2013年01月31日

ファイターズ応援記(1)『今年は記事として書く』

ファイターズ応援記(1)『今年は記事として書く』

【説明】

この記事は、野球を見るのが好きな道産子である私がファイターズについて思った事を書くだけの記事です。
ファイターズは、北海道に来てから応援し始めた「にわか」ですが。
好きな物は好きなので、好きなことを書くこのブログで書いていきたいと思います。
スタンスは
・時には自チームに厳しいことも書く…ようにする
・他チームをけなさない
ただファイターズに暴言やら苦言を呈してもそれは好きだから愛情を持っていてと言うことでご容赦下さい。

【直近のF'sイベント】

『2/1〜2/28 春季キャンプ(名護市営球場)』
(ファームは2/1〜2/22 沖縄のくにがみ球場)


本編は『続きを読む』から(リンクが出ていたら)



【キャンプインと共に開始】

今年のメインコンテンツとして、「野球(ファイターズ)」について書いていきたいと思います。
去年、一昨年と毎日の試合記録をトップページに記録していたりしていたのですが。
「野球ネタは荒れる原因になる」という古い言い伝えから書いてきませんでした。

ただファイターズの事は北海道に来てからずっと応援していますし。
一番好きな物のひとつです。

今年は記事として纏めていきたいと思います。

スタンスは上に書いたとおり。ファイターズの事を中心に書いて行きます。
とはいえ、あくまで感想や思った事などを徒然と書くだけですし。
独自の情報網が無いので、ソースはネットの既存記事からが多くなってしまいます。

そこはファイターズファンの他愛ない記事として読み流して頂ければと思います。
途中で飽きないことを願いつつ。

『好きなことを書く!』
このブログの信念でもあります。

【今年の戦力を素人なりに考える(野手編)】

直近で言えば大きなトレードがありました。
糸井選手放出という。これは心底驚きました。

色々記事を読んでいくと糸井側の「代理人選択の失敗」というのが一番大きな要因…のような気がしました。
勿論本当の要因は球団にしか分からないので推測でしかありませんが。

同一リーグですのでやりにくいのはあるわけですし。
オリックス優位に思える訳ですが…それはそれ。

ファイターズというのは薄い選手層でも強さを発揮する球団です。
去年もけが人が続出したりしましたが、新たな選手たちが成長を遂げて優勝に貢献しました。

ここら辺は「チーム内でのポジション争い」というのも重要なファクター。
唯一「育成」を持たない球団ですし、切磋琢磨しているのでファームから一軍に来ても活躍できる地盤があります。

ライトが抜けた穴…外野手としては。
守備固めとして使われていた(51)村田
ちょくちょく出ていてHRも打っている(44)鵜久森
オリックスから入ってきた(10)赤田

そして、大谷なんて名前も挙がっていたりします。
この辺がしっかり結果を出してくれることを願うばかり。

内野手は…ショートの(8)金子が芳しくないわけです。
年齢と怪我と…。更に、田中がFAで移籍しました。
この2つの大きな穴…どうしたもんか。

まずはショート。
(7)大引が来ました。
これは大きいですねぇ。

これによりセカンドに金子なんて話しもあります。
守備では(4)飯山が健在ですし。
(61)杉谷 (56)中島 (45)今浪という若手もいます。

次世代を引っ張って言ってくれる若手たちがどれだけ活躍を見せてくれるかに期待です。

サードは(5) 小谷野
ファーストは(41)稲葉、(9)ホフパワーがいますので。
そこら辺は定位置でしょう。

キャッチャーは、安心の(22)鶴岡
リードが若干不安な(2)大野がいますので。

【今年のオーダー予想】

1:(中)陽
2:(遊)大引
3:(三)小谷野
4:(左)中田
5:(一)稲葉
6:(DH)ホフパワー
7:(右)鵜久森
8:(捕)鶴岡
9:(二)杉谷:金子

金子さんが間に合うかなぁ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61906779
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック