2013年12月10日

今日のガイア『どうすればいいのか?ニッポンの農業』




『どうすればいいのか?ニッポンの農業』

TPP交渉が続いています。日米の溝が埋まらないなどという話も出ていて年内妥結は無理そうですが。
断固反対しているのは勿論JA。
外食業界は関税撤廃を待ち望んでいたりもするようですが。

今回はそんなJAを中心に日本の農業のお話です。

【JAとはなんぞや?】

そういえば全然しりませんねぇ。農協だってのは分かってますが。

地域農協という、全国に703ある組織の上に、
「全農」「農林中金」「共済連」などの組織があり。
それらを統括するのが「全中」という中央組織。

これらをJAグループと呼ぶそうです。

農家の方はJAだけで生活が出来るほど。

肥料や農薬も農協から購入。職員が自宅まで持ってくるから便利だそうな。
お金の管理は勿論JAバンク。給油もJAのGS。
いろいろな物がJAで取り扱われています。

そんなJAがTPPに反対する理由。

元農水省幹部が語るには「JAが反対するのは、組合員の農家の数を減らしたくないから」

「TPPに反対の理由は、参加すれば米価が下がり零細な兼業農家が維持できなくなる。農協としては戸数を維持したい」

さらに専門家が。
「農業は衰退するけど農協は繁栄する構造。金融業務、保険業務などをJAという農協に認めたそこに過ちの元があった」

と語っていまして。どういうこっちゃ。と。
そこでとある農家の収支を見せて貰ったところ惨憺たる物でした。

農協から振り込まれた米の収入197万円
振り込まれたらすぐに農協から、肥料や施設利用料、農業器具の借金などが195万円引かれる。

収入2万。なにそれ・・・そりゃ辞める人も多いですよね。

これだけ見ちゃうと「中央組織」ってのは利権の塊ですね。
農家の金が全部農協に集まってるんですから。

兼業農家じゃないとやっていけないわけですよ。

その丹精込めて作った米も、農協に持って行けば全国から集まった米と混ぜられて販売と。

「抵抗があるけどどうにもならない」と語っている農家さんのちょっと寂しそうな表情。

じゃぁやり方を変えてみたら? となったら。

「何十年も農協の世話になってきた。そのままでいいや。やりかたは」

考える事を放棄しちゃってるような感じになってましたねぇ。
良いんだか悪いんだか・・・。

滅多にテレビに出ない、JA全中のトップがインタビューに答えていました。

総理と会談したそうで。
「「5項目まもります」それは「よろしくお願いしますということです。国家主権、関税自主権を放棄することはならん。総理にも政治は信頼ですからねと申し上げた」

凄い迫力でしたねぇ。
いかにもという感じでしたが^^;

【中央組織に反旗! 越前たけふ農協】

703ある地域農協の1つ 越前たけふ農協。

そこの組合長さんは改革に立ち上がりました。
「農家のための、農業振興のため農村のための農協と言う発足の原点がぼやけている。だからJA不要論という極論がでてくる
原点を忘れてはならない」
と。

様々な改革を実施します。

「特別栽培米」(農薬などを減らした品質の高いコメ)を他のコメと区別して高く買い取る制度を設けました。
更にランク付けもして、最高と最高のランクでは60kgあたり3000円以上も買い取り価格に差を付けたそうです。

それにより農家の方もやる気が出まして。
専業農家の方は、赤字だった経営が黒字になるぐらいに。
特別栽培米の作付けを増やすことで収入が2100万円→2800万円に。
さらに良い米を作ろうと頑張っていました。「やりがい」が出たわけですね。

更に改革。
今までは「全農」を通して農産物を販売してましたが、直接卸業者や、スーパー。ネット通販でも販売するように。

すっかり特別栽培米のファンになった家族なんてのも紹介されてました。
米の味が全然違うそうで、スーパーの米を買ったら、子供が「いつもと違う米だ」と分かるほどだそうな。
多少高くても辞められないと言ってました。

そして、肥料価格も下げようと努力。
「全農」を通しての仕入れではなく直接肥料メーカーから仕入れる事で2〜3割安くなったそうです。
先に紹介した農家さんでは肥料代が70万円ぐらい安くなったそうです。

見事に農家さんの収入を増やすという事を実現させたので、全国の地域農協から視察が相次ぐぐらいだそうですが。
「越前たけふ」以外で同じようなことをやる農協は未だ出てきていないそうです。

その理由は。
たけふの組合長が語ったこの一言「トップは中央組織と戦う覚悟が必要」

中央との軋轢との戦い…これの覚悟がある人がいないようです。

また、全中トップへのインタビュー画面が。

「中央組織への不満があるようですが?」

「703あるなかで、2,3の話でしょう? 大方の皆さんが、全国組織の内情についても評価をいただいている。そういう一部の話に答弁は出来ない」

怖い怖い…あれは絶対快く思ってない。越前たけふが心配ですね・・・
何されるんだか

【JAを通さない! イオンの場合】

新勢力として、流通大手の「イオン」が農業に進出しています。
子会社の「イオンアグリ創造」ここが耕作放棄地などを借り入れて農地として復活。
野菜農場を全国に200ヘクタールも整備しているそうです。
これは国内の農業法人でトップだそうです。

「巨大流通がなぜ農業に?」

「ダイレクトに物を我々が流せる。コストも下がるし、鮮度もいい!」

そりゃそうですね。それによってかなりコストが押さえられ農協を通すよりも2割ほど安く流通できるようです。
自社農場以外でも、全国に100以上の契約農家を持ち、農家と売り場を直接結びつけているそうです。

今や米というのは、56%が農協を通さずに出荷されているそうで農協離れってのは進んでいるそうです。

【JA改革は?】

規制改革会議でもJAのあり方を見直す動きがあるそうです。

「JA農協は、農業者の生産力を高めることを目的にした職能組合。真の農業者の役に立つような農協にすると言うことが大きな課題」

農業人口は1976年748万人だったのが2013年239万人にまで減っています。

全中のトップも。
「高齢化している状況にあり、担い手不足をこれからどうするか。我々は自ら変わる。我々が変えていく」

なんていってましたが・・・

【JAだって頑張ってます】

新しい品種の開発というのはJAみたいな大きな組織じゃないと出来ない事です。
茨城のつくばにある全農飼料畜産中央研究所。

そこでアミノ酸を豊富に含み、ブランド豚に負けない肉質を持つ「新型ハイコープ豚」なる豚が開発されたそうです。
かなり美味しいそうでして広がりを見せているようです。

そして販路拡大を目指し、香港などでアンテナショップを展開。
日本の農産物をアピールしているそうです。

今後はアメリカやシンガポール、イギリスなどにも出店していくそうですが。

ちょいと規模が小さい話だなぁと・・・
アンテナショップでどれだけ日本の農産物の良さがアピールできるんだろう。

【和牛農家の方のお話】

1991年に、牛肉オレンジの輸入自由化が行われました。
関税も大きく下がり、牛の肥育農家は一気に減少しました。

ただ自由化を見越してアメリカで勉強してきたという農家さんは。

自分の名前がつくブランドの牛を生産し。
海外でも高い評価を受け。
1000頭あまりを生産し売上高は3億円にもなっているようです。

牛肉自由化になるまでは1人が4kgだった年間消費量
今では12kgになった。底辺が広がった!

肥育農家は7割減りましたが、牛肉生産量は1割しか減っていないということは。
美味しい牛肉を作り大規模化に成功した農家が多いという事で。

「TPPでダメになると言うことしか頭にないみたいだけど、やることにより夢は広がる。マーケットも広がるんだよ」

と語っていました。

勿論肉と米や他の農産物と比べることは出来ませんが。
やり方によっては「チャンス」となる可能性も秘めていると。

【とある米農家の方のお話】

新たな米を育てている方も。
「みつひかり」

コシヒカリより3〜4割収穫量が多く安くできる米で。
収穫を遅らせても品質劣化がしにくいため、作業が分散できるという品種。

この「みつひかり」吉野家が全て買い上げているそうです。
それにより収入が2〜3割アップしたというお話も。

「ニーズの中の価格というのは一つでしかない。いろいろな挑戦をして自分で情報なり研究して責任を持って作るというところが一番大事になってくると思う」

ニーズに沿った物を作ることで収入がアップすることもあると。
やはりやり方なんですよね。それを変えられるかが大きなポイントなのかもしれません。


農協ってそういう組織だったのか・・・というのがちょっとだけ分かった今日のガイアでした。

人気ブログランキングへ
posted by Fuchs at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイアの夜明け 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82314001
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ