2019年10月23日

『【癒やしの秋旅】をあなたに!』〜今日の「ガイアの夜明け」感想〜

※この記事はガイアの夜明けを見ながら自分のメモ書き的な感じで書いている記事です。


今日のガイアを3行で

  • 秋の新たな旅行商品について
  • ピーチはバニラを食って奄美大島の新たな観光を掘り起こしてました
  • スターフライヤーが新しい台湾観光を掘り起こしてました


奄美大島の観光

小学館 Oggi編集部
秋の旅行シーズンに向けた特別企画。

ライターの門司さん。

旅や食、美容などの雑誌です。

「働く女子達の心を癒やしながら楽しめる場所を探している
 凄いロケーションにあるらしい」

自然がありビーチを見ながらヨガも出来る
企画は、癒やしをテーマにした新たなリゾートの提案。
ゆっくりヨガをして星を見る

「忙しい仕事をしているとできないことを旅の時間にする」

今働く女性に求められていそうdせう。

10/6 取材の同行

ピーチで向かい、夕方5時半に到着
宿へ。
目をつけていたホテルの到着に。
チェックインを済ませて部屋へ

「朝起きた時に見える景色は全部が自然凄く色鮮やかで」
「明日の朝起きるの楽しみ」

目を覚ましたときに広がっていたのは、オーシャンビュー
青く光輝く絶景の海でした。

飛行機で2時間半(東京から)

奄美大島
人口6万人 年間の平均気温20度以上の島。

透明度抜群の珊瑚礁の海で秋でも海水浴可能。
シュノーケルだけでウミガメと泳げます。

島の面積の8割が森林
手つかずの大自然が広がる

アマミノクロウサギなど奄美にしかいない動物と触れあえます

THE SCENE

ヨガやマッサージなどのプランが人気
1人旅プラン1泊2食付き34000円

食事は島の食材を活かしたメニュー
無農薬野菜やもずくなど体に優しい物ばかり

「栄養価やバランスが獲れた物を朝から頂けるの嬉しい」

海を皆が入れる天然温泉露天風呂も島優位いつ

総支配人にはなしを聞く

県工業を展開している会社がホテル業をやっている
Dr.ストレ父
国内に127店舗展開の会社が運営

ルーフトップ・バー(星空を見るバー)

ベッドに寝転がり見上げると、満天の星空

天の川、流れ星を見れる

魔サージを受ける事も
女性客の3割がリピーターに

「星空を見ながらのマッサージ聴いたこと無い
 感動しちゃいました
 これが命の洗濯と言うことかと」

新たな旅を発掘する女性に密着

「奄美の持っているコンセプトであるリラクゼーション・
 デトックス・癒やしは、お客にも刺さる」


秋は旅行に

旅行会社も開発

ウィラーのレストランバス

1階が厨房になっているバス
2016年から運行開始。

岐阜ツアー(懐石料理が食べられる)が人気。
特産物を買えることも人気だそうです。

フェリー会社

フェリーさんふらわあのツアー
車やバイクを載せて日本1周
愛車を持って北海道から九州までいけます。
20万円程で旅行者の目的に合わせて変えられます。

そんなツアー開発にピーチも乗り出しました。

2018年11月成田国際空港

ピーチの井上社長と森副社長が…
バニラエアにやってきました。

オフィスの真ん中に行きます。

「それでは社員の皆さんお時間を頂ければと思います。」

「円滑な統合を達成するために本日付で経営体制が変更。
 CEOが社長、森が副社長を拝命
 バニラエアのトップを兼務する。」

ピーチがバニラに乗り込みました
突然の統合発表でした。

「名前がなくなるところは結構ショック」
「インターネットの記事がボンと出たので最初だった」
「ビックリが一番。大きい物に向かっていってる気がする」

ピーチは2011年に誕生した日本初の格安航空会社。
最近は急速に利用者が増えてます。

ピーチが目指すのは空飛ぶ電車

鉄道並の運賃で、お気に入りの場所に何度でもなどなど。

東京-沖縄で最安片道5690円〜。
値段手軽に遠くまで行けます

チェックインは完全自動。
チェックイン機は段ボール製などで、しっかりと節約。
1/10の費用で出来るそうです。

機内にも工夫が。
普通の航空会社より間を詰めて160席右180席に増量。
列の間隔を5cm狭める

抜群の収益性を誇るピーチです。
そのピーチが業績不振のバニラを統合しました。

売上高
ピーチが604億。バニラが334億
拠点は、ピーチが関空。バニラが成田。
路線は、ピーチが国内16海外16。バニラは国内6、海外6

両者の株主のANAの意向

国内21路線 海外19を展開予定。
国内第三位の航空会社になりました。

森副社長は会社の内情を路線担当者から聞きました。

路線戦略をどう思う?

「差別化としてリゾート路線を作ったが縛られた。
 黒字が出せるイメージがない。」

東京 - 奄美大島線はバニラが出来た2014年7月就航。
当時の運賃8000円(片道)でした。

初年度の搭乗客10万人だったが…
国交省資料を見ると夏のハイシーズン以外が厳しい状況へ

広告やPRにも問題が。

海のイメージと東京の夜景を並べただけだったり。
観光地の紹介もありきたりだったり。
奄美の知られざる魅力を知らせていませんでした。

奄美路線を含めて不採算路線を敗戦する考えは?

「必ずしも不採算というわけじゃなく、利益の取れる路線
 観光資源開発に向けたtからをけながr
更に利益上げる路線に変えるかが今のテーマ


ピーチはバニラ保有の航空機12機をピーチに改修。
2019年10月ピーチ医として再出航します。

7月の奄美大島

新たな観光開発のためピーチのチームが乗り込みます。
女性の山崎さん

バニラ初就航の2013年に入社。
ブランディングを担当してきました。

奄美線のPRを手がけた来たこともあり志願しました。

「今までの経験を無駄にしたくなかった」

リベンジを誓います。

奄美大島名瀬

地元と共同で奄美の売り出し方を考えます。
バニラ時代にはありませんでした。

「奄美群島らしさを練り込んでいくか知恵を絞っていかない
 といけない」

奄美らしさは何かを考える

盆踊り、毎年豊年祭で相撲を取る…
料理体験をしよう…
奄美・星空・冬…

思いついたことを書き出していきました。
ひねり出されたアイデアの種

・黒ウサギナイトツアー
・集落歩き
・黒糖焼酎を楽しむ会

奄美ならではのヒントがありました。

客が動かない冬場の時期をどうするか
話し合いが行われました。

「話し合うことをやらないと持続性がなくなる
 ピーチの本気が分かる一日だった」

地元の内容を元に調査へ

奄美のどこに引かれた?

遊びはもちろん癒やしが部分が多くあるべき
期待値を超えら寝ない可能性がある

大和村という一番小さな村

アイデアの一つとして出てきた集落歩きに目をつけていました
普段観光ガイドをしている中村さが案内

神道を紹介します。

「雰囲気がある」

神道とは、神様が神聖な場所から「ミャー」という集落の
中心に行く道が「神道」だそうです。

どの集落にも神道があります。
パワースポットが好きな人には堪らないもの

神道の先には神社があり「テラシキ」と方言で呼んでます
集落の神聖な場所です。

集落の背後の山から水が湧いてるところだそうで。
水には若返りのパワーがあるという言い伝えも。

「自然の一つ一つが習慣に根付いていて自然に囲まれている
 奄美らしい」

名瀬でもできる体験を探していました。

地元の店の紹介してもらいmさう。


魚屋さん

地魚を数多く扱っていて、その場で捌いてくれる
夜光貝という屋久島より南の珊瑚礁にいる大型の巻き貝。

味はおいしいそうで。
食感が良いそうです。

コリコリしてて夜光貝の刺身 2人前1200円
癒やしの旅には書かせない美味しい食べ物でした。

古くからある八百屋さんも紹介

奄美産の島バナナなど南国らしい果物や野菜が並びます

マンゴーは奄美マンゴー
1個1500円

完熟マンゴー
シュガースポット転々が出るとより美味しい
斑点が出たら食べ頃のサインその場で食べれます。

買い物をしながら島人と交流できるのも魅力。

東シナ海の夕日を見た後は、夜へ…

奄美は夜が凄かった

夜の森ツアー

エコツアーガイドの方に案内して貰います

「コノハズクが鳴いている。リュウキュウコノハズク」

体調15cm日本で最も小さなフクロウ

アマミノクロウサギ

奄美にしか似ない希少動物。夜行性で耳が小さいです。

アカショウビンなど珍しい動物を間近で見れる。
10月の趣向に向けて良いアピールが出来そう

癒やしの島でした。

「奄美の生活の中に自然との付き合い方が隠れている」


台湾への仕掛け:スターフライヤー

台湾では、ひと味違う旅を仕掛ける女性

台湾で絶品の朝食を

タピオカミルクティ
チーズティなど流行の台湾飯があります。

豆乳のスイーツ:豆花
ルーローハン:肉の丼など。

台湾グルメでもっと増えると参入した会社がありました。

黒い機体革張りシートのスターフライヤー

スタイリッシュなデザインが印象的

国内航空機部門10年連続の顧客満足度No1の会社

羽田から福岡、北九州11往復などが中心。
大手よりは割安運賃です。

他の格安航空とも一線を画しています。

リーズナブルなのに高級感が。

「革張りでリラックスできるゆったり出来る」

180隻→150隻に減らしています。

ブラックレザーシートで統一。

国内の普通席では最大の35インチで。
座席の感覚を7cm広げている
タリーズと共同開発のオリジナル珈琲も人気

コンセント、USB、10インチ液晶モニターを配置した座席
機内映像も評判

スターフライヤーマンが教えてくれます

スターフライヤーについて

北九州市が本拠
従業員数789名。売上高399億円。

北九州空港の開港に合わせて開港しました。

24時間空港の強みを活かし稼働率を上げます。
稼働率を上げることで価格を下げて大手に対抗

北九州の地元企業も出資
ビジネス客を取りみました。
浮き沈みの激しい航空業界で生き残ってきました。

松石社長は危機感を募らせる

「国際に目を向けない限り 10年20年後のスターフライヤー
 がどうなっているかと考えたら恐ろしい物がある」

去年10月名古屋や北九州から台北路線を就航。
片道1万円から

それを任されたのが福岡生まれの九州女子水本さん

好奇心旺盛生時代は海外で日本語教師も。
2012年スターフライヤーに入社。

「エアラインは地域を一気に一瞬で跨ぐことができる
 文化を結ぶきっかけ作りが出来る仕事と思った」

いきなり試練が訪れます

北九州線は上手く行っているが名古屋は波がある

マイナス700万円で着地

搭乗率8割目標に対し、北九州は77.7% 名古屋は65%でした。

名古屋市でスターフライヤーを聴いて見た

スターフライヤー

「調理器具?」
「おかし?」

航空会社と言われても

「多分小さい会社は使ってない」

誰も知らないのでした

広告は出しているが、名古屋の人には知られてません。

担当者は名古屋へ来ました

「名古屋の人と会社が仲良くなってくれたら良い
 愛着を持って貰うために純粋な意見を知りたい」

ある人に相談を持ちかけた

大名古屋ツアーズ代表 加藤さん
名古屋を知り尽くす男です。

「名古屋にじんわりスターフライヤーが知られる
 上手い手法がないかと」相談を持ちかけます。

「航空会社はいかにも人を運ぶ輸送のインフラでしかない
 文化を繋ぐきっかけを用意してくれる物という捉え方が
 あれば飛行機事態するイメージが変わる」

名古屋台北で文化を紹介するイベントも

朝らモーニングいって。
昼を食べて安吾や飯だけで朝昼晩
愛知県のモーニング
喫茶店カフェで提供される朝食セット
愛知ならではの食文化です。

創業72年名古屋の元祖喫茶店チェーンへ言って見ます。


アイスコーヒーの飲み方なんてのも。
熱いデミタスコーヒーっを氷の中に入れるそうです。
濃い目のコーヒーを氷で一気に冷やすと味とかが格別

モーニングセット550円

最初はコーヒー頼んだ客にパンとゆで卵を渡したのきっかけ
今ではバリエーション色々

朝食は喫茶店でと愛して止まないモーニング

名古屋感がある…皆の距離が近い
加藤さんを連れて台北へ向かいます。

9月台湾台北。
航空会社スターフライヤーの水本さん大名古屋ツアーズの加藤さん。

朝の文化を大事にしている名古屋
似たような文化が台湾にあるのかという視点で見て回ります

朝8時
とっておきの朝食を求めてきたカフェへ。
高三考

豚肉ソテーのサンドイッチ 85元。

注文がはいってから炭火でパンをトースト。

ポテサラをたっぷり塗り豚肉を挟めばできあがり

「美味しい。」

名古屋人も安心の味でした。

劉お母さんのおにぎり店

薬膳料理出使う紫米のおにぎりが人気。
ミネラルに食物繊維が豊富だそうです。

具材も高菜や白菜の漬け物などヘルシー
体にいいものを食べて欲しいという事だそうです。

紫米の台湾式おにぎり 65元 230円

「美味しい」

が何か気になるようで。

「喫茶店のイメージに米はないかも知れない」

拘りが強い名古屋の人にはパンが良いそうです。
とっておきの店に。

新鮮な豆乳を使った、トウジャンの名店です。

「美味しい」
「サッパリ」

台湾ならではのパンも充実してました。

「加藤さんが知りたいことは名古屋人も気になると思う
 良い収穫だったまた何か出てくるのを楽しみ」

スターフライヤー本社で成果を報告します。

企画のウェブサイトも出来てました。

台北就航1年にあわせてキャンペーンサイト
名古屋と台北線のキャンペーン。
両方を紹介しあう独自規格も。

スターフライヤーを知ってもらうため勝負を賭けました

店とか場所ではなく、もう少し価値観とか文化とか
心の中に根付くような所にしていきたい

1年かけて名古屋と台北の文化を紹介する企画
新たな台湾文化を知ってもらうきっかけになれば良い。

水本さんの案に会社もGOを出しました。

「新規路線ではこういう仕掛けを考えて見た
 地域の人によるそうのが大切。
 人気しすぎて予約できないのでどうか1席くれないかと
 言われる人楽しみにしている」


奄美はどうなったか

10月1日奄美空港

就航合わせて東京奄美線のキャンペーンサイトを立ち上げ。

癒やしの旅をテーマに発掘した体験プログラムを踏襲
山崎さん自身が記事を書いて新たな魅力を伝えてます。

初便到着 客はどのくらい?

社長自らお出迎えでいた。

初便は89%と好調だった

「パワーをもらいに来た。パワースポット巡り」
「浄化される感じがする。普段のストレスを解消しようと」

予想以上に幅広い世代が奄美に。
山崎さんこれからが勝負です。

「今日皆様の到着を見て私も感動した
 就航したんだなと、人と人の架け橋になれるように」

癒やしの旅をあなたに挑戦は続きます


posted by Fuchs at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイアの夜明け 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186714534
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック