2012年10月11日

【Wargame European Escalation プレイ記 Part09】

※ネタバレがあるかもしれません。読むときはご注意下さい。
※画像はクリックでオリジナルサイズ

【Wargame European Escalationとは】

RTSの戦争ゲームです。
冷戦のヨーロッパが舞台となっていまして、NATOと、ワルシャワ条約機構の戦いとなっています。
冷戦から戦争に発展したら!? というIFのストーリーとなります。

そんなWEEをちょこちょことシングルプレイしていまして。
その記録を綴っているのがこの記事です。

【前回までのあらすじ】

アルシュテット飛行場の戦いが続きます。
ZIPPOで盛大な火遊びをしていたら兵站が厳しくなってしまい…作戦が大幅に狂ってしまった。


「続きを読む」が出ていたら下記のリンクからどうぞ。


ヴォルフェルシュテット確保に向けて。
砲兵による掃射を行った後に東側から主力が攻め込みます
見たところそこまで戦力は無い模様です。


しかし街中には歩兵が居る訳でして。
ZIPPOにより焦土作戦が開始となります。

汚物は消毒だ!

街が業火に包まれ一面焼け野原になった後に歩兵隊が突入しましてヴォルフェルシュテットは確保となりました。

街の面影も無いという酷さです。

そのままミットレハウゼンの掃討に向かいます。
すっかりZIPPOが主戦力となっていました。


やはり火炎放射により街が焼け野原になっていきます。
周りには砲撃の後も痛々しく。


焼き尽くした後に、本来の目的であったDeltaを目指します。
真ん中の街は無視です。
わざわざ敵の居る場所に乗り込んでいき損害を出すのは間抜けですしね。


Deltaを確保するとそこから部隊を配置することが出来るようになるのでとても楽になります。
後は西側から新人達を中心にAlpha攻略に向かいます。


ほぼ抵抗らしい抵抗も受けることなくあっさりと空港を陥落することが出来ました。
そこまでの道のりが直進したら厳しいようですが(配置が厚い)
サイドから攻めればそうでもないようです。


そして結果報告になります…もうですね。時間を見て頂ければ解ると思いますが。
焼き尽くしまくったりしていたわけでして2時間以上かけてます。
これが私の真骨頂ですw

時間制限が無ければとことん時間をかけるのです。

MBT-70がもりもり戦果を上げて経験値稼ぎも出来たマップとなりました。


ということで、今回はここまで。




人気ブログランキングへ
posted by Fuchs at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Wargame:EE
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59096737
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ