へ

Cities_Skylines-1390

やっとLvが最高になり、一流大学となりました。
結構時間かかりました…。

学生数は大幅ダウン。
学費が高くなったからかもしれません。

これで全ての建物のロックが外れました。
総合大学の攻略完了です。

Cities_Skylines-1390

利益もかなり大きくなりました。
学生数は減っていますが儲けは確保です。

最終的な大学の全貌

このような大学となりました。
左側の下から、法学部、医学部、理工学部。
右側は大学の付随する建物群です。

Cities_Skylines-1390

結構良い雰囲気で作れていると思います!
こんな感じで1つめの大学はクリアしました。


アセット紹介:乗物

今回は2種類紹介いたします

JR E501系 水戸線_JR Series E501 Mito-Line

E501系のアセットです。
サブアイテムは2つ必要です。

Cities_Skylines-1391

流石のクオリティの一品です。
音がとても良い感じです!
聞いてて飽きないですからねぇ。


JR 901系 京浜東北線_JR Series 901 Keihin Tohoku-Line

901系のアセットです。
こちらもハイクオリティな一日です。
サブアイテム2つ必要です。

Cities_Skylines-1392

こちらも音まで作りこまれてますので。
とても楽しめるアセットとなっています!


アセット紹介:建物

今回は2種類紹介いたします

JP Old house 12〜16 pack

日本の古めの住宅群のアセットとなります。

4種類のセットとなります。
あぁ…ありますねぇ。
シャッター街とかにこんな感じ。

Cities_Skylines-1393

若干逆光になりましたが。
古めの日本住宅とかですね。

Cities_Skylines-1393

とても完成度が高い住宅でした


University Pavilion/Sports Arena (DLC)

CAMPUS専用のアセットです。


Cities_Skylines-1394

…何故スポーツに配置されてるか分かりませんが。
なんだかのパビリオンとなっています。
ただスポーツに配置されてるのでチームが…?



と、いうことで。
素晴らしいアセットありがとうございました。

ちょっとアセットの勢いも落ちてきたのもありまして
紹介は少なくなったり古い物も紹介させて頂きます

その辺ご了承の程よろしくお願いします。


そして閲覧ありがとうございました。


posted by Fuchs at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Cities: Skylines
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186153767
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック