2019年10月10日

Winning Post 9 プレイ記[035] ディープインパクトのデビューと世代交代

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

前回までのあらすじ

2004年は自家生産馬も頑張ってくれます。

特にフクスエンゼルはよく走ってくれてました。

WP9プレイ記-0173

そして2004年後半はあの馬がデビューするのでした。


フクスエンゼル最後の雄姿

フクスエンゼルはとてもよく走ってくれました。

WP9プレイ記-0175

この年で終わりということは分かっていたので。
出来る限りだしてやりました。

サセックスステークス
大差勝ちの圧勝。

ウッドバインマイルステークス

こちらも大差勝ちの圧勝。

ブリーダーズカップマイル

こちらは3馬身差でしたがしっかりと勝利となりました。
徐々に衰えてきているのが分かります。

マイルCS

日本のレースなんて糞みたいなもんですね。
8馬身差の圧勝です。

香港マイル

流石に限界が近かったわけですが。
3馬身差以上離して圧勝しました。

そして殿堂入り…「近代スピード競馬の申し子」

27戦27勝…負け無し。
スプリント・マイル戦という短距離レースだけで頑張りました
牝馬なのによく走ってくれました。


タップダンスシチー最後の雄姿

タップダンスシチーも有終の美となりました。

WP9プレイ記-0176


KGVI&QES

5馬身差の圧勝となりました。

バーデン大賞

こちらは9馬身差の圧勝。

凱旋門賞

こちらは負けてしまったので記録無し

天皇賞・秋

間違えて出してしまいまして。
フクスプレイを負かせてしまいました…
ただ衰えてきていましたのでここで引退。

殿堂入り「世界を股にかける名馬」

7歳までしっかり働いてくれました。
41戦29勝という華々しい戦績となりました。
結構負けましたねー
でも長らくお疲れ様でした。20億以上稼ぎました。


アドマイヤグルーヴも連勝

連勝街道をひた走るアドマイヤグルーヴ

WP9プレイ記-0177


古馬になってもまだまだ元気なので海外のレース中心に出走。

ナッソーS

5馬身差勝利

ヨークシャーオークス
こちらも勝利。結構ちぎってました。

フラワーポール招待S

9馬身差の圧勝。
牝馬相手なら負け無しです。

ブリーダーズカップフィリー&メアターフ

こちらも大差勝利となりました。

メートリアークS

こちらも大差勝利。

圧倒的な強さを見せつけてくれています。
ここからどこまで勝っていけるかがポイントとなります


自家生産馬:フクスプレイ

こちらは地味に勝利を重ねました。

WP9プレイ記-0178

関屋記念

レコード勝利という華々しい勝利となりました。
やっと重賞勝ったかなという感じ。

オールカマー

ここでもしっかり勝ちきってくれました。
とても助かります。

香港ヴァーズ

ここでやっとGI勝利となりました。
駄目かなーと思ったんですが意外と勝ってくれたので良かった

天皇賞秋は、タップダンスシチーにやられちゃいました


ディープインパクトのデビュー

といういことでやっとデビュー。

あのディープインパクトです。

WP9プレイ記-0179

新馬戦はそりゃ圧勝でしょうよ…という感じ。
次は500万条件。こちらも7馬身差の勝利。思ったより…でした

朝日杯FS

これが本番です。
相手は誰かなぁと思いましたが大差勝利。
相手も糞もなかったです。
流石ディープインパクト!!


五冠牝馬フクスフリー

さて2冠馬となっていたフクスフリー

WP9プレイ記-0179

残すは秋華賞のみでした。

相手はダンスインザムード
これがまた強い馬でして…最初は負けました。
ロードし直して騎手と作戦変えたら勝利となりました。

これで牝馬三冠
何とかギリギリ取る事が出来ました。
ダンスインザムードが強すぎてやばかったです。

エリザベス女王杯

こちらもしっかりと勝利。
並み居る名馬を倒してくれました。

そして、エリザベス女王杯でオンライン対戦を…
しかし4着で終わりました。結構惜しかった。

アメリカンオークス

こちらもしっかり8馬身差の圧勝を決めてくれて今年はおしまい
オンライン対戦では勝てませんが。
牝馬相手ならそこそこ頑張れます


シーキングザダイヤのダート勝利

シーキングザダイヤがダートで輝きを見せ始めます

WP9プレイ記-0179

武蔵野S

7馬身差の勝利。
圧勝でした。

チャンピオンズC

ダートのGIを抑えてやっとGI馬となれました。
このまま国内ダートを食い尽くせればなと。

東京大賞典

しっかりと9馬身差の圧勝してました。
地方交流GIは総なめにしないとなぁと。


その他の馬たち。

自家生産馬は結構頑張りました。

WP9プレイ記-0179

スプリンターズS:フクスピサ

スプリンターズステークスを勝利したのはフクスピサ。
サイレンススズカ配合です。

阪神JF:フクスキャンドル

父:オグリキャップ×母:フクスインディ
(母父:サンデーサイレンス 母母:ワキア)

サイレンススズカ配合の馬を母です。
フクス勢が3頭並ぶという微妙な結果になってましたが…


新潟2歳S:フクスピール

父:コバーン×母:フクスワイン

母は条件戦ぐらいしか勝てなかった馬です。
それでもなんかそれなりに走ってくれる子にはなりました。
GIには足りないですけど…


年末処理

年末処理です。

WP9プレイ記-0179

今年も我が牧場の馬がかなりの勝利となりました。
日本部門の表彰馬がうちの馬だらけでしたが。
年度代表馬はとれませんでした。

そして大量5頭いんたいとなりました。

タップダンスシチーと、フクスエンゼルも引退です。
まだ若いフクスピサも超早熟だったので引退となりました。


まとめ

ディープインパクトがデビューしました
どこまで勝ち続けてくれるでしょうか。

そして主力2頭が引退となり若干赤字になりそうな雰囲気。
ディープインパクトがどこまで穴を埋めてくれるかが問題。

3歳は国内のクラシックに専念させたいですしねぇ…


posted by Fuchs at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2019年10月03日

Winning Post 9 プレイ記[034] 自家生産馬が頑張る2004年

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

前回までのあらすじ

2003年は主力が大暴れ。

WP9プレイ記-0169

シンボリクリスエス
マンハッタンカフェ
タップダンスシチー
アドマイヤグルーヴ
フクスエンゼル

この子達の活躍で大きな資産が生み出されました。
そして主力2頭(シンボリクリスエス、マンハッタンカフェ)が引退。

2004年はディープインパクトのデビューが控えてました


タップダンスシチーは堅調に

タップダンスシチーは7歳になっても元気です。

WP9プレイ記-0170

京都記念

GIIですがここで一回叩きます。
結構ギリギリの勝利。

ザ・BMW

オーストラリアのGIレース。
ここは大差の勝利となりました。

ガネー賞

フランスのGI
こちらもあっさりと勝利してくれます。
7歳馬なのにねぇ…

サンクルー大賞典

ここも圧倒的強さを見せつけてくれました。
タップダンスシチーはホント頑張ってくれる良い馬です。
この馬は買って正解だったなぁ。


フクスピサ・フクスプレイ

自家生産馬達も頑張りました。

フクスピサ

(父:サンデーサイレンス×母:ワキア)

サイレンススズカ配合。
トライアルを勝利して、皐月賞を勝利してくれました。
しかし、距離適性が2000が限界。2400のダービーは惨敗でした

フクスプレイ

(父:トウカイテイオー×母:シーキングザパール)

ずっと2着で負け続けてた子です。
アドマイヤグルーヴに邪魔されちゃってました。
やっとGI勝利が出来てさぞや嬉しかったことでしょう

WP9プレイ記-0171

そして、この頃ランク9になりました。
あと1つでクリアとなります


フクスフリーの牝馬三冠挑戦

フクスフリーという自家生産馬がいます

(父:グラスワンダー×母:フクスファースト)
(母父:ミルジョージ×母母:ダイナエッセ)

フクスファーストは晩成馬で、ダートで頑張ってた子。
一応ダートGI勝利してます。

WP9プレイ記-0172

その子の娘が何故か大爆発しました。

トライアルであるチューリップ賞を勝利。

・ヤマニンシュクル(リアルで大好きな馬)
・スイープトウショウ

名だたる名馬を押しのけました。

そして桜花賞本番
見事に勝利します。

スイープトウショウや、ダンスインザムードにも勝ちます。
まさかの勝利でした。8番人気ですよ?

そして秋山君に初めてのGI勝利をもたらしました。
そのままオークスにもだしました。
勝利しました。まさかの7馬身差の圧勝です。

まさかこんなに強くなるとは…


フクスエンゼルの強さ

フクスエンゼルも成長型早めながら頑張ってくれて。
5歳ながら…

WP9プレイ記-0173

アルクオーツスプリント

ドバイのレースで圧勝。

チャンピオンズマイル
香港のレースで勝利します。
アジアマイルチャレンジの対象レースです

安田記念

そして安田記念でも勝利しました。
これによりアジアマイルチャレンジの賞金1億1000万ゲット

やってくれました!

20戦20勝…。牝馬なのに頑張ります。


アドマイヤグルーヴは…

クイーンオブザターフステークス

オーストラリアのGIレースで勝利。
圧勝しました。

WP9プレイ記-0174

ヴィクトリアマイル

日本に戻ってきても勝利してまいた。

そして謎イベントが…
秘書がドレス着てました。

結婚???

謎ギャルゲーになっていました


まとめ

謎なギャルゲーが始まったりしましたが。

ランクが9になったり。
自家生産馬が頑張ったり。
オンライン対戦で惨敗したりしてました。

オンライン対戦…難しい。

自家生産馬が頑張る中ディープインパクトが後半にデビューします


posted by Fuchs at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2019年09月26日

Winning Post 9 プレイ記[033] 三冠牝馬、古馬王道完全制覇、凱旋門賞制覇

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

前回までのあらすじ

2003年も主力が頑張ってくれてます。

マンハッタンカフェ
シンボリクリスエス
フクスエンゼル
タップダンスシチー
アドマイヤグルーヴ…

この5頭を中心にストーリーが展開していきます。 


シンボリクリスエスの秋古馬三冠

シンボリクリスエスは取りあえず国内を抑えて貰ってました。
春古馬三冠はゲットしていましたので。
秋古馬三冠にも挑戦します。

早熟なのでこの辺が限界です。

WP9プレイ記-0165

ジョーハーシュターフクラシック招待S(アメリカ)

アメリカのGIレースで一回叩いて日本へ戻ります。

天皇賞(秋)

8馬身差の圧勝劇
国内では負け無し

ジャパンカップ

こちらも大差での勝利。
ネオユニヴァースが弱すぎるという。

有馬記念

こちらは追いつかれる展開となりましたが何とか勝利。
やはり早熟と言うことで最後は厳しい物となりました。

それでも古馬王道完全制覇となりました

アドマイヤグルーヴの三冠レース

牝馬三冠をめざして動いているアドマイヤグルーヴ

WP9プレイ記-0166

その通り見事に達成しました。

紫苑ステークス

秋華賞トライアルを勝利。
2着には、フクスプレイといううちの産駒が入ります。

秋華賞

こちらも圧勝…かと思いきや。
やはりうちの「フクスプレイ」が入り2着。
アドマイヤグルーヴがいなければ三冠狙えました。

エリザベス女王杯

こちらも圧勝劇を見せています。
国内牝馬では勝てませんね。

アメリカンオークス

最後をはアメリカに遠征して阿庄してきました。
牝馬4冠達成プラスαでした。


フクスエンゼル(短距離馬)

さて自家生産馬の「フクスエンゼル」

短距離戦線をばく進しました。


WP9プレイ記-0167

ファルマスS(イギリス)

9馬身差の勝利となりました。圧勝です。

スプリンターズステークス

牡馬混合に初めて出しましたが何とか勝利します。
牡馬相手でも戦える子になっていました。

BCマイル

ブリーダズカップにも出してみました。
調子が悪かったのですがそれでもしっかりと勝利。
強さを見せつけてくれマストイア。

香港マイル

マイル戦と言えばフクスエンゼルと言わんばかり。
ここでも圧勝しました。
牝馬のくせに次々勝利を収めていました


圧倒的強さのマンハッタンカフェ

マンハッタンカフェは堅調です。
しかし流石に年齢が年齢なのでここで打ち止め

ということで最後に働いて貰いました。

WP9プレイ記-0168

KGVI&QES(イギリス)

5馬身差の圧勝となりました。
まぁ負けませんよね。

インターナショナルS(イギリス)

こちらは9馬身差の勝利となりました。
まぁ…負けませんよね。

凱旋門賞

ちょっと冷やっとしましたけれども
3馬身差で勝利となりました。

BCターフ

凱旋門賞からこちらに流れるタフな日程。
それにも負けず7馬身差圧勝でした。

香港ヴァーズ

最後の働きです。
まぁ…アジアで負けるわけも無く大差勝利でした。

これにてマンハッタンカフェは終了となります。
25戦25勝という華々しい結果でした。


その他の馬たち

タップダンスシチー

WP9プレイ記-0169

彼もそこそこ頑張ってくれましたが。
圧勝というのは少なく。負けるレースもちらほらありました

アイルランドチャンピオンS

3馬身差の勝利でした。
結構ギリギリです。

イギリスチャンピオンS

こちらは4馬身差の勝利でした。
勝ってくれるだけありがたい

マイルチャンピオンS

間違えて出してしまったレース。調子が×でした。
それでも鼻差勝利となりました。
調子も悪かったのによく頑張りました。


フクスピサ

サンデーサイレンス×ワキアという…
サイレンススズカ血統です。

東京スポーツ杯2歳Sは勝利しましたが。
ホープフルSなどでは惨敗。
いまいちの不安定さでした。


そのほかの情報

取りあえず…
アドマイヤムーンを購入しました。

WP9プレイ記-0169

10億以上は稼いでくれることでしょう。


年末処理

年末処理の時間がやって参りました

WP9プレイ記-0169

取りあえず2003年もうちの所属馬だらけとなりました。
GI戦線を大きく荒らしました。
2歳が微妙でしたが…

部門別表彰馬に、アドマイヤグルーヴとフクスエンゼルが。
フクスエンゼルも頑張りましたが。
年度代表馬は「シンボリクリスエス」でした。
古馬王道完全制覇です。

WP9プレイ記-0169

マンハッタンカフェは、欧州の年度代表馬になりました

そしてここでいろいろお別れです。
マンハッタンカフェもお別れ。
シンボリクリスエスもここで終了となりました。

WP9プレイ記-0169

マンハッタンカフェは「皇帝」として金の殿堂馬に。
シンボリクリスエスは「世界へ飛翔する怪物」として金の殿堂入り

どちらも強い馬でした。


まとめ

シンボリクリスエス
マンハッタンカフェ
タップダンスシチー
アドマイヤグルーヴ
フクスエンゼル

5頭の主力たちが狂ったように勝ち続けた2003年。
その中の2頭が引退。
稼ぎ頭がいなくなりました。
しかし次の年はディープインパクトのデビューが控えてます。
ディープインパクトのインパクトが楽しみです。


posted by Fuchs at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2019年09月19日

Winning Post 9 プレイ記[032] 名馬たちの狂演

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

前回までのあらすじ

WP9プレイ記-0159

こんな感じで2002年は、4頭がしっかり稼いでくれました。

マンハッタンカフェ
シンボリクリスエス
フクスエンゼル
タップダンスシチー

この子達の頑張りのおかげで牧場もかなり潤いました。
そしてその勢いは継続します。


シンボリクリスエスの春古馬三冠

シンボリクリスエスは取りあえず国内を抑えて貰います。

WP9プレイ記-0160

大阪杯

大差の勝利…圧勝です。

天皇賞(春)

ちょっと危なかったですが勝利しました。
距離適正的な厳しさですね。

宝塚記念

圧勝しました。
国内には敵はありません!

後は秋古馬三冠というルートを通ります


アドマイヤグルーヴの牝馬三冠への道

アドマイヤグルーヴが牝馬三冠に挑戦します。

WP9プレイ記-0161

京成杯(GIII)

2歳女王は間に合わなかったので、京成杯で本賞金稼ぎ。
これでしっかりと勝利します。

チューリップ賞(GII)

桜花賞トライアルもしっかりと勝利。

桜花賞

本番となりました。
スティルインラブがライバルですねぇ。
圧勝ではないですが勝利しました。

優駿牝馬

こちらは圧勝しました。
2着はうちのフクスプレイ。
意外と頑張ってくれてます。


タップダンスシチーの海外挑戦

タップダンスシチーは海外遠征。

WP9プレイ記-0162

ペガサスワールドカップターフ(アメリカ)

ギリギリの勝利。

ドバイターフ

詰められるも何とか抑えての勝利

ウッドフォードリザーブターフクラシックS(アメリカ)

そこそこ離しての勝利。
相手が弱かっただけです。

マンハッタンステークス(アメリカ)

こちらはそこそこ離しての勝利
ということで4戦4勝。
圧勝はしない物の強さを見せていました


マンハッタンカフェの海外挑戦

マンハッタンカフェも海外中心。

WP9プレイ記-0163

ドバイシーマクラシック

圧勝してくれます。
稼いでくれると助かりますねぇ

クイーンエリザベスII世カップ

こちらも圧勝しました。
この強さは半端ないです。
また大量賞金ゲット。

プリンスオブウェールズステークス

こちらもしっかり大差勝利となりました。
安心して見てられるのがマンハッタンカフェのレース
負ける要素が見つかりません。


マイラー:フクスエンゼル

自家生産馬のフクスエンゼル。
マイルだけなら超強いです。

WP9プレイ記-0164

クールモアクラシック

大差勝利となりました。
圧倒的強さです。

阪神牝馬S(GII)

ヴィクトリアマイル前哨戦も圧勝です。

ヴィクトリアマイル

こちらもしっかりと勝利しました。
意外と詰められちゃいましたが。

安田記念

そして牡馬混合にも出してみました。
…しっかり勝利しました。
アグネスデジタルやマグナーテンを従えました。
マイルでは本当の強さを見せてくれてます。


そのほかの馬

ということで。
その他の結果

WP9プレイ記-0164

エンプレス杯(JPNII)

フクスディレクター
父:ナリタブライアン×母:ワキア

運良く勝利してくれたという感じです。
この後も重賞に挑戦していますが全然サッパリです。

プリンシパルステークス

スズカドリーム

一応皐月賞、ダービーも狙いましたが。
全然ダメでした。
オープンぐらいまでだろうという感じです。

流星馬:シーキングザパール03

父:サンデーサイレンス×母:シーキングザパール

最後のサンデー産駒です。
サンデーサイレンスは2002年没なので消えてしまいまして。
折角本株貰ったのになとガックリ。

最後の子が流星馬となりました!


まとめ

シンボリクリスエス
マンハッタンカフェ
タップダンスシチー
アドマイヤグルーヴ
フクスエンゼル

5頭の主力たちが狂ったように勝ち続けてます。
お金が盛盛貯まります。

経営は楽になりましたが…
自家生産馬がいまいち。

どう盛り上げていくかが問題です。


posted by Fuchs at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2019年09月11日

Winning Post 9 プレイ記[031] マンハッタンカフェの古馬王道完全制覇と三冠馬シンボリクリスエスと

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

前回までのあらすじ

2002年は3頭+αが大活躍。

中でもマンハッタンカフェが一番の強さを見せていました。

WP9プレイ記-0151

春古馬王道完全制覇…残すは秋のみ。

シンボリクリスエスも三冠馬目前。
他には、タップダンスシチー、フクスエンゼルも活躍をして
いました。


マンハッタンカフェの古馬王道完全制覇

古馬王道完全制覇への道。

WP9プレイ記-0155

取りあえずアイルランドチャンピオンステークスで叩きます。

叩くレースでもありませんが、7馬身差圧勝。

天皇賞秋

8馬身差圧勝。負ける要素がありません。

ジャパンカップ

6馬身差圧勝。
海外馬のGloan相手に一歩も引けを取りません
この強さは本物です。

有馬記念

負ける要素がありません。大差勝利。
ぶっちぎりすぎてやばかったです。
他が弱すぎるんです!

ということで、あれよあれよと圧勝劇。
古馬王道完全制覇となりました。

勿論無敗です


タップダンスシチーの本格化

彼も遅咲きながら本格化。
しかしマンハッタンカフェがいます。

レースが被らない用に調整していきました。

WP9プレイ記-0156

札幌記念

何とか勝利という感じ。
凄く強いわけではないです。

ノーザンダンサーターフS(カナダ)

4馬身差の勝利。
海外でも勝てる用になってきています。

ブリーダーズカップターフ(アメリカ)

こちらもしっかりと勝利。
6馬身差だから圧勝でした。
どんどん強くなっていますねぇ。

香港カップ

こちらは4馬身差の勝利。
勝利はしてますが圧倒的ではないところがあります。

その辺がマンハッタンカフェとの違いかなと。


シンボリクリスエスの三冠達成

三冠達成は約束されたような物でしたが…

WP9プレイ記-0157

セントライト記念

こちらは大差圧勝劇。
ヤマノブリザード可哀想に…

菊花賞

7馬身差勝利。圧勝です。
ファストタテヤマも頑張りましたけどねぇ。
勝てる訳もありませんでした。

エミレーツS(豪州)

中1週でオーストラリアに飛んでレース。
9馬身差の圧勝となりました。

ハリウッドダービー(米国)

また短い期間で海外へ飛んでレース。
8馬身差圧勝でした。

ちょっと詰め込みすぎましたが勝利は確約されてました。
本格化してからが勝負です


フクスエンゼル

出るレースが限られるフクスエンゼル

WP9プレイ記-0157

距離適正範囲が1300-1800という非常に狭いレンジ。
その為レース選びが大変となります。

メイトロンステークス(愛国)

8馬身差の圧勝劇です。
強いですねぇ…
1600ですから。

メートリアークS(米国)

こちらも6馬身差圧勝。
古馬相手にも負けません。

ただこの2勝しかしていません。
レースがないのです…とても勿体ないなぁと。
距離適性がなさ過ぎのがネックです


その他の馬たち

その他の馬の紹介。

WP9プレイ記-0158

フクスディレクター
(父:ナリタブライアン×母:ワキア)

マリーンSを勝利してくれました。レコード勝ち。
でもこれ以降はパッとしてません。

スズカドリーム
(父:サンデーサイレンス×母:ワキアオブスズカ)

6馬身差圧勝でしたが、これ以降は勝てず。

フクスプレイ
(父:トウカイテイオー×母:シーキングザパール)

こちらも圧勝劇。
これ以降はまだ出てません。
自家生産ですが、血統的には悪くないはずです。
今後どうなるか…

アドマイヤグルーヴ

彼女も危なげない勝利。
おそらく勝ち続けるでしょう


年末処理

ということで年末処理突入です。

WP9プレイ記-0159

まぁ…勝ちましたねぇ。
マンハッタンカフェと、シンボリクリスエス。
フクスエンゼルといろいろ頑張ってくれました。

年度代表馬は、マンハッタンカフェとなりました。

シンボリクリスエスとヤマノブリザードの対決が…
最優秀ライバル対決ですが。
ぶっちぎった気がしたんですが…

そんな感じで2002年は、3頭がしっかり稼いでくれました。

ただ2歳馬がいまいちだったのでクラシックどうなるか。
そこがちょこっと気になりました。


posted by Fuchs at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2019年09月04日

Winning Post 9 プレイ記[030] マンハッタンカフェとシンボリクリスエスと…フクスエンゼルと。

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

前回までのあらすじ

2001年はメイショウドトウの引退。
マンハッタンカフェの三冠達成など話題を振りまいてました

WP9プレイ記-0149

そして世代交代が行われ。
現役最強馬はマンハッタンカフェとなりました。


殿堂馬メイショウドトウ

引退したメイショウドトウは勿論殿堂入り。
春秋の天皇賞を制したので「盾の覇者」となりました。

最初はそんなに強さを感じませんでしたが。
どんどんと強くなりました。

WP9プレイ記-0150

彼のおかげで牧場に唸るような資金が入りました。
これで経営がとても楽になりました。
本当にありがとう! メイショウドトウ!


現役最強馬マンハッタンカフェの春古馬三冠

マンハッタンカフェはその強さの片鱗を見せつけてました

WP9プレイ記-0151

大阪杯から始まり。
天皇賞(春)
安田記念
宝塚記念と完全制覇しました。

安田記念は調整のために走らせましたが…あっさりと。
タップダンスシチーが可哀想なことになりました。

折角本格化してきたというのにマンハッタンカフェが…
高い壁過ぎて超えられませんでした。

それにしてもこの時代が一番競馬やってたからか。
知ってる馬だらけでちょっと嬉しいです。
ジャングルポケットが弱すぎるなぁ…


悲劇のタップダンスシチー

5歳になってやっと本格的な強さを見せてくれるように。
しかしマンハッタンカフェと重なってしまいます。
GI2つを取り損ね…

WP9プレイ記-0153

OP、GIII、GIIなど小さな重賞で勝利するだけと。
同じ時代に生まれた世で悲劇に見舞われることになりました。
地味に稼いでくれるので良いのですけどね…


シンボリクリスエスの三冠挑戦

2歳王者のシンボリクリスエス。
しっかり成長してくれまして。
安定して、皐月賞とダービーを勝利しました。
菊花賞がどうなるかはちょっと気になりますけども。

WP9プレイ記-0152

距離的な部分を乗り切れれば勝利できそうです!
三冠馬となれるのはほぼ確定かなぁという感じです。

早く自分の作成した馬でも三冠を達成したい物です。


自家生産馬のクラシック挑戦:フクスエンゼル

ラストタイクーンとミホクイーンの子 フクスエンゼル

二歳女王となった彼女ですが、こちらも順調に成長。
チューリップ賞を勝利して桜花賞もしっかり取りました。

WP9プレイ記-0154

しかし距離適正の波が襲いかかります。
オークスに出してみましたが惨敗(13位ぐらい)
距離の壁が相当厚すぎる事が分かりましたので。
海外遠征に出しました。

1600mまでなら余裕で勝てる用です。
なかなかのスピードの持ち主なのでスプリント戦線で活躍
してくれるかもしれません


ディープインパクト誕生

まぁ…そりゃぁ…

WP9プレイ記-0154

当然のように星が出ましたとさ

ということで、ディープインパクトも誕生。
2年後がとても楽しみとなりました。

しばらくは彼中心で回ることでしょう。
それまではマンハッタンカフェやシンボリクリスエスが回し
牧場資金を稼いでくれると。

完全な安定経営となっていました。



posted by Fuchs at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2019年08月29日

Winning Post 9 プレイ記[029] 世代交代の波

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

前回までのあらすじ

2001年はマンハッタンカフェがメインとなります。
メイショウドトウも頑張っていましたが衰えが見え始め。
それに変わって三冠を狙える位置に来たのがマンハッタンカフェ

WP9プレイ記-0141

今後の中心は彼となりそうです。
ディープインパクトの仕込みも終わり。
牧場経営は順風満帆でした。


最後の力を振り絞るメイショウドトウ

衰えが見え始めてはいますがまだ頑張っていました。

インターナショナルステークス(英国GI)

WP9プレイ記-0145

ここは圧勝してくれました。
強いですねぇ。まだまだ行けそうかなと思わせてくれます

凱旋門賞(フランスGI)

WP9プレイ記-0145

ここも見事に勝ってくれましたがかなりのギリギリです。
2回くらいやり直しての勝利でした。
そしてこれ以降は勝てなくなりまして…

WP9プレイ記-0145

彼は引退することとなりました…
お疲れ様でした。長い間ありがとうございますです。
総賞金27億4220万。
競りでかかった金額の倍以上稼いでくれました。


マンハッタンカフェの本格化

マンハッタンカフェの方は順調でした。

セントライト記念(GII)

菊花賞トライアルも難なく大差で勝利。

WP9プレイ記-0146

菊花賞

WP9プレイ記-0146

こちらも全く危なげの無い勝利でした。
敵がいませんねぇ…同世代に。
圧倒的な強さを見せてくれました。
これであっさり三冠達成となりました。
もう当たり前という感じですねぇ。

香港ヴァーズ(GI)

WP9プレイ記-0146

そして日本のレース…ではなく海外へ。
香港飛んで貰いました。
どれだけやれるかなと言う感じでしたが見事勝利。
これなら来年は海外メインかなという感じとなりました。


自家生産馬が久しぶりのGI勝利:フクスエンゼル

前回も紹介したフクスエンゼル

ラストタイクーン×ミホクイーンという血統の娘。

WP9プレイ記-0147

順調にファンタジーステークスも勝利して重賞2勝目。
更には阪神JFを勝利してしまいました。

距離適性が短距離だけなので桜花賞くらいまでだと思いますが
ちょっと期待の出来る2歳馬が現れました。


シンボリクリスエスの始動

そして○外のシンボリクリスエスも始動。

2歳戦を順調に勝ち上がり…
一気にホープフルステークkス勝利。

WP9プレイ記-0148


条件馬からGI馬になりました。
タニノギムレットやバランスオブゲームにも勝利。
来年は暴れてくれそうです。


年末処理

そしてあっという間に年末へ…

WP9プレイ記-0149

最優秀ライバル対決は、メイショウドトウとダイタクリーヴァ
ホント結構白熱したレースだったので分かります。
結構分かってるなぁとか思いながら見てました。

GI結果

WP9プレイ記-0149

うちの馬が大量に取っていきました。
年同代表馬にメイショウドトウ。
欧州年度代表馬にもメイショウドトウ。

引退はしましたが記録に残る馬となりました。

引退処理

WP9プレイ記-0149

ここで、フクスデジタルとフクスファンシーが引退。
フクスデジタルは早く思われるかもしれませんが。
全く勝ててないので…
惨敗続きで見てられませんでした。

という事で、2001年も終わりました。
ディープインパクトの仕込みがメイン。
メイショウドトウが引退し。
マンハッタンカフェが三冠を取り。

自家生産馬が阪神JFを勝利。
シンボリクリスエスも始動しました。

2002年も盤石なのは間違いありません。

お金も貯まる一方となりました。


posted by Fuchs at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2019年08月28日

Winning Post 9 プレイ記[028] メイショウドトウとマンハッタンカフェ

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

前回までのあらすじ

2000年は、メイショウドトウが大活躍

WP9プレイ記-0139

覇道を歩き始めたメイショウドトウでしたが。
衰えは確実にやってきていました。
残り僅かのパワーをギリギリまで使い切ります。

ただ彼のおかげで色々と仕込みも終わりました。

完全に牧場運営は安定経営となりつつあり。
既に次世代は誰だになりつつありました。


ランクアップ

これだけ活躍している馬がいるとランクが上がるのも早い。

WP9プレイ記-0140

ランクが8となりました。ランク自体はたいしたこと無いのです
ただそれにより貰えるコマンドがあります。

WP9プレイ記-0140

このコマンドが一番重要です。
これのおかげでサンデーサイレンスの余勢株手に入れられます

吉野安平ファーム

サンデーサイレンス持ってる牧場です。
ここと序盤に知り合うには、新しい出会いSPが必要。
出会っておいて仲良くなれば余勢株が手に入ります。

序盤で早くランクを上げるのが最重要なr理由です。


マンハッタンカフェの三冠挑戦

ということで2001年はマンハッタンカフェの年。

弥生賞

WP9プレイ記-0141

トライアルは圧倒的な強さで勝ちました。
他の馬が弱すぎたかな…

皐月賞

WP9プレイ記-0141

ライバルは、アグネスタキオンや、ツルマルボーイ。
ジャングルポケットです。

しかし圧倒的な勝利を収めてしまいました。
スピードパワーともかなりあるので強いですよね。

日本ダービー

WP9プレイ記-0141

こちらは更に突き放しました。
というか…マンハッタンカフェこんなに強かったんだ…
圧倒的な強さを見せています。

これは三冠がほぼ確実といっても過言ではありません。


メイショウドトウの春古馬三冠

メイショウドトウは春の三冠を狙います。

大阪杯

WP9プレイ記-0142

結構ギリギリでしたが勝利しました。
危なかった…差し切れないところでした。
意外とダイタクリーヴァが頑張りました…。

天皇賞(春)

WP9プレイ記-0142

ここも結構ギリギリでした。
テイエムオペラオーに迫られましたねぇ。
成長も完全に止まりましたしなかなか厳しいです。

宝塚記念

WP9プレイ記-0142

短期放牧をして挑んだ宝塚記念。
こちらはしっかり勝ちきりました。
という事で、流石に衰えてきましたが春古馬三冠をゲットです
ここからまだ行けるのかどうかが微妙です。
秋まで持つのか…


その他の馬

福島牝馬S:カリスマサンオペラ

WP9プレイ記-0143

パッとしませんが。ここだけは勝ってくれました。
GIIIまでかなぁという感じ。

他は条件戦までという感じでした


ついに本株ゲット

吉野安平ファームと仲良くなり。
サンデーサイレンス余勢株譲って貰ってたんです。

毎回のように貰ってたんですが。
そしたら突然…本株あげると言い出しました

WP9プレイ記-0140

マジッスカ!?
この牧場で貰える本株は…勿論「サンデーサイレンス」
1株は毎年使えるようになりました!

余勢株確保に悩まなくて済むようになりました。
WP9プレイ記-0140

そしてついにやってきましたこの配合…

ディープインパクト

楽しみですねぇ…


有望な2歳馬

久しぶりに自家生産で。
ちょっと走る馬が。

WP9プレイ記-0144

フクスエンゼル

父:ラストタイクーン×母:ミホクイーン

新馬勝ちしたあとすぐ小倉2歳S勝利。
もしかすると…もしかするかもしれません

と、言うことで前半終了。

期待の2歳馬とか。
マンハッタンカフェとか。
メイショウドトウとか。

色々と楽しみな馬がでてきてワクワクする展開です!
後半もとても楽しみな状況でした。


posted by Fuchs at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2019年08月21日

Winning Post 9 プレイ記[027] 古馬覇道と新たな購入馬

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

前回までのあらすじ

2000年は、メイショウドトウが大活躍

WP9プレイ記-0132

春のグランプリも勝利して、古馬として最強となりました
ライバルであるテイエムオペラオーが元気なさ過ぎです。

それ以外の馬では…自分の馬が少しだけ頑張ってる程度でした


2000年のお買い物

2000年には競走馬2頭仕入れました。
メイショウドトウのおかげで資金面に余裕が出てました。

1頭目:アドマイヤグルーヴ

WP9プレイ記-0134

夏のサマーセールでのお買い上げ。
牝馬ですからねぇ。
優秀な子供も沢山生まれるはず!
好きな馬の一頭です。


2頭目:Symboli Kris S

何だろうこの馬? と思ったんですけど。
シンボリクリスエスか!

WP9プレイ記-0137

天皇賞やらジャパンカップを連覇したあの馬です。
ということでお買い上げ。
メイショウドトウが稼いでくれているから大助かりでした

最後の力を:フクスインディ

自家生産馬のなかで一番頑張ってくれたフクスインディ

WP9プレイ記-0135

これが最後の勝利レースとなりました。
ここで全ての力を使い果たし後は連戦連敗となります。

年末引退

WP9プレイ記-0139

流石に衰えてしまいましたので2000年で引退となりました。
銅の殿堂入りとなりました。
称号持ちです。「天才の恋人」
…人じゃないよ!! 馬だよ!
ずっと福永さんに面倒見て貰いました。
こいつのおかげで福永さんとは仲良しこよしです。


メイショウドトウの古馬覇道

ということで、またメイショウドトウの怒濤の走りです。

アイルランドセントレジャー(GI)

WP9プレイ記-0136

危なげない勝利となりました。
ここで勝ちきれるというのは中々大きいですからねぇ。
ただ海外はここで一旦終了とします。

天皇賞(秋)

WP9プレイ記-0136

勿論危なげない勝利。
そしてレコード取りました。
レコードホルダーとなったのです。

ステータスは…スピードいまいちないのですが。
それ以外が高いですからねぇ。

ジャパンカップ

WP9プレイ記-0136

海外でも勝利を収めている彼ですから。
こんなところで負けるはずもありません。
ちょっと詰められましたが勝利となりました。

有馬記念

そしてグランプリですね。
国内の馬に負けるはずもないのですけど。

WP9プレイ記-0136

見事に圧倒的な勝利を収めてました。
強さを堂々と見せつけた感じです。

こうして秋古馬三冠達成となりました。


その他の馬では…?


朝日杯FS(GI):マンハッタンカフェ

WP9プレイ記-0138

マンハッタンカフェが朝日杯FSを制しました。
来年のクラシック戦線が楽しみです。
自家生産馬のフクスデジタルは7着でした。
こりゃ…行って重賞勝てるかどうかぐらいかな。


年末処理

ということで2000年が終わりました。
年末処理に入ります。

最優秀ライバル対決

2000年の有馬記念が選ばれましたが…

WP9プレイ記-0139

そんなに良い勝負したっけなと言う感じでした。
圧倒的すぎたのが良くないのか。

年度代表馬

WP9プレイ記-0139

選ばれたのはメイショウドトウでした。
当たり前と言えば当たり前だと思いますが。

春秋天皇賞制覇。春秋グランプリ制覇。秋古馬三冠

これだけの成績を残しておいて選ばれなければ恨みます。
そういえば2000年は負け無しでした。
11億稼いでくれたのですから万々歳です。

古馬覇道ゲット

WP9プレイ記-0139

なんか格好いいコマンドを貰いました


2000年まとめ

メイショウドトウの活躍により潤う牧場。
その資金で次々に有力馬を購入。
上手く循環し始めます。
ディープインパクトの仕込みも完了しましたし。

まさに順風満帆となりました。

来年以降もとても楽しみな状況となりました!



posted by Fuchs at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2019年08月14日

Winning Post 9 プレイ記[026] メイショウドトウの覚醒

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

また訃報「キングカメハメハ」

ディープインパクトが死去したばかりでしたが。
今度はキングカメハメハです。

【追悼キングカメハメハ】写真で振り返る種牡馬時代(無料公開)
https://news.netkeiba.com/?pid=column_view&cid=44318


なんか後を追うようにという感じになってしまいました。
NHKマイルCやダービー勝利。
そこまで現役は長く無かったですが鮮烈な馬でした。

アパパネ、ロードカナロア、レイデオロという名馬を
産みだした優れた種牡馬でした。
ご冥福をお祈りいたします。

前回までのあらすじ

1999年は、グラスワンダーが大暴れしました。

WP9プレイ記-0128

凱旋門賞も勝利島しましたし、BCターフだって。
世界で負け無しの馬となりワンダーホースとして祀られました

そして1999年引退。
その後を引き継ぐのは…メイショウドトウでした


次への仕込み…

さて。1999年にやっていた事の1つ。

虹のお守りの取得

これがとても重要でした。
何が欲しかったかと言えば…

WP9プレイ記-0130

ウインドインハーヘア

この牝馬の名前を聞いてピンと来た人はおわかりでしょう。

ディープインパクトの母です。

このためにサンデーがゲット出来る余勢株交渉も保有。
仕込みは着々と進んでいたのでした!
結構苦労しましたから…余勢株コマンド取るの。
サンデーサイレンス保有してる牧場と出会って仲良くして…
等々。狙って取れるものでもないですし。

楽しみだなぁ…ディープが誕生するぞ

秘書入れ替え

WP9プレイ記-0130

まぁ、どちらもでもいいのでこの人で継続で。

WP9プレイ記-0130

グラスワンダーのおかげで新たなコマンドを貰ったり。
色々と良い方向に回り始めました。

最強配合へ

WP9プレイ記-0130

ということで、サンデーサイレンスの余勢株を使い。
しっかりと種付けします。
ただ来年生まれるのは「ブラックタイド」のはず。
ブラックタイドも重賞は勝利してるので弱くはない馬です。

再来年「ディープインパクト」が生まれます。
それまでにまた余勢株をゲットしなければ…

シーキングザパールには、ストームキャットなんてどぉ?
と、提案されました。

WP9プレイ記-0130

ほう?
…あーシーキングザダイヤ

ダートで活躍した! 勝利は少ないですが…
なるほどなるほど。
この提案をありがたく受け止めて種付けしました。


自家生産馬は…

まだまだ貧弱な牧場の経営。

今生まれる馬はサンデーサイレンスの力を持ってしても…

WP9プレイ記-0130

オープンやっと勝てる程度。
全然サッパリです。無駄遣いしなければ良かった…

WP9プレイ記-0130

こんな感じで条件戦で喘いでいるというような状況でして。
やはり難しいなぁと言う感じになっています。


メイショウドトウの覚醒

そんな中メイショウドトウが覚醒しました。

ダイヤモンドステークス

WP9プレイ記-0132

爆発したかのように走りまして。
2着と8馬身差。恐ろしい…このステイヤーの血が!?

WP9プレイ記-0132

阪神大賞典

天皇賞春の前哨戦も危なげなく勝利。
あのテイエムオペラオーを押さえつけます。
ステイゴールドもいますね!

WP9プレイ記-0132

天皇賞(春)

WP9プレイ記-0132

勿論ここでもしっかり勝ちきってくれます。
闘志5じゃないと厳しかったとは思いますが…。
かなりテイエムオペラオーに詰められました。

これで春の盾をゲットとなりました。

宝塚記念

海外の重賞に出そうかと思いましたが。
それよりもこちらの方が賞金が美味しいので…

WP9プレイ記-0132

距離的にどうかと思ったんですが。
そんなことは無い。圧倒的な勝利を収めました。
ここまで覚醒するとは思いませんでした。


2歳戦線

自家生産馬がちょこっとだけ頑張りました。

WP9プレイ記-0133

フクスデジタル

サンデーサイレンス×ミホクイーン

余勢株じゃんじゃか使ってますが。
4つほど手に入れてたのでもりもりです。
この子がOP勝利まではしてくれました。


前半まとめ

次の世代への仕込みなどで忙しかった2000年前半。
仕込みはしっかりと行われる事となりました。

レースとしては。
メイショウドトウが稼ぎ頭となり必死に駆け回ってくれる展開
そのお金でどんどんと投資を行い牧場は更に成長していきました。


posted by Fuchs at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2019年08月07日

Winning Post 9 プレイ記[025] グラスワンダーの活躍と…

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

前回までのあらすじ

1999年前半は、グラスワンダーが大暴れしました。

キングジョージVI&クイーンエリザベスS(GI)に勝利したり。

WP9プレイ記-0124

国内海外問わず王道を突っ走っていました。


グラスワンダーの海外挑戦

ということで海外挑戦を続けるグラスワンダー

インターナショナルS(GI)

WP9プレイ記-0125

ここは危なげなく勝利します。
この距離ぐらいが得意なのかも知れません。

凱旋門賞(GI)

勝てるとは思っていなかった凱旋門賞

WP9プレイ記-0125

まさかの勝利をもぎ取ります。
最後は必死に応援しましたしねぇ(ゲームなのに)
闘志の差…でしょうかね。
しっかりと勝ちきりました。

ブリーダーズカップターフ(GI)

そしてアメリカにも出撃します。

WP9プレイ記-0125

相手が弱すぎたからか大差勝利しちゃいました。
なんだよ…面白く無いじゃないか。
ターフにしたのが不味かったか。クラシックだったかな。

という感じで次々にGIを勝利していきました。
ちょっと生き急いでる気がしますがそれには訳が…

そろそろ成長が止まってきたのです


メイショウドトウの菊花賞挑戦

メイショウドトウ君。
皐月賞、ダービーと惨敗してます。
そして条件馬に落ちてしまったので条件戦から這い上がります
ライラック賞

WP9プレイ記-0126

危なげなく勝利しました。
条件戦程度だったら…そりゃそうでしょう。

神戸新聞杯(GII)

WP9プレイ記-0126

こちらもしっかりと勝利します。
菊花賞への足がかりを作りました。
アドマイヤベガに勝つとは…どうした。

菊花賞(GI)

そして本番菊花賞

WP9プレイ記-0126

そりゃか勝ちますよ。
スタミナだけはありますからね!
ただテイエムオペラオーにかなり迫られましたが。
何とか逃げ切ってくれました。
アドマイヤベガは距離ですね。
3000メートルではメイショウドトウに分がありました。

おまけ:ステイヤーズS(GII)

WP9プレイ記-0127

こちらも勝利してました。
それもレコードでした。
長距離路線はメイショウドトウ…ですかね。
春天を目指します。


その他の馬たち

カリスマサンオペラ

名前は聞いたことあるんですが。
大した馬ではありません。
2歳の条件戦を頑張ってました。

WP9プレイ記-0127


グラスワンダー最後の雄姿

ジャパンカップ(GI)

賞金を稼ぐためにジャパンカップに出します。
ライバルモンジューも来てくれました

WP9プレイ記-0127

しかし圧勝してしまいます。
他馬を寄せ付けない圧倒的な強さとはまさにこのことでした

有馬記念(GI)

引退レースとなります。
やはり日本で終わらせたいなと言うことで。
ここで打ち止めとなりました。

WP9プレイ記-0127

ありがとうグラスワンダー。
というか、画面から消えちゃったよ。強すぎだよ。
来年もまだ少し行けそうだけど…
無敗のまま終わらせたかったんだ。


年末処理

表彰は勿論グラスワンダー


WP9プレイ記-0128

当然です。凱旋門賞馬が選ばれないわけがありません。
欧州でも最優秀古馬をいただきました。

そしてここでお疲れ様となりました。
種牡馬として頑張って貰います。

WP9プレイ記-0129

まだ好調なのに勿体ないなと思われるかも知れませんが。
確実に衰えは来ているのでここで停止となりました。

WP9プレイ記-0129

文句なしの殿堂入り。
金の像となりました。17戦無敗

最強牡馬でした。

こうして1999年はグラスワンダーで始まりグラスワンダーで
終わりました。

来年は…注目馬が一切いません。
困った状況へと陥りました。

メイショウドトウぐらいでしょうか


posted by Fuchs at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2019年07月31日

Winning Post 9 プレイ記[024] 三冠馬グラスワンダーが更なる高みへ

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

まずは…リアルの話題から。

ディープインパクト死去…

<北海道>ディープインパクト 死す
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00000011-htbv-hok

大きなニュースになりましたが。
あのディープインパクトが死去しました。
最強の馬でしたからねぇ。
色々と鮮烈というか。本当に強い馬でした。
ちょうど私が競馬をやらなくなってきてた頃だっけな
それでもあの強さは…でしたからねぇ。
悲しいなぁ…。
安らかに眠って下さい…。最後は安らかだったそうですが。

前回までのあらすじ

1998年は、シーキングザパールが引退
金の殿堂入りとなりました。
短距離路線を大いに荒らしてくれました。

WP9プレイ記-0119

そして新たな三冠馬グラスワンダーも誕生します。
1999年はこのグラスワンダーがどこまで頑張れるかに
かかっていました。


クラスも上がったので…

指名して誰かに会える…【新しい出会いSP】を貰ったので。
騎手の方と出会います。
何となく好きな「ヨコノリ」さんにお会いしました。
よしなによしなに…

WP9プレイ記-0120

これでそこそこ騎手にはお会いできたかな。
良い馬に乗って貰わないと


自家生産馬フクスインディが頑張る

ここまで有名馬ばかり使ってましたが。
自家生産馬で頑張る馬が出て来ました。

フクスインディ

(父:サンデーサイレンス 母:ワキア)

サイレンススズカと同じ配合の馬です。
同じような馬は生まれないんですが。
ダートで先行気質の馬となっています。

WP9プレイ記-0121

この子は全日本2歳優駿を勝ってるGI馬ですが。
3歳の牝馬ダートGIなんてない訳です。
なのでアメリカに送り出してあげました。

サンタアニタオークス(GI)

WP9プレイ記-0121

まさかの勝利を収めました。
鼻差というギリギリでしたがしっかり勝ちました。

WP9プレイ記-0121

もう少しスピードがあればよかったんですけど…
パワーや勝負根性はしっかりもってます。

この勝利により名声値もアップしてきています。
アメリカでも有名になりつつあるようで。
何よりという感じになってきています

テストステークス(GI)

WP9プレイ記-0121

立て続けにアメリカのGIで勝利します。
有名所さえいなければ勝利できるだけの力はあるようです


古馬:グラスワンダー

今だ負け無しのグラスワンダー。

大阪杯(GI)

WP9プレイ記-0122

圧倒的大差での勝利。強すぎます。
現役世代に敵はいませんと言っても過言では無いような。

クイーンエリザベスII世カップ(GI)

WP9プレイ記-0122

海外GIに出してもしっかり勝利してくれます。
元々が○外ですしねぇ。
香港辺りなら全然余裕でしょう。

キングジョージVI&クイーンエリザベスS(GI)

WP9プレイ記-0124

何とか勝ってくれました。
この勢いで凱旋門賞も狙いたいところ。
どこまで無敗で行けるか。
それまで寿命が持つのかが心配です


メイショウドトウは…

さて期待しているメイショウドトウ君ですが。

WP9プレイ記-0123

まぁ全然サッパリです。
アドマイヤベガが強すぎます。
そしてテイエムオペラオーですからねぇ…。
同世代で強い馬がいすぎてどうにもなりません。

海外に活路を見出すかなぁ…という感じです。

1999年前半のまとめ

メイショウドトウ君は購入して損したという感じとなり。
グラスワンダーはひたすら頑張ってくれるという展開に。
ダート牝馬のフクスインディ君がアメリカで頑張りますが。
スピードがないので負ける事も多々。

これは結構厳しい状況だなと。
グラスワンダーだけに頼る展開となってきました。




posted by Fuchs at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2019年07月24日

Winning Post 9 プレイ記[023] 三冠馬グラスワンダーとシーキングザパールの…

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

前回までのあらすじ

1998年。
シーキングザパールという稼ぎ頭の他に…
二冠馬グラスワンダーが登場します。

まさかの強さを見せつけて。
スペシャルウィークに負けません。

WP9プレイ記-0114

もちろん三冠を狙いに行きますが、そこに距離の壁が
立ちはだかりました。

シーキングザパールはのんびり短距離路線を荒らしてました

マンハッタンカフェ購入

競りで手に入れたのはマンハッタンカフェ。

WP9プレイ記-0115

また史実馬をゲットします。
自家生産馬でまともなのがいないので抑えておかなければ
9億に見合う活躍を願います


シーキングザパールの爆走

ヴィバリーD.S(GI米国)

WP9プレイ記-0116

アメリカの牝馬レースを勝利しました。
賞金よりは名誉を取りに行ってる感じです。
儲からないんですけどねぇ…

スプリンターズステークス(GI)

WP9プレイ記-0117

彼女がここで負ける訳がありません。
タイキシャトルに圧倒的な差をつけて勝利しました。
もう当たり前のように勝つので笑いが止まりません。

ステータスが半端ないですしねぇ。

マイルチャンピオンシップ(GI)

WP9プレイ記-0118

負ける訳無いですよねぇ…というか。
この強さは何なのかという感じの圧倒的大差。

香港スプリント(GI)

マイルは勝っていたのでスプリントにも挑戦。

WP9プレイ記-0118

負ける訳無いですよねぇという大差の勝利でした。
シーキングザパールお疲れ様です。


メイショウドトウがデビュー

そしてメイショウドトウがデビューします。

WP9プレイ記-0116

ただライバルには強力な…
テイエムオペラオーがいます。
彼には勝てないでしょう。
そうした場合どのようなルートを通るべきか。
それを考えるのもまた楽しいです。

芙蓉ステークス

WP9プレイ記-0116

メイショウドトウはその後OPレースも勝利します。
ここまではテイエムオペラオーにも勝てる力が…


三冠馬:グラスワンダー

そして秋競馬がスタート。

セントライト記念(GII)

菊花賞トライアルです。
勿論ここで負ける訳がありません。
スペシャルウィークに6馬身差の勝利です。

WP9プレイ記-0116

菊花賞:グラスワンダー

WP9プレイ記-0117

いやぁ…ほんとーに大変でした。菊花賞。
何回リセットしたことか。
勝てるパターンを見つけるまでかなりの時間を要しました

距離適性がないので普通では勝てません。
セイウンスカイか、スペシャルウィークが勝ちます。

リセットしては手を変え品を変え乱数を変え
セーブロード繰り返しかなり前まで戻したりと。
色々やってやっと勝利しました
終わった頃にはぐったりしてました。

終わったーという感じでした。

WP9プレイ記-0117

武先生も非常にお喜びです。
原さんも万々歳

WP9プレイ記-0117

そういえば、無敗だったという事実に気づきます。
無敗三冠達成です。
あらゆる人から祝福を受けました。

いやぁ…ニヤニヤしましたねぇ。


ジャパンカップに有馬記念もグラスワンダー

グラスワンダーの快進撃が止まりません。

ジャパンカップ

WP9プレイ記-0118

ジャパンカップも勿論グラスワンダーでした。
海外馬にだって負けません。
セイウンスカイ、エルコンドルパサーにも勝ちます。

有馬記念

WP9プレイ記-0118

そして最後の最後のグランプリですが。
ここに出して1998年を締めくくります。
成長型が早いなのである程度稼いで貰います。

見事に、メジロブライト、ステイゴールドなどにも。
なんて言うか他の馬が弱すぎるのかもです


他の馬たち

北海道2歳優駿

フクスインディ
(父:サンデーサイレンス 母:ワキア)

この組み合わせは、サイレンススズカの配合です。
何故かダート馬になります。

WP9プレイ記-0118

しっかりと勝負根性とスピードは受け継ぐらしく。
前で粘るという馬が生まれました。
ダートですけど。

全日本2歳優駿(JPN1)

WP9プレイ記-0118

フクスインディは、その後地方GIも勝利しました。
全日本2歳優駿。
福永さんに初めてのGIをもたらしてました。


ランクも上がります

これだけ頑張ってる馬たちがいるとランクもあがります

WP9プレイ記-0118

絆コマンドが使えるようになれば少し助かりますし。
乱数弄りも出来ますからねぇ。
結構助かります。


ダップダンスシチーをゲット

ということで、シーキングザパールとグラスワンダーが
稼いでくれたのでタップダンスシチーをゲットしました。

WP9プレイ記-0118

9億以上稼いでくれることを願うばかりです。


年末処理

ということで年末へ突入。

WP9プレイ記-0119

最優秀ライバル対決は。
シーキングザパールとタイキシャトルとなりました。

WP9プレイ記-0119

もう勝利はシーキングザパールとグラスワンダーだらけ
この2頭だけに固まってしまいました。

WP9プレイ記-0119

そして見事に表彰馬には…
グラスワンダーやシーキングザパールが。

年度代表馬はグラスワンダーでした。


シーキングザパールの引退

そしてここでシーキングザパールを引退させます。

繁殖入りさせたいというのもありますが
寿命となった部分もあります。

WP9プレイ記-0119

と、言うことでシーキングザパールは引退。
見事に世界へ飛翔する最強マイラーとなりました。

初めて金の像を手に入れる事が出来ました。

そして彼女無き次年は…
グラスワンダーで頑張ることになります

グラスワンダーがどこまで頑張ってくれるかにかかる1年と
なります



posted by Fuchs at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2019年07月17日

Winning Post 9 プレイ記[022] シーキングザパールの躍進とグラスワンダー

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

前回までのあらすじ

1997年
シーキングザパールに助けられた1年となりました。

WP9プレイ記-0109

彼女の強さは本物です。
短距離では敵無しという感じとなりました。

そしてグラスワンダーもデビューしました。
ジリジリと成長を見せていました。


グラスワンダーの本格化

須田さんもおすすめなグラスワンダー

WP9プレイ記-0110

スピード能力はかなり高いのでクラシックでも強さを
見せてくれる事はほぼ確実でした。

新馬戦を勝利。

WP9プレイ記-0110

すぐに条件戦を勝利。圧倒的大差です。
強さが違いますからねぇ。

弥生賞(GII)

WP9プレイ記-0110

500万条件ですが格上挑戦した弥生賞。
見事に勝利しました。
それもあのスペシャルウィークを抑えました

結構ギリギリではありました何とか差し切ってくれました
これで一気に皐月賞へと突き進みます


自家生産馬…

条件戦で藻掻いてる馬ならいるんですが。

WP9プレイ記-0110

それ以外はパッとしません。
やはりこの時期の自家生産は厳しいですねぇ…。


シーキングザパールも順調

シーキングザパールも順調に勝ち星を挙げてました。

クイーンオブザターフS(GI豪州)

見事な大差勝利

WP9プレイ記-0111

GIで大差って…どれだけ強いんだという圧倒的強さ。
格好良すぎですよねぇ。風格すら感じます。

ヴィクトリアマイル(GI)

WP9プレイ記-0114

国内牝馬GIなんてのは糞みたいなもんです。
画面から消えてしまいました。
国内の牝馬で勝てる馬はいないでしょう。

こちらは安心して見てられるので置いといて。


皐月賞-グラスワンダー

そして迎えた本番の皐月賞

WP9プレイ記-0112

スペシャルウィーク
セイウンスカイ

並み居る名馬を抑えての勝利となりました。
結構危なげない感じで勝利したので強いなぁと。
ステータスがかなり高いですしね。
勝つのも分かります。

勿論2冠挑戦となります。


日本ダービー(東京優駿):グラスワンダー

さて日本ダービーのお時間です。

WP9プレイ記-0114

最後まで争ったのはスペシャルウィーク
しかし何というかかなりの差をつけての勝利になりました

闘志がどちらも5になっていますし。
得意の2400メートルですし。
負ける要素がありませんでした。

この圧倒的強さが流石です

WP9プレイ記-0114

須田さんも大喜びでした!
これで二冠馬となったグラスワンダー
秋競馬がとても楽しみになりました。

しかし距離適性は2800ぐらいまで。
3000メートルの菊花賞は…。


安田記念もぶいぶい:シーキングザパール

安田記念…
牡馬に混じって戦うわけですけども。

まぁ…強さを見せつける馬ですねぇ。
レコード勝ちしてしまいました。

WP9プレイ記-0114

タイキシャトル涙目でした。

シーキングザパールとグラスワンダー。
この2頭で盛り上がりを見せていますが。
自家生産馬はサッパリ勝てず。

面白さが半減以下となっていますが。
取りあえず史実馬で稼げるだけ稼ぐ。
そして繁殖へという流れを確立します。

posted by Fuchs at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2019年07月10日

Winning Post 9 プレイ記[021] シーキングザパールの活躍!

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

前回までのあらすじ

1997年前後半
シーキングザパールが欧州牝馬マイル三冠達成!
その強さを世界に見せつけてました。

WP9プレイ記-0103

海外GIは賞金が稼げないのがネックではありますが。
名声だけは着実に高まりました。


秋競馬は秋華賞から

秋競馬は秋華賞からスタートです。

まずはトライアルのローズステークスを圧勝します。

WP9プレイ記-0105

主戦武豊なのに村田さんが乗るという。
どの馬に浮気した!!

秋華賞も圧勝

距離限界は近い物がありましたが。
なんとか最後勝ちきってくれました。
闘志が5付いていますしねぇ。そりゃぁ…という感じ。
メジロドーベルにも勝ちましたねぇ。


久々の自家生産馬が重賞勝ち

ホント久々に勝ってくれた自家生産馬が…

フクスシックス

(父:アサティス×母:ミホクイーン)

WP9プレイ記-0106

遅咲きにはなりましたが。
11番人気で見事重賞勝利となりました。
どうやらステイヤータイプだったようで。
長距離だとちょっとだけ強さを見せてくれました。
ステータスは凡以下なんですけどね…。


最強マイラー?

さて、シーキングザパール。
エリザベス女王杯は絶対勝てません。
距離的に無理です。

それじゃぁ出るレースはといえば…

マイルチャンピオンシップ

WP9プレイ記-0107

最強マイラーとして出すしか無いでしょう。
タイキシャトルを思い切りねじ伏せました。
9馬身差の圧勝。
そしてレコード勝ちという恐ろしさ。
本当に牝馬なのかという強さを見せます。

WP9プレイ記-0107

タイキシャトルにライバル認定されてしまいました。
歴史的名牝と名が付いてますねぇ。

なんか勝負してたっけ

WP9プレイ記-0107

そういえばすっかり忘れていた勝負…
ってか、圧勝過ぎて笑っちゃいましたが。
緑のお守りは別にいらないんですけどねぇ。

香港マイルも勝利

WP9プレイ記-0108

ということで、当たり前のように香港マイルも勝利。
タイキシャトルなんて目じゃありません。
海外の牡馬たちも押しのけました。

強すぎでしょう…シーキングザパール


競りで落札は「メイショウドトウ」

そしてまた○外セール。

WP9プレイ記-0108

今回はメイショウドトウを6億円で落札しました。

しっかり稼いで貰いましょう。
シーキングザパールが稼いでくれた分をぶっ込みました


グラスワンダーがデビュー

そして仕込んでおいたグラスワンダー。

こちらもしっかり勝利しました。
7馬身差でした!

WP9プレイ記-0108


1997年の振り返り

という事で振り返りとなります

最優秀ライバル対決にマイルチャンピオンシップが選出

WP9プレイ記-0108

レコード勝利したのが大きかったようです。

そして見事に最優秀3歳牝馬となりました。

WP9プレイ記-0109

1997年はシーキングザパールの年となりました。
しっかり勝利してくれまして。
重賞11勝という恐ろしさ。

グラスワンダーもデビューしましたし。
メイショウドトウも控えてます。

史実馬におんぶに抱っことなりますがこの馬たちで
しばらくは回っていきそうです。





posted by Fuchs at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2019年07月03日

Winning Post 9 プレイ記[020] シーキングザパールの三冠挑戦!

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

前回までのあらすじ

1996年前後半
フクスセカンドは引退。
稼げる馬がいなくなりました。
牧場の経営が危ぶまれる中出て来たのが…
シーキングザパール

WP9プレイ記-0099


牧場の命運は彼女に託されることに。

そこからの躍進劇が始まります。


本題の前に:アップデートが入りました

紹介おそくなりましたが。
6/19にアップデートが入りました。

  • オンライン対戦を追加
  • お気に入りローテーションの作成機能を追加
  • 幼駒リストの修正
  • 繁殖牝馬リストの修正
  • リストコマンドを緑のお守りに変更可
  • 絆コマンド「新たな出会い」が名声3000以上で選べるように
  • 表示関係の変更
  • 難易度の追加
  • DLコンテンツの追加

オンライン対戦は面白そうだなぁと思います。

WP9プレイ記-0100

使えるとき使って見たいですねぇ。
自分の作った馬じゃないと出来ないのでしばらくは…ですが

地味に勝利を

WP9プレイ記-0101

自家生産馬はこんな感じで…
しょっぱい条件戦ぐらいしか勝ててません。
まだ良い牝馬がいないのでこんなもんですしねぇ。
オンライン対戦は夢のまた夢です。

シーキングザパールのクラシック挑戦

ということで、頼みの綱はシーキングザパールです。

チューリップ賞

トライアルなんてのはまぁ軽く圧勝という感じで

WP9プレイ記-0102

負ける要素が一切ありません。
テンマスコープは結構強い馬だなぁとは思いました。

桜花賞

本番は勿論桜花賞

WP9プレイ記-0102

水を得た魚とでもいうのでしょうか。
ぐんぐん突き放したシーキングザパールは圧勝しました

…6馬身差です。
圧倒的すぎて笑っちゃいました。
武豊とのコンビはバッチリです。

WP9プレイ記-0102

能力はこんな感じになっています。
気になるのは距離適性が1900mまでと言うこと。
オークス勝てないんじゃ無いだろうか。

スピードとかはあるのですが…うーん?

という感じでオークスへと突入します。


シーキングザパールのオークス挑戦?

さて…本番はオークス…

WP9プレイ記-0103

勝利しているのは何故かイギリス1000ギニー

桜花賞からイギリスへと飛びました。
というのはオークス勝てませんでした

なにしてもオークス勝てません。
距離適正が見事に響いてました。
最後の直線でずるずると後退します。

これはだめだなと別の三冠を狙います

それが、欧州牝馬マイル三冠

WP9プレイ記-0103

そしてその期待に見事応えてくれるのが彼女です。

アイルランド1000ギニー
コロネーションステークス

…あれ。イギリス1000ギニーと画像間違えましたね。
撮影ミスってたみたいです。
ただアイルランド1000ギニーも6馬身差圧勝でした。
他の馬との格の違いを見せつけました。

欧州牝馬マイル三冠達成!


WP9プレイ記-0103

武さんも大変お喜びに。
海外遠征で欧州牝馬マイル三冠達成ですからねぇ。
マイラーとしては格段に強いです。

ただ国内牝馬三冠が獲れないのが痛いですけど。
オークスがなぁ…

WP9プレイ記-0104

こんな感じでほぼAにまとまるステータス。
流石の強さを見せてくれるシーキングザパール。
賞金は稼げてませんが強さだけは際立ってます。

1997年前半は完全にシーキングザパール一色。

他の馬も頑張ってはいますがオープン馬は…
後半も勿論シーキングザパールで回りそうでした。




posted by Fuchs at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2019年06月26日

Winning Post 9 プレイ記[019] シーキングザパールの登場!

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

前回までのあらすじ

1996年前半。
ついにフクスセカンドに限界が訪れました。
4月4週のチェアマンズスプリントプライズ勝利後。
掲示板に入るのも厳しくなりました。

WP9プレイ記-0092

これが最後の雄姿となりました


救世主シーキングザパール!

私の大好きな馬の1頭。
シーキングザパール。
高い金出して買った牝馬です。
後々良い子供を産んでくれるはずです。

WP9プレイ記-0095

その名牝がやっと登場しました。


夏競馬〜新馬戦

新馬戦は順調に突破してくれました。
未勝利となる馬がいませんでしたから優秀です。

WP9プレイ記-0096

牝馬が優秀になって行けばもっと違うんでしょうけど。
サンデーサイレンス産駒をもっと増やせれば…

シーキングザパールは、見事に大差勝利してました。
基礎が違いますねぇ。


JBCレディスクラシック:フクスファースト

久々のGI勝利は、地方交流GIでした。

WP9プレイ記-0097

フクスファースト

(父:ミルジョージ×母:ダイナエッセ)

一番最初に生産した牝馬。
遅めの成長型だったダート馬ですが。
やっとやっとGI勝利となりました。
勝負根性とパワーはあります。
スピードがもう少しあれば違ったんですけどねぇ。
初期生産馬だと仕方ないです


シーキングザパールの快進撃

新馬戦勝利したシーキングザパール。
次のレースがGIIIでした。
出れないかなと思ったのですが大丈夫でした。

WP9プレイ記-0098

そしたらしっかりと勝利しました。
見た感じ敵はいませんでしてねぇ…。

阪神ジュベナイルフィリーズ

そして阪神JFに登場。
勿論一番人気です。
ただライバルを見ても大したライバルはいませんからねぇ。

WP9プレイ記-0099

勿論勝ちきります!
安城は武豊ですし負ける要素はありませんでした。
テンマスコープがライバルとなりました。

ここからシーキングザパールの快進撃が始まりました。


年末処理と殿堂馬

そして年末処理へと入ります。

シーキングザパールのおかげもありランクは6にアップ。
そしてオッサンから新たな出会いSPを貰います。
これが一番嬉しいですねぇ。良い騎手と出会えます。

WP9プレイ記-0099

グラスワンダー!

WP9プレイ記-0099

競りでグラスワンダーをゲットしました。
7億以上稼いでくれることを願うばかりです。
グラスワンダー…それなりに頑張って貰おう。


1996年の振り返り

WP9プレイ記-0099

シーキングザパールだけが頑張ってくれました。
最優秀2歳牝馬は獲得しました。

来年…どんな羽ばたきを見せてくれるかが楽しみです。




posted by Fuchs at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2019年06月19日

Winning Post 9 プレイ記[018] フクスセカンドは頑張ったが…

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

前回までのあらすじ

1995年。覚醒したのはフクスセカンドでした。

WP9プレイ記-0089

春秋スプリント制覇。

輝かしい実績を残しました。
しかし成長型は「早め」…ということはそろそろ落ちる。

いつ終わってしまうかという状況との闘いに。
そして1996年へ突入しました。


新しい騎手として

福永騎手が登場。
何とかお近づきになりたいところです。

WP9プレイ記-0090

和田騎手もいますねー。


緑のお守りが溜まる

ほとんど使わないのが、緑のお守り

WP9プレイ記-0090

大した馬は手に入らないお守りですので。
溜まる一方。
それを銅のお守りにしてくれるというのだから助かります


1996年に生まれた馬

今年も3頭。

WP9プレイ記-0091

…微妙です。
走りそうには…?
ワキアの子がなぁ…。


フクスセカンドの活躍

うちの稼ぎ頭となってくれたフクスセカンド。

T.J.スミスステークス

オーストラリアの短距離GI。
ここぐらいの芝だったらギリギリ走れました

WP9プレイ記-0092

パワーが無いのでヒヤヒヤしましたけど。

チェアマンズスプリントプライズ

香港の短距離GIです。

WP9プレイ記-0092

こちらも何とか勝ちましたけど。
やはり微妙な感じもしてきてました。
全盛期の力が感じられないというか。
安心して見てられなくなってきます。


他の馬たち

フクスセカンドに続く馬はいるのか…

WP9プレイ記-0093

フクスフィフス

…惨敗。なかなかオープンでは勝てません。
騎手も悪いですしねぇ。

WP9プレイ記-0093

フクスフォース

父:ニッポーテイオー×母:ミホクイーン

やっと条件戦2勝目という悲しさ。

WP9プレイ記-0093

フクスシックス

父:アサティス×母:ミホクイーン

こちらもやっと未勝利脱出という。

鳴かず飛ばずの戦績だらけで。
セカンドが引退したらおしまいであることに気づきます


久々の重賞勝利:フクスファースト

晩成馬であるフクスファースト。

WP9プレイ記-0094

この子がGIII相当を勝利してくれます。
ダート馬の牝馬と言うことでレースが難しいですが。
条件に合えば勝利が出来る。

そんな感じでジリジリと勝てるレースも見つかってきました

ただダートの重賞はあまり儲からないのが…


と、言うことで、フクスセカンドにべったりだった牧場
他に勝てる馬は折らず。
ファーストもそろそろ年齢的に厳しい。

その状況を救ってくれる馬はいるのか。

…そう。あの馬がいました。







posted by Fuchs at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2019年06月12日

Winning Post 9 プレイ記[017] 自家生産馬が春夏スプリント制覇!?

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

前回までのあらすじ

1995年。覚醒したのはフクスセカンドでした。
高松宮記念の制覇をに始まり。
短距離戦それも平地であればかなりの強さを見せてくれ。
今後のこの牧場の未来を背負って立つ感じになりました

WP9プレイ記-0084

そして夏競馬のターンへと入ります。


夏競馬のターン

取りあえず3戦すれば、サマースプリントシリーズが行けるのではと

前回紹介した函館SSと共に。

アイビスサマーダッシュ(新潟1000m)

WP9プレイ記-0085

見事なレコード勝利となりました。
流石です。

北九州記念(GIII)

WP9プレイ記-0086

こちらは流石にレコードとは行きませんでしたが。
3馬身差の勝利となりました。

そんな感じでローカルの短距離では滅法走ります。
相手が強くないというのもあるんだろうとは思いましたが
これだけキッチリ勝ちきってくれると嬉しいですねぇ

サマースプリントシリーズ優勝

そりゃそうでしょうという感じで。
見事にサマースプリントシリーズをゲットしました。

WP9プレイ記-0087

対象レース3戦無敗という強さですし。
3200万っちゃしょっぱいですが。
何も得られないより十分にマシです。

裕福な牧場ではありませんからねぇ。


運命のスプリンターズステークス

そしてついにこのときを迎えました。
スプリンターズステークス。

正直ここまで勝つとは思っていませんでした。
しっかり絆コマンドを利用して闘志を5まで上げています。

そして騎手はしっかり武豊。
できうる限りの対応をしました。

それでも最後の坂がでどうなるかというのはありますが。

WP9プレイ記-0087

ただそんな心配は何のその。
迫られはしましたが。
しっかりとスプリンターズステークスを勝利しました

これで春秋スプリント制覇となります

まさかここで勝ちきれるとは思っていなかったので。
結構というかかなり嬉しかったです。


この時点のフクスセカンドのステータス

WP9プレイ記-0087

相変わらず凡庸な感じですが。パワーが足りなすぎる
これさえマシだったら名馬だったののにと悲しみでした

WP9プレイ記-0087

とはいえ、年末の勝負には勝利したようです。
そりゃぁ…3億稼いでますし。GI2勝してますし。
当然と言えば当然の結果となりました。


しかし終わりでは無かった…香港スプリント

ここで終わりかと思っていましたが。
戯れに出してみた香港スプリント

洋芝だかから厳しいだろうとは思っていました。
しかしホントハナの差これにより勝利

洋芝でパワーが必要な海外競馬でまさかの勝利でした。
とはいえ、適性がないというのが分かりましたので。
今後は控えた方がよさそうだなぁというのも理解。


あの名馬の購入

海外馬の競りを確認していた時。
ふと目に留まる馬が出て来ました。

シーキングザパール

WP9プレイ記-0088

名牝中の名牝
これは買うしか無いでしょう!
今後の繁殖にも必要ですということで。
しっかりと8億円で落札しmした。

こういう所への投資は重要ですからねぇ…
痛いですが購入となりました。

他の結果

フクスファースト君がダート戦で頑張ってくれました

WP9プレイ記-0088

地方競馬重賞を地方馬蹴散らせて勝利となりました。


1995年の振り返り

珍しく緑が…

WP9プレイ記-0089

春秋スプリント王となりましたからねぇ。
フクスセカンドは立派に最優秀短距離馬となりました。

そしてこの年、福永祐一騎手が新人として入りました。



1995年はフクスセカンド飛躍の年となりました。

とはいえ、走れるレースも限られていて。
海外挑戦も厳しい状況。

これ以上上を目指せるかも怪しいときたので。
なかなか悩ましい展開となりました。

後に続く馬もいませんし。

シーキングザパールは再来年。
厳しい戦いが続きそうでした。





posted by Fuchs at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9
2019年06月05日

Winning Post 9 プレイ記[016] 新たなGI馬が誕生する

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ

この記事はウイポ9 のプレイ記録です。

前回までのあらすじ

1994年シャコーグレイド引退。
銅ではありましたが、殿堂馬になりました。

疾風怒濤の差し足
WP9プレイ記-0079

GIは5勝。海外でも活躍してくれました。
しかし稼ぎ頭はいなくなりました。

1995年はどうなるのか…


謎の勝負を開始

一回は断ったのですが。
1995年は受けてみることにしました。

WP9プレイ記-0080

勝つと「緑のお守り」が貰えます。
いらないですけどね。そんなに…
取りあえずフクスセカンドで挑戦。
スプリンターの子です。

まさかこの子が化けるとは…


取りあえずオープン戦勝利

短距離の適当なオープン戦で稼ぎます

WP9プレイ記-0081

まぁ…どうでもいいやぐらいの感じですけど。
斤量59でしたが頑張ってくれました。


高松宮記念

高松宮記念…春の短距離戦。
この当時はまだ…なので史実馬もおらず。
一番人気に推されました。

WP9プレイ記-0082

そして…まさかの勝利。
春のスプリント王者になったのでした

WP9プレイ記-0083

えぇぇぇぇ。という感じでした。
まさかの勝利ですからねぇ。
ライバルにも勝利しちゃいましたし驚いて驚いて。

WP9プレイ記-0083

騎手は武豊さんに変えておきました。
そういえば、騎乗停止に…というのは置いといて。
流石武さんだなぁという手綱捌きにより勝利ですね。
多分騎手が違っていたら勝てなかったと思います。
新人君じゃねぇ…

産駒勝利ということで牧場でも盛り上がってました。
何はともあれまさか勝てるとは思っていなかった私が
驚いていました。

WP9プレイ記-0083

まさかの海外馬とライバル関係となったりしてました。
ちなみにステータスはこんな感じです。

WP9プレイ記-0083

柔軟性がSクラス。
精神力や賢さもあるという良い子です。
瞬発力とスピードは並ですけど。

ただパワーが無いのが欠点です。
平地しか戦えません。坂があると差し足が鈍ります。
洋芝とか結構キツイので海外も難しい事が判明。

そんなステータスなのでレースは選ぶんですけどね…
かなり難しいです。スプリンターズSは無理そうです。

WP9プレイ記-0083

ただ芦毛だったことで、この人の登場。
結城江奈
芦毛好きですからねぇ…

そんな感じで盛り上がりを見せてました


フクスファーストも…

ダート馬のフクスファースト。

何とか地方の重賞を勝利してました。

WP9プレイ記-0084

地味に稼いではくれていました。
大きいところ勝ってほしいですけどねぇ。

WP9プレイ記-0084

そして、フクスセカンドは、また夏競馬で輝きを見せてました。
地方競馬の短距離…
一番フクスセカンドにあった季節がやってきたのです。

平地のスプリントなら国内では負けないと思います。

新たな稼ぎ頭の登場でまた潤い始めました。




posted by Fuchs at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングポスト9