2020年04月02日

Winning Post 9 プレイ記[056] 豊作の年(2016年)

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。


前回までのあらすじ

3歳馬フクスアスターがまさかの欧州牡馬マイル3冠達成。

WP9プレイ記-0293

パッと出て来てパッと消えるそんな雰囲気を醸し出してました

他の馬たちも色々と頑張ってくれ。
三冠馬、牝馬三冠が出そうな勢いでした。


不敗神話「フクスセレクト」

海外を飛び歩いているフクスセレクト。
彼も衰えが見えてきました。

WP9プレイ記-0295

アイルランドCS

大差での勝利を見せてくれました。
これぐらいの相手であれば負けないのですけど…

フォレ賞

ここでは結構詰められました…6馬身差での勝利です。
意外と危ないなぁと見ていました。

ブリーダーズカップマイル

これは相手が弱すぎたので大差での勝利となります。
まだまだ行けるかなとか思っちゃいましたが…

香港マイル

ここでは6馬身差まで詰められてしまいました。
なかなか上がり下がりが出て来ました。

そろそろ負けが付きそうな感じもしてきましたのですっぱり引退

不敗神話

27戦27勝という輝かしい成績を収めました。
アドマイヤムーンの血がこれからも残りそうです。


神速の中距離ランナー:フクスマター

6歳牝馬のフクスマター。
彼女も中々頑張ってくれていました。

WP9プレイ記-0296

ヨークシャーオークス

牝馬にはまだまだ負けませんよね。
それでも随分と詰められるようになってきていました。

ヴェルメイユ賞

ここもしっかりと勝利。
この辺の相手であれば勝利はまだまだ可能かなとも。

ブリーダーズカップF&M

こちらは大差で勝利。
アメリカではまだまだ勝てますねぇ。
このあと重賞に出して見ましたが負けていました。

ということで引退となりました。
繁殖入りです。

神速の中距離ランナー

牝馬なのにGI24勝もしてくれました。
彼女もまた強かったです。


フクスビクトリー / フクススパーブ

3歳牝馬のフクスビクトリー
彼女の癖にダートに滅法強いという馬に成長しました。

WP9プレイ記-0297

ただ流石のダートの本場アメリカでは通用せず。
中々勝てずにいました。

アラバマS

こちらはギリギリ勝利しました。
久しぶりにGIを勝利したなぁと言う感じ。

BCフィリー&メアスプリント

勝てるかどうかはヒヤヒヤという感じでしたけども
こちらも勝利となりました。
結構調子も上がってきたのかなと。

チャンピオンズカップ
国内に戻ってきてのダート戦。
牡馬混合でしたがレコードで勝利するという偉業を達成。
3歳牝馬だというのに恐ろしい子でした。

ホープフルステークス:フクススパーブ

2歳牡馬のフクススパーブ。
順調に重賞の勝利を重ねていましたが。
年の暮れのホープフルステークスで勝利しました。
これで来年のクラシックはこの子が中心になることが確定。
楽しみな存在となりました。


ドゥラメンテの海外挑戦

ドゥラメンテは距離適性が限られる為難しいですけども。
何とか何とか海外に挑戦して活躍していました。

WP9プレイ記-0298

インターナショナルS

4馬身差と詰められていますが勝利しました。
中々厳しい戦いでした。

凱旋門賞

一番大きいレースの凱旋門賞。
流石に相手も強いですからちぎることは出来ず。
2馬身半差で勝利となりました。

エミレーツS

豪州のレースですがこちらは相手が弱すぎでした。
あっという間の大差勝利となりました。

香港ヴァーズ

アジア系だと強さは圧倒的です。
大差の勝利。
エミレーツも香港ヴァーズも2着はうちの馬。
他に相手がいないのかという感じでした。

ドゥラメンテも衰えてきましたので来年が山かなと。


フクスシップの五冠と有馬記念はフクスケーキ

牝馬三冠に挑戦のフクスシップ

WP9プレイ記-0299

見事に牝馬三冠を達成しました。

秋華賞

ここは負けられないという感じでの勝利。
相手はうちの馬でした。

エリザベス女王杯

こちらは大差での勝利となりました。
イグリットが大敗しましたが距離か展開か…

アメリカンオークス

そして暮れに行われるアメリカンオークス。
こちらは圧倒的な大差勝利となりました。
芝ではアメリカでも負ける感じではありません


白い彗星:フクスアスター

3歳馬のフクスアスター。
超早熟という事で無理してまで走らせていました。

WP9プレイ記-0299

イギリスチャンピオンS

6馬身差で勝利しました。
これくらいの距離であれば余裕で勝利。
あまり長い距離は走れないのでここが限界です。

ムーランドロンシャン賞

結構迫られるピンチを迎えましたが必死の応援で1着でした。
古馬が混じってきているので結構厳しくなってきてます。

ハリウッドダービー

相手が強いわけではないので当然の勝利と言うことで。
これでアッという間の人生…馬生を駆け抜けました。
ほんと色々大変でした。

そして付けられた称号が…白い彗星
まさかの名前でした。
14戦13勝。
欧州牡馬マイル3冠を達成した名馬となりました

サトノダイヤモンドは…

三冠挑戦したサトノダイヤモンド

WP9プレイ記-0299

菊花賞

ここはしっかりと勝利して三冠馬にはなりました。
既定路線なので驚くことでもありません。
ステイヤーとして頑張って貰いますかねぇ。

ジャパンカップ

こちらもしっかりと勝利しました。
相手はフクスケーキ…彼に負けるかと思いましたが勝利。

有馬記念

しかしこちらはフクスケーキに軍配(先ほど紹介済み)
フクスケーキはサトノダイヤモンドより強いので…
当然と言えば当然かなとも思いました。

メートリアークS

フクスオペラが勝利しました。
しょっぱい騎手だったんですけど何とか勝利。
ちょっと危なかったですね。

最優秀ライバル対決にサトノダイヤモンドが選ばれました。


年度末処理

ということで年度末となりました。

WP9プレイ記-0299

結構多くのGIを取得出来ました。
日本部門別表彰を総なめ…に出来なかったのは悔しいです。

年度代表馬には、サトノダイヤモンド。
三冠馬ですからねぇ。

欧州年度代表馬にはフクスアスターが選ばれました。
白い彗星は欧州牡馬マイル3冠を達成しましたからねぇ

そして引退馬…

フクスマターはそろそろ繁殖に回したくて引退。
セレクトとアスターはやむなしという感じ。
フクスヘヴンはあまり活躍できませんでした。

と、言うことで駆け抜けた2016年でした。
来年度も繋がりそうなのでまだまだ頑張れそうです。

はやくウィポ9-2020に移りたいですけどね。



※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
posted by Fuchs at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2020年03月26日

Winning Post 9 プレイ記[056] 三冠挑戦が沢山(2016年)

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

取りあえずウイポ9_2020は購入済みです。
このゲームを2020年までやったらWP9_2020に移ります


前回までのあらすじ

2016年は期待できる馬がいくつか出て来ます。

ネームドは「サトノダイヤモンド」
それ以外にも自家生産馬が頑張ってくれそうな雰囲気。

WP9プレイ記-0289

古馬勢では、ドゥラメンテ辺りがレースを選べば…
頑張ってくれそうでした


フクスセレクトはアジアマイルチャレンジを

古馬勢で頑張る馬1頭目は、フクスセレクト。

長い距離はダメですがマイルなら行けるだろうと。
アジアマイルチャレンジに挑戦です。

WP9プレイ記-0290

フューチュリティS

豪州GI…大差での勝利となりました。
この強さは本物です。三歳馬なんかには負けません。

ドバイターフ

ドバイGI。こちらも大差での勝利。
8歳馬に負ける訳がありません!

チャンピオンズマイル

香港GI。
相手はモーリスでしたが勝利しました。
この辺に負ける理由がありませんね!

安田記念

という事で最終戦の安田記念。
こちらも相手はモーリス。5馬身差での勝利。
モーリスが同年代では強いようです。

ということで、アジアマイルチャレンジを完全制覇しました。


二冠馬が二頭

2016年のクラシック先生。
牡牝ともに二冠馬が誕生しました

WP9プレイ記-0291

フクスシップ
父:ディープインパクト×母:フクストップレディ
(母父:グラスワンダー×母:フクスファースト)
母のフクストップレディもGIで何勝かしてる名馬です。

牝馬クラシックはこの子が最有力候補となりました。
桜花賞、オークスともにしっかりと勝利。
桜花賞はギリギリでしたが、オークスはぶっちぎりました。

サトノダイヤモンド

こちらは史実の名馬ですので当然という感じ。
皐月賞と、日本ダービーをしっかりと勝利しました。
ぶっちぎると言うほどでも無かったですけど。


古馬勢色々

古馬勢のGI勝利についても…

WP9プレイ記-0292

ドバイシーマ:ドゥラメンテ

ドバイ・シーマ・クラシックはドゥラメンテが勝利。
結構ギリギリでしたが何とか勝ってくれました。

ウッドフォードリザーブターフ:ドゥラメンテ

こちらは余裕で勝利を見せてくれました。

ユナイテッドネーションズS:フクスオペラ

フクスオペラも頑張ってくれました。
というか、山口騎手でよく勝利してくれたなぁ。
丁度出払っていてという感じで可哀想でしたが。
何とか勝ってくれました。

KGVI&QES:ドゥラメンテ

メジャーレースの1つ。キングジョージ。
ドゥラメンテがしっかりと勝利してくれました。
欧州三冠は取れませんけどねぇ…

ドンカスターマイル:フクスヘヴン

あれ?誰?って感じでしたが。
自家生産馬を掛け合わせた馬が勝ってくれました。
完全にうちの血筋というローカル血統での勝利でした。


欧州牡馬マイル三冠:フクスアスター

距離適性が短いため欧州遠征にだしたフクスアスター。
狙うは欧州牡馬マイル三冠です。

WP9プレイ記-0293


イギリス2000ギニー

2馬身差の勝利となりました。
ここで勝てたことがかなり大きかったです。

フランス2000ギニー
次にフランスへ飛びこちらでは6馬身差での勝利となりました
これは行けるぞと言う感じになりますね。

アイルランド2000ギニー

アイルランド2000ギニーでも勝利をしてくれました。
かなりタイトなスケジュールでも勝利してくれます。
良い馬です。
というかWP9怪我しないから…

セントジェイムズパレスS

欧州牡馬マイル3冠の最後です。
ここもしっかりと勝利。
ガッツリ疲労が溜まってましたが勝利です。
ごめん…まさに馬車馬だったよ…

イギリスダービー

ついでにイギリスダービーにも出すという鬼畜っぷり。
勝ってくれましたが疲労困憊で死にそうになってました。

ということで、フクスアスターも大活躍を見せてくれます
早熟系は早く使わないと…ですからね。


古馬牝馬フクスマターの挑戦

もう6歳とう牝馬「フクスマター」

彼女もまた地味に頑張ってくれました。

WP9プレイ記-0294

クイーンエリザベスS

大差での勝利。まだまだその足は健在でした。
晩成馬はこれがありますから強いです。

マンノウォーS

こちらも7馬身差の勝利。
少し陰りが見えてきたかも知れません。
年は取ってますからねぇ。確実に。

クイーンアンS

4馬身差まで詰められます。
混合レースなのでそれも当然かも知れませんけど。
圧倒的な強さは見えてきませんでした。


ちなみに、2016年は一等星が誕生したようです。


その他のGI勝利

その他の馬たちの勝利です。

WP9プレイ記-0294

大阪杯:フクスケーキ

菊花賞も勝利したので春古馬三冠を狙いに行きました。
しかし…春の天皇賞で惨敗となりました。
残念ながら3200mまでは持ちませんでした。

マンハッタンS:フクスケーキ

仕方ないのでマンハッタンSへ出陣して勝利。
これくらいの距離であれば勝てる可能性はあるようです。

ヴィクトリアマイル:フクスアイランド

結構ギリギリでしたし1番人気では無かったですけど。
何とか勝ってくれました。
血は優秀なんですけどね…そこまで圧倒的では無い。
ディープインパクトとウオッカです。

ソードダンサー招待S:フクスアイランド

混合レースでしたけどもしっかり勝利してくれました。
距離的にはこっちの方が合っているのかも知れません。
やっと血の力が見れたかなという感じでした。

まとめ

ということで2016年の前半戦。

それなりにクラシック戦線も荒らしてますし。
欧州で猛威を振るったりと色々と頑張ってくれてます。
2016年は概ね好調にいきそうだなと胸を撫で下ろしました。


※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
posted by Fuchs at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2020年03月19日

Winning Post 9 プレイ記[055] ドゥラメンテも三冠馬に?(2015年)

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。


前回までのあらすじ

2015年は暗黒期に入ります。
主力馬が大量引退し前半戦もサッパリ。

唯一三冠が狙えるのが、牝馬のフクスアイランドでした。

WP9プレイ記-0281


ドゥラメンテも2冠は取れましたが距離的に厳しい状況でした


ドゥラメンテの三冠挑戦!

二冠馬ドゥラメンテ。
菊花賞は3000メートルということで流石に無理…
それならば秋古馬三冠に挑戦!!

WP9プレイ記-0285

天皇賞(秋)

最初は天皇賞ですが…まさかのレコードでの勝利でした。
古馬勢なんて負けるはずも無いという強さを見せました。

ジャパンカップ

秋古馬三冠2つめ。ジャパンカップ。
こちらもしっかりと勝ちました。
勝った相手もうちの馬でしたが…
ネームドには勝てませんねぇ。

有馬記念

秋古馬三冠最後は有馬記念。
距離的にギリギリという感じではありました。
ここにはあとで紹介する「フクスアイランド」も出ました
牝馬三冠馬です。
というか、フクスアイランドも強かった。
追いすがりましたがドゥラメンテに逃げ切られました。

という事で。
秋古馬三冠を達成しました。
古馬じゃ無いのに…。


牝馬四冠…フクスアイランド

前半で二冠馬となりましたフクスアイランド。
秋もしっかりと勝利を連ねていきました。

WP9プレイ記-0286

紫苑S

ギリギリトライアルを勝利します。
ずば抜けて強いわけじゃ無いですからねぇ。

秋華賞

牝馬三冠最後のレース秋華賞。
こちらはしっかりと勝利しました。
フクスオペラも頑張ったんですけど勝てませんでした。

エリザベス女王杯

こちらも勝利しています。
相手はやはりフクスオペラ。
この三戦全て1-2着の連対を外さないコンビとなりました。

こうして牝馬四冠をゲットしましたが。
有馬記念に出てしまい負けました


その他の馬たちのGI勝利

ここからはパラパラと勝利した結果を。

WP9プレイ記-0287

ジョーハーシュターフクラシック:フクスジャッジ

アメリカGIです。
フクスジャッジが遠征で勝利しました。
なんだかんだ頑張ってくれるフクスジャッジです。

菊花賞:フクスケーキ

菊花賞はフクスケーキが頂きました。
ドゥラメンテが出ない分頑張ってくれました。
この子はステイヤー気質があるので強かったです。

ハリウッドダービー:フクスケーキ

ドゥラメンテがいない分ハリウッドダービーに出走。
こちらは圧勝で勝利となりました。
しかしドゥラメンテには勝てないという悲しさがあります。

ホープフルS:サトノダイヤモンド

ネームドが勝利しました。
フクスアスターも頑張ったんですがダメでしたねぇ。
中々壁は高いです。

WP9プレイ記-0288

北海道2歳優駿:フクスビクトリー

牝馬なのにダートで強いという馬が出来ました。
ダートで活躍したフクスラッキーの子です。
その血を引き継いでくれています。

全日本2歳優駿:フクスビクトリー

牡馬勢にも負けずしっかりと勝利しました。
この強さはダートで本物だと分かりました。
これ以降はアメリカ挑戦となります。

香港カップ:フクスセレクト

海外でしっかり勝利してくれます。
前半で頑張った分後半は1勝だけとなりました。

香港ヴァーズ:フクスマター

牝馬ながらまだまだ頑張ってくれます。
そろそろ引退しようかどうか悩ましい所なんですが。
温泉で復活したのでした。


年末処理

ということで2015年も終了です。

WP9プレイ記-0289

最優秀ライバル対決は、フクスアイランドでした。
圧倒的に勝利したんですけどね。

そして、GI勝利は…いまいちでした。
スカスカですね。

部門別表彰馬も少ないですねぇ…

しかし年度代表馬は、秋古馬三冠のドゥラメンテでした。

古馬じゃ無いのに秋古馬挑戦して勝利しました。
春古馬三冠は取れませんからねぇ…

WP9プレイ記-0289

引退する代表馬は…フクスジャッジ

戦慄の末脚という名前を貰いました。
色々な名馬に阻まれて勝利は伸びませんでしたが。

18勝。GI10勝してくれました。


まとめ

2015年は1年通してパッとしませんでした
大勝ちというのも無く…GI独占も出来ず。
ネームドがなんとか勝利してくれていると言う状況
最近自家生産馬がピリッとしませんし。

もう少し配合を何とかしなければと考え始めました


posted by Fuchs at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2020年03月12日

Winning Post 9 プレイ記[054] 大量引退後の暗黒期(2015年)

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。


前回までのあらすじ

2014年は色々と勝利に勝利を重ねました

WP9プレイ記-0279

しかし優秀な馬たちが引退となりました。

フクスリボー、フクスレコード、フクスコール、ジャスタウェイ
ここから暗黒期が始まりました…


唯一元気なフクスセレクト

残った馬の中で頑張ったのはフクスセレクト。

WP9プレイ記-0280

2015年の前半だけで5勝してくれました。

ジョージライダーS

豪州GIとなります。
やはり他の馬との力の差は歴然と言いますか。
大差勝ちとなりました。

ドバイターフ

こちらも9馬身差の勝利となりまして。
圧倒的な強さを見せつけました。

マンノウォーS

またまた大差での勝利となります。
海外の馬場でもしっかり対応出来てますね。

フォースターデーヴH

アメリカの芝GI…こちらもまた大差となりました。
相手が弱すぎますからねl。

インターナショナルS

久々に歯ごたえのある敵が出て来たバトルとなりました。
こちらはギリギリの1 3/4差での勝利となります。
そろそろ力も落ちてきているのは確かでした…

今年までとなりそうなフクスセレクト。
また主力が抜ける状況となりそうでした。


牝馬2冠:フクスアイランド

クラシック戦線。
牝馬はフクスアイランドが頑張ります。
父:ディープインパクト×母:ウオッカ
超良血馬となります。

WP9プレイ記-0281

それでも圧倒的な強さでは無いのが不思議ですけども

桜花賞

ギリギリでしたが勝ちきってくれました。
危なかった…

オークス

こちらはかなりの差を付けての勝利となります。
晩成気味なので後半にもっと伸びてくれるでしょう。


ドゥラメンテが頑張る

牡馬クラシック戦線。
こちらはドゥラメンテが頑張っていました。
そして同じ生産馬の、フクスヘヴン、フクスケーキが追う…

そんな展開名となっていました。

WP9プレイ記-0282

皐月賞

フクスヘヴンをちぎっての勝利となります。
かなりの壁がありますねぇ。

日本ダービー

こちらもぶっちぎりの9馬身差の勝利となります。
これだけ力の差があると面白味もありません。
ただ三冠が取れるかと言えば…3000メートルが…。


フクスマターはまだ元気

去年秋古馬三冠を獲ったフクスマター。
彼女はまだまだ元気でした。

WP9プレイ記-0283

ウッドフォードリザーブターフクラシクS

やたら長い名前のレース。
牡馬混合ですがしっかりと大差で勝利しました。

宝塚記念

国内グランプリ戦。
こちらもしっかりとちぎっての勝利。
やはり強いなぁ…牝馬なんですけどねぇ。

アーリントンミリオン

アメリカGIでもしっかりと勝利します。
牡馬になんて負けませんからねぇ。
力強さが違います。

彼女は今年もまだまだ活躍してくれそうだなと。


フクスジャッジが海外勝利

フクスジャッジ…
かなり不遇の馬です。
うちの産駒の他が活躍しすぎて勝てないことが多く。
いつも掲示板止まりという馬でした。

WP9プレイ記-0284

マンハッタンS

何とか勝利を収めてくれました。
やっと勝てる時代がやってきました…がもう6歳でした。

まとめ

2015年前半はサッパリサッパリな状況です。
これだけしか勝ち星がありませんからねぇ…
後半もいまいちとなりそうな予感でした



posted by Fuchs at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2020年03月05日

Winning Post 9 プレイ記[053] 牝馬三冠と…?(2014年)

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。


前回までのあらすじ

2014年。
牝馬、牡馬も二冠は獲得しました
しかし牡馬フクスセレクトは適性がないため別ルートへ。
牝馬フクスコールだけが三冠狙いとなりました。

WP9プレイ記-0270

しかし別の三冠が待っていました…


フクスマターの秋古馬三冠

フクスマター
父:ディープインパクト×母:フクストップレディ
(母父:グラスワンダー×はh母:フクスファースト)
母のフクストップレディもGIで何勝かしてる名馬です。

フクスマター自身、牝馬三冠馬ですが。
その彼女が…海外GIを快走し秋古馬三冠に挑みました。

WP9プレイ記-0275

プリティポリーS

ギリギリでしたが勝利しました。
危なかった…

ダイアナS

こちらは余裕の勝利となりました。
流石牝馬三冠馬です。

天皇賞秋

という事で国内に戻ってきて牡馬混合戦へ。
勝てないだろうなぁと思っていたら思いのほか4馬身差の勝利
これ行けるんじゃないか?という事で秋古馬三冠狙いへ

ジャパンカップ

こちらもエピファネイアを従える形となり4馬身差の勝利。
まさかの勝利を収めました。
ただ1つ…フクスリボーを出さなかったのが大きいです。
フクスリボーがいると完全敗北します。

有馬記念

こちらもフクスリボーの参戦を諦め挑戦。
うちの馬のフクスジャッジに迫られましたけども。
何とか逃げ切り勝利となりました

これで牝馬の秋古馬三冠達成となりました


フクスセレクトは海外へ

二冠馬フクスセレクト

WP9プレイ記-0276

本来なら菊花賞へ行って三冠狙う訳ですが。
どう見ても距離適性がありません。(1400-2000まで)
負けるの分かって出してもしょうが無いので。
海外で存分に暴れて貰いました。

エクリプスS

2着馬にかなり迫られましたが1/2馬身差での勝利です。
危なかったもう少しで負けるところだった。
というか、負けたので色々やって勝たせました。

コックスプレート

豪州GI。こちらもしっかり勝利です。
ここは余裕で勝てました。

ハリウッドダービー
こちらは当たり前のように勝利。
同い年に負けるほど弱くありません。

シャドウェルターフマイルS

ここも圧倒的大差での勝利となりました。
結局距離適性が限られているのでレース選びが大変です。
二冠馬なのに勿体ない…持て余す感じとなりました。

ホープフルS:ドゥラメンテ

ホープフルSはドゥラメンテが勝利しました。
うちの馬もいましたけど…勝てませんでした。
来年はこの史実馬に頑張って貰いましょう


フクスリボーの海外挑戦

衰えが見えてきたフクスリボー。
連戦連勝馬もそろそろ最後の闘いとなります。

WP9プレイ記-0277

インターナショナルS

5馬身差の勝利。
圧勝できなくなってきましたね。

アイルランドCS

こちらも4馬身差ぐらいの勝利です。
やはり圧勝が難しい。

ブリーダーズカップターフ

こちらは大差の勝利。
しっかり調整して行けばあっさり勝てる事もあります。

香港カップ

相手が劣りますからねぇ。
ここは確実な勝利となりましてお金を稼ぎました。

と、いうことで彼とはここでお別れとなります。
お疲れ様でした。そしてありがとう!

エミレーツS:フクスジャッジ

フクスジャッジも地味に頑張りますが。
フクスリボーに負け続けましたからねぇ。
別れるとまぁそれなりには買ってくれます。


ジャスタウェイも短距離中心で

ジャスタウェイは短距離中心で闘いました

WP9プレイ記-0278

ナンソープS

イギリスの1000メートル。
こちらはあっさりと買ってくれました。
斤量重めでしたけどねぇ。

ブリーダーズカップマイル

まぁ負けるはずもありません。
確実な勝利となりました。

スプリンターズS

国内に戻り短距離を荒らします。
スプリンターズSは圧勝しました。
早すぎます。

マイルCS

こちらも圧勝です。
国内勢に負ける訳がありませんからね!
しかしジャスタウェイもそろそろおしまいの時間でした。
ここで終了となります。お疲れ様でした!

ノーザンダンサーターフS:フクスジャッジ

フクスジャッジも地味に頑張りますが。
フクスリボーに負け続けましたからねぇ。
別れるとまぁそれなりには買ってくれます。
(2回目)
いや、普通には強いんですが。
フクスリボーが更に上を行くのです


フクスレコードとフクスコール

フクスレコード。
牝馬ですが5歳でも頑張って勝利を重ねてくれる良馬です。
牝馬限定のレースで勝ち星を重ねました。

WP9プレイ記-0279

ヨークシャーオークス

6馬身差の勝利でした。
これくらいの相手には負けない強さがあります。

フラワーボール招待S

ここも4馬身差の勝利。
徐々に衰えは出て来ているかも知れません。

ブリーダーズカップフィリー&メアターフ

ついに負け始めました。
これはそろそろ引退だなぁという感じになりました。

秋華賞:フクスコール

ということで、二冠馬フクスコール。
三冠狙いで秋華賞に出走。
しっかりと勝利しました。大差の圧勝でした。
牝馬では敵無しです。

エリザベス女王杯

こちらもそのまま勝利となりました。
レコード勝ちの圧勝となりました。強いですねぇ…
他が弱すぎるのかも知れませんけど。

アメリカンオークス
もうこのルートが当然のようになってますが。
アメリカンオークスでもしっかり勝利しました。
海外馬場も行けそうです。


年末処理

年末となりました。
最優秀ライバル対決は、フクスマターが登場しました。

WP9プレイ記-0279

エピファネイアに勝ちましたからねぇ。
国内レースもうちの馬がかなりの数を占めましたし。
年度代表馬は秋古馬三冠のフクスマターになりました。

そして優秀な馬たちが引退となります。

フクスリボー、フクスレコード、フクスコール
ジャスタウェイ

主力がごそっと抜けてしまいました。

殿堂馬

WP9プレイ記-0279

殿堂馬は4頭でました。

マイルの帝王:ジャスタウェイ

なんか短い距離ばかりに出してたらマイルの帝王に…
マイラーになってしまいました。

生粋のステイヤー:フクスリボー

生粋ってほどステイヤーレースには出してないのですが
何故こうなったのだろうと首をかしげました

三冠の一族:フクスコール

12戦しか出来ない早熟馬でしたが。
三冠馬としてしっかり働いてくれました。


マイルの女王:フクスレコード

ジャスタウェイはマイルの帝王。こちらはマイルの女王。
マイルGIばかり出してたわけでもないのですが。
何故こんな名称になったのか不思議でした。


まとめ

強い馬が順当に勝利を重ねました。
しかし有力馬がごっそり抜けてしまいます。

来年トップに立つのはどの馬か。

ドゥラメンテ辺りの活躍が期待されます

posted by Fuchs at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2020年02月27日

Winning Post 9 プレイ記[052] 有力馬が順当に(2014年)

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。


前回までのあらすじ

2013年。
フクスリボーが古馬王道完全制覇を成し遂げます。
2歳馬も有力候補が生まれ順調に進みそうな勢いでした。

WP9プレイ記-0269

有力馬がしっかりと成績を残してくれるかにかかっています


三冠は厳しいが…フクスセレクト

ホープフルS書類のフクスセレクト

父:アドマイヤムーン×母:シーキングザパール

WP9プレイ記-0270

距離適性が2100までということで三冠馬にはなれそうにないです
しかしそれなりにクラシックを頑張って貰いました。

弥生賞

トライアルは流して普通に勝利します。

皐月賞

勿論負ける訳がありません。
2着もうちの馬となりました。

日本ダービー

こちらは2400ということで少し長く。
2着馬にかなり詰められましたが逃げ切ってくれました。
ヒヤヒヤの勝利です。

距離適性を見越して海外へと突き進みます。

セントジェイムズパレスS

イギリスGI。馬場はあわなそうでしたがしっかり勝利。
三冠挑戦はせずに海外で回しそうです。


フクスジャッジの海外挑戦

フクスジャッジ
父:グラスワンダー×母:フクスフィフス

5歳になってもまだ元気。

WP9プレイ記-0271

ガルフストリームパークターフH

4馬身差でしっかりと勝利しました。
あまり長い距離は走れないのでマイルが丁度良いです。


フューチャリティS

豪州のGIも大差の勝利でした。

オールドエイジS

こちらも短めの距離。
しっかり大差の勝利となりました。

このあと安田記念に出ますが…


ジャスタウェイも走る

こちらは短い距離の年にしようと短距離戦中心。

WP9プレイ記-0274

高松宮記念

大差の勝利。スプリンターではない割にいいですねぇ。
ここからスプリント戦メインとなりました。

チェアマンズスプリントプライズ

香港GI。こちらもしっかりと勝ちきってくれました。
調子×だったのに頑張ったなぁ…

安田記念

フクスジャッジを躱してレコード勝利。
流石のマイラー。というか調子×なのにレコードって…

ジャスタウェイ強いなぁと感じました。


フクスリボーの海外挑戦

こちらも海外挑戦のフクスリボー。

WP9プレイ記-0272

順調に、GI実績を重ねます。

ドバイシーマクラシック

圧倒的大差の勝利。
強すぎます。

クイーンエリザベス2世カップ

負けるわけも無く大差の勝利でした。

マンハッタンステークス

アメリカGIこちらも8馬身差の勝利。
同じ年代で負ける訳も無いなぁと言う感じ。
晩成馬なのでまだまだ行けますよ!


三冠牝馬フクスマターも走る

牝馬三冠をとったフクスマター。
彼女も海外中心の挑戦となります。

WP9プレイ記-0273

クールモアクラシック
豪州GI。大差勝利。
牝馬限定ですからねぇ。

クイーンオブザターフS

こちらも牝馬限定線
大差の勝利です。牝馬三冠とってるだけあります

ヴィクトリアマイル

もちろん勝利しますが。
こちらは結構追い詰められました。
展開かなぁ…。


フクスレコードとフクスコール

フクスレコード。
こちらも順調にGI勝利を積み重ねます。

WP9プレイ記-0274

大阪杯

フクスレコードが6馬身差の勝利。
ここからどうしようか悩みましたが春天は距離適正無くて無理
ということで…

ジェニーワイリーS

しっかり大差の勝利となりました。

ゲイムリーS

アメリカGI2連戦ですが勝利してくれました。

そして牝馬2冠達成する馬が!

桜花賞:フクスコール

トライアルで負けてどうなるかと思いましたが。
桜花賞は圧倒的な勝利でした。
トライアルは調子が悪かったからか…

オークス:フクスコール

こちらは大差の勝利。
どんどん本格化して牝馬三冠は目前となりました


まとめ

2014年前半。
国内戦はパッとしませんが。
国外戦でかなりの勝利を重ねていました。

後半もこの調子をキープできそうです


posted by Fuchs at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2020年02月20日

Winning Post 9 プレイ記[051] フクスリボーの古馬王道完全制覇(2013年)

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。


前回までのあらすじ

2013年前半。フクスリボーはあっさり春古馬三冠を獲ります。

フクスリボー
(父:ディープインパクト×母:シーキングザパール)

WP9プレイ記-0260

後半も勿論彼を中心に回ります。
そしてあの女傑が引退することになったり。
新たな女傑が生まれたり…


フクスレコードの海外遠征

フクスレコード
父:ディープインパクト×母:ワキアオブスズカ

地味に海外挑戦を続け地味に3勝を上げました

WP9プレイ記-0265

メイトロンS

9馬身差の圧倒でした。ここに来て覚醒かな…

オペラ賞

フランスでもしっかりと勝利。
牝馬限定だと強いのかも知れません。

メートリアークS

こちらは結構迫られましたが勝利となりました。

意外な戦果を上げてくれたので満足です。
ディープインパクト産駒は強いなぁと。


フクスリボーの秋古馬三冠

フクスリボーは海外で一度叩いたあとに国内戦へ。

WP9プレイ記-0266

アイルランドチャンピオンS

結構迫られましたが勝利となりました。
あまり得意じゃなかったかな…

天皇賞(秋)

ここは負けられません。
国内に敵はいませんからねぇ。
大差で勝利となりました。

ジャパンC

国内で負ける訳には…です。
こちらもしっかり大差勝利となりました。

有馬記念

年の終わりのグランプリもオルフェーヴルに大差勝利。
国内的無しの秋古馬三冠達成。

古馬王道完全制覇となりました


牝馬三冠:フクスマター

フクスマター
父:ディープインパクト×母:フクストップレディ

2冠は獲得済み。ということで三冠を獲りに行きます。

WP9プレイ記-0267

ローズS

トライアルは勿論勝利

秋華賞

7馬身差の圧倒撃で勝利。
ザンジバルもうちの生産馬です。

エリザベス女王杯

こちらも負けること無くしっかり勝利。
7馬身差の勝利となりました。

アメリカンオークス

すっかり牝馬の年無い最終レースとして定着してますが
こちらも9馬身差の圧勝でした。

牝馬5冠を達成。歴史に残る名牝となりました。


その他

その他の馬たちの結果です。

WP9プレイ記-0268

ジャスタウェイ

スプリンターズSで、5馬身差勝利

マカトニSで、大差勝利。

スプリント戦では負けません。

フクスコール:阪神JF
期待できる2歳馬が登場しました。
フクスコール。
父:グラスワンダー×母:アドマイヤグルーヴ
とても良血です。

彼女がクラシックを荒らしてくれるのが楽しみです。

ホープフルS:フクスセレクト

父:アドマイヤムーン×母:シーキングザパール
こちらも良血。

晩成だったのでデビューが遅くなりました。
何とか間に合ったのでここからどうなるかです。

WP9プレイ記-0269

ハリウッドダービー:フクススピン

期待していたクラシック二冠馬。
しかし距離適性がなくて菊花賞は惨敗。
ハリウッドダービーで勝利しました。

チャンピオンズカップ:フクスエンブレム

砂の女帝が最後を締めくくりました。
チャンピオンズカップで大勝しました。
騎手もへぼい騎手だった割に強さを見せました。
これで彼女は引退となります。

エミレーツS:アイムユアーズ

まさか海外GI勝つとは…
なんか運が良かったようです。

香港マイル:フクスジャッジ

こちらも勝つと思ってなかった馬。
まさかの勝利となりました。


年末処理

という事で1年が終わりました。

WP9プレイ記-0269

ライバル対決は、フクスリボーとトーセンジョーダン
敵ではなかったですけどねぇ。

2013年は結構フクス勢が勝利していました。

WP9プレイ記-0269

年度代表馬には、フクスリボー。
そりゃ古馬王道完全制覇ですから。

引退馬は結構な数を排出。
フクスエンブレムとフクスシュアが称号を獲得しました。
ダートクイーンのフクスエンブレムが金。
賢兄賢弟フクスシュアが銀でした。


まとめ

古馬王道完全制覇をしたフクスリボーが目立つ2013年。
それなりに毎年スター馬が出てくれているので来年も楽しみです


posted by Fuchs at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2020年02月13日

Winning Post 9 プレイ記[050] フクスリボーに託す春古馬三冠(2013年)


競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。


前回までのあらすじ

2012年。フクスリボーが覚醒しました。

フクスリボー
(父:ディープインパクト×母:シーキングザパール)

国内三冠は当然。欧州三冠も取得。

WP9プレイ記-0257

1年でGI8勝という恐ろしい結果を残しました。
このゲームはハードに使っても…ですからねぇ。

2013年もフクスリボーを中心に。
クラシック勢も頑張ってくれました。


フクスリボーの春古馬三冠

まだまだ元気なフクスリボー。
まずは国内三冠を収めに行きます。

WP9プレイ記-0260

大阪杯

ここは当たり前のように勝利します。
2着もうちの馬。4着もうちの馬。
大阪杯は、ネット対戦でも勝利できました。

天皇賞(春)

距離的には適性がないので厳しい状況。
勝てるかどうか気になりましたが何とかオルフェーヴルを抑え
勝利してくれました。
結構ギリギリでした。

宝塚記念

最後は春のグランプリ。
こちらは圧勝という感じになりました。
得意距離ですから当然ですね。

ということで、あっさりと春古馬三冠を獲りました!


牝馬三冠を目指して - フクスマター

フクスマター。

父:ディープインパクト×母:フクストップレディ
(母父:グラスワンダー×はh母:フクスファースト)
母のフクストップレディもGIで何勝かしてる名馬です。

3歳になってまだ未勝利だった馬です。
デビューが遅い晩成馬。
何とか叩いて未勝利戦を突破。
2戦目で格上挑戦で桜花賞トライアル2着。
ギリギリ間に合いました。

WP9プレイ記-0261

桜花賞

かなりのハードスケジュールでしたが勝利しました。
2着のザンジバル…うちの産駒です。
売り払ったら活躍するという

オークス

こちらもライバルはザンジバル。
抑えて勝利しました。危なかった…
自家生産馬にやられるのは怖いですねぇ。

フランスオークス

秋華賞まで空いてしまうのでフランスオークスへ。
するとなんと勝利してしまいました。
海外でも通用することを示してくれました。

牝馬三冠を目指して秋までお休みとなります


三冠馬を目指して - フクススピン

フクススピン
(父:シーキングザダイヤ×母:アドマイヤグルーヴ)

朝日杯FSを勝利したフクススピン。
クラシックの主役となりました。

WP9プレイ記-0262

皐月賞

しっかりと勝ちました。
相手はエピファネイア。決して弱くはないですが。
それなりに離しての勝利です。

日本ダービー

こちらもしっかりとエピファネイア抑えての勝利。
これであとは菊花賞のみ
距離的に少し気になります…

そして、ジャスタウェイも頑張ってくれました。

フューチュリティS(豪州)

ちょっとタイトル隠れてますが。
1600メートルのマイル戦でしっかり勝利してくれました。
大差ですね。

安田記念

同じくマイル戦。安田記念もしっかりと勝利。
ロードカナロアと良い戦いを見せてくれました。


アイムユアーズとフクスシュア

アイムユアーズ。
あまり活躍しないだろうなと思ってた馬。
それがなんだかんだ海外レースで勝ってくれました。

WP9プレイ記-0263

ガルフストリームパークターフH

アメリカのGI。ここで見事勝利しました。
まさかでした。

モーリスドギース賞

フランスのGIでも勝利。
かなりギリギリでしたが…
強くはないのですがレースによっては勝てるようです。

フクスシュアも頑張ります。
(父:カコイーシーズ×母:フクスブレーヴ)

キングズスタンドS

イギリスのGIです。こちらも勝てるとは…
ギリギリに近いですが勝利してくれました。

高松宮記念

そしてまさかの国内GIの勝利。
スプリンターとして覚醒し始めました。


フクスレコードが海外で…

フクスレコードも頑張ってくれました。

WP9プレイ記-0264

クールモアクラシック

豪州GI。
まさかの大差勝利となりました。
これぐらい勝てる力は…

ジェニーワイリーS

アメリカGI
こちらでもそこそこ離しての勝利。
距離的にマイルが良いようです。

ヴィクトリアマイル

国内に戻ってヴィクトリアマイル。
こちらもしっかりと勝利しました。
アイムユアーズは…パッとしませんでした。

ジャストアゲームS

アメリカGIでも勝利します。
マイル戦での活躍が目立ってきました。


ダート巧者:フクスエンブレム

フクスエンブレム。
7歳牝馬ですが今更活躍し出しました。

WP9プレイ記-0264

チャーチルダウンズS

アメリカGI。
ダートです。ダート短距離だと結構な強さがあるようです。
ラッキーがいなくなった今のびのび走ってます。

オグデンフィップスS

こちらもアメリカGI。
大差の勝利となりました。牝馬のくせに強いですねぇ。

ドバイワールドC

まさか出場するとは思って無かったドバイ。
それもWCを牝馬で制してしまいました。
これには驚きました。


まとめ

4月に生まれた子に。一等星が。
フクストップレディ13の子…2年後が楽しみです。

そして思いのほか自家生産馬が活躍して。
三冠狙えるのが3頭となりました。

順調にいってくれるかが気になります



posted by Fuchs at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2020年02月06日

Winning Post 9 プレイ記[049] フクスリボー国内三冠・欧州三冠 2012年

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。


前回までのあらすじ

2012年。フクスリボーが覚醒しました。

フクスリボー
(父:ディープインパクト×母:シーキングザパール)

WP9プレイ記-0251

皐月賞、日本ダービーを勝利。
イギリスダービーを勝利しました。
かなりの強行軍で欧州三冠は獲れるのか。


引退へのカウント:フクスマーチ

フクスマーチも衰えを見せ始めていました。
流石に状況は悪いです。

WP9プレイ記-0255

ジュライカップ(イギリス)

7馬身差の勝利。まだまだ元気でした。
相手もそんなに強くないですしねぇ。

スプリントカップ(イギリス)

こちらも8馬身差の勝利。
まだまだ元気かなとか思っていました。

ブリーダーズカップターフスプリント(アメリカ)

7馬身差の勝利はしてますが相手が弱すぎます。

スプリンターズステークス

そして日本に帰ってきて一線級と闘うと…4馬身差。
一気に衰えを見せてくれました。
ということでさくっと引退となりました。

不世出のベストマイラー

称号はかなり格好いいですねぇ。
こんな素敵な名前になるとは思いませんでした。

何はともあれ34戦お疲れ様でした。


フクスリボーの欧州三冠

メインディッシュはこちら…
フクスリボー。

強行軍で突き進みます。


WP9プレイ記-0256

キングジョージVI&クイーンエリザベスS

ギリギリでしたが勝利してくれました。
これで欧州三冠に王手となります。

凱旋門賞

こちらもギリギリの勝利となります。
危なかった…それでも勝利してくれたことに感謝。
一番大変だったのは調子を維持することでした。
色々と手を尽くしましたよ…。

スピードS+、勝負根性S+です。
次は菊花賞となります。

WP9プレイ記-0257

菊花賞

国内勢に負ける訳がありませんでした。
そしてうちの馬で独占します。

ジャパンカップ

更に強行軍は続きます。ジャパンカップにも出走。
見事に勝利をもぎ取りました。

有馬記念

こちらもレコード勝利となりました。
国内敵無しという恐ろしい状況です。

オンライン対戦でも勝利してくれました。
でもやはり難しいんですけどね…オンライン。
これよりも良い馬がゴロゴロいます。

ということで、1年でGI8勝というバケモノになりました。


その他のGI勝利

WP9プレイ記-0258

天皇賞秋:フクスシュア

期待はしてなかったのですが勝利してくれました。
ギリギリだったので「おぉ。勝ったんだ」ぐらいです。

マイルCS:アドマイヤセプター


アドマイヤグルーヴとキングカメハメハという血統。
史実馬です。うちの産駒が負けてしまいましたが。
賞金はゲットです。

エリザベス女王杯:フクスレコード

ここで勝つならクラシックで…と思ってしまいましたが。
1つでも勝利してくれたことに価値があります。

朝日杯FS

2歳馬フクススピン
(父:シーキングザダイヤ×母:アドマイヤグルーヴ)

良血ですがしっかりと勝利してくれました。
クラシック戦線頑張ってくれたら良いのですが


年末処理

年末処理です。
最優秀ライバル対決にはフクスリボーが選ばれました。

WP9プレイ記-0259

ライバルって程でもないような気がしたんですけど。
ぶっちぎってましたからねぇ。
これはいつも謎です。

GI戦線はある程度うちの馬が荒らしましたという感じでした

WP9プレイ記-0259

年度代表馬には、フクスリボーです。
当然ですね。欧州年度代表馬にも選ばれました。


2012後半まとめ

フクスリボーの1年でした。
ただフクスリボーも引退は4歳か5歳。
次に来る子が出てくるかが問題となりそうです。

いつも後継者問題ばかりが頭が痛いですねぇ。

posted by Fuchs at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2020年01月30日

Winning Post 9 プレイ記[048] 新たな王道へ-フクスリボー 2012年

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。


前回までのあらすじ


2012年もパッとしない年でした。
ダート王:フクスラッキーが引退。

2歳馬のフクスリボー
(父:ディープインパクト×母:シーキングザパール)

血統的にも中々ですけど見事にフランスのGIを勝利。
ホープフルSも勝利しました。

WP9プレイ記-0248

彼の今年の活躍が期待されるぐらいでした。


スプリント戦線を賭ける:フクスマーチ

フクスマーチは相変わらず好調。
スプリント戦線を荒らしまくってました。

WP9プレイ記-0250

アルクオーツスプリント

ドバイのスプリントGI。
勿論大差の勝利

ブラックキャビアライトニング

こちらもしっかり大差の勝利。
ロケットマンも目じゃないです。

キングズスタンドS

イギリスのGIです。
こちらもしっかりと勝利となりました。
どこに行っても負け知らずのスプリンターに成長してます

ほぼS以上というステータスは見事です。
右回りは苦手なんですけどね…


新たなヒーロー:フクスリボー

さて2歳で海外GIを勝利したフクスリボー

彼もまた成長を遂げました。

WP9プレイ記-0251

皐月賞

大差勝ち…もう負ける要素がありません。
その皐月賞ではオンライン対戦でもしっかり勝利しました

日本ダービー

こちらも8馬身差の勝利。
というかうちの牧場の産駒だらけになりました。
表彰台独占です。

イギリスダービー

そして強行軍のイギリスダービー。
こちらも調子が悪い中勝利しました。
鬼のごとき強さです。

あとは三冠が取れるかどうか。
欧州三冠をも狙いながら突き進みます。

WP9プレイ記-0252

ステータスはこんな感じ。
スピードはSです。強いです。
3000まで行けそうなのが良いですねぇ。
ただ脚質が先行のみというのが辛い所です


そのほかのGI勝利

牝馬クラシック勢は壊滅しました。
遺憾の意です。

WP9プレイ記-0253

大阪杯:フクスシュア
距離適性などもあり皐月賞以降中々勝ちきれなかった彼ですが
大阪杯は勝利しました。
2000メートル専門なのかな…
オルフェーヴルに勝てたのは大きいですね。

NHKマイルC:ジャスタウェイ

NHKマイルはジャスタウェイとなりました。
ネーム馬ですからこれくらいは勝ってくれないと…ですね。

ヴィクトリアマイル:アドマイヤセプター

彼女が勝つとは思っていませんでした。
パッとしないステータスなのでGI無理かなと思ってましたが…
他に有力馬がいなかったのが幸いしたのかも知れません。


ネーム馬が生まれる

そうか…キングカメハメハとアドマイヤグルーヴで…

WP9プレイ記-0254

ドゥラメンテが誕生しました。
2冠馬にはなってくれそうです。
三冠馬になれるのかな…


前半まとめ

牝馬クラシックは壊滅。
牡馬はフクスリボーが頑張ってますが。
それ以外がパッとしない戦績となっています。

フクスリボーがどれだけ頑張れるのか。

欧州三冠は獲れるのか!!

2012年はそれだけに期待する感じとなりました。


posted by Fuchs at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9