2013年04月11日

ファイターズ応援記(3)『今季初の連勝』

ファイターズ応援記(3)『今季初の連勝』

【説明】

この記事は、野球を見るのが好きな道産子である私がファイターズについて思った事を書くだけの記事です。
初戦素人の戯言ですが、好きな物は好きなので、好きなことを書くこのブログで書いていきたいと思います。
スタンスは
・時には自チームに厳しいことも書く…ようにする
・他チームをけなさない
ただファイターズに暴言やら苦言を呈してもそれは好きだから愛情を持っていてと言うことでご容赦下さい。

【本編の前に】

大谷反省、プロ初先発3失点で負け投手「工夫していかないと」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130411-00000007-spnavi-base

大谷が二軍戦で先発しました。
その様子をニュースで見ていましたが…あんなもんですよね。
打者だ投手だと非常に中途半端な状態ですので、練習もそんなにできていないでしょうし。
3失点で抑えたのがマシな方ではないかなぁと。

四球が多いのがよろしくないですよね。コントロールに大きな課題があります。

それにしても、平日の二軍戦に2600人集まるとは。
球場変えて大正解でしたね!

本編は『続きを読む』から(リンクが出ていたら)






【今季初の連勝】

日本ハム vs. 楽天 (Yahoo)
http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2013041104/top

初回先制で幸先良く。
木佐貫が先発として押さえてくれましたが5回にHRで同点と。
その後ピンチもありましたが私が期待している鍵谷が、がっしり押さえてくれました。

8回にアブレイユの3ランが飛び出して勝利という形。

しっかりと守り切れれば勝てるのです。

今日の結果は反映されてませんが、防御率はパリーグ最悪(4.55 4/10時点)
打率もリーグ最悪。(.232 4/10時点)

打てない守れないという酷いチーム状況です。最下位じゃないのが不思議です。

とはいえ、何となくこのような状況になるのは分かっていました。
ただ「ここまで先発が酷い」のは想定外でした。

開幕初日に勝さんが消え。
そこからボコスカ打たれるばかりの先発。序盤で試合が決まることも多々。
じゃぁ打つのかと言えば打たない。繋がりがないというか。
たまに大谷が出てきて話題をかっさらっていく感じ。

4番の中田がまだしっかり仕事してくれるのが去年よりはマシかも知れません。

防御力のチームだと思っていたのもあり衝撃的でした。
やっぱりコーチが悪いですよね。これ。先発投手全体がピリッとしませんから。

ここ2戦はちったぁマシになりましたが…。
一言感想記を見ると…まぁ酷い物です。 http://r-ryuga.sakura.ne.jp/

【今後の展開予想】

・武田勝・・・怪我で離脱中
・武田久・・・怪我で離脱中

ダブル武田がいません。
去年活躍した吉川も万全じゃないのか初戦は酷かったですし。
ウルフもダメ。谷元もダメ。中村なんてダメダメ。
新垣…?┐( ̄ヘ ̄)┌

先発がいません。勝ちを数えられる。

そして監督はなんか「大谷」に拘っている感じがします。
チームが勝てないのに、半端もんを使ってる状況かよとも思いますが。
どっちつかずの何とも優柔不断な感じがします。

コーチ陣もきっと押さえられないんだろうなぁ…監督を。

今年はこの監督の采配にやきもきするような気がしました。
そして投手陣がやばい状態なのが分かったのでもつのかが限り無く不安。

中継ぎ陣が酷使されすぎているので、疲労蓄積で後半戦は崩壊するでしょうねぇ。
先発が仕事をしないツケはそこに回りますので。

コーチ陣が何してるんだかサッパリ分かりません。

打線も…いまいちピリッとしません。
打つ人が限られているという感じで繋がりを感じません。
散発的にぱらぱら打って負けると言う展開。

たまに中田が爆発してくれたり、アブレイユが爆発してくれたりしますが。
それに頼ってはいけませんし。

なんか「良くて」4位くらいをうろちょろして前半戦終わりそうな気が。


…始まって間もないというのに、移転10年目の節目だというのに。
誰がこんな展開予想していたでしょうね。

という文句しか出てこないのが始まって10戦ちょっとの感想でした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64774891
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック