2012年10月04日

【Wargame European Escalation プレイ記 Part08】

※ネタバレがあるかもしれません。読むときはご注意下さい。
※画像はクリックでオリジナルサイズ

【Wargame European Escalationとは】

RTSの戦争ゲームです。
冷戦のヨーロッパが舞台となっていまして、NATOと、ワルシャワ条約機構の戦いとなっています。
冷戦から戦争に発展したら!? というIFのストーリーとなります。

そんなWEEをちょこちょことシングルプレイしていまして。
その記録を綴っているのがこの記事です。

【前回までのあらすじ】

アルシュテット飛行場の戦いに。
大好きな兵科である、砲兵が出てきて大興奮。
アウトレンジからの攻撃を仕掛けることになりました。


「続きを読む」が出ていたら下記のリンクからどうぞ。


とりあえずスタートすると敵がよってきます。
戦闘ヘリや、新たに導入した対戦車部隊を中心に討伐していきます。
TOWジープを導入したりしています。


そしてついに砲兵を試すチャンスが!
敵の歩兵隊がいるのを見つけました。
平原にいます。(既に穴ぼこがあるので撃ち込んでいるんですが)


ずどーんずどーんと砲弾が落下します。


何発か撃っているとついには直撃弾も。阿鼻叫喚ですね…。
逃げないのが不思議ですが。


そんなこんなで平地にいる敵をアウトレンジから殴り倒しながら…東側の侵攻は続いています。

新たに導入したMBT-70を先頭に次々と敵を撃破します

そして間もなくFoxtrotを攻略。
支隊をDeltaに向かわせようとします。


しかしここに来て占領したはずの街中に潜んでいる歩兵に主力戦車がつぶされるという事案が発生。
急遽「火炎放射戦車」を呼び寄せます。ZIPPO!


何かに火がついたらしく、街を焼き尽くす勢いで火炎をばらまきます。


風に煽られて街が大火に包まれる事態に発展・
なんだこれ! とやった本人が驚いてました。


歩兵につぶされたのが掃討かちんと来てしまった結果がこれでした。
街が灰になりました。

そんなむだ遣いをしていたら補給が凄く厳しくなってしまい、Delta行きを一旦断念。
近くにあるヴォルフェルシュテットへ向かいFOB確保することにしました。



ということで、今回はここまで。




人気ブログランキングへ
posted by Fuchs at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Wargame:EE
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58772742
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ