2019年08月27日

『行くぞ!アウトドア大作戦[新名所ウォーズ4]』〜今日の「ガイアの夜明け」感想〜

※この記事はガイアの夜明けを見ながら自分のメモ書き的な感じで書いている記事です。

今日のガイアを3行で

  • 第二次キャンプブームについて
  • デジサーフがBBQで新たな価値を生み出してました
  • アルペンがアウトドアブームに乗ろうとしてました


第二次キャンプブーム

90年代にあったアウトドアブーム
そのブームがまた来ているようです。

バーベキューをする家族連れ

「最初に一緒に行ってから年に2,3回は一緒に行ってる」

20年以上前の第一次アウトドアブーム。
1990年代でした

オフロード車やキャンプ用品が売れました。
週末は若者達こぞってキャンプ場へ。

当時のブームを支えた中高年がキャンプ場に戻ってきました
それが現在の第二次キャンプブーム

「子供もいたが大きくなってこなくなった」
なんて夫婦も。
2人の作業は息もぴったり

キャンプ歴は?

「10何年。学生の頃からだともっと」

父は腕の見せ所です。

今熱く盛り上がる日本のアウトドア。


スポル品川大井町

品川の大井町の施設。

スポル品川大井町

プールがあります。サーフィンとかやれるようです。

都会の真ん中にある施設です。
オリンピックをテーマにしたスポーツを集めた複合施設

サーフィンやらボルダリングやら色々体験出来ます。

バーベキュー場も併設してました。

ラグジュアリーゾーン

何も用意しなくてもバーベキューが楽しめます。

デイキャンプゾーン

テントの中でバーベキューします。
泊らないキャンプなのでデイキャンプ。
駅が目の前にありました。

ビーチゾーン

ビーチのような雰囲気でBBQできます。

運営会社の社長
「都会のアウトドアが出来る雰囲気を持ってきた
 食材は持ち込みを出来る」
「近くにあるイトーヨーカドーでタイアップしてて
 手ぶらで来ても買いに行ったりして楽しめる」
「ラグジュアリーゾーンだけは食材の用意をしている」

これを運営しているのがデジサーフ

本社は神奈川県藤沢市

バーベキューの予約はここで受け付けます。

ユニークな社名の由来

全国の海岸にカメラを設置しているリアルタイムで波が見れます
波の情報なので社名にサーフ

海の情報を扱うデジサーフです。システム会社です。

ただ社長の高橋さん。
サーフィンはプロ級です。

静岡の工業を卒業後上京してSEとして独立。
サーフィンやスノボの選手として活躍したり。
異色の経歴を持ちます。

そしてアウトドアの魅力を知り尽くしてます。

スポーツとバーベキューを結びつけた施設には狙いが

都心でやる理由

「(マンションには)庭がない」
「皆が集まりやすい駅前で車がなくても集まってワイワイ
 騒げる」
「ここから地方にある景色を楽しめるバーベキュー場を
 紹介する事で地方へ行かせる送客力を持ちたい」


佐久パラダでの挑戦

6月中旬 長野県佐久市
佐久パラダ

夏のゲレンデを開放しているスキー場です。
しかし閑古鳥に悩まされていました。

そこにデジサーフ高橋さんがやってきます。
起死回生のアイデアが欲しいと相談を持ちかけられていました

こういう施設は日帰りで来るが客単価は上がりません。
滞在時間が短くお金が落ちないのです。

集客力がないのが悩みの種でした。

「(キャンプ用品は)旦那さんが欲しがる
 買うと十何万する物を借りれるなら数千円払っても安い
 客単価上げられる」

ゲレンデにテントを張ることにしました。

「ここで家族でご飯を食べて子供が遊ぶ場所もある
 凄くニーズがある」

ゲレンデにテントを並べてその中でバーベキューを楽しんで
貰うアイデアです。

スキー場なので普通のキャンプ場とも違い施設が整ってます
温泉も遊びもありますし、リフトで星空見たりも可能。

高橋さん
「スキー場は潜在力を持ってたが活用する接着剤がなかった」
テントバーベキューはデジサーフが提供。
スキー場は場所を提供し売上折半することに。

夏のスキー場を以下にアピールするか

高橋さんにある秘策が

スキー場を後にして長野市へ
待っていたのは、トレーラーハウス。

高橋さんトレーラーハウスを使い何を?

キッチンやシャワー付きの風呂も完備したトレーラーハウス

台車に車輪をつけて動かせます。
設置撤去も自由自在。夏のスキー場に打って付けでした。

タイプの違うトレーラーハウスをチェックして行きます。

屋上にデッキがあるタイプのトレーラーハウスに目が行きます
バーベキューすれば大満足!
このトレーラーハウスをスキー場で使うことに。

8月14日佐久パラダ

一般の参加者を募り反応を見るBBQ体験会

その会場にやってきたのがトレーラーハウス。
設置場所へ誘導されました。

リフト前の一等地

屋上デッキにはBBQ用の椅子とテーブル。
眺めも絶景でした。

ここでBBQを体験するのは神奈川県から来た3人家族。

骨付き肉…トマホークとかも用意されてました。
ゲレンデ脇のテントにはデイキャンプゾーン
日帰りキャプの需要を探ります。

「皆暑さから逃げて山に来ている」

早速客がやってきました。

お盆で帰省した子供と孫を連れた3世代家族。
手軽にBBQ出来ると聞いてやってきた

「子供たちが帰省して自分たちでBBQ道具揃えるの大変
 施設探してたらここがあった」

テントとバーベキュー機材3時間1万584円

「子供たちの遊ぶ場所があると良い。
 ずっとここにはいられないので」
「外に出て腹減った頃に帰ってくる」とパパ達。

テントを拠点にすることでアトラクションもゆっくり

滞在時間3倍客単価2倍になりました

高橋さんは秋の行楽シーズンに向けて更なる攻勢を仕掛けます

「都心にない自然を肌で感じたい人たちがたくさん増えてる
 その人たち向けの手ぶらキャンプを作る
 今までのキャンプ業界が塗り替えられる
 手ぶらのキャンプが出来る!



大阪府泉南市マーブルビーチ

スキー場に続いて高橋さんが目をつけたのは…

淡路島が見える海マーブルビーチ

人工のビーチです。

目の前は関空で絶好のロケーションですが。
ビーチの隣は草ボーボー

財政難で20年以上放置されてる場所でした

この荒れ地に人を呼び込もうとしていました。

どんなアイデアなのか?

白い砂を敷いて白いトレーラーハウスを並べてデッキには
BBQのセットが。

特注の白いトレーラーハウスを20台並べて海を眺めながらBBQ

地中海リゾート風の施設を作る予定です。
宿泊も出来るようになてます。

市長への説明も行ってました。

「多くの人が都心から行くように考えている」

市長
「賑わいを作り人が集える場所にして貰えたら十分
 法に触れなければ何をしても良い」

オープンは来春

何も無い場所がBBQで生まれ変わろうとしていました。

「ホテル作っても観光地がないと行かない
 海岸を見ながらのBBQ体験なら来る
 地方を活性化する潜在力を持っている」


アウトドアブームに賭けるアルペン

アウトドアブームに乗るのはアルペン。

今年4月世界最大級のアウトドア専門店をオープン。

1Fはキャンプ用品がずらり
2Fは有名ブランドのスポーツウェアが勢揃い
3Fは登山用品

合計10万点のアウトドア用品を取りそろえてます。

1番人気がテントを組み立てられる体験コーナー。
組み立て方を教えて貰えます
完成したテントの使い心地も試せます。

「テントを衝動買いした。
 組み立てたことがないので実演して貰う」という客も。

実演する店員さん
「多いときで20回朝から晩まで張りっぱなし
 客が多いときはテント張るのに4時間待ち」

孫を連れた55歳も

「テントは買ってあるが
 このメーカーのテントは立てたことがないので教えて貰う」

行楽の秋を前に盛り上がるアウトドア前線。・
キャンプグッズが驚きの進化をしてました。

アルペンアウトドアーズ柏店

店長が案内してくれます。

とにかく広いです。

人気のあるチェアコーナーは200種類並んでます。
実際に座れます。

スターゲイズリクライナーとかゆらゆらイスが良い雰囲気。

ソロキャンプも流行っているそうです。

小さいキャンプセット…
小型ガスコンロが大人気商品

スマートグリルB6型なんてのも。


「90年代にキャンプが流行った
 そのときの若い人たちに子供が出来て第2の波が来てる」
「家族は家族。一人の人は一人で」

アルペンはスキーのイメージが?

「キャンプの店は、去年春日井店できて。
 この春に4店舗オープン。
 アウトドアブームが来てるのを実感」

アルペンと言えば:広瀬香美!


スキー全盛期90年代
スキーのアルペンとして一世風靡

スキーブーム終焉で業績悪化しました。

店舗の閉鎖が相次ぎ…大リストラが行われました。

7月3日アルペン本社(名古屋)

社員を集めた緊急集会
狭い会議室に500名が床座り。

壇上に現れた男性が語ります。

「赤字になるということで非常に厳しい1年になった
 非常に厳しい1年だったが決して希望が無いわけではない」

社員に語りかけるのは常務の二十軒さん(35)

若きリーダーです。
東大の法学部卒。外資系コンサルタントでした。
店舗改革などで実績を残したそうです。

そしてアルペンへ。
脱スキーでアウトドアを主軸にを提案。

2018年4月アルペンアウトドアーズの展開を開始。
世界最大級のアウトドアショップを作った立役者です。

練馬区にあるアルペンの店舗

二十軒さんがやってきます

都内初のアウトドア専門店をオープンするのです。

以前からある店を山の専門店にリニューアル。
登山用品中心に5万点

オープン前の最終チェックでした。

拘ったのは店に入った第一印象

しかし何か気に入らない様子でした。

「階段を下りて入ってきた瞬間に何か凄いという感じが大事」
「ここから見える景色に物凄く拘りたい」

売り場に入ってすぐの場所。
テントを張りキャンプのワクワク感を演出することに。

「売れ筋のバックパック売り場が見えない
 商品が出てないとマズイ」

店の一番奥にあるバックパック売り場。
それが柱や棚の影になり見えにくい状態でした。
急遽棚の配置を換えてバックパックを目立たせる事に

そうやって色々変えてました。

二十軒さんをスカウトしたのは2代目社長水野さん(41歳)

同族企業を変えるには外からの視点が必要と二十軒さんを
呼び込んだそうです。

今や脱スキー二人三脚でやっていました。

オープン当日 10時開店
二十軒さんの狙い通りキャンプ用品に客が食いつきます。
アウトドアの楽しさの楽しさ快適さをアピール

客に聴いて見ます

キャンプは行く?

「初めて行って楽しくて。タイムリーにオープンした」

創業者は語る

創業者で会長の水野さん
二十軒さんの改革に半信半疑だったそうです。

「柏店を見に行った世界位置と言うことで売り場面積で2500坪
 俺が社長だったら意志決定しないと思う」

スキーで創業して寂しさは?

「それはない。時代の流れだからしょうが無い」

アルペンアウトドアーズでは二十軒さんが夏休みに向けての
イベントを仕掛けることに。

店の前の広場で何を?

「色々なキャンプの楽しみ方があるがファミリーキャンプの
 人たちに刺さる面白いイベントを一番考えている」

イベントのメインは手軽で絶品キャンプ飯

1500以上のテントが立てられるキャンプの聖地へ。
雨の中でも人々が集ってました。

アルペン常務もやってきました

「この雨でこれだけ人がいるだけで凄いな」

手軽で美味しいキャンプ料理の紹介コーナー

用意する物
コンビニのフライドチキン
タマネギ
卵、そばつゆ

フライドチキンをそばつゆで煮て卵でとじます。
するとコンビニチキンかつ丼が完成

キャンプ場で揚げ物は出来ないのでこれは良い

魚介と野菜を炒めて缶詰のトマトを投入
後は火にかけて30分待つだけ

ブイヤベース的な何かが完成

こうしたキャンプの魅力をどう伝えるか

翌朝
二十軒さんキャンパーの声を聴きます。

気になるグループが

「何家族?」「6家族」
「毎年1回東京に引っ越した人と名古屋の人と。
 丁度会うところでこの辺が良い」
「今年で3回目の集い」

6家族での合同キャンプでした。
キャンプの楽しさが親から子へ受け継がれてました。

二十軒さん
「キャンプデビューして英才教育が…」
「1歳ぐらいから1人で寝袋で寝てる」

こういう事からヒントを掴んだようです。

アウトドアを一時だけのブームで終わらせない

その主役は子供たち

お店では特別なイベントを企画しました。

参加家族がやってきます。
親子限定で10組。

「アウトドアを好きになってうちの店に来て貰えたら」

イベントのメインは親子で作るキャンプ料理

箱から取り出したのは段ボールを組み立て、網をつけて
魚介をのせていぶす即席燻製機

そしてオリーブオイルで米を炒めてトマトソースを入れる
いぶした具材を炒めたライスに載せて…蒸らすこと30秒

魚介たっぷり簡単パエリアが完成

味は勿論美味しいようです。

そんなのを楽しめるイベントでした。

アウトドアにかける二十軒さん
未来への種をまいていきます。

「しっかり文化にしたい。
 アウトドアが楽しめる場所が日本にはあるので
 いかに感じて貰って楽しんで貰えるか。
 続けるのは難しいが大事だ」

そんな風に締めくくられてました。



posted by Fuchs at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイアの夜明け 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186479081
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック