2019年10月17日

Winning Post 9 プレイ記[036] 二冠馬ディープインパクトと二冠馬フクスキャンドル

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

前回までのあらすじ

2005年はディープインパクトのクラシックです。

WP9プレイ記-0179

2004年朝日杯FSを圧倒的勝利で終わらせて。
しっかり休養を挟んでデビューとなります。

そのほかにも、3歳牝馬もジリジリと調子を上げ。
ダートでもあの馬が活躍する事に…


ダート王:シーキングザダイヤ

ついにダートで目を覚ましたシーキングザダイヤ君。

WP9プレイ記-0180

川崎記念

交流GIを圧倒的大差で勝利。

フェブラリーステークス

国内ダートGIも見事に勝利しました。
そのままの勢いでドバイWCに挑戦しましたが2着惜敗でした。
まだそこまでの実力は無いようです。

帝王賞

それでも帝王賞は圧勝しました。
ということでダートGIをもりもり走ることになりそうです。


ディープインパクトの圧勝劇

この馬は…弥生賞ですよね。

WP9プレイ記-0181

弥生賞ディープインパクト記念

来年3月に開かれる弥生賞にディープインパクトの名前が付くことに。
ニュースにもなりましたね。

ここでは休み明けと言うこともあり4馬身差勝利。

皐月賞

圧勝でした。シックスセンスにボロ勝ちです。

日本ダービー

こちらもしっかりと勝ちきりました。
相手はアドマイヤジャパンでした。
闘志が4だというのに勝てます。

イギリスダービー

強行軍でイギリスにも出走して勝利しました。
流石に疲れているので厳しい戦いではありましたが
しっかりと勝利してくれます。

かなりのハードスケジュールで動いて貰う事にしました


5冠牝馬フクスフリーの快進撃

牝馬5冠を達成したフクスフリー

WP9プレイ記-0182

彼女の軸足は完全に海外となりました。

クールモアクラシック
豪州GIとなります。圧倒的大差で勝利しました

クイーンオブザターフステークス

こちらも豪州GI。
大差勝利の圧勝となりました。

ヴィクトリアマイル

日本に戻ってきてヴィクトリアマイルとなります。
国内には敵無しという感じでした。

ジャストアゲームS

アメリカGIとなります。
こちらも圧勝となりました。

流石5冠馬という感じで見事な勝ちっぷりでした


アドマイヤグルーヴは…

こちらはゆったりと稼いで貰います。

WP9プレイ記-0183

京都記念

GIIではありますが調整で出走させあっさり勝利

ドバイターフ

お金を稼ぎに行って貰いしっかりと勝ってくれました。
ありがとう!

ゲイムリーステークス

フクスフリート被らない用にアメリカ牝馬GI
こちらもしっかりと勝利しました。


2冠牝馬フクスキャンドル

新たなヒロインが生まれました。

WP9プレイ記-0184

フクスキャンドル

オグリキャップ×フクスインディ
(母父:サンデーサイレンス 母母:ワキア)

阪神JFを勝ったフクスキャンドルです。

チューリップ賞では負けましたが…
桜花賞とオークスを勝利してくれました

自家生産馬が上位に来ているので中々良い世代に。
ただかぶってしまうと勝ち星が勿体ないなぁとは。
それでも2冠牝馬となり、秋を残すのみとなりました


その他の自家生産馬


WP9プレイ記-0184

フクスネーム:ユニコーンS(GIII)

スペシャルウィーク×フクスブレーヴ

ダート馬としてGIIIを勝利しました。


フクスシノブ:フラワーC

こちらは同世代の、フクスキャンドル、フクスピールに勝てず
喘いでいますが何とかフラワーカップは勝利しました。


まとめ

新たなヒーローヒロインも誕生し。
ますます盛り上がるフクスファーム。

ディープインパクトの次を見据えつつ歩を進めて行きます


posted by Fuchs at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186690244
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック