2012年02月18日

CivilizationX(シヴィライゼーション5)〜プレイ記(17-終)〜

【第17回 織田しょぼ長の世界統一日記(15-終)】

ついに最終回となりました。
なんだかんだ時間だけかかってしまいました^^;

<前回までのあらすじ>
 織田しょぼ長と名乗る(´・ω・`)がどこかの星のどこかの大陸に降り立った。
 次々と大陸を制覇していき残る国は3つ。
 国力差がありすぎて敵にもならない状況で着実に駆逐していくのであった。

現状では一番国力が高いオスマントルコですが。
兵士達はこんな感じでして…。

何とも無謀な闘いを強いられていたのでした。
見ていて悲しくなりますが、意外と1台は潰されたりするので侮れません。

そんなときついに完成した技術は…。

悪魔の技術としか呼べない「核分裂反応」
これのおかげで日本は…。ね。原爆に始まり…っと。違う話になる。
「我は死なり、世界の破壊者なり」重い言葉ですよね。これは「核兵器」についての言葉ですが。

そんなこんなで開発することもなく通常兵器で猛攻を加えるしょぼ長軍。

あんな物は使わずに普通に勝てる相手ですので。

ついにドイツにも喧嘩を売りますが…


1ターンキル


これはすでにオスマントルコに制圧されていた都市(ベルリン)を開放してあげた後にすぐ宣戦布告をするという鬼畜の所行によりこんなことになったのでした。
最悪すぎます。完膚無きまでにたたきつぶすという…。

最後の大国オスマントルコも残すところは1つの都市だけ。
勿論あっけない物でした。


腹に聴いてもしょうがないと思いますがw


そして残りは小国「イギリス」
女王陛下に最後通告を行いいました。


2つの都市しかない国に何が出来ようか。
容赦ないミサイル攻撃をうけてぐしゃぐしゃになった中を戦車隊が突入していきました。


そして…制圧ENDを迎えたのでした。


よく分かりませんが、アウグストゥスレベルだそうですw


こうやってみると中盤以降酷い勢いで拡張していったのがよく分かります。
というか、レベル若干低かったかなぁと。その方がさくさく進むので楽なのですが。


グラフの伸びも酷いことになっています。
何はともあれ2000年を迎えること無く世界は統一されてしまいましたとさ。


と、織田しょぼ長の冒険もこれで終了となります。
間に他のゲームを購入するなどで凄く間が空いてしまったりしましたが。
何とか完結することが出来ました。

相手のレベルが低すぎてぐだぐだになっちゃいましたけど。
今回は長期連載の予定が無く、さくっと終わらせてさくっと書いてしまおうと思っていたのもあり。
若干レベルを抑えめで遊びましたが。楽になりすぎてしまいました。

レベルを慎重に選ぶとかなり楽しめると思いますので、興味を持たれた方がいましたらプレイしてみてはいかがでしょうか。
とはいえ、私は昔のシステムの方が好きだったかなぁとも思います。
スタックが大量にいて。そこに向かって突撃していくとか物量の戦でしたからねぇ。
今回は戦略が重要になりましたが、移動が大変になってしまいプレイしづらかった感がありましたので。

そんな感じで、読んで下さっている方がどれほどいらっしゃるかは解りませんが、最後までご愛読頂きましてありがとうございました。



人気ブログランキングへ
posted by Fuchs at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Civilization5
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54039620
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ