2019年12月25日

『闘う現場のその後 10年の軌跡』〜今日の「ガイアの夜明け」感想〜

※この記事はガイアの夜明けを見ながら自分のメモ書き的な感じで書いている記事です。


今日のガイアを3行で

  • 江口さんが見てきた10年を振り返る回
  • 日産も色々あったなぁ…
  • そして江口さんから松下奈緒へバトンタッチでした


ガイアの10年

江口さんがガイアの夜明けの案内人になって10年。
訪れた場所278箇所。
冷凍庫、ドクターヘリ、震災直後の東北など…

最初は2010年1月5日 電気自動車ウォーズでした。
開発中のリーフに乗っていました。

めまぐるしく変わった10年
過去に訪れた現場は今ということで…
過去の振り返り特集でした。


激動の日産

2010年1月5日 電気自動車ウォーズ
江口さん最初の取材は日産が開発中のリーフでした。

「全く音がしない…意外とスムーズに走りますね
 パワーもあるしコーナリングも良いし予想を超えました」

なんて言ってました。
そのリーフは2010年の12月に発売。
世界初の商用電気自動車となりました。

2017年には280km→400kmと航続距離が伸びました。

最新のテストカーはモーターを2基搭載。
倍のパワーになって加速が伸びてました。

日産は自動運転など革新的技術にも積極的でした。

しかし去年11月…

「カルロス・ゴーンの逮捕収監となりました」

金融商品取引法違反などの疑いで逮捕されたゴーン氏。
工場で検査不正が相次いで発覚しました。

日産ブランドは失墜

そんな日産ですが。
今年台風で甚大の被害を受けた長野市に日産の社員達の姿が。

被災地を走る電気自動車リーフ。

日産の大神さん
「電気自動車が車としての移動手段以上に災害時の
 バックアップ電源になれる

氾濫した川から数百メートルにあるボランティア拠点。
建物の中は停電してました。
付近の電柱がなぎ倒されていたのです。

そこでリーフの出番。
バッテリーからコードを引いて建物に電気を送ります

「いいねー。大助かり。被災地は真っ暗だから」
「灯りに対して愛おしさを感じる人間は」

充電が必要な物にも電気を供給できました。
リーフ1台一般家庭で使用する電力4日分を提供できるそうです。

夜も皓々と光ります…希望の灯りとなってました。

「動く蓄電池」
「社会の一部を担えることに対する社員としての誇りはある」

日産は今年全国4県に70代のリーフを提供しました。

そんなリーフを持って行っていた大神さん。
知られざる過去が…

2004年日産は新型6車種を一度に発表していました。
ゴーン改革の真っ最中でした。
そのゴーンを影で支えていたのは大神さん当時27歳。
専属広報として9年
ゴーン改革を間近で見た人でした。

ゴーン氏が逮捕されたが何を今大神さんは思うのか

「彼の経営の仕方を目の当たりにして改革をどう進めれば
 良いのか見てきた。
 それを自分なりの解釈と会社の置かれている立場を鑑みて
 活かすことしか出来ない」
「それが私なりの信頼回復の取り組み」


ホンダも密着

ライバルのホンダ

2016年7月26日「自分の力で歩きたい」(ガイアの放送)

自動車以外の分野にも力を入れていました。
ホンダの歩行アシストなんて機械も。

そして「ホンダ 空への挑戦」

1年にわたりホンダジェットの開発を取材。

そのホンダジェットは世界で140機で運用されるほどに。

最も売れている小型ビジネスジェットに。

日本でも導入企業がありました。

takagiという会社
北九州の大手浄水器メーカー。
7億円かけてホンダジェットを買いました。

ホンダジェットの使い方

朝6時北九州空港。高木社長がやってきます。
ホンダジェットで初の地方出張です。

プライベートジェットは荷物検査などの手続きなし。
駐車場からそのまま機内へ
パイロットは自衛隊出身の社員。
空港到着から15分で飛び立ちます。

「小型ジェットを社有機として持つことで時間効率を
 高めていきたい」
「有限の時間を経営に注力していきたい」

北九州→富士山静岡空港 7時35分に到着。
ここでも手続きは無し専用出口からすぐ駐車場へ。
9時に商談して10時40分離陸。
そして岡山桃太郎空港へ向かいまして13時から商談。
14:30終了して北九州へ戻ります。

「疲れましたね」

15時20分北九州空港到着。
そこから会社でまだ仕事があるようでした

「2日間お疲れ様でした」と社長が言い出してましたが…
1日だけです。密着してたの。

「2日働いたイメージで…」

社長が相当疲れてました。大丈夫か?


変わりゆく東京

東京は2020に向けて変貌してました

日本の新名所が生まれる

として、東京スカイツリー、東京駅、築地市場→豊洲市場
等色々密着してました。

その中で大きな変貌を遂げたのが渋谷

7年前明治通りのど真ん中に江口さん。

地下には巨大空間がありました。

東急電鉄が渋谷駅を地下に移設する工事をしてました。
そして地上の再開発に挑んでいました。
7年前取材した場所は…明治通りに戻ってました。

そしてどんどん表情が変わってました。

渋谷駅東口歩道橋で渋谷区長と話してました。

前は渋谷クロスタワーしかなかった。

居間は、渋谷スクランブルスクエア
新宿丸の内も見えます。
宮下公園を改装して、三階建ての施設が出来ます。
その上が公園となるそうです。
来年6月オープン
渋谷パルコもできました。

区長
「1年半で半径200メートルに700店舗出来た」

渋谷は谷のイメージだが

渋谷スクランブルスクエアそばの工事現場へ向かいます。
銀座線が上を走る場所。
地上に目が行っているけど今回の開発は地下がポイント。

貯留槽

深さが25メートル。ビルで言うと7階。
4000tの水をためられるそうです。

谷の水が集まってくる渋谷。

2004年10月台風23号の被害では冠水してました。

区長
「想像を超える雨量があるので準備をしておくのが重要」

地下宮殿が出来ていました


アパレルの光と影

銀座デパートの中に出来たのは…

2009年4月日本進出 フォーエバー21

最盛期には全国22店舗まで拡大。

更に2012年には、アメリカンイーグルが上陸

ファストファッションが席巻してました。

現在のファストファッション

フォーエバー21:経営破綻で日本撤退
アメリカンイーグル:年内に国内全店撤退

ファッションが好きな若者に聴いて見ると
「なくなても困らない。全然」
「潰れるんだぐらいの感じ」
「ZOZOTOWNで安く買える」

若者が服を買うのはZOZOTOWN

飛ぶ鳥を落とす勢いだった前澤さんも取材してました。
初公開のプライベートジェットなど…
ビジネスの最前線を追ってました。

「一番時間取れるミーティング場所大体は飛行機の中で決まる」
なんて豪語してた前澤氏。

ZOZOSUITの裏側も追ってました。

ZOZOTOWNの今

今年9月ヤフーによる買収が行われました。
前澤社長は退任。

今はYoutuberになっていました。
Youtubeにはプライベートジェットも登場

「売りに出ます」とのこと。

アパレル業界からは身を引いたそうです。


人を育てる

「ゆとり世代を鍛えろ」と
秋山木工を取材していました。

秋山木工は国会議事堂や宮内庁などに納品する
オーダーメイドの家具メーカーです。

ゆとり世代の就職が始まった10年前。
ガイアは人の育て方に注目してました。

「恋愛しちゃいけない
 携帯電話も禁止
 私的なことでは一切使わせない全部手紙。
 お寺よりキツイ」

朝5時半 社員のランニングから1日が始まります。
近所の清掃もします。手際が悪いと箒で叩かれます。
入社しばらくは丸坊主。

秋山社長
「とにかく出来た職人を作りたい。
 それは人間性を高めるしかない」

今そんな事したら「パワハラ」とか言われそうですが。

あれから10年…
オーダーメイドの家具の秋山木工へ向かいました。

2019年11月 秋山木工

朝5時半…社員は走ってました
秋山木工の社員達です。

ルールを変えてなかったのです。

10年前のままの技術指導。鉄拳制裁も。

今も同じ指導を続ける香山さんの真意は?
パワハラと呼ばれる風潮をどう思う?

「そういう日本人になったのだから、その中でやるしかない
 両方が本気じゃないとね
 怒られるも怒る方も。自分の都合で叩かない。
 一流にしたいいう気持ち」

しかし秋山木工には採用枠に10倍以上の応募が来ます。
有名大学出身も多い。

3年目の男性は京都大学出身。

パワハラとは思わない?

「どうなんですかね?
 秋山木工に入るくらいの人だったらそんな事思わない」
「ここでの生活がどう言う者かが分かった上できてるから…」

2019年11月 山形新庄市

秋山木工で修行した伊藤さん27歳が今した。
10年前の伊藤さん18歳…

生活態度に問題がある人物でした。
あぁ…いたなぁ。
しかし秋山さんに鍛えられて職人としての一歩を踏み出した


あれから伊藤さんは…
現在の職場では最年少ながら職人を束ねて工程管理するまでに

伊藤さんが手がけた家具は東京の有名ホテルの家具に。

「仕事意外でも色々なことを社長から教えて貰ったので
 凄く良い時間だった」
「言ってくれる人がいないと分からないと言うこともあり
 凄く感謝してます」


シェアハウス

住まい大変貌(2010年3月)

当時珍しいシェアハウスを取材していました。

最初不安じゃない?

「誰が来るかも分からないところに友達から大丈夫なども
 あったが。
 あえてこういう環境に自分を置くことで学べることが多い」

恋愛感情とかは?

「恋愛はない」

そんな話を当時していましたが。

そのシェアハウスは様変わり

充実した設備を持つのが増えて数も右肩上がりで増えてます

特別な選択肢ではなくなった

急成長したシェアハウスに衝撃が走ったのは…

「かぼちゃの馬車」問題

運営会社スマートデイズは30年の賃料保証を掲げて急拡大。

しかし…
「経営が…傾いていて」

想定の家賃が確保出来ず破綻。

スルガ銀行が融資を決める際に不正があったことも発覚。

自己資金の残高を証明する通帳などの偽造改ざんが
行われていたのが分かりました

実際に改ざんした人物がパソコンでの偽造方法を伝授
…超簡単な単純手法でした。
スルガ銀行も知りながら融資をしていました。

木村さん(仮名)
かぼちゃの馬車に出資し1億円借金た人。

「どうやって老後を安定さっせようか考える」

11月下旬木村さんを訪ねると…
草むしりをしていました。

「抜いても抜いても出てくる」
「去年来たときにはなかったがひび割れ。劣化してる」

家賃は想定の半額。そして売却できない状態

「手放して借金を返せるならそれで早く楽になりたい」

銀行に対し物件の放棄を条件にローンの支払免除を訴えている
そうです。


外食王のサバイバル

流行廃りの激しい外食業界

生き残りをかける企業の闘いを江口さんは舌で確かめてきた

中でも創業当時で追い続けてきたのは俺のフレンチ

これは衝撃でしたよね。

俺の株式会社創業者坂本さん

「原価ジャブジャブ!人件費ジャブジャブ!」

俺のフレンチは高級フレンチを立食で提供。
客の回転率を上げて利益を生み出す方式でした。
同じ手法で俺のシリーズを展開。割烹料亭やらうなぎやら
次々とジャンルを増やしました

12月 俺のフレンチTOKYO

創業時から大きな変化が。
客の要望に応えて全席座れるように
しかし2時間枠のネット予約導入したり。
ちゃんと回転率は確保しているそうです。

「時代の流れに沿って店舗も変容してきたというのが
 7,8年の歴史」と俺の株式会社の担当者。

こちらはとても安定しているようです。

同じ立食で急成長したいきなり!ステーキ

「1年で200店出店!」と一瀬社長も元気でした。

2013年創業で全国500店舗まで拡大。
似たようなステーキ店が乱立して競争激化

いきなり!ステーキは利益51.9%減
(2019年1-9月)

お客様
「ここじゃなくても何でもいいやと思って」

起死回生を書けた改革の現場も…
あったなぁ。起死回生してませんでしたが。

客足の回復を目指した改革
最近では全国の店舗に出た社長直筆のメッセージが話題に。

「お客様のご来店が減少しております
 このままではお近くの店を閉めることになります」

あのメッセージに込めた一瀬社長の真意とは?

「神様が私に試練を与えてくれる」

…神とか言い出したら終わりですけどねぇ。

困ったとかは出さない企業が多いが…

「困ってるときに困っていると言って何が悪い
 紙を出すことで戒めの意味もある従業員に対して
 「こんなに大変だよ」と。
 客をどう考えているかを我々は探っていかないと行けない」
「感動レベルの美味しいステーキを出したい」

うーん…?かなり厳しそうですね


高まる「健康志向」

2010年6月。
商店街で目にした不思議な光景。

「女性だけの30分フィットネス」

布団屋の奥にフィットネスがありました。
賃料の安い空きスペースに出店していたカーブス

会費はライバルの半分。月5700円

カーブスにはルールが…男子禁制

独特のトレーニングシステム
マシーンを30秒やったら場所を変わり…
12台のマシーンを30分で2週するという仕組み。

少ないマシーンをフル活用します。

設備投資を抑えるメリット。


創業者増本さんは当時…
「2000店舗会員数100万人が目標」

そして今年10月カーブス2000店舗突破

「寿命を延ばすだけじゃなく健康寿命が大事とは昔は
 言われていなかった。
 10年で大きく世の中が変わって追い風を受けた」

取材当時と比べて会員数82万に
売上56億円と急成長。

平均年齢64歳になったが元気な方が沢山きてました。

カーブスは男性向け店舗も開業。
快進撃が続いてます


3.11を心に刻んで

2011年に東日本大震災がありました。

江口さんは5回被災地を訪れ復興への道のりを追いました。

「震災の被害が大きかった宮城県石巻市に…」
「震災から1年…養殖が成り立っていけるのかという問題」
「福島原発」

震災から5年の時には、7人の高校生と出会いました。
風評被害に苦しむ農家のために立ちあがった高校生。

ふくしま食べる通信
農産物などとともに全国に配送するという取り組みを実施。

高校生達
「皆さん輝いていて格好いい
 放射能だけでなく間違ったことを普通だと想ってやって
 いる事がある。
 法律を勉強して周りの人たちに伝えていける大人になりたい」
「食べる通信が次の世代に繋がって絶えることなく
 これからもずっと全国の人に福島の良さを知って欲しい」

4年前に対談した彼らともう一度会いたい

7人中5人に集まって貰いました。
後輩が作ったふくしま食べる通信と羽山リンゴがありました

5人は結構バラバラのようで宮崎行ってる人もいれば
関東圏に来てる人もいました。

卒業して就職とは?福島とどう付き合う?

「福島から離れていいところなんだ、いいものがいいっぱい
 あるんだと改めて知ることが出来た。
 福島県内で福島のために何か出来たら」

「とりあえず都内福島には戻らずに
 福島の県のものを食べたり旅行に行ったり
 福島の物を飾ったりそういう関わり方をして行きたい」

「関東に来て福島出身というのが怖かった
 どう思われるのだろうとか嫌だなと思ってたが
 来てみて福島が豊かで福島にいるのが好きだと気づいて
 誇りに思えるようになった
 将来的に福島の料理を出す小料理屋をやりたい
 福島の物じゃなきゃ出来ない。
 そういう価値をつけられるようにしたい」

まぁ、人は変わるなと言う感じですかね。
大人になるとはそういうことだと思います。

「福島愛を高めて色々な人に伝えて行って欲しい」と江口さん
「流れも変わるだろうし揺るぎない何かを頑張って欲しい」


江口さん最後のメッセージ

「色々ありましたねー」
「角刈りも長髪もあるし…」

10年案内人を務めた江口さん
途中で蟹江敬三さんからバトンタッチした杉本哲多さん。
5年半ですか…杉本哲太さんも最後とのこと。

そんな江口さんから最後のメッセージです。

「この番組…闘う戦士…90年2000年入って
 日本の皆が手を上げてずっとやってきた時代から
 ちょっと幸せって違うんじゃないかと探し始めた時代に
 携わったような気がして10年やらさせてもらって
 自分にとっても実りのある10年だった。
 これから日本人だったなぁと地に足着けてやっていきたい
 一視聴者として見ていきたい。
 10年間ありがとうございました」

江口さんがいなくなるのも寂しいですねぇ。
令和でバトンタッチとなりました。

そして変わりが松下奈緒

来年から案内人を務めてくれます。

「私と一緒に夜明けを見に行きませんか?」

松下奈緒が見た新しい時代のスタートです。

次は1月7日とのことでした


posted by Fuchs at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイアの夜明け 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186955387
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック