2009年03月08日

無知者の覚え書き#02

初心者…っていうよりも、無知者の方がしっくりくる私のSONAR囓りの覚え書きシリーズ第二弾です。

ちなみにVOCALOID2 鏡音リンレンというか、VOCALOID2 Editerがバージョンアップされましたとクリプトンからメールが来ていましたが、すっかり忘れていたのでUpdateしてみました。

とはいえ、バグ対応などのアップデートなのであまり実感はありません。

SONARと連動して編集できる機能があるんですが、その機能あたりが修正されているようなんですがあんまり使ってないんですよね。
どうも旨く接続してくれなくて使い勝手が悪くて…。
というか、「波形いじり」しかしない私には必要が無いという問題もw

取りあえずユーザー登録しておくと何かと便利ですね。
安いソフトじゃないですから。

さて、前回書いてましたが、SONARで波形弄くるのどうするんだよという覚え書き。
大概ちょっと触らないと忘れてしまって、説明書読み直す羽目になるのでw

だいたいの位置に波形を持っていきますが、大概その位置では少しずれがでたりしています。
微修正ってどうやるんだろうと頭ひねりながら考えていました。

ここら辺、説明書を熟読していないのが悪いんですが。

結論

「弄りたい波形の上にカーソル持っていってShift+Altを押す」

すると、←→ が□で囲まれたカーソルに変化します。
それで波形つまんでドラッグ…動きます、なめらかに動きます。

そしてぴったり合わせたい位置に持っていくとバッチリです。
かなりぬるぬる動くので微調整にはこれが一番です。

ただ、後ろにずらしたら、最後尾の音が切れていることがあるので、そこら辺は波形のケツを伸ばしてやるなどの対応が必要っぽいです。

これいつも忘れて、どうやるんだろうとワタワタする私ですが。
これで忘れない(`・ω・´)

次回は「波形いじり(音圧編)その1」という感じでやろうかなと。
まぁ私は音楽については用語もしらない「ど素人☆」なので、期待なさらぬよう…
誰もしてないですって? すいまsorry …調子のりました。


人気ブログランキングへ
posted by Fuchs at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | DTM
2009年02月14日

無知者の覚え書き#01

初心者…っていうよりも無知者の方がしっくりくるような気がしたw
というのは置いといて。

DTMってほど大層な事はしていないのですが、最近音いじりをするようになりました。
唯一持っている鏡音リンレンなボカロを使い替え歌とか作って個人的に楽しんでいますが。

そのときに疑問に思い、弄くっている内に解った事を忘れないように書いていこうというのがこの記事です。
一応…何個かあるのでナンバリングも。

詳しい人がいたらきっと何か突っ込んでくれるはずだwww

今回は、私の使っているソフトウェア紹介(=゚ω゚)ノ

DAW:SONAR HomeStudio 6 2年くらい前に買った奴。放置していた
VOCALOID2 鏡音リン・レン 発売間もなく購入

これだけ。
後はフリーのツールなどを触ったりしていまして、ボカロの声とBGM合わせるときにはAudacityとかよく使ってました。
なぜSONARを使わなかったかというと「使い方解らなかったし解ろうともしなかった」からという理由だったのですが。

そういうことで、最近はSONARを活用するというのが大きな目的となっています。

そのSONARの使い方で学んだこと。

#01 【音を出すぞー】

…設定が難しかったんですよ。
サウンドカードSE-200PCI使ってるわけですが。
相性が良くないのか何なのか音が出てくれない。

デバイス認識をしてくれなかったんですよね。
Envy24 Family Audio(WDM)っつーのがデバイスの名前(?)なんですが、どうもうまくいかない。

んで弄った部分。
「ドライバモード」
その中に3つあるんですが。

WDM、ASIO、MME…何がなんのこっちゃわからんわけですが、ASIOでどうにかならんかと弄くってました。

どうやらDTMにはASIO(アジオ)が良いらしいというのはググったらでてきたので。
ここら辺↓ PCwatch(impress) 「手持ちのサウンドデバイスで手軽にASIO!!」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0204/nishikawa.htm

…んー。どうもSE-200PCIではASIOは出来ないらしい。ってのが結論。
ASIO対応したハードウェアではないということなのか。
ASIO4ALLとか入れたりしたけれどもどうも上手く認識してくれないという状況になりまして。

結局ドライバモードで動いたのは「MME」だけでした。
遅延がかなり大きく発生するようですが、まぁ仕方ありません。
音が鳴らないより鳴る方を優先しますw

ってことで、ドライバモードをMMEにしてデバイスの認識などを行わせると正常に動作するようになりました。

これだけでもかなり時間使いました(;´Д`)

ASIO…。これも意外と相性あるのかもなぁ。なんて思ったりなんだり。

「音を鳴らして動かしたいならこだわるな。まずは動くのが優先だ」

そんなことを学んだ次第。

さて次回は「SONARで波形を動かすのってどうやるんだよ」なんてのを書くつもりです。

んであー。

人気ブログランキングへ
posted by Fuchs at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | DTM

人気ブログランキングへ